<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
静岡 里山情報
※2011年10月19日現在の情報です。最新の情報を参照して下さい。

2011年10月19日にスポーツ振興課に出向いた際に確認した状況です。

通行止め状況

【日本平】平沢観音(平澤寺)から草薙の道に至る箇所に多数の倒木。《通行止め》【解除】
【帆掛山】霊山寺からの道は倒木で通行止めでしたが現在は通行可能です。
【満観峰】満観峰と日本坂峠に至る道に多数の倒木。《通行止め》【解除】
【安倍の大滝】三河内から橋を2つ通過後の道が土砂崩れ。《通行止め》
【浜石岳】但沼から立花分岐の間に倒木、及び道崩れで通行困難。《通行止め》
【大山】谷沢から水見色峠に至る林道高山線で土砂崩れ。よって東海自然歩道の大山~谷沢間は通行できません。《通行止め》
【竜爪山】文珠岳から則沢分岐に入って下った場所で土砂崩れ。よって則沢コースは通行できません。《通行止め》
【真富士山】第三登山口付近で土砂崩れ。《通行止め》
【山伏】西日影沢登山口から先の丸太橋が崩落。《通行止め》
【十枚山】直登コース分岐から十枚峠の間で土砂崩れ。《通行止め》
【葵高原、地蔵峠】丸太橋崩壊で通行困難。《車道に迂回して通行可能》

通行止め解除などの確認は次へ問い合わせ下さい。
静岡市役所 生活文化局 文化スポーツ部
スポーツ振興課(管理担当)電話 054-221-1071

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

▼2011.10.04現在、満観峰の指道標に『日本坂経由、花沢、小坂コースは倒木で大変危険です。鞍掛コースに下って下さい。』との貼り紙あり。満観峰と日本坂峠に至る道に多数の倒木があります。小坂からの西登り口コース、及び東登り口、花沢の里からの鞍掛峠経由は通行可能です。
e0038990_1810281.jpg
静岡市側の小坂からの日本坂方面は進入禁止。右折の東・西登り口は通行可。
表示には「日本坂~小坂西登り口分岐」とありますが小坂西下降口分岐の誤りです。
e0038990_18161374.jpg
小坂西下降口から日本坂峠への道は進入禁止。
e0038990_2233781.jpg
満観峰山頂

▼2011.10.07現在、安倍城跡の西ヶ谷ルートは倒木が除去されて以前と変わらない状態になり、通行が容易になりました。ただし、尾根から急斜面を下るジグザグ道には十分に注意して下さい。※増善寺分岐~西ヶ谷東登り口は平常通り、確認済み。
e0038990_2138187.jpg
安倍川左岸から望む安倍城跡(中央)

▼2011年10月7日現在、炭焼平山線は通行止めです。他に、小河内桑又線、善福寺線、影山線も通行止め。豊岡梅ヶ島線は路肩欠損のため全線通行止め。牛ヶ峰(高山)の高山線は、市民の森から足久保方面が通行不可、水見色から市民の森へは通行可となっています。

▼2011年10月7日に発生した、竜爪山での遭難は10月8日に無事救助されました。小学校教諭2名が遠足の下見に行って道迷いしたのが原因です。
e0038990_21261815.jpg
安倍川から望む竜爪山(中央)
e0038990_2201836.jpg
左から文珠岳、薬師岳、この二山を総称して竜爪山。右の鞍部に穂積神社(帆掛山から)

※遠足の下見などは、台風直後には十分注意するのは勿論、専門家の指導を受ける事を強くお勧めします。問い合わせは、「小学校長期自然体験指導者」等の紹介依頼を市区町村の教育委員会にして下さい。静岡市内であれば、メールフォームから問い合わせをして下さい。教員の皆様へ(PDF) 独立行政法人 国立青少年教育振興機構

▼2011年10月12日現在、牛ヶ峰(高山)の谷沢ルートは、中腹以上に倒木が多数ありますが、避けて通行可能です。山頂隣にある星の展望台にも倒木があります。ここは市民の森であり、高山の池近くの学習展示施設「森の恵」を拠点にチェーンソーの講習会が行われている事で知られています。
e0038990_21183515.jpg
八十岡、谷沢コースの中腹以上に倒木

▼2011年10月16日現在、日本平の馬走コースは通行可能です。
e0038990_2265588.jpg
日本平(満観峰から望む)

▼2011年10月19日現在、安倍城跡の西ヶ谷分岐から西ヶ谷清掃工場までは倒木で通行不可です。ここはハイキングコースではありません。特に西ヶ谷清掃工場線第2号(送電線鉄塔)巡視路は危険なので入らないで下さい。ハイキングコースの西ヶ谷分岐路を利用して下さい。
e0038990_21152365.jpg
西ヶ谷清掃工場線第2号巡視路(尾根道)の倒木

▼2011年10月20日現在、柏尾峠から帆掛山に至る農道は崩落のため通行止めです。
e0038990_21354728.jpg
車だけでなく人も通れません。(帆掛山側から)
e0038990_2137144.jpg
法面崩落で道路は完全に埋まっている。(帆掛山側から)

◆ ◇ ◆ ◇ ◆
e0038990_2229586.jpg
静岡市の里山位置関係(安倍城跡から)


撮影地:静岡県静岡市
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 26 October 2011
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2011-10-19 00:00 | 自然 | Trackback | Comments(4)
台風一過の里山 (2)
※2011年10月7日現在の情報です。最新の情報を参照して下さい。

 帆掛山(一本松公園)の霊山寺コースを見てきました。この道は、石階段を登って霊山寺に至り、そこから急斜面に付けられたジグザグ道で稜線に至ります。山頂から北に向かうと、柏尾峠(かしおとうげ)から山原山(やんばらやま)分岐を経て高山(たかやま)に続き、竜爪山(りゅうそうざん)に至ります。南に向かうと梶原山(かじわらやま)から鳥坂(とりさか)、光鏡院(こうきょういん)へ至ります。

 稜線は静岡市葵区と清水区を分けます。帆掛山、梶原山ともに周囲をほぼ見渡せる景観の良さで定評があり、東屋などが設置された公園として整備されています。農道を利用すれば車でも山頂直下の駐車場まで行く事ができます。毎日登るグループがあるほどで、地元に親しまれている里山です。

 登り口には「立入禁止」の表示があります。中腹にある霊山寺までは何の問題もありません。山道に入ると倒木が道に覆い被さっている箇所が幾つかあります。また、根こそぎ倒れた木のために道が崩れている箇所もあります。その場所には上り下りの補助にロープが取り付けられていました。通行が全くできない訳ではありませんが、あくまでも立入禁止です。

※2011年10月19日現在、修繕完了により通行止めは解除されました。

e0038990_12295170.jpg
霊山寺登り口に掲げられた立入禁止表示 <2011.10.06>
e0038990_1231454.jpg
横倒しになった木 <2011.10.06>
e0038990_12322630.jpg
道を塞いだ木 <2011.10.06>

e0038990_12335261.jpge0038990_1234584.jpg
根こそぎ倒れて道が崩れた箇所<2011.10.06>上り下りの補助に紐が付けられた
e0038990_12354420.jpg
跨いだり潜ったりする必要がある <2011.10.06>
e0038990_12361215.jpg
霊山寺への下山分岐、指道標に掲げられた立入禁止表示 <2011.10.06>

★ ★ ★
e0038990_13284691.jpg
帆掛山(ほかけやま)標高304.3m【二等三角点・大内村】 2010.03.30
e0038990_13292178.jpg
梶原山(かじわらやま)標高279m 2010.03.30


この度の台風により被害に遭われた皆様へ心よりお見舞い申しあげます。

【追記】2011.10.04現在、満観峰の指道標に『日本坂経由、花沢、小坂コースは倒木で大変危険です。鞍掛コースに下って下さい。』との貼り紙あり。小坂からの西登り口コースは通行可能です。【解除】

【追記】2011.10.07現在、安倍城跡の西ヶ谷ルートは倒木が除去されて以前と変わらない状態になり、通行が容易になりました。ただし、尾根から急斜面を下るジグザグ道には十分に注意して下さい。

【追記】2011年10月7日現在、竜爪山平山ルートに利用する炭焼平山線は通行止めです。<解除>

他に、小河内桑又線、善福寺線、影山線も通行止め。豊岡梅ヶ島線は路肩欠損のため全線通行止め。牛ヶ峰(高山)の高山線は、市民の森から足久保方面が通行不可、水見色から市民の森へは通行可となっています。

【追記】2011年10月7日に発生した、竜爪山での遭難は10月8日に無事救助されました。小学校教諭2名が遠足の下見に行って道迷いしたのが原因です。

※遠足の下見などは、台風直後には十分注意するのは勿論、専門家の指導を受ける事を強くお勧めします。問い合わせは、「小学校長期自然体験指導者」等の紹介依頼を市区町村の教育委員会にして下さい。静岡市内であれば、メールフォームから問い合わせをして下さい。教員の皆様へ(PDF) 独立行政法人 国立青少年教育振興機構

【追記】2011年10月12日現在、牛ヶ峰(高山)の谷沢ルートは、中腹以上に倒木が多数ありますが、避けて通行可能です。

【追記】2011年10月16日現在、日本平の馬走コースは倒木処理されていて通行可能です。

【追記】2011年10月18日現在、安倍城跡の西ヶ谷分岐から西ヶ谷清掃工場までは倒木で通行不可です。特に西ヶ谷清掃工場線第2号(送電線鉄塔)巡視路は危険なので入らないで下さい。ハイキングコースの西ヶ谷分岐路を利用して下さい。

撮影地:静岡県静岡市
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 19 October 2011
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2011-10-07 00:00 | 自然 | Trackback | Comments(0)
台風一過の里山
 台風や大雨の後は、山が荒れています。先日の台風15号(2011年9月21日、静岡通過)の翌日、里山へ様子を見に行きました。少し高めの山は自重しました。静岡の名称元と言われる賤機山(しずはたやま)は、市民のハイキングコースとして親しまれています。倒木があるものの通過は可能でした。驚く事に、台風翌日だというのに倒木を避けるための遠巻き跡が付けられていました。
e0038990_2373372.jpg
2011.09.24 賤機山 光明坂峠と通称一本杉の間

 帆掛山(ほかけやま)は、霊山寺からの道が通行止めになっていました。倒木が多いためですが、利用する場合は「自己責任」と通行止め表示プレートに書かれていました。で、皆さん登ってきていました。梶原山(かじわらやま)へ続く光鏡院からの登りは、倒木があるものの通行可能で、倒木を利用した階段道まで作られている箇所がありました。この山は地域住民が管理をされたりしているようです。無料奉仕で草刈りや山道補修している人がいて頭が下がります。安倍城跡(あべじょうし)にも倒木がありましたが通行可能でした。山頂の木が裂けて折れていました。
e0038990_142255.jpg
2011.09.23 安倍城跡 山頂の裂けた木

★ ★ ★

 この安倍城跡ですが、2007年9月に通過した台風9号では大量の倒木がでました。太平洋からS字を描いて伊豆半島を縦断し、東北を経て北海道に至った台風です。西ヶ谷・内牧のルートでは、何十本も根こそぎ倒れ、道に覆い被さったので通行はかなり困難でした。くぐれるところは少なく、乗り越えなければならなかったので、2倍近くの時間がかかりました。その後、綺麗に伐採されました。エンジンチェーンソーを担いでの作業は大変だった事と思います。お陰で楽に通行できるようになり喜びました。

e0038990_1162416.jpge0038990_116369.jpg
2007.10.05<安倍城跡 西ヶ谷ルート>2007.10.18

e0038990_1173768.jpge0038990_118398.jpg
2007.10.05<安倍城跡 西ヶ谷ルート>2007.11.13

 倒木だけでなく、崩落もあります。竜爪山の平山ルートでは炭焼平山線を登りますが、2007年7月に旧道と新道の登り口間に崩落があり通行止めとなりました。新道を使いたい人は崩落現場を乗り越えて行くので、はっきりとした踏み跡が付いてしまいました。しかし、かなり大きな岩がぶら下がっている状態で危険でした。いろいろな事情があったのか、この林道は長い間、工事されずに使えない状態でした。
e0038990_123273.jpg
2008.09.18 竜爪山・炭焼平山線 崩落手前側
e0038990_1233983.jpg
2008.09.18 竜爪山・炭焼平山線 崩落手前側

e0038990_1252021.jpge0038990_1253470.jpg
2008.09.25<竜爪山・炭焼平山線 崩落を乗り越えた奥側>2009.03.02


 花沢山(はなさわやま)では、山頂付近で黙々と作業をしている人がいました。綺麗に階段道が作られていました。大きな作業は委託されたプロがやるにしても、山を愛して止まない個人が汗を流しているのを見ると頭が下がります。

e0038990_129248.jpge0038990_1291967.jpg
作業道具<2009.02.12 花沢山>作られた階段道

★ ★ ★

 ある日、チェーンソーの音がするので道を外して竹藪に入っていった事があります。そこでは委託された業者が竹の伐採をやっていました。防塵メガネを始め完全武装したような服装でした。話を伺うと、竹は破裂して身体に刺さる事があるとの事。大怪我をされた仲間もいると、自らの身体の傷を見せてくれました。

 私ができる事と言ったらたかがしれています。鎌でシダを刈って道を明瞭にする事ぐらいです。一番心配するのは、道標を見落としてハイキングコースから外れてしまう人達がいる事です。道を間違えたら元に戻る事が鉄則ですが、慣れていない人は気が付かずにどこまでも行ってしまいます。それを避けるために案内プレートを設置しています。里山でも遭難は起きます。道迷いが多いのではないでしょうか。例え地形図とコンパスを持っていても、それを使う時は涙目になります。秋の行楽シーズンに入りますが、里山だからと言って侮れません。
e0038990_2193445.jpg
地形図とコンパス
e0038990_133687.jpg
道迷いの原因 倒れた道標 2010.01.22


この度の台風により被害に遭われた皆様へ心よりお見舞い申しあげます。

【追記】2011.10.04現在、満観峰の指道標に「日本坂経由、花沢、小坂コースは倒木で大変危険です。鞍掛コースに下って下さい。」との貼り紙あり。

【追記】2011.10.07現在、安倍城跡の西ヶ谷ルートは倒木が除去されて以前と変わらない状態になり、通行が容易になりました。ただし、尾根から急斜面を下るジグザグ道には十分に注意して下さい。

撮影地:静岡県静岡市
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 07 October 2011
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2011-10-02 00:00 | 自然 | Trackback | Comments(2)