ササユリ(笹百合)
 ササユリ(笹百合)は、ユリ科ユリ属の多年草です。中部地方から九州にかけて分布する日本の特産種です。現在では希少植物となっています。名の由来は、葉の形状が笹の葉に似ているユリである事から。

 ユリ科(Liliaceae Juss. 1789)は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ユリ属(Lilium L. (1753))は北半球の亜熱帯から亜寒帯に約100種類が分布します。15種類が日本に自生し、内7種類(ヤマユリ、サクユリ、ササユリ、オトメユリ、イワトユリ、ウケユリ、タモトユリ)は日本特産種です。ユリ属(Lilium C. Linnaeus, 1753)は、1925年に4亜属に分類されました。テッポウユリ亜属、ヤマユリ亜属、カノコユリ亜属です。その他に、これらを掛け合わせた種間雑種があります。

 明るく開けた草地や山地の林縁に自生します。球根(鱗茎)は無皮鱗茎で、白色の卵形。茎が短縮した低盤部に、葉が変形した鱗片が多数着生して多肉化したものです。1球に1茎を生じます。球根の基部から発生する下根(低出根・牽引根)と、茎の地下部から発生する上根(茎出根)があります。葉は短い柄があり、互生します。長さ7~15cmの披針形や楕円形で、笹の葉に似ています。茎は円柱形で、直立して草丈は50~100cmになります。

 花期は6月から7月。花茎の先に漏斗状鐘形の花を一つから複数個、横向きにつけます。倒皮針形の外花被片3個と内花被片3個によって構成される同花被花です。花冠は淡桃色で、個体によって濃度が異なり、白色もあり、芳香があります。花冠の長さは10~15cm。雄しべは6本で葯は赤褐色。子房は上位で3室。染色体数は、2n=24,36。果実は蒴果。熟すと裂開して、扁平な翼状構造の種翼を持つ種子を風によって飛散させます。

 実生から開花球へは5~7年を要し、栽培困難種の一つとなっています。自生地の減少もあり、自生地環境の整備保護が課題とされています。品種に、シロササユリ(白笹百合)Lilium japonicum Houtt. f. album (E.H.Wilson) Sugim.、ベニバナササユリ(紅花笹百合)Lilium japonicum Houtt. f. purpureum Terashita があります。 

Japanese common name : Sasa-yuri
e0038990_1172947.jpg
Lilium japonicum Houtt.

e0038990_1113018.jpge0038990_1113217.jpg
左:葉が笹に似ている。 右:雄しべは6本で葯は赤褐色。


ササユリ(笹百合)
ユリ科ユリ属
学名:Lilium japonicum Thunb.
花期:6月~7月 多年草 草丈:50~100cm 花径:13~14cm 花冠長:10~15cm

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Lilium : li(白)+lium(花)/ユリ属
japonicum : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Houtt. : Maarten Houttuyn (1720-1798)
---
f. : forma(品種)
album : albus(白色の)
E.H.Wilson : Ernest Henry Wilson (1876-1930)
Sugim. : 杉本順一 Junichi Sugimoto (1901- )
---
purpureum : purpureus(紫色の)
Terashita : 寺下隆喜代 Takakiyo Terashita (fl.1968- )

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435m) 2008.06.10
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

17 December 2008, 16 June 2012
Last modified: 11 April 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2008-12-17 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/9226856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シタキソウ(舌切草) キンラン(金蘭) >>