イチモンジセセリ(一文字せせり) その1
 大きな目をした憎めない顔をしています。蛾ではなく、蝶なのですね。素早い動作で飛び回っていますが、小学生がはしゃいでいる感じに似ています。「わーい、仲間が一杯だぞ、そこの蝶どけよ」と言っているかどうか知りませんが、他の蝶に絡んで追い払っていました。

 憎めない顔ですが、憎まれています。幼虫はツトムシ(苞虫)、あるいはイネツトムシ(稲苞虫)と呼ばれ、稲を食害するので、農家の嫌われ者です。似た蝶に、チャバネセセリ(茶羽根せせり)Pelopidas mathias oberthueri (Evans)がいます。後翅の紋が横一文字に並んでいるのがイチモンジセセリです。

 横からの写真はインターネットでたくさん掲載されていますが、上からの写真が少ないようです。確かめに出かけました。表翅の模様は一文字に並んでいないのですね。やはり蛾の様相です。セセリチョウ科は蝶マニアにも相手にされないそうですが、今日も元気よく戦闘機のように飛んでいました。

 詳細は、イチモンジセセリ(一文字せせり)をご覧下さい。

Japanese common name : Itimonji-seseri
e0038990_22403042.jpg
Parnara guttata guttata (Bremer et Grey, 1852)


イチモンジセセリ(一文字せせり)
チョウ目(鱗翅目)セセリチョウ科セセリチョウ亜科イチモンジセセリ属
学名:Parnara guttata guttata (Bremer et Grey, 1852)

体長:(前翅長)15~21mm/(開張)35mm
出現期:6月~11月
分布:本州・四国・九州・沖縄
食草:セイバンモロコシ、イネ、ススキ、ヒメシバなどのイネ科
成虫吸蜜:アザミ類・キク類・ハギ類

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.25km 左岸河川敷 2005.09.01
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 1 September 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-09-01 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/742000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハマゴウ(浜栲)/花 キンミズヒキ(金水引) >>