<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
キアシナガバチ(黄脚長蜂)
キアシナガバチ(黄脚長蜂)は、スズメバチ科アシナガバチ属の蜂です。日本全国に分布する在来種です。名の由来は、黒地に黄色の体色であり、全体的に黄色味が強い色彩をしているアシナガバチである事から。

 スズメバチの仲間です。アシナガバチ亜科は、世界に26属、日本には3属2)11種が分布します。キアシナガバチは、低山地性で、山や樹木が多い周辺に多く分布します。体長は、21~26mm。スズメバチほどではないものの、アシナガバチとしては攻撃性が強く、毒が強いので注意を要します。

 セグロアシナガバチ(背黒脚長蜂)1)に大きさ・形とも似ています。セグロアシナガバチとの区別点は、前伸腹節3)に黄色斑紋の2縦線がある事です。(沖縄以外では、頭部側から縦線2、横線2、縦線2がキイロアシナガバチで、縦線2、横線2のみはセグロアシナガバチ。)環境省カテゴリで情報不足(DD)になっている、ヤマトアシナガバチ(大和脚長蜂)Polistes japonicus japonicus Saussre, 1858 も似ています。

 ハチの体は大きく分けると、頭部・胸部・腹部に分けられます。頭部には複眼2個と単眼3個、一対の触角があります。胸部には前翅・後翅の2対4枚があります。胸部と腹部の間は大きくくびれます。体長は、21~26mm。腹部後端に刺針があります。脚は、前肢・中肢・後肢の一対6本があります。

 4月頃から、家屋軒下・枝などのやや高めの場所に、釣り鐘状の巣を作ります。巣は10~15cmの大きさで、樹皮繊維を利用した紙質で、強靱です。働き蜂は、約50匹程がいます。家の屋根裏などに集団越冬することもあります。

 翅を持ち上げている時は威嚇のポーズですから、近寄らないようにしたほうが懸命です。当然の事ながら、巣を刺激すれば攻撃されます。肉食で肉団子を作ります。青虫や毛虫を餌とするので益虫とも言えますが、夏場の除草や剪定作業では特に注意を要します。

 10月から11月にかけては、新女王蜂や雄蜂が集団でいる事が多くなります。従って、この時期まで油断はできません。蜜蜂と違い、何度でも刺してきます。見つけたら後ろに静かに下がるようにします。横の動きに敏感、縦の動きに鈍感との性質があるからです。

1)セグロアシナガバチ(背黒足長蜂)Polistes jokahamae Radoszkowski, 1887
2)アシナガバチ属(Polistes Latreille, 1802)、ホソアシナガバチ属(Parapolybia)、チビアシナガバチ属(Ropalidia Guérin-Méneville, 1831)
3)前伸腹節(propodeum):胸部と腹部の間の節。(胸部と密着融合した腹部第1節)

参考:フタモンアシナガバチ(二紋脚長蜂) キイロスズメバチ(黄色雀蜂) ニホンミツバチ(日本蜜蜂)

Japanese common name : Ki-ashinaga-bati
e0038990_20372244.jpg
Polistes rothneyi iwatai van der Vecht, 1968

e0038990_2038575.jpge0038990_20381960.jpg
胸部の黒い部分に、縦2本、横2本、縦2本の黄色線がある。写真は♂。


キアシナガバチ(黄脚長蜂)
ハチ目(膜翅目)スズメバチ科アシナガバチ亜科アシナガバチ属
学名:Polistes rothneyi iwatai van der Vecht, 1968
(Polistes rothneyi Cameron, 1900)

e0038990_2163229.gif


体長:21~26mm
出現期:4月~10月
分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄

撮影地:静岡県静岡市
西ヶ谷運動場 2005.11.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

21 June 2008, 24 July 2014
Last modified: 31 May 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2008-06-21 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ホトケノザ(仏の座)
 ホトケノザは、シソ科オドリコソウ属の2年草(越年草)です。北半球に広く分布し、日本では本州から沖縄までに自生する、史前帰化植物です。温暖地では、秋から現れ始め、春に最盛期を迎えます。年を越して生育するので越年草と分類されます。名の由来は、葉の形態を蓮華座に見立て、仏の座としたものです。春の七草に出てくる「ホトケノザ」は、現在のキク科コオニタビラコ(小鬼田平子)であるとされています。秋の七草は愛でるものであり、春の七草は食べるものですが、現在のホトケノザは食用にしません。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。オドリコソウ属(Lamium L. (1753))は世界に約40種が存在します。

 シソ科の特徴である四角形の茎を持ち、対生する上部の葉は茎を抱きます。花は紅紫色で、唇型の合弁花です(双子葉植物綱合弁花亜綱)。唇から舌を出したような部分は、虫が止まるのに便利なようになっています。頭頂部に細かな毛が生えていて、私には、やんちゃ坊主のように見えます。その内側にオレンジ色の雄しべがあり、蜜を吸いに奥へ入ろうとする虫に花粉を付ける仕組みになっています。蕾のように見える濃紅色の閉鎖花を多く持ちます。染色体数は、2n=18。

 白花品種の、シロバナホトケノザ(白花仏の座)Lamium amplexicaule L. f. albiflorum D.M.Moore があります。近縁種に、オドリコソウ(踊子草)、ヒメオドリコソウ(姫踊子草)があります。

参考:早春の野草・その1

◆ ◆ ◆

 昨日、渋滞を引き起こしている車の横を通り過ぎました。どうしたのかな、と思って車を見るとパンクしていました。運転者は中高齢の女性。非常駐車灯と三角板を出した方が良いとアドバイスしました。女性はパニック状態でした。見過ごせない状態だったので、パンク修理を手伝う事にしました。詳細は省きますが、無事走り出した時は安心しました。全く面識のない方でしたが、関わりを持った事を嬉しく思いました。家に帰ってきた時、妨げになるのに移動してくれない車がいました。そのお陰で迂回し、我が家の駐車場へ入るために何度かの切り返しが必要でした。その車の運転手は見て見ぬふりをしていました。

 愛(agape)の対極は何かと問われると、アパシー(apathy)だと答えています。無関心の事です。関心を持つ事は大切です。全てに関わるのは不可能だとしても、困っている人がいたら率先して関わるようにしています。そして、その関わりは煩わしさではなく、嬉しさを引き出してくれます。

 今、私は野草と関わりを持とうと歩き回っています。植物と人間ではコミュニケーションの取り方が異なりますが、眺めて、名前を覚えるという関わりをする事で野草に関心を持とうとしています。昔は、目に映っても意識の外にあり無関心でした。そして今日、河川敷で野草を探し回っているところで出会った二人の方と話をする事ができました。話は、自然保護にまで及びました。自然に対して無関心なため、環境保全をおろそかにし、無くなってから事の重大さに気が付く愚かさを話してくれました。

 例年だったら、いつまで咲いているのかと思わせるコウゾリナですが、この冬、ほとんど見かけていません。寒さのためか土手の草刈り時期が効果的だったのか、原因は、はっきりしません。ホトケノザ(仏の座)も同様でしたが、河川敷で、今年初めて出会う事ができました。

Japanese common name : Hotoke-no-za
e0038990_15571994.jpg
Lamium amplexicaule L.

e0038990_15573056.jpge0038990_15574389.jpg
左:2007.03.09 右:2014.03.11


ホトケノザ(仏の座)
別名:サンガイグサ(三階草)
シソ科オドリコソウ属
学名:Lamium amplexicaule L.
花期:3月~6月 2年草(越年草) 草丈:10~30cm 花冠長:8~15mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Lamium : イラクサ様植物の古代ラテン名|laipos(喉)/オドリコソウ属
amplexicaule : amplexicaulis(茎を抱く)
L. : Carl von Linne(1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.75km 右岸河川敷 2006.01.09
安倍川/河口から8.25km 左岸河川敷 2007.03.09
安倍川/河口から13.0km 右岸土手   2014.03.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

First draft: 11 June 2008
Last modified: 4 April 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2008-06-11 00:00 | | Trackback | Comments(7)