アカボシゴマダラ名義タイプ亜種(大陸亜種)
 アカボシゴマダラ(赤星胡麻斑)名義タイプ亜種は、タテハチョウ科ゴマダラチョウ属のチョウです。ベトナム北部から中国、台湾、朝鮮半島に分布する広域分布種です。日本では、1998年に神奈川県で繁殖が確認されて以降、各地に分布を広げている外来種です。人為的放蝶と考えられていて、生態系被害防止外来種(旧要注意外来生物)に指定されています。名の由来は、後翅外縁に赤い斑紋があるゴマダラチョウである事から。ただし、春型は斑紋が無いものがあります。中国名は、黑脉蛱蝶・黑脈蛺蝶(hēi mài jiá dié)。英名は、Red ring skirt。

 タテハチョウ科(Nymphalidae Rafinesque, 1815)は南極を除く世界の大陸に約6,000種が分布し、日本には約52種が生息すると言われています。タテハチョウ科の特徴は、翅の斑紋が裏表で異なり、前脚が退化して短くなっている事です。後翅の中室は開き、触覚に鱗粉があります。ゴマダラチョウ属(Hestina Westwood, 1850)は、日本にはゴマダラチョウ(胡麻斑蝶)とアカボシゴマダラ奄美大島亜種の2種があります。近年、アカボシゴマダラ名義タイプ亜種の分布が拡大しています。

 成虫は5月から8月頃に、公園や雑木林の周辺に現れます。暖地では9月~10月にも現れる事があります。年2~3回発生します。前翅長は、40~53mm。雌のほうが大きく開張は、♂60~70mm、♀80~90mm。翅は黒地に白色の斑紋があり筋模様になります。後翅外縁に鮮やかな赤色の斑紋があります。退化した前肢と、中肢、後肢の、それぞれ1対があります。クヌギ等の樹液や、腐果、獣糞を吸汁します。口吻は淡黄色。複眼は、黒色、あるいは黄色。緩やかに飛びます。

 美大島亜種と異なる形状上の区別点は、夏型成虫の後翅外縁にある赤い斑紋の形状が完全なリング型になりにくい事と、低温期発生の春型は白化する事です。また、在来種のゴマダラチョウには、赤い斑紋がありません。

 完全変態(卵・幼虫・蛹・成虫)をします。エノキの葉に産卵します。卵は大きさ1mm程の縦縞が入った球形。幼虫は体色が緑色で、頭部に一対の枝状に分岐した角があります。背中に2対4列の突起があり、3列目が大きくなります。尾端は、オオムラサキやゴマダラチョウが二股に開裂するのに対し、アカボシゴマダラは開裂しません。体長は約20mm。

 エノキ(榎)を食草とします。国蝶のオオムラサキやゴマダラチョウと食草が同じ事から競合による在来種の影響が懸念されています。幼虫(4~5齢)で越冬します。越冬場所は、エノキの幹や葉裏です。時期が来ると逆さにぶら下がる垂蛹型の蛹となり、羽化します。

 神奈川県では県域全体で定着。静岡での生息域は、2010年に熱海市、小山町、富士宮市に至っています。繁殖力が強く、西に分布の拡大を図っています。

※亜種(あしゅ・subspecies=ssp.):分類上の区分で、属・種の次に記載される分類単位。種に分類するには変異が少ないが「地域隔離によって相違に差がある」場合に適用される。植物の場合は、変種(varietas=var.)・品種(forma=f.)も用いられ、動物の場合は、亜種の下位区分は国際命名規約に無いが品種が使われる場合がある。基準にした亜種を、名義タイプ(原名)亜種(nominotypical subspecies)と言う。亜種同士は種が異なるわけでは無いので繁殖による交雑が行われる事がある。

参考文献:猪又敏男・植村好延・矢後勝也・神保宇嗣・上田恭一郎 (2010-2013) 日本産蝶類和名学名便覧

報道:
朝日新聞2010年10月30日「美しいが害蝶 県内全市町村でアカボシゴマダラ確認」
千葉日報(2011年8月2日)「分布拡大、館山でも 在来種減少の懸念 外来種のアカボシゴマダラ」
日本自然保護協会(2012年3月31日)「自然しらべ2011チョウの分布 今・昔 報告書」
毎日新聞(2016年9月22日)「外来チョウ、生息域北上 大田原、那須塩原へ」(栃木版)
日本経済新聞(2017年2月24日)外来生物14種の飼育禁止 桜枯れる被害で環境省

Japanese common name : Akaboshi-gomadara
e0038990_17304521.jpg
Hestina assimilis assimilis (Linnaeus, 1758)

e0038990_17351741.jpge0038990_17353451.jpg
左:後翅外縁に鮮やかな赤い斑紋がある。 右:産卵中。


アカボシゴマダラ名義タイプ亜種(大陸亜種)
チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科ゴマダラチョウ属
学名:Hestina assimilis assimilis (Linnaeus, 1758)

e0038990_1095350.gif


体長:(前翅長)40~53mm/(開張)♂60~70mm、♀80~90mm
出現期:5月~10月/年2~3回
食草:エノキ属

【学名解説】
Hestia : ギリシア神話の炉の女神/ゴマダラチョウ属
assimilis : ~に似た、同様の、関係ある
Linnaeus : Carl von Linné (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
賤機山 (Alt. 171m) 2017.09.01, 09.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 19 October 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2017-10-19 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ゴキヅル(合器蔓)
 ゴキヅル(合器蔓)は、ウリ科ゴキヅル属の蔓性1年草です。日本、朝鮮、中国、東アジアに分布します。日本では、本州、四国、九州に分布する在来種です。地域によっては、絶滅危惧I類、絶滅危惧II類、準絶滅危惧種に指定されています。名の由来は、果実が蓋付きの椀である合器(ごうき)のようである事から。中国名は、盒子草(hé zi cǎo)。

 ウリ科(Cucurbitaceae Juss. (1789))は、15連、約95属942種1)以上が分布します。日本には、5属10種が自生分布し、栽培種及び帰化種は10属11種があります。ゴキヅル属(Actinostemma Griff. (1841)) は、日本、朝鮮、中国、インドシナに3種があります。

 日当たりの良い水辺や湿った草地で自生します。蔓性で、葉腋から糸状の巻きひげを出し、他の物に絡みついて覆い被さるように繁殖します。茎は細く、稜があります。上部の茎は径約1mm、巻きひげは、径約0.1mm。巻きひげは托葉の変形と考えられています。茎の稜や萼片、花柄、葉脈、葉縁、葉柄に白色の短毛が密生します。葉は互生します。濃緑色で、長さ5〜10cm、幅2.5〜7cmの三角状披針形、広心形、狭長心形と形状に変異の幅があり、鋭頭。

 花期は、7月から11月頃。総状花序を出し、葉腋から糸状の花柄の先に白色の花をつけます。萼と花冠は同じ形で5全裂します。裂片は披針形で先端は細く尖り、尾状に伸びて放射状に広がります。萼片と花被片の中央に縦筋があります。顎片と花被片が交互に重なり並ぶので10枚の花びらに見えます。花径は約7mm。

 雌雄異花同株。雄花は、5個の雄しべがあります。雌花は、5個の退化雄しべと1個の雌しべがあり、子房は緑色。雌花と雄花の見分けは容易で、花冠裏側の基部に子房があるかどうかで判別できます。雄花は花柄が顎につながりますが、雌花は花柄が子房につながり、その上に顎があります。果期には、雄花、雌花とも顎と花冠を落とします。

 果実は、蓋果2)です。長さ約20mm、幅約12mmのドングリに似た長楕円形の果実で、下垂します。上部(付け根部分)が緑色で疣状突起があり、下部は淡緑色。熟すと果実中央付近が横に割れて上部は残り、下部の蓋にあたる果皮と2個の種子を落とします。まれに3個の種子があります。種子は、黒褐色のしわがある扁平卵形で長さ11~13mm、幅8~9mm。落下後は水に浮きます。種子繁殖します。染色体数は、2n=66。

 ゴキヅルの種子及び地上部には、サポニン成分中にトリテルペノイド配糖体(Triterpenoid glycosides, Dammarane型、Baccharane型、Oleanane型)が含まれ3)、種子には、オレアノール酸(Oleanolic Acid)とギプソゲニン配糖体(Gypsogenin glycosides)が含まれます4)。中国では利尿剤等として用いられてきました。

1)Phylogenetic relationships in the order Cucurbitales and a new classification of the gourd family (Cucurbitaceae). Hanno Schaefer & Susanne S. Renner (TAXON Volume 60, Number 1, February 2011: pp122-138)
2)蓋果(がいか、pyxidium):蒴果の一種で、熟すと果皮が横に裂開する果実。上部が蓋のように取れて種子を放出し、下部が椀状に残る。オオバコやスベリヒユなどがある。
3)ウリ科植物ゴキヅルActinostemma lobatum MAXIM.の成分研究 地上部に含まれるトリテルペノイド配糖体の構造. 藤岡 稔大(福岡大薬)、他. release date:2017.08.18
4)Studies on the Constituents of Actinostemma lobatum MAXIM. VI. Structures of Lobatosides I, J and K, Oleanolic Acid and Gypsogenin Glycosides Isolated from the Seed : Chemical and Pharmaceutical Bulletin Vol. 40 (1992) No. 5 P 1105-1109 : Toshihiro FUJIOKA,etc. 2008

Japanese common name : Goki-duru
e0038990_03152340.jpg
Actinostemma tenerum Griff.

e0038990_03193532.jpge0038990_03223385.jpg
蔓は巻きひげで立ち上がる。花冠は顎5花被片5で放射状に開く。

e0038990_16550256.jpge0038990_16552257.jpg
<雄花>                <雌花>

e0038990_12141583.jpge0038990_12142465.jpg
<雌花> 花冠の中央が緑色の子房。花冠裏側の子房は疣状突起がある

e0038990_17572614.jpge0038990_03271351.jpg
葉は互生し、角状披針形、あるいは広心形や狭長心形で、形状には変異がある

e0038990_03271637.jpge0038990_03303547.jpg
葉裏の葉脈は浮き出る

e0038990_03334738.jpge0038990_03335042.jpg
茎の稜や萼片、花柄、葉脈、葉縁、葉柄に白色の短毛が密生

e0038990_03360326.jpge0038990_09531009.jpg
果実は蓋果。熟すと果実中央付近が横に割れる。種子が2個入っている。
e0038990_03385039.jpg
種子表面にはしわがある。長さ約13mm。落下して水に浮く。


ゴキヅル(合器蔓)
別名:モミジバゴキヅル(紅葉葉合器蔓)、ツタバゴキヅル(蔦葉合器蔓)
ウリ科ゴキヅル属
学名:Actinostemma tenerum Griff.
synonym : Actinostemma lobatum (Maxim.) Maxim. ex Franch. et Sav. var. racemosum (Maxim.) Makino
花期:7月~11月 1年草 草丈:蔓性(約2m) 花径:約7mm 果実長:約20mm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Actinostemma : akti(放射線)+stamma(冠)/ゴキヅル属
tenerum : 細い
Griff. : William Griffith (1810-1845)
---
synonym : 同物異名
lobatum : lobatus(浅裂した)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Sav. : Paul Amedee Ludovic Savatier (1830-1891)
var. : varietas(変種)
racemosum : racemosus(総状花序をつけた)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県静岡市
麻機遊水地第3工区 2017.09.23, 09.24, 09.25, 09.29, 10.04
麻機遊水地第4工区 2017.09.29, 10.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 9 October 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2017-10-09 18:00 | 水辺の植物 | Trackback | Comments(0)