<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)
 ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)は、ユリ科ホトトギス属の多年草です。北海道から九州にかけて分布する日本固有の在来種です。名の由来は、山道沿いに多く見られ、花にある斑紋が鳥のホトトギス(杜鵑)にある胸の斑紋に似ている事から。

 ユリ科(Liliaceae Juss. (1789))は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ホトトギス属(Tricyrtis Wallich (1826))は、日本・台湾・朝鮮半島等の東アジアに19種が分布、日本には13種が分布します。

 山地の林内に自生します。草丈は30~70cm。茎には下向きの毛が密生します。葉は互生します。基部は心形で茎を抱き葉は卵状長楕円形から狭長楕円形で毛があります、先端は鋭尖、長さは8~18cm。油点状斑紋があります。

 花期は8月から10月。茎頂や葉腋から花柄を出して1~3個の花を上向きに付けます。花被片は内花被片3と外花被片3の6枚で、花被片1/3あたりで平開します。下部には他のホトトギスの仲間のような黄色ではないものの、蜜標である環状の斑紋があります。外花被片は内花被片より幅が広く、基部には袋状に曲がった3つの距があります。これはホトトギス属の学名Tricyrtis=treis(三)+cyrtos(曲)の由来となっています。距には蜜が貯められています。

 雄しべ花糸は6で黄白色。3本は雌しべ下に重なり、湾曲した先端に葯を付けます。蜜を求めて訪れた虫が花被に乗った時に花粉を着けやすくする構造になっています。雌しべ花柱は、上部で3裂した後、先端で2裂します。3裂した上部には腺毛状突起が密生します。花柱には紅紫色の斑点がありますが、基部の子房部分は花糸に囲まれていています。

 雌雄同花、自家和合性があり、雄性先熟の虫媒花。子房上位。子房が成長すると花柱がせり上がってきます。果実は朔果で、種子繁殖します。細長い果実で、内部は3室に別れ、扁平な種子を多数含みます。熟すと先端が3裂して種子を出します。染色体数は、2n=26。

 同属に、よく似たヤマホトトギス(山杜鵑草)Tricyrtis macropoda Miq. があります。ヤマジノホトトギスの花被は平開しますが、ヤマホトトギスの花被は強く反曲します。他に、花序形成の違い、蜜標のあるなしが異なる部分です。共に花柱に紅紫色の斑点があり、花糸にはありません。

・花柱(かちゅう)style:雌しべ(Pistil)の柱頭(Stigma)と子房(Ovary)をつなぐ柄の部分。
・花糸(かし)Filament:雄しべ(Stamen)の葯(Anther)を支える糸状の部分。

Japanese common name : Yamaji-no-hototogisu
e0038990_904977.jpg
Tricyrtis affinis Makino

e0038990_911060.jpge0038990_912728.jpg
内花被片3と外花被片3が平開。茎に下向きの毛、花被基部に3つの距がある。

e0038990_914744.jpge0038990_92337.jpg
雄しべ6、雌しべは上部で3裂、先端で2裂。茎頂や葉腋に1~3個の花をつける。
e0038990_921738.jpg
葉は互生し、油点状斑点がある。


ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)
ユリ科ホトトギス属
学名:Tricyrtis affinis Makino
花期:8月~10月 多年草 草丈:30~70cm 花径:約2~3cm

e0038990_2122812.gif


【学名解説】
Tricyrtis : treis(三)+cyrtos(曲)/ホトトギス属
affinis : 酷似した・近似の
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県静岡市
牛ヶ峰(高山)Alt.717m/谷沢(Yazawa)ルート 2008.09.03
牛ヶ峰(高山)Alt.717m/八十岡(Yasooka)ルート 2014.09.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

24 July 2009
Last modified: 24 September 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2009-06-27 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ヤマホトトギス(山杜鵑草)
 ヤマホトトギス(山杜鵑草)は、ユリ科ホトトギス属の多年草です。日本、朝鮮半島、中国に分布します。日本では、岩手県以西の太平洋側、及び長野県に分布します。名の由来は、花にある斑紋が鳥のホトトギス(杜鵑)にある胸の斑紋に似て、山地に生える事から。

 ユリ科(Liliaceae Juss. (1789))は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ホトトギス属(Tricyrtis Wallich (1826))は、日本・台湾・朝鮮半島等の東アジアに19種が分布、日本には13種が分布します。

 山野の林内に自生します。休眠芽は地中にあります。短い根茎を持ち、茎には下向きの毛があります。草丈は40~70cm。葉は互生します。基部は心形で茎を抱き、長楕円形から長卵形、先端は鋭尖、長さ7~12cm。茎頂1)や葉腋2)から長い柄を出します。これは、この種名の学名macropoda(長い柄の)の由来となっています。

 花期は7月から9月。散房花序3)を出し、花は上向きに咲きます。花被片は内花被片3と外花被片3の6枚で、基部から1/3あたりで強く反り返るのが特長です。白地に紅紫色の斑点模様がまばらにあり、縁側は少ないか全くない場合があります。また、模様や色の個体変異があります。花被片下部には、他のホトトギスの仲間に多く見られる、蜜標である黄橙色の環状の斑紋がありません。外花被片は内花被片より幅が広く、基部には袋状に曲がった3つの距があります。これはホトトギス属の学名Tricyrtis=treis(三)+cyrtos(曲)の由来となっています。距には蜜が貯められています。

 雄しべ花糸は6個で黄白色、斑紋はありません。内3個は雌しべ下に重なり、外に湾曲した先端に葯を付けます。蜜を求めて訪れた虫が花被片に乗った時に花粉を着けやすくする構造になっています。雌しべ花柱は、上部で3裂した後、先端で2裂します。3裂した上部には腺毛状突起が密生します。花柱には紅紫色の斑点がありますが、基部の子房部分は花糸に囲まれていています。長さは1.5~2cm。

 2日間ほど花を咲かせます。雌雄同花、自家和合性があり、雄性先熟の虫媒花。子房上位。子房が成長すると花柱がせり上がってきます。果実は朔果で、種子繁殖します。細長い果実で、内部は3室に別れ、扁平な種子を多数含みます。熟すと先端が3裂して種子を出します。染色体数は、2n=26。

 同属に、よく似たヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)Tricyrtis affinis Makino があります。イガイ目イガイ科の貝に同名のヤマホトトギス(Musculus japonica (Dunker))があります。

1)茎頂(けいちょう):茎の先端
2)葉腋(ようえき):葉のつけ根の茎に面した部分
3)散房花序 (corymb):花軸に複数の花柄が付き、下部の花柄ほど長くなる事で花の位置が平面か半球状に揃う花序。

Japanese common name : yama-hototogisu
e0038990_2249598.jpg
Tricyrtis macropoda Miq.

e0038990_14465743.jpge0038990_14471022.jpg
左:外花被片の基部には3つの距がある/右:花被片の幅が広いのが外花被片

e0038990_1448519.jpge0038990_14482183.jpg
花被片は内花被片3と外花被片3の6枚で、基部から1/3あたりで強く反り返る。
e0038990_14485992.jpg
茎頂や葉腋から柄を出して散房花序を形成する。2008.09.17


ヤマホトトギス(山杜鵑)
ユリ科ホトトギス属
学名:Tricyrtis macropoda Miq.
花期:7月~9月 多年草 草丈:40~70cm 花径:約2.5cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Tricyrtis : treis(三)+cyrtos(曲)/ホトトギス属
macropoda : macropodus(長柄の・太い軸の)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt. 435m) 2007.09.17 - 2008.09.27
牛妻不動の滝(静岡市葵区) 2007.09.18
竜爪山(薬師岳 Alt. 1051m) 2008.09.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 June 2009
Last modified: 26 July 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2009-06-24 00:00 | | Trackback | Comments(0)
チャボホトトギス(矮鶏杜鵑草)
 チャボホトトギス(矮鶏杜鵑草)は、ユリ科ホトトギス属の多年草です。東海地方から九州にかけて分布する日本固有の在来種です。名の由来は、花にある斑紋が鳥のホトトギス(杜鵑)にある胸の斑紋に似ている事から。チャボは、本種がキバナノホトトギスの矮性種である事から、鶏の矮性種チャボ(矮鶏)に例えたもの。チャボの語源は、ベトナムの地名チャンパ(Champa)によります。地域によっては絶滅危惧II類(VU)に指定されています。

 ユリ科(Liliaceae Juss. (1789))は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ホトトギス属(Tricyrtis Wallich (1826))は、日本・台湾・朝鮮半島等の東アジアに19種が分布します。日本には、ジョウロウホトトギス節、キバナノホトトギス節、ホトトギス節、ヤマホトトギス節から計13種が分布しています(変種、品種を除く)。内10種は日本固有種です。チャボホトトギスは、キバナノホトトギス節に属します。

 山地の林下に自生します。草丈は2~10cm程で、直立します。茎には毛が散生します。花柄は1.5cm程で、開出毛があります。葉は互生し、基部は茎を抱き、倒披針形で長さ5~15cm。紫褐色の斑紋(油点状斑紋1))があり、上面は無毛で艶があり、裏面には毛があります。

 花期は8月下旬から9月上旬頃で、茎頂や葉脇に黄色の花を上向きに1~2個付けます。花被片は内花被片3と外花被片3の計6枚で、長さ2~2.5cmの倒披針形。花被片内側に紫褐色の斑点がまばらにあります。花被片下部には、黄橙色の蜜標である環状の斑紋があります。3枚の外花被の基部には袋状に曲がった3つの距があります。これはホトトギス属の学名Tricyrtis=treis(三)+cyrtos(曲)の由来となっています。

 雄しべ6があり、花糸先端に葯を付けます。突出した花柱は3裂し、先端は2裂します。蜜を求めて訪れた虫が花被に乗った時に花粉を着けやすくする構造になっています。雌しべ柱頭は腺毛状突起が密生します。一日花です。雌雄同花、雄性先熟の虫媒花。果実は朔果で、種子繁殖します。染色体数は、2n=26。

※チャボホトトギスは、「国立公園、国定公園の特別地域内において許可を受けなければ採取、又は損傷してはならない高山植物その他これに類する植物」に含まれます。

 1)油点:細胞間隙または細胞内に油成分が蓄積され点状に見えるもの。色素のあるものを黒点、ないものを明点と言う。

Japanese common name : chabo-hototogisu
e0038990_2240293.jpg
Tricyrtis nana Yatabe

e0038990_22410100.jpge0038990_22142831.jpg
花糸は6本。花柱は3裂し、先端は2裂する。腺毛状突起が密生する

e0038990_8323964.jpge0038990_8324758.jpg
外花被片先端は尖っている。外花被片の基部には袋状に曲がった3つの距がある

e0038990_8331791.jpge0038990_8332764.jpg
左:花被片は内花被片3と外花被片3の6枚。 右:葉は互生し、倒披針形

e0038990_8335973.jpge0038990_834998.jpg
左:紫褐色の油点状斑紋 右:窮屈そうに咲くチャボホトトギス


チャボホトトギス(矮鶏杜鵑草)
ユリ科ホトトギス属
学名:Tricyrtis nana Yatabe
花期:8月~9月 多年草 草丈:2~15cm 花径:約4cm

e0038990_2122812.gif


【学名解説】
Tricyrtis : treis(三)+cyrtos(曲)/ホトトギス属
nana : nanus(小さい・低い・小人)/ギリシャ語νᾱνος, nano(十億分の一)の語源
Yatabe : 矢田部良吉 Ryokichi Yatabe (1851-1899)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡 (Alt. 435m) 2008.8.26, 9.17, 2015.9.15
竜爪山 (薬師岳 Alt. 1051m) 2008.9.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

21 June 2009, 23 June 2009
Last modified: 26 September 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2009-06-21 00:00 | | Trackback | Comments(3)
ニホンイノシシ(日本猪)
 たまには笑い話を……。

 ここ数ヶ月、山には登っていない。登山用具の幾つかを新調したので、喜び勇んで山に登ったのが災いした。足に相当の負担をかけたようで、アキレス腱周辺炎症を起こしてしまった。でも少しくらい大丈夫だろう、との甘い考えで登り続けて拍車をかけてしまった。平地を歩くのにも痛みでぎくしゃくしてしまう有様になった。

 競歩の練習中にも筋肉痛などのアクシデントは起きていた。しかし三日も安静にしていれば治ってしまった。今回は特別に2週間の安静期間をおく事にした。しかし症状は全く変化がない。1ヶ月が過ぎ、2ヶ月が過ぎ……。いい加減に安静も飽きてきた。散歩ぐらいは大丈夫だろうと河川敷を歩いてみたが、途中で痛みが増してくる。

 我が家の近くに、静岡の名称由来となった賤機山(しずはたやま)がある。縦走すると3~4時間程掛かる山だが、標高は200m程度で市民の散歩道として親しまれている。いつも縦走一点張りで、幾つかある尾根道は歩いた事がなかった。どこへ下るのか全く知らなかったので、それを調べ始めた。登っては下って、を繰り返した。10分程で登れてしまうので足には負担が掛からない。

 先日もルート探しをした。途中で下りられるはずの道が良く分からなくなったので、諦めて他の道から下山した。しかし悔しかったので、下山してから登り口を探して再度登り始めた。細い山道を登っていると後ろに気配があった。ふと振り向くと、大きなイノシシ(雄)が同伴していた。やあ、君も登山かね。じゃあなくて動転してしまった。突進されたら骨折間違いなし。大きな声を出してみたものの、イノシシは動じない。これはヤバイ。つづら折りの一角で茂みに隠れてやり過ごそうとしたら、イノシシ君も茂みに入ってきた。逃げ場は、もう無い。慌ててカメラを構えた。私が体当たりされて転落した場合、原因は何だったのか、その証拠を残しておくべきだとの、とっさの判断だった。

 シャッターを切った途端、イノシシは驚いて反転して逃げて行った。そんな小さなシャッター音が怖かったのか、イノシシ君。事なきを得たが、進むべき方向に逃げ去ったので再度のご対面があるかもしれない。それは御免被りたいので、登るのを諦めて下山した。実は、1時間程前に山で農作業をしていた方に話しを伺っていた。イノシシが畑を荒らして困る、この前撃ち殺したイノシシは、大きすぎてモノラック(モノレール)で降ろしたとの話しだった。お年寄りは良く知っているのですが、イノシシは突進するだけではなく、噛む(44本の歯)のです。

 山ではいろいろな動物に出会う。昨年出会ったのはニホンカモシカ4回、サル集団2回、タヌキ等。今年もカモシカには出会っている。カモシカは立ち止まって睨めっこを始めるので怖くない。熊には出会っていない。と、思う。私が気が付いていないだけかもしれない。家の者からは厳重注意をされてしまった。山に登るなと。足が痛くて山には登れない、散歩に行っているだけだとの私の言い分は、すでにばれている。「お父さんが里山でイノシシに突進されて死んでしまいましたなんて、恥ずかしくてとても言えない」。なんてことを言うんだ。調子に乗って、「野ウサギに突進されて」「山ネズミに突進されて」 ……オイ!

 写真がぼけて写っていますが、私がびびっていたからではなく(嘘っぽい)、被写体ブレによるものです。

日本に分布する2亜種
ニホンイノシシ(日本猪)Sus scrofa leucomystax Temminck et Schlegel, 1842
リュウキュウイノシシ(琉球猪)Sus scrofa riukiuanus Kuroda, 1924

Japanese common name : Nihon-inoshishi
e0038990_16213528.jpg
Sus scrofa leucomystax Temminck et Schlegel, 1842


ニホンイノシシ(日本猪)
ウシ目(偶蹄目)イノシシ科イノシシ属
学名:Sus scrofa leucomystax Temminck et Schlegel, 1842

e0038990_2163229.gif

イノシシ科(Suidae Gray, 1821)
イノシシ属(Sus Linnaeus, 1758)

英名:Japanese wild boar。
分布:本州(宮城県が北限)、四国、九州
体長:100~170cm/体重:50~150kg
食餌:雑食性(ミミズ、昆虫、地下茎、果実、タケノコ等)
繁殖期:12月~1月/妊娠期間:およそ4ヶ月間
出産期:4月~5月
出産頭数:3~12頭(1回あたり/平均4.1頭)
寿命:15~20年(野生下では10年程)

撮影地:静岡県静岡市葵区
賤機山 2009.05.30
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 05 June 2012
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2009-06-02 00:00 | 動物 | Trackback | Comments(2)