オシロイバナ(白粉花)
 花を探して河川敷を歩き回っていると、一人の男性がじっと何かを見据えていました。話しかけると、「この場所にオシロイバナの種を植えておいたので成長を見に来ている」との事でした。面白そうな花色の種を集めて植え、観察するというのは、立派な研究だと思います。

 オシロイバナ(白粉花)は、オシロイバナ科オシロイバナ属の多年草です。北アメリカが原産です。日本全国に分布します。オシロイバナの名付け親は、江戸時代の博物学者である貝原益軒(1630-1714)です。園芸用途で移入栽培され、1694年(元禄7年)に帰化が確認されました。名の由来は、果実の乳胚を潰すと白い粉状になる事から。夕方4時頃に咲く事から英国では「four o'clock」と呼ばれ、日本でも「夕化粧」の別名があります。しかし、開花時刻は季節が進むと早まります。

オシロイバナ科(Nyctaginaceae Juss. (1789))は、約30属300種が分布します。 オシロイバナ属(Mirabilis L. (1753))は、約50種が分布します。

 一本の株から異なる色の花が咲くのは不思議な感じがします。昨年見た河川敷のオシロイバナは、茎の太さが8cm程もあり、まるで木本のようでした。掘り下げるとサツマイモのような根茎をしているのが分かります。従って、上部が切り取られても根強く生き残る事ができます。

 茎は分岐しながら草丈30~100cmになります。葉は対生します。広卵形で全縁、葉脈に毛があり、長さ約9cm。花期は7月から10月。夏期は午後に開花します。総苞5枚があり、そこから伸びた萼が筒状となり先端がラッパ状に5裂します。筒部は約5cm、花冠径は2~3cm。雄しべは5本。果実は偽果です。約8mmの楕円形で黒色。胚乳は白粉質です。根茎と種子はトリゴネリン1)を多く含み、有毒です。

 植物の受粉方法を区別すると、他家受粉、自家受粉、単為生殖、無性生殖があります。オシロイバナは両性花で送粉者はスズメガ。媒介者により受粉できなかった場合は、自家受粉(self pollination)します。開花直後は雄しべ、雌しべとも真っ直ぐですが、暗くなると曲がり始め受粉します(両動同花受粉)。そして花の中に潜ってしまいます。染色体数は、2n=(54),58。

 類似種に、花筒部分が10cm程になる、ナガバナオシロイバナ(長花白粉花)Mirabilis longifolia L. があります。品種に、苞が花弁のように着色して花弁のように見える、フタエオシロイバナ(二重白粉花)Mirabilis jalapa L. f. dichlamydomorpha (Makino) Hiyama があります。

1)トリゴネリン(trigonelline, C7H7NO2) :別名をカフェアリン、N-メチルニコチン酸。神経等に対する薬理作用が研究され、アルツハイマー型認知症予防の効果が期待されている。生薬として根を利尿や関節炎、葉を切り傷の治療等に利用される事がある。誤食により、嘔吐や腹痛、下痢を起こす。マメ科フェヌグリーク属のコロハ(胡廬巴)Trigonella foenum-graecum L.から初めて分離された成分である事から属名(Trigonella)が由来の名となった。

Japanese common name : Osiroi-bana
e0038990_08104752.jpg
Mirabilis jalapa L.

e0038990_08365063.jpge0038990_08370291.jpg
左:緑色の抱葉から筒状になった萼が伸び花弁状になる。 右:葉は対生。

e0038990_08373368.jpge0038990_08375828.jpg
左:色の交雑は多い。 右:筒部を切開。


オシロイバナ(白粉花)
別名:ユウゲショウ(夕化粧)/フォーオクロック(four o'clock)
オシロイバナ科オシロイバナ属
学名:Mirabilis jalapa L.
花期:7月~10月 多年草 草丈:60~100cm 花径:2~3cm 実径:5~8mm

e0038990_12135938.gif
【学名解説】
Mirabilis : 不思議な・素敵な/オシロイバナ属
jalapa : ヤラッパ(メキシコの町名)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から5.75km 左岸河川敷 2005.09.01
安倍川/河口から14.0km 左岸河川敷 2007.07.26
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

16 September 2005, 30 May 2014, 9 July 2016
Last modified: 4 August 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-09-16 00:00 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/969376
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mico at 2005-09-16 21:30 x
二色混ざったオシロイバナ珍しいですね
Commented by pianix at 2005-09-16 22:23
オシロイバナはアサガオと同じように交雑しやすいようで、様々な色柄ができますね。写真はおとなしいものを使いました。もっと派手なほうが良かったですか。というか、選んでいる時間がなかったもので……
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ホシハラビロヘリカメムシ トノサマバッタ(殿様飛蝗) >>