<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ニホンカモシカ(日本氈鹿)2
e0038990_18585459.jpg
 毎日のように散歩に出かけている里山があります。朝、登り口付近でカモシカが横になっていました。邪魔なので「起きなさい、起きなさ~い」と手を打ちながら呼びかけました。

e0038990_1859878.jpge0038990_18591726.jpg
       登り口手前                休んでいるカモシカによく出会う場所

 この山にいるカモシカは性格がおとなしく、出会う事も多いので慣れ親しんでいます。大きな岩陰に休んでいる事があり、出会う時は至近距離です。お互いが驚いてしまいます。登ってくる人間に気付かないなんて、野生動物なのに大丈夫かなと心配してしまいます。

 若いカモシカは好奇心が旺盛のようで、鈴の音に興味を持ったのか駆寄ってくる事があります。音の出所を確認すると、「なんだ、おっさんか」と言う感じで逃去ってしまいます。他の山で出会ったカモシカは、道の真ん中で「キュイーン」と数回鳴いて威嚇してきました。威嚇されたのはもちろん、鳴声を聞いたのも初めてでした。野性的でよろしいとか言いながら進むと逃げてくれます。やはり、いつもの山で出会うカモシカは、写真も撮らせてくれるサービス精神の持主で、温和でリラックスしているので親しみが湧きます。

e0038990_18595266.jpg

 ある日の事。下山途中の山道に座っているカモシカがいました。人が通る道に座っているカモシカを見たのは初めてでした。「どうしたんだ~」と呼びかけると、ゆっくりと起上がり「今日は遊んであげられないよ」と言うような寂しい目でこちらを見ました。一体何があったんだと近寄ると、ゆっくりと林の方向へ歩き始めました。耳から血を流しています。脚を引きずっています。大怪我をしている様子です。大丈夫なのかと心配になり、姿を消すまで見守りました。

e0038990_190761.jpg
よたよたと元気なく起き上がろうとする
e0038990_1902265.jpg
左耳から血を流して、隣尾根の林に戻っていくカモシカ

 下山してから農家の方にこの話をしたら、「罠にかかったか、イノシシ狩の猟犬に襲われたのかもしれない」と言われました。私はイノシシと闘ったのではないかと思っていましたから、意外でした。もしくは縄張り争いに負けたのかもしれませんが、それは不明です。

 野生動物の生活は過酷です。怪我をしても病院がありません。僅かな怪我でも命に関わる場合があります。嵐の日は耐えるのみです。それにくらべて人間は恵まれています。しかし恵まれているがゆえに野生の強さは無いかもしれません。

◆  ◆  ◆

 何度も「起きなさい、起きなさ~い」と手を打ちながら呼びかけても、カモシカは起きてくれません。その内にハエが飛んできてカモシカの鼻に止りました。その時ようやく事の意味が分りました。……死んじゃったんだ。

 このカモシカは専門家の手によって処理されました。病気だったようです。私が出会った時はまだ温かでした。頭を登り口に向けていたので山へ帰ろうとしていたのでしょうか。つい最近まで元気よく山の中を駆け巡っていた若いカモシカでした。

 温和なカモシカは健在でした。登ってくる人達を今日もじっと眺めています。
e0038990_1904230.jpg
ニホンカモシカ(日本氈鹿)については、こちら

ニホンカモシカは文化財保護法による天然記念物に指定されているため、他の動物のように土地所有者が処理する事はできません。特殊な状況を除き、通常は死骸を静置(現状維持)したまま、当該市町村教育委員会へ連絡して下さい。

ニホンカモシカ(日本氈鹿)
通称:カモシカ(氈鹿)
ウシ目(偶蹄目)ウシ科ヤギ亜科カモシカ属
学名:Capricornis crispus (Temminck, 1845)

体長(頭胴長)約130cm/尾長約10cm/高さ約75cm/体重30~40kg
出産期:5~6月 寿命:5~15年 草食
染色体数:2n=50

e0038990_212985.gife0038990_2122812.gif

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt. 435m) 2012.09.20, 2014.03.15, 2014.04.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 28 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2014-06-21 00:00 | 動物 | Trackback | Comments(0)