<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ハナミョウガ(花茗荷)
 ハナミョウガ(花茗荷)は、ショウガ科ハナミョウガ属の多年草です。中国、台湾、日本に分布します。日本では、関東以西から九州に分布する在来種です。名の由来は、葉が茗荷に似て目立つ花を咲かせる事から。

 ショウガ科(Zingiberaceae Martinov, 1820)は、熱帯から亜熱帯にかけて約47属1400種が分布します。ハナミョウガ属(Alpinia Roxburgh, 1810)は、東アジアから太平洋諸島にかけて約250種が分布します。

 山地の林縁に自生します。根茎から叢生1)し、細毛のある緑色の偽茎2)を40~60cmに斜上させます。葉は広披針形で、長さ15~40cm、幅5~8cm。葉表は無毛、裏面は短毛が密生します。花期は5月から6月頃です。偽茎の先に穂状花序3)を出します。花序は10~15cmで、多数の蘭に似た唇弁花を付けます。花弁の長さは約25mm。先端が3裂する唇弁は白地に赤い縞模様が入ります。萼(外花被)は白色の筒状で先端が赤くなります。

 雌雄異熟の両性花です。中裂片の内側に雄しべ1、雌しべ1が立ち上がります。雄性先熟で花柱の位置運動が行われます。子房下位。果実は蒴果4)です。はじめは緑色で熟すと赤色。広楕円形で、長さ12~18mm。細毛があり、残存萼5)が先端にあります。種子は白い仮種皮に包まれ、4~5mm。染色体数は、2n=48。

 生薬名は伊豆縮砂(いずしゅくしゃ)で、芳香性健胃薬として用いられます。乾燥種子を粉末にした物です。外国産の縮砂(日本薬局方収載生薬)Amomum xanthioides Wallichの代用品として用いられてきました。縮砂の主要成分は、d-camphor、d-borneol、bornylacetate、linalool、 nerolidol、liquiritin、glucovanillic acid等で、漢方薬の「安中散」等に配合されています。

 品種に、果実が黄色の、キミノハナミョウガ(黄実の花茗荷)Alpinia japonica (Thunb.) Miq. f. xanthocarpa Yamasiro et M.Maeda があります。

◎  ◎  ◎

 冬の里山などで「この赤い実は何?」と良く聞かれます。赤い実を付ける植物は結構多く、目立つからです。しかし、ハナミョウガは多くの方が名を知らないようです。特に花を見た事がないと言われる方が圧倒的です。暖地の山地では、ありふれた植物の一つです。

1) 叢生(そうせい):=束生(そくせい)。群がって束になって生える事。
2) 偽茎(ぎけい): 地下茎から出た多数の葉鞘(葉の基部で茎を取り巻いている部分)が重なり茎に見えるもの。
3) 穂状花序(すいじょうかじょ):花序軸に柄のない花が並ぶ形状。
4) 蒴果(さくか):裂開果の一つで、果実が成熟すると心皮と同数の裂片に裂けて種子を散布するもの。
5) 残存萼(ざんぞんがく):果実になる時期にも残る萼。

参考:ヤブミョウガ(藪茗荷)

Japanese common name : Hana-myouga
e0038990_1135229.jpg
Alpinia japonica (Thunb.) Miq.

e0038990_1935062.jpge0038990_194958.jpg
左:膜質の苞(左)に包まれていた穂状花序。右:白色で紅色の条がある唇弁花

e0038990_1971942.jpge0038990_1973378.jpg
左:葉表 右:葉裏は短毛が密生する

e0038990_1985688.jpge0038990_1991236.jpg
左:葉と花 右:地下茎と叢生する偽茎
e0038990_19103152.jpg
果実

e0038990_19141467.jpge0038990_19143461.jpg
果実は鳥などに食べられる
e0038990_19132189.jpg
左にある突起が残存萼の一部
e0038990_1919108.jpg
種子は白い仮種皮に包まれている
e0038990_1920489.jpg
一個の果実に含まれていた種子


ハナミョウガ(花茗荷)
ショウガ科ハナミョウガ属
学名:Alpinia japonica (Thunb.) Miq.
花期5月~6月 多年草 草丈:40~60cm 花冠長:約2.5cm 花序長:10~15cm

e0038990_2163229.gife0038990_20531140.gif

【学名解説】
Alpinia : Prospero Alpinio (1553-1617)に因む/ハナミョウガ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)

撮影地:静岡県静岡市
千代山(Alt.226m) 2007.06.04(花)
安倍城跡(Alt.435m) 2008.05.20(蕾)/2008.06.07(花)/2012.02.21(実)/2012.02.24(根)
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture]

Last modified: 26 February 2012
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-02-26 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ニホンカモシカ(日本氈鹿)
 ニホンカモシカ(日本氈鹿)は、ウシ科カモシカ属の動物(哺乳類)です。普通、カモシカと呼ばれています。1934に特別天然記念物(史蹟名勝天然記念物保存法)、1955年に特別天然記念物(文化財保護法)に指定されました。日本固有種であり、本州(兵庫県より西では絶滅)、四国、九州に分布します。名の由来は諸説あり、獣毛で織った敷物の「氈」に使用する鹿、等があります。

 ウシ科(Bovidae Gray, 1821)は世界に8属、カモシカ属(Capricornis Ogilby, 1837)は北半球に3種1)が分布します。

 牛の仲間で、蹄が2つあります(偶蹄目=ウシ目)。ヤギに近いと言われています。漢字で羚羊(れいよう)と記される場合がありますが、異なった仲間です。体型からすると動きが鈍そうですが、強い足を持って斜面の岩場では俊敏に移動します。雄雌とも10cm程の角(洞角・どうかく/Horn・ホーン)があります。頭骨から伸びていて生え替わる事はありません。基部に年輪状の節があり、後ろに湾曲しています。

 目の下にあるコブ状の物は眼下腺(suborbital gland)で、分泌液を出して臭い付けに使われます。体色は灰褐色で濃淡があり、低山に生息するものほど濃いと言われています。5~6月に出産期を迎えます。4乳頭は牛と同じ。冬眠はせず、ほぼ単体で過ごします。歯は32本、胃は4あり、草などを食べて反芻します。糞は楕円形。遭遇した場合は距離を置いて騒ぎ立てなければ人を襲う事はなく、しばらくして離れていきます。染色体数は、2n=50。

★  ★  ★

 私にとってカモシカは、よく山で遭遇する動物です。しばらく前までは、ある程度の標高で見られました。出会うとラッキーと思う人が多いようです。やがて900m、700、500mと低い山でも出会うようになり、最近は里山にも現れるようになりました。今回の個体が一番低い標高で私が確認した野生のカモシカです。

 この時の出会いは、距離2m程で、お互いが驚き、カモシカは飛び跳ねて10m程離れ、様子を伺い始めました。何回か出会っていると逃げた後、こちらにあまり興味を示さず、くつろいだ動作を始めます。近寄って撮影したいのですが場所は急斜面、近付きすぎて刺激させるのを避けるためにも、一定の距離を保つようにしています。

1) カモシカ属(Capricornis)の3種
スマトラカモシカ(シーロー) : Capricornis sumatraensis (Bechstein, 1799)
タイワンカモシカ : Capricornis swinhoei (Gray, 1862)
ニホンカモシカ : Capricornis crispus (Temminck, 1845)

【参考文献】
改訂レッドリスト付属説明資料(環境省自然環境局野生生物課・平成22年3月)
日本産ほ乳類の最近の分類体系(Mammalian Science 46(2), 181-191, 2006-12-30)
永田純子. "日本産偶蹄類の遺伝学的知見とブラキストン線について." 哺乳類科学= Mammalian Science 39.2 (1999): 343-350.

参考:ニホンカモシカ(日本氈鹿)2

Japanese common name : Nihon-kamosika
e0038990_19214488.jpg
Capricornis crispus (Temminck, 1845)
e0038990_1922321.jpg
ツノは後ろに湾曲する。目の下にある眼下腺は目のように見える事がある。
e0038990_1923119.jpg
「変なオッサンがフラフラと近付いてくるが、滑り落ちるのではないかと心配」
e0038990_19275238.jpg
「なんだ、いつものオッサンだったか」。後脚でポリポリ。
e0038990_19281042.jpg
「おいで~と呼んでいるオッサンは無視して木の根元にある草でも食べようか」


ニホンカモシカ(日本氈鹿)
通称:カモシカ(氈鹿)
ウシ目(偶蹄目)ウシ科ヤギ亜科カモシカ属
学名:Capricornis crispus (Temminck, 1845)

e0038990_212985.gife0038990_2122812.gif

体長(頭胴長)約130cm/尾長約10cm/高さ約75cm/体重30~40kg
出産期:5~6月 寿命:5~15年 草食
染色体数:2n=50

撮影地:静岡県静岡市
葵区の低山(イチョウ植林) 2012.01.30
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

12 February 2012
Last modified: 03 January 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-02-12 00:00 | 動物 | Trackback | Comments(0)
センブリ(千振)
 センブリ(千振)は、リンドウ科センブリ属の二年草です。日本、中国、朝鮮半島に分布し、日本では北海道、本州、四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、千回振り出し(=煎じ)ても苦みが残ると言われる事から。三大民間薬1)の一つです。

 リンドウ科(Gentianaceae Juss. (1789))は、世界に約80属1000種が分布し、日本には10属約30種が分布します。センブリ属(Swertia L. (1753))は、世界に約80種、日本には9種あります。

 日当たりの良い山野に自生します。根は黄褐色の毛状根。1年目は根生葉を車輪状に出し、2年目に茎を立ち上げます。茎は紫褐色で直立し、4稜(四角)で径1~2mm。草丈15~20cmになり、上部で分岐します。葉は対生します。線状披針形で、幅2.5mm、長さ10~42mmの全縁、尖頭、無柄。

 花期は8月から11月頃。茎先や葉腋から緑色の長柄を出し、先端に花をつけて円錐花序を形成します。花冠は白色で紫色の条線が入った4~5深裂の合弁花。裂片は狭長楕円形で長さ10~15mm。萼は裂片数と同数で線形。裂片基部に楕円形の蜜腺2個と白い線毛があります。雄しべは5本。果実は蒴果です。披針形で、2裂して種子を出します。種子は径約0.4mmで多数。染色体数は、2n=18,20,24。

 生薬名は当薬(とうやく)で、苦味(くみ)配糖体であるスウェルチアマリン等2)を有する苦味健胃剤(食欲増進、胃液分泌促進等)として用いられます。

1) 三大民間薬:
ドクダミ(毒溜)Houttuynia cordata Thunb.
 日本薬局方「ジュウヤク」(十薬)
センブリ(千振)Swertia japonica (Schult.) Makino
 日本薬局方「センブリ」(当薬)
ゲンノショウコ(現の証拠)Geranium thunbergii Siebold ex Lindl. et Paxton
 日本薬局方「ゲンノショウコ」

2) 含有成分(Swertiae Herba):
スウェルチアマリン(Swertiamarin)、スウェロシド(Sweroside)、アマロゲンチン(Amarogentin)、ゲンチオピクロシド(Gentiopicroside)、ベリジホリン(Bellidifolin)

類似種:
ムラサキセンブリ(紫千振)
Swertia pseudochinensis H.Hara 《準絶滅危惧(NT)》
イヌセンブリ(犬千振)
Swertia tosaensis Makino 《絶滅危惧Ⅱ類(VU)》
(Swertia diluta (Turcz.) Benth. et Hook.f. var. tosaensis (Makino) H.Hara)

Japanese common name : Sen-buri
e0038990_2001185.jpg
Swertia japonica (Schult.) Makino

e0038990_2002548.jpge0038990_2004398.jpg
花冠は合弁花で、裏は紫色を帯び、内側は紫色の条線がある。葉は細く、対生する。

e0038990_2005745.jpge0038990_2011177.jpg
左:雄しべ5。 右:乾燥した花冠(2012.02.07)。果実は蒴果で2裂する。


センブリ(千振)
リンドウ科センブリ属
学名:Swertia japonica (Schult.) Makino
花期:8月~11月 2年草 草丈:15~20cm 花径:2~3cm

【学名解説】
Swertia : Emanuel Sweert (1552-1612)*に因む/センブリ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Schult. : Josef (Joseph) August Schultes (1773-1831)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
*オランダの園芸家、画家

e0038990_20531140.gife0038990_2163229.gif

撮影地:静岡県静岡市
ダイラボウ(Alt.560.8m) 2011.10.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 09 February 2012
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-02-09 00:00 | | Trackback | Comments(0)