<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ハリガネゴケ(針金苔)
 ハリガネゴケ(針金苔)は、ハリガネゴケ科ハリガネゴケ属に分類される蘚類(せんるい)です。ヨーロッパとアメリカ熱帯地域を初め、世界に広く分布する汎世界種です。日本では全国に分布します。このハリガネゴケ科は、カサゴケ科やホンマゴケ科とされる場合もあります。

 ハリガネゴケ科(Bryaceae Schwaegr.)は、9属59種があると言われています。ハリガネゴケ属(Rosulabryum J.R.Spence)は、今までBryum Hedw.とされていましたが転属されました。

 コケ植物とは、蘚類(せんるい)・苔類(たいるい)・ツノゴケ類の三群の総称です。葉緑体によって光合成を行い、花は付けず、胞子で繁殖します。水分や栄養の通り道となる維管束(いかんそく|vascular bundle)はありません。

 蘚苔類(せんたいるい)は世界に約20,000種が分布します。その内の蘚類は、葉の中央を走る太い葉脈である中肋(ちゅうろく)があるのが特徴です。茎葉体と胞子体、仮根からなります。世界各地に約100科700属10,000種が分布し、日本には62科305属約1,030種が分布します。

 卵細胞が発達したものが胞子体です。胞子体の上部にある胞子嚢を蒴(さく)と呼びます。この部分と柄に当たる蒴柄を胞子体と呼びます。ハリガネゴケの蒴柄は約30mmです。蒴は、初め緑色で、熟すと茶色へと変色します。この蒴の中では、減数分裂を経て胞子が作り出されます。蒴の先端には蓋があり、外れて胞子を放出します。胞子は風で運ばれます。胞子が発芽すると、糸状の原糸体となります。

 雌雄異株であり、本体である配偶体となって受精し、胞子体を形成します。茎長は20~25mm、葉の長さは15~25mm。染色体数は、n=10。写真のハリガネゴケは岩の上に生育していたものです。

Japanese common name : Harigane-goke
e0038990_9214826.jpg
Rosulabryum capillare (Hedw.) J.R.Spence

e0038990_922156.jpge0038990_9221480.jpg
左:若い胞子体。蒴の先端は水滴ではありません。右:全体


ハリガネゴケ(針金苔)
ハリガネゴケ科ハリガネゴケ属
学名: Rosulabryum capillare (Hedw.) J.R.Spence
synonym : Bryum capillare (Hedw.) J.R.Spence
茎長:20~25mm 葉長:15~25mm 蒴柄:約30mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Rosulabryum : rosula(薔薇のつぼみ)+bryum(苔)/ハリガネゴケ属
capillare : capillaris(毛に似た・細毛状の)
Hedw. : Johann Hedwig (1730-1799)
J.R.Spence : John R. Spence (1956- )
---
synonym : (シノニム) 同意語、異名
Bryum : コケの意/ハリガネゴケ属

撮影地:静岡県静岡市
葵区牛妻 2007.02.20, 2007.03.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

24 February 2007, 20 March 2015
Last modified: 26 February 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-02-24 00:00 | 蘚苔類 | Trackback | Comments(0)
安倍川河川敷の風景-6.5km左岸
 私が野草観察と称して散歩している河川敷です。安倍川(Abekawa)は、静岡県静岡市葵区と山梨県の境にある大谷嶺・八紘嶺・安倍峠を源流とする一級河川(昭和41年3月指定)です。大谷嶺は、標高1999.7mで、斜面が大きく崩れている事から大谷崩と呼ばれています。広さは180万m2で日本三大崩のひとつです。下流の静岡市駿河区を通り、駿河湾に流れ注ぎます。流域は全て静岡市になります。主な支流には、中河内川(なかごうちがわ)、足久保川(あしくぼがわ)、藁科川(わらしながわ)、丸子川(まりこがわ)があります。幹川流路延長は51kmで、流域面積は567km2です。

 下流から中流域にかけての河川敷では緑地公園として整備され、スポーツ広場としても利用されています。土手沿いに、河口からの距離を示す標識が250m毎に設置されています。上流へ行くと、この標識は少なくなり、上流からの距離を表す標識になっている所もあります。このブログで撮影地として表示しているものは、この標識を目安にしています。また、安倍川は北から南に流れています。

 写真は、安倍川河口から6.5km地点で、上流方面(北)を眺めた様子です。
e0038990_19515128.jpg
▲12月の風景 正面に見える橋は「安倍川大橋」で、静清バイパスが通っています。
撮影地:安倍川河口から6.5km/左岸河川敷 2006.12.18
e0038990_1952423.jpg
▲2月の風景 川の流れは左側にあります。普段の流水量は多くありません
撮影地:安倍川河口から6.5km/左岸河川敷 2007.02.13


撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.5km 左岸河川敷 2006.12.18, 2007.02.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

23 February 2007
Last modified: 13 November 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-02-23 00:00 | 風景 | Trackback | Comments(0)
早春の花木・その1
 梅園でロウバイを見ていたら、自転車に乗った男性に話しかけられました。「それは何という梅?」と聞かれたので「ロウバイです、ロウソクの蝋と梅と書いて蝋梅です」と答えたところ、「梅の仲間なんだろ」と言って走り去ってしまいました。梅園にあるから全部が梅の仲間で、名前に梅と付くから梅の一種と思ったのかもしれません。ロウバイはロウバイ科ロウバイ属ですから仲間ではありません。

 この様な名から起きる混乱は、同じ梅園で毎年聞くことになります。紛らわしいことに、黄色の梅と書くオウバイ(黄梅)も、モクセイ科ソケイ属で、ウメの仲間ではありません。もっとも、ウメがバラ科サクラ属であることに驚く人も少なくありません。ロウバイ(蝋梅)は、光沢がある蝋細工のような花で、芳香があります。

Japanese common name : Roubai
e0038990_2095568.jpg
Chimonanthus praecox (L.) Link

ロウバイ(蝋梅)
ロウバイ科ロウバイ属
別名:トウバイ(唐梅)/カラウメ(唐梅)
学名:Chimonanthus praecox (L.) Link
花期:12月~2月 落葉低木 樹高:2~5m 花径:2cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Chimonanthus : cheimon(冬)+anthos(花)/ロウバイ属
praecox : 早期の・早熟の・早咲きの
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Link : Johann Heinrich Friedrich Link (1767-1851)

撮影地:静岡県静岡市
葵区羽鳥「洞慶院」(植栽) 2007.01.25



 ロウバイが花の中心部が暗紫色になるのに対して、ソシンロウバイ(素心蝋梅)は全体が黄色になります。

Japanese common name : Sosin-roubai
e0038990_20102573.jpg
Chimonanthus praecox (L.) Link f. concolor (Makino) Makino
e0038990_20105181.jpg
裏側

ソシンロウバイ(素心蝋梅)
ロウバイ科ロウバイ属
学名:Chimonanthus praecox (L.) Link f. concolor (Makino) Makino
synonym : Chimonanthus praecox Link f. lutea (Makino) Okuyama
花期:12月~2月 落葉低木 樹高:2~5m 花径:2cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Chimonanthus : cheimon(冬)+anthos(花)/ロウバイ属
praecox : 早期の・早熟の・早咲きの
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Link : Johann Heinrich Friedrich Link (1767-1851)
f. : forma(品種)
concolor : con(共に)+color(色)/同色の 
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
---
lutea : luteus(黄色の)
Okuyama : 奥山春季 Shunki Okuyama (1909-1998)

撮影地:静岡県静岡市
葵区羽鳥「洞慶院」(植栽) 2007.01.25

Last modified: 22 February 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-02-22 00:00 | | Trackback | Comments(0)
早春の野草・その7
 コハコベ(小繁縷)は、道路脇にも生えています。山間部には一面にコハコベが生えている場所があります。茎色は赤紫色です。花弁は10枚のように見えますが、1枚が深く切れ込んでいる為で、実際は5枚です。花弁は萼片と、ほぼ同じ長さになります。名の由来は、ミドリハコベと比べて小型であることから付けられたと思われます。帰化植物です。

Japanese common name : Ko-hakobe
e0038990_20284591.jpg
Stellaria media (L.) Vill.

e0038990_2029194.jpge0038990_20291371.jpg
上:茎色は赤紫色 左:花冠 右:果実は卵形の蒴果で6裂する(240x320/12kB)

コハコベ(小繁縷)
ナデシコ科ハコベ属
学名:Stellaria media (L.) Vill.
花期:3月~9月 1年草 草丈:10~20cm 花径:5~7mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Stellaria : stella(星)/ハコベ属
media : medius(中間の・中間種の)|複数形media|中性名詞medium
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Vill. : Dominique Villars (1745-1814)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.01.26
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]



 ミドリハコベ(緑繁縷)は、茎色や全体が緑色であることから付けられた名と推測されます。花が緑色である訳ではありません。一般には、ハコベ(繁縷)と呼ばれています。茎には片側一列に並ぶ列毛があります。花弁は萼片より少し短めになります。花柱は、コハコベ、ミドリハコベとも3本です。また、花後に下を向いた花柄は、熟すと上を向きます。在来種(史前帰化植物)です。

Japanese common name : Midori-hakobe
e0038990_20295565.jpg
Stellaria neglecta Weihe
e0038990_2031342.jpg
茎は緑色、片側一列に並ぶ列毛がある

ミドリハコベ(緑繁縷)
ナデシコ科ハコベ属
学名:Stellaria neglecta Weihe
花期:3月~9月 越年草 草丈:10~30cm 花径:6~7mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Stellaria : stella(星)/ハコベ属
neglecta : neglectus(顕著でない・見逃しやすい・つまらぬ)
Weihe : Carl Ernst August Weihe (1779-1834)

撮影地:静岡県静岡市
駿河区谷田 2007.02.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 9 February 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-02-09 00:00 | | Trackback(1) | Comments(2)
早春の野草・その6
 シロバナタンポポが気になって、昨年咲いていた場所へ出かけてみました。土手斜面にたくさん咲いているタンポポを観察していると、土手を通りかかった中年女性が声をかけてきました。「花を見てんの?」「はい」「何? 植物の研究者?」「いいえ、違います。趣味で……」「だって、そういう顔に見えるよ」。いったい、どういう顔が植物学者なんだ?と疑問に思いながら観察を続けました。トウカイタンポポが圧倒的に多くて、シロバナタンポポは中ぐらい、カントウタンポポは少なめ、セイヨウタンポポはついに見つけられませんでした。

 ■カントウタンポポ(関東蒲公英)は、関東から東海地方東部に分布する在来種です。総苞外片は反り返えらず、総苞外片が総苞内片の1/2程の長さになります。染色体数は、2n=2x=16。2倍体で、両性生殖します。

Japanese common name : Kantou-tanpopo
e0038990_2358499.jpg
Taraxacum platycarpum Dahlst.
e0038990_2359817.jpg
総苞外片は総苞内片の約1/2の長さ

カントウタンポポ(関東蒲公英)
別名:アズマタンポポ(東蒲公英)
キク科タンポポ属
学名:Taraxacum platycarpum Dahlst.
花期:3月~6月 多年草 草丈:10~25cm 花径:2~3cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Taraxacum : tharakhchakon(苦い草)の変形/タンポポ属
platycarpum : platycarpus(平ったい果の・大きな果実の)
Dahlst. : Hugo Gustav Adolf Dahlstedt (1856-1934)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川(河口から6.5km左岸) 支流・辰起川 2007.02.06



 ■シロバナタンポポ(白花蒲公英)は、西日本に多い在来種です。総苞外片が僅かに反り返ります。染色体数は、2n=5x=40。5倍体で、単為生殖します。

Japanese common name : Sirobana-tanpopo
e0038990_095077.jpg
Taraxacum albidum Dahlst.

e0038990_010413.jpge0038990_0101974.jpg
左:頭花 右:総苞外片は僅かに反り返る

e0038990_0103359.jpge0038990_01045100.jpg
左:頭花は舌状花の集まり 右:種子は痩果で茶色

シロバナタンポポ(白花蒲公英)
キク科タンポポ属
学名:Taraxacum albidum Dahlst.
花期:2月~5月 多年草 草丈:10~30cm 花径:35~45mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Taraxacum : tharakhchakon(苦い草)の変形/タンポポ属
albidum : albidus(淡白色の)
Dahlst. : Hugo Gustav Adolf Dahlstedt (1856-1934)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川(河口から6.5km左岸) 支流・辰起川 2007.02.06

Last modified: 7 February 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-02-07 00:00 | | Trackback | Comments(4)
早春の野草・その5
 安倍川の水際でオオカワヂシャを観察していたら、散歩の人が声をかけてきました。花の名前を聞かれたのですが、「学名では分からないから普通に」と念を押されました。通常、学名を聞かれる事はありませんし、学名とは何か知らない人も多いはずです。不思議だなと思って話を聞いていたら、生物学を専攻していたとの事。ド素人の私に学名なんぞを聞いてはいけません。観察していたオオカワヂシャの名前だって、その時は度忘れ状態だったのですから。辛うじて思い出した和名を教え、オオイヌノフグリの仲間ですと答えておきました。その人が帰ったので、ほっとして観察を続けました。しかし数分もしない内に、その人はもう一度戻って来ました。「ベロニカだったっけ」と、思い出したのを喜ぶような大きな声で確認しに来たのです。学名は分からないと言っていたのに・・・。帰宅してから、この話を家の者にしました。「オタクって苦手なんだな」と私が言うと、「あんたがオタク」と言われてしまいました。

 ■オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)の花冠は8~10mmです。雄しべ2本、雌しべ1本の両性花で、名の由来となる果実は倒心形の蒴果です。

Japanese common name : Oo-inuno-fuguri
e0038990_8295545.jpg
Veronica persica Poir.
e0038990_830690.jpg
▲内側に曲がった雄しべ2本と、中央に雌しべ1本
e0038990_8301828.jpg
▲名の由来となった蒴果


オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
別名:テンニンカラクサ(天人唐草)/ルリカラクサ(瑠璃唐草)/ヒョウタングサ(瓢箪草)/ホシノヒトミ(星の瞳)
オオバコ科クワガタソウ属
学名:Veronica persica Poir.
花期:2月~5月 越年草 草丈:10~25cm 花径:8~10mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Veronica : Vettonicaの転訛|聖Veronicaに因む/クワガタソウ属
persica : persicus(ペルシャの)
Poir. : Jean Louis Marie Poiret (1755-1834)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.75km 右岸河川敷 2007.01.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]



 ■タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)は、オオイヌノフグリの花冠の半分以下しかありません。また、花柄が無いので花は目立ちません。果実は蒴果で、大きさは3~4mmです。オオイヌノフグリは茎が這うのに対し、タチイヌノフグリは茎が立ち上がります。

Japanese common name : Tati-inuno-fuguri
e0038990_8311270.jpg
Veronica arvensis L.
e0038990_8312732.jpg
▲合弁花で花柄が無く、花冠径は3~4mm。埋もれるように咲く
e0038990_8314258.jpg
▲蒴果


タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)
オオバコ科クワガタソウ属
学名:Veronica arvensis L.
花期:4月~6月 越年草 草丈:10~25cm 花径:3~4mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Veronica : Vettonicaの転訛|聖Veronicaに因む/クワガタソウ属
arvensis : 可耕地の・原野生の・畠地生の
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 右岸河川敷 2006.01.26
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

6 February 2007
Last modified: 24 September 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-02-06 00:00 | | Trackback | Comments(0)
春にまつわる静岡県内の花イベント情報
熱海梅園「梅祭」
~3月11日(熱海市梅園町)
梅64種約730本
2月11日(日)南京玉すだれ&和楽太鼓ショー
2月12日(月)熱海芸妓連演芸会・お汁粉サービス
日・祝日10:00,13:00甘酒サービス
問い合わせ先>熱海市観光協会:0557-85-2222

沼津御用邸記念公園「観梅茶席」(有料)
~3月4日までの土・日・祝日(沼津市下香貫)
梅10種約140本
10:00-15:30抹茶:和菓子/席料500円
入場料:大人100円・小中学生50円
問い合わせ先>公園管理事務所:055-931-0005

日本平梅まつり
~2月28日(静岡市清水区日本平山頂)
梅約300本
お茶席:100円(10日先着500人・11日先着1000人)
日曜・10日(土):石碑絶景ポイントのウオーク(出発11:00、13:30)
問い合わせ先>日本平観光組合:054-335-1131

黒田家代官屋敷梅まつり
~3月4日(菊川市下平川)
梅13種約180本
2月4日(日)豆まき
2月11日(日)出店や催し
問い合わせ先>菊川市観光協会:0537-36-0201

フラワーパークの花イベント(有料)
2月10日(浜松市舘山寺町)
2月10日花のウオーク(先着40人)
2月24日(土)~3月11日(日)7,000球のフリージア、1,000球のユリ
入場料:大人800円・小中学生350円
問い合わせ先>はままつフラワーパーク:053-487-0511

みなみの桜と菜の花まつり
2月5日~3月10日(南伊豆町下賀茂)
2月11日(日)菜の花畑での人前結婚式
2月15日~花馬車(1,000円)
2月18日(日)・25日(日)伊勢エビのみそ汁サービス
問い合わせ先>南伊豆町観光協会:0558-62-0141

静岡県広報誌・県民だより2月号 No.587より
[PR]
by pianix | 2007-02-05 00:00 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
早春の野草・その4
 ■ハナイバナ(葉内花)は、キュウリグサ(胡瓜草)に良く似ています。ハナイバナの花中央にある副花冠(鱗片)は10個で、白色です。キュウリグサの場合は、副花冠(鱗片)は5個で、淡黄色です。どちらも、2~3mmの小さな花です。安倍川流域で見た数で言えば、キュウリグサの方が多く、ハナイバナは少なめです。

Japanese common name : Hanaibana
e0038990_8493925.jpg
Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
e0038990_8501836.jpg
副花冠(鱗片)は10個


ハナイバナ(葉内花)
ムラサキ科ハナイバナ属
学名:Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
synonym : Bothriospermum tenellum (Hornem.) Fisch. et C. A. Mey.
花期:4月~11月 1~2年草 草丈:10~30cm 花径:2~3mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Bothriospermum : bothrion(小穴)+sperma(種子)/ハナイバナ属
zeylanicum : ceylanicus(セイロンの)
J.Jacq. : Joseph Franz von Jacquin (1766-1839)
Druce : George Claridge Druce (1850-1932)
---
tenellum : tenellus(非常に軟い・細い・弱い)
Hornem. : Jens Wilken Hornemann (1770-1841)
Fisch. : Friedrich Ernst Ludwig von Fischer (1782-1854)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&に同じ)
C. A. Mey. : Carl Anton Andreevic von Meyer (1795-1855)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.25km 左岸土手 2007.01.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]



 ■ワスレナグサ(勿忘草)が、河原に咲いています。実は、オオカワヂシャとカワヂシャの観察の為に何度も同じ場所へ足を運んだのですが、その傍らに咲いていました。安倍川の支流に数カ所、野生しているのを確認していますが、本流では初めてでした。近縁種で、在来種のエゾムラサキ(蝦夷紫)Myosotis sylvatica (Ehrh.) Hoffn.と見間違えているかもしれないと、これも再度確認に出かけました。ワスレナグサの萼には伏毛があり、エゾムラサキの萼には鉤状の毛があります。

Japanese common name : Sin-wasurenagusa
e0038990_8504097.jpg
Myosotis scorpioides L.

e0038990_8505751.jpge0038990_8511097.jpg

左:花冠 <2007.01.22>  右:萼


ワスレナグサ(勿忘草/忘れな草)
和名:シンワスレナグサ(真忘れな草)/別名:ミオソチス(Myosotis)
ムラサキ科ワスレナグサ属
学名:Myosotis scorpioides L.
花期:5月~7月 多年草 草丈:20~45cm 花径:6~9mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Myosotis : myos(二十日鼠)+otis(耳)|葉の状態を例えた/ワスレナグサ属
scorpioides : サソリの尾のような・卷いた形の
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.75km 右岸河川敷 2007.01.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

3 February 2007
Last modified: 31 May 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-02-03 00:00 | | Trackback | Comments(2)