ホシハラビロヘリカメムシ
 仕事の途中に確認したい事ができて短時間河川敷へ出向きました。そこに小学生の女の子が親に連れられて採取網を振り回していました。少し離れたところに、虫かごを持った女の子二人がいました。当然、昆虫採取だろうと思って「何か採れた?」と聞くと、意外な返事、「逃がしたの」。夏休みに採取した昆虫を逃がしてやったのでした。

 目の前に現れる昆虫を全て撮影しようとすると、これは大変な事です。遊んでくれる昆虫にはカメラを向ける事があります。ところが恥ずかしがって葉の裏に隠れたりするシャイな虫もいます。このホシハラビロヘリカメムシも、その内の一つ。かくれんぼに付き合ってからシャッターを切る事が多くなりました。相手がびっくりして飛び立つと、それ以上に私がびっくりするので、そのような虫は敬遠します。

 背中に小さな黒点模様二つがあるので名前に「ホシ」が付いているようです。しかしこの点模様も、緑色をした5齢幼体までは縦に点があり、成虫になってから横に並びます。色はシックで、落ち着いた装い。恐そうでもなく、臭いも他のカメムシより弱いそうです。私は、いじめた事がないので臭いの経験は未だにありません。葛の汁が好きなようです。似たカメムシにハラビロヘリカメムシ(Homoeocerus dilatatus Horvath, 1879)がいます。

参考:ナガメ(菜亀虫) クモヘリカメムシ ホシハラビロヘリカメムシ クサギカメムシ(臭木椿象)

Japanese common name : Hosi-harabiro-heri-kamemusi
e0038990_20381186.jpg
Homoeocerus unipunctatus (Thunberg, 1783)


ホシハラビロヘリカメムシ
カメムシ目(半翅目)ヘリカメムシ科
学名:Homoeocerus unipunctatus (Thunberg, 1783)

e0038990_2163229.gif

体長:12~15mm
出現期:4月~10月
食草:マメ科(クズ、フジ、メドハギ、ダイズ)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から10.75km 右岸河川敷 2005.09.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 17 September 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-09-17 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pianix.exblog.jp/tb/986457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ゲンノショウコ(現の証拠) オシロイバナ(白粉花) >>