ショウジョウカ(猩猩花)
 ショウジョウカ(猩猩花)は、アオイ科イチビ属の常緑低木です。グアテマラ、ウルグアイ原産の栽培種です。多くの品種があり、世界の広くで栽培されています。名の由来は、花を中国の伝説上の動物である猩々の赤ら顔に例えたもの。中国名は金铃花で、日本にはオミナエシ科オミナエシ属に同名のキンレイカ(金鈴花)があります。

 アオイ科(Malvaceae Juss. (1789))は、約240属3700種。旧分類では約75属1500種が分布します。イチビ属(Abutilon Mill. (1754))は、アジアからヨーロッパにかけての温帯から熱帯に約100種があります。日本には3属があり、2種が自生します。

 水はけの良い明るいところを好みます。幹は灰褐色で、横長の疣状突起があり、高さ2~3mになります。葉は互生します。葉柄は3~5cm。掌状形に3~5中裂し、長さ5~15cm。葉に黄班が入るものがあります。

 花期は6月から11月。温暖な地域では四季咲きとなります。越冬気温は3~5℃。葉腋から長い花柄を出し、橙色の花をつけます。萼は筒状で緑色、先が5裂します。5枚の花弁は交互に重なり合い、暗赤色で血管のような脈状模様が入ります。花冠は鐘状形で径2~4cm。花弁長は、4~5cm。下向きに咲き、雄しべと雌しべが花冠から突き出ます。雄しべは合着して筒状となり、葯色は黄色。その先端に5本の雌しべ花柱が伸び、柱頭は赤色。果実は、蒴果です。

★  ★  ★

 里山を歩くと家庭菜園としての農耕地が点在しているのが目に付きます。野菜を作られている方が多いのですが、傍らにきれいな花が咲いている時があります。そのような場合は、必ずと言って良いほど女性の方が作業をされています。作業する農地に彩りを与えるための、女性の細やかな心遣いなのでしょう。掲載した木が植えられている山の農地は、男性の姿しか見たことがありません。草花と異なり、樹木は男性の趣味かもしれません。はたして女性が植えた物なのかどうか、興味があります。

Japanese common name : Syouzyou-ka
e0038990_03000483.jpg
Abutilon pictum (Gillies ex Hook.) Walp.

e0038990_13205310.jpge0038990_13205745.jpg
葉腋から長い花柄を出し、橙色の花をつける。

e0038990_13233277.jpge0038990_22385850.jpg
花冠は鐘状形。雄しべは合着して筒状、先端に5本の雌しべがつく。

e0038990_20302590.jpge0038990_13251930.jpg
葉は掌状形で3~5中裂する。幹は灰褐色。


ショウジョウカ(猩猩花)
旧別名:アブチロン・ストリアツム
アオイ科イチビ属
学名:Abutilon pictum (Gillies ex Hook.) Walp.
synonym : Abutilon striatum Dicks. ex Lindl.
花期:6月~11月 常緑低木 樹高:2~3m 花冠径:約4cm

e0038990_21323673.gif


【学名解説】
Abutilon : a(否定)+ bous(牡牛)+tilos(下痢)/イチビ属
pictum : pictus(有色の、色彩ある)
Gillies : John Gillies (1792-1834)
ex : ~による
Hook. : William Jackson Hooker (1785-1865)
Walp. : Wilhelm Gerhard Walpers (1816-1853)
---
synonym : (シノニム)同物異名
striatum : striatus(線条のある、線溝のある)
Dicks. : James (Jacobus) J. Dickson (1738-1822)
Lindl. : John Lindley (1799-1865)

撮影地:静岡県静岡市
賤機山(昭府町) 2017.11.23, 2017.12.06
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 12 December 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2017-12-12 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ノコギリソウ(鋸草)
 ノコギリソウ(鋸草)は、キク科ノコギリソウ属の1年草です。日本、朝鮮半島、中国、ロシア極東、ネパール、北アメリカに分布します。日本では、北海道と本州に分布する在来種です。名の由来は、葉が櫛歯状に切れ込む形状を鋸に例えたもの。中国名は、高山蓍草(gāo shān shī cǎo)。英名は、Chinese yarrow。

  キク科(Asteraceae Bercht. et J.Presl (1820))は、世界に約950属2万種が分布します。日本には約70属360種があり、帰化種は100種以上あります。ノコギリソウ属(Achillea L. (1753))は、北半球の温帯から寒帯にかけて約85種類が分布します。日本には、亜種と変種が数種類分布します。

 山地の草原に自生します。草丈は30~80cm。茎は上部で分枝し、軟毛があります。葉は、互生します。無柄の長楕円形から披針形線状で、長さ約8cm、幅約1cm。羽状に中裂から深裂します。中心に薄緑色の葉脈(主脈)が通ります。セイヨウノコギリソウよりも葉質は堅め。

 花期は、7月から9月。葉腋から分枝した茎頂に密な散房花序をつけます。頭花の径は約1cm。花色は、白から薄桃色。総苞は鐘球形で毛が散生し、総苞片は2列。中心部に筒状花(両性)、周囲に舌状花(雌性)があります。1頭花の舌状花の花被片は5~7枚で、先端が浅く3裂し、長さ3.5~4.5mm。果実は、痩果です。長さ約2~3mmの扁平形。染色体数は、2n=36。

 似た種に、亜種で北海道に分布し草丈が低いシュムシュノコギリソウ(占守鋸草)Achillea alpina L. subsp. camtschatica (Heimerl) Kitam.、キタノコギリソウ(北鋸草)Achillea alpina L. subsp. japonica (Heimerl) Kitam.、アカバナエゾノコギリソウ(赤花蝦夷鋸草)Achillea alpina L. subsp. pulchra (Koidz.) Kitam.、九州に分布するアソノコギリソウ(阿蘇鋸草)Achillea alpina L. subsp. subcartilaginea (Heimerl) Kitam.[準絶滅危惧(NT)]、中部地方以北の山地草原に分布し頭花数が少なく舌状花が3mm以下のヤマノコギリソウ(山鋸草)Achillea alpina L. var. discoidea (Regel) Kitam.があります。園芸種として、2~3回羽状複葉に細裂する、セイヨウノコギリソウ(西洋鋸草)Achillea millefolium L. があります。

Japanese common name : Nokogiri-sou
e0038990_22182187.jpg
Achillea alpina L. var. longiligulata H.Hara

e0038990_22202556.jpge0038990_22201944.jpg
左:茎は上部で分枝し、軟毛がある。 右:葉は互生し、羽状に中裂から深裂する。



ノコギリソウ(鋸草)
別名:ハゴロモソウ(羽衣草)
キク科ノコギリソウ属
学名:Achillea alpina L. var. longiligulata H.Hara
花期:7月~9月 多年草 草丈:50~100cm 花径:(頭花)約1cm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Achillea : ギリシャ神話のAchillesの名に因む/ノコギリソウ属
alpina : alpinus(高山生の)
L. : Carl von Linné (1707-1778)
longiligulata : longus(長い)+ligulatus(舌状の)
H.Hara : 原 寛 Hiroshi Hara (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園 2006.10.19, 2007.10.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 26 November 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2017-11-23 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(0)