<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
サネカズラ(実葛)
 サネカズラ(実葛)は、マツブサ科サネカズラ属の常緑蔓性木本です。日本、台湾、朝鮮半島に分布し、日本では関東以西に分布する在来種です。名の由来は、実が目立つ葛から。サネ(実)は種子、カズラ(葛)は蔓植物の総称で、頭を飾るカミツラ(髪蔓)が転訛したものと言われています。別名のビナンカズラ(美男葛)は、江戸時代に茎の粘液を男性の整髪料として使った事によります。中国名は、日本南五味子。英名は、scarlet kadsura。

 マツブサ科1)(Schisandraceae Blume (1830))は、アジア東部と北アメリカに2属約50種(3属約100種)があり、日本には3種が分布します。サネカズラ属(Kadsura Juss. (1810))は、約24種が分布します。

 低山の林地に自生します。茎は蔓状で、太い部分は約2cm。巻き付くものがあると、上から見て左巻に登ります。樹皮に含まれる粘液の成分は、キシログルクロニド (xyloglucuronide)で、昔は整髪、製紙用糊料に用いられていました。葉柄は1~1.5cm。葉は、互生します。濃緑色で長楕円形。光沢のある革質で、小鋸歯があり、長さ5~12cm、幅2.5~6cm。

 花期は8月頃。雌雄異株、あるいは同株の単性花で、稀に両性花があります。葉腋から花柄を出して広鐘形の花を下垂します。花被片は楕円形や倒卵形の黄白色で、8~17枚。雄花は中心が赤色、雌花は中心が淡緑色で花柱は白色。葉の下に隠れる事が多いので、やや気づきにくいかもしれません。雌花よりも雄花の方が数多く付きます。雄花は時期が来ると花冠ごと脱落します。

 果実は、核果の集合果です。果柄は花期より長くなります。5~8mmの分果が花托の回りに球状にまとまり、径約2~3cm。初め緑色で熟すと赤色になります。ポリフェノールの一種であるリグナン(lignan)類のシキサンドリン(schizandrin)、ゴミシン(gomisin)等が含まれます。種子は長さ4~5mmの腎臓形で、淡褐色。分果に1~3個が含まれます。染色体数は、2n=28。

 乾燥した果実を、生薬の南五味子(ナンゴミシ)として鎮咳、滋養、強壮に用います。中国では、マツブサ属のカチュウゴミシ(华中五味子)Schisandra sphenanthera Rehd. et E.H.Wilson を用います。北五味子は、マツブサ属のチョウセンゴミシ(朝鮮五味子)Schisandra chinensis (Turcz.) Baill. です。

1)マツブサ科 : 松房科

Japanese common name : Sane-kazura
e0038990_1355737.jpg
Kadsura japonica (L.) Dunal

e0038990_1382864.jpge0038990_1384472.jpg
雄花。中心が赤色で目立つ。

e0038990_1395547.jpge0038990_131074.jpg
雌花。中心は淡緑色で花柱は白色。
e0038990_2203119.jpg
雌花

e0038990_13133623.jpge0038990_13135312.jpg
葉腋から蕾を出す。葉は互生。光沢がある革質で長楕円形。

e0038990_13154155.jpge0038990_13155525.jpg
果実は核果の集合果。赤く熟し下垂する。 (2007.12.20)

e0038990_13164849.jpge0038990_1317326.jpg
倒れかかった竹に巻き付く茎。左巻。人差し指は太さの比較のため。


サネカズラ(実葛)
別名:ビナンカズラ(美男葛)
マツブサ科サネカズラ属
学名:Kadsura japonica (L.) Dunal
花期:8月 常緑蔓性木本 花径:1.5cm 果期:11月

e0038990_2163229.gife0038990_20531140.gif

【学名解説】
Kadsura : 日本名カズラ/サネカズラ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Dunal : Michel Felix Dunal (1789-1856)
---
カチュウゴミシ(华中五味子)
Schisandra : マツブサ属
sphenanthera : spheno(楔)+anthera(葯)
Rehd. : Alfred Rehder (1863-1949)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
E.H.Wilson : Ernest Henry Wilson (1876-1930)
---
チョウセンゴミシ(朝鮮五味子)
chinensis : 中国の
Turcz. : Nicolai Stepanowitsch Turczaninow (1796-1863)
Baill. : Henri Ernest Baillon (1827-1895)
---
Blume : Carl Ludwig Blume (1789-1862)
Juss. : Antoine Laurent de Jussieu (1748-1836)

撮影地:静岡県静岡市
駿河区谷田(日本平) 2007.12.20
葵区池ヶ谷(麻機山) 2016.08.17, 2016.08.24
ダイラボウ (Alt. 560.8m) 2016.09.01
葵区西ヶ谷(安倍城跡) 2016.09.03
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

15 October 2016, 17 October 2016
Last modified: 13 May 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-10-15 00:00 | | Trackback | Comments(1)
テイカカズラ(定家葛)
 テイカカズラ(定家葛)は、キョウチクトウ科テイカカズラ属の蔓性常緑低木です。日本や朝鮮半島、中国、インド、タイに分布します。日本では、本州から九州に分布する在来種です。九州の一部や沖縄には、オキナワテイカカズラ(沖縄定家葛)1)が分布します。名の由来は、藤原定家(1162-1241)の謡曲「定家」に因みます。英名は、Japanese star jasmine。

 キョウチクトウ科(Apocynaceae Juss. (1789))は、熱帯・温帯に分布し、215属2100種に及ぶ大きな植物群です。テイカカズラ属(Trachelospermum Lemaire (1851))は、東南アジアや北アメリカに約16種が分布します。

 低山の林床に自生します。地を這い、気根を出して岩や樹木に這い上ります。茎は太いところで4~5cm程になります。花が付く枝は径2~3mm。葉は対生します。広楕円形や長楕円形で長さ3~7cm、幅2~3cm、全縁で光沢のある革質。地上付近の葉は小さく暗緑色で葉脈沿いに斑紋があり、上部の葉は大きく明緑色で斑紋はありません。

 花期は5月から6月頃、一時期間を置いて9月頃まで続きます。枝先や葉腋から集散花序を出します。白色の筒状花で、花冠先端が5裂して平開します。裂片は徐々に捻れて反り返り、時計回りに旋回してスクリューのような形状になります。花径は2~3cm、筒部は長さ7~8mm。時間経過と共に白色から淡黄色に変色します。芳香があります。両性花。中央部は黄色。蜜壺の穴は5個あり中央に雌しべ、周囲の雄しべ5個は合着します。虫媒花で、口吻が長い蝶や蛾が媒介します。

 果実は袋果です。2本対になった径4~5mmの、先端が尖った細い円柱形で、湾曲したハの字状に下垂し、長さ15~30cm。熟すと縦に裂開して種子を出します。種子は長さ12~14mmの線形。先端に白色の種髪が付き、長さ約25mm。風媒花です。染色体数は、2n=20。

 全草が有毒です。成分は、アルクチイン(Arctiin, C27H34O11)、トラケロシド(Tracheloside, C27H34O12)等。茎に含まれる乳液で、かぶれる事があります。

 テイカカズラミサキフクレフシ(定家葛実先膨五倍子)ができることがあります。テイカカズラミタマバエ(定家葛実玉蠅)幼虫の寄生による虫瘤です。幼虫が出す刺激物でテイカカズラの実を変形させると言われています。20~30匹の幼虫が住んでいます。テイカカズラミタマバエ(Asteralobia sp.)は、ハエ目(双翅目)タマバエ科(Cecidomyiidae)のハエの一種で、幼虫は黄色で長さは2~3mm。成虫は蚊のような体型で、以前はタマカ(玉蚊)科とされてきました。双翅目の記載種は2014年で7658種。タマバエ科の既知数は、193種です。虫瘤は、虫営や英名のゴール(gall)と呼ばれます。

1)Trachelospermum gracilipes Hook.f. var. liukiuense (Hatus.) Kitam.

Japanese common name : Teika-kazura
e0038990_14551413.jpg
Trachelospermum asiaticum (Siebold et Zucc.) Nakai

e0038990_15554293.jpge0038990_15555480.jpg
左:咲き始め 右:花冠裂片が丸まりプロペラ状になる
e0038990_15584872.jpg
筒部は長さ7~8mmで、訪れる虫は口吻が長いものに限定される

e0038990_1623910.jpge0038990_1625238.jpg
白かった花冠は黄色に変色する
e0038990_20271515.jpg
樹木の上に覆い被さるテイカカズラ。2010.06.16 帆掛山

e0038990_173455.jpge0038990_1735649.jpg
湾曲し、ハの字型に下垂する果実。初め緑色で、陽が当たる側から赤褐色になる

e0038990_14512523.jpge0038990_14513934.jpg
左:種子は線形で種髪が付く 右:テイカカズラミサキフクレフシ


テイカカズラ(定家葛)
別名:チョウセンテイカカズラ(朝鮮定家葛)、ケナシテイカカズラ(毛無定家葛)、ナガバテイカカズラ(長葉定家葛)
キョウチクトウ科テイカカズラ属
学名:Trachelospermum asiaticum (Siebold et Zucc.) Nakai
花期:5月~9月 常緑低木(蔓性) 花径:2~3cm 果期:10~11月

e0038990_2163229.gife0038990_10353896.gif

【学名解説】
Trachelospermum : trachelos(頚)+sperma(種子)/テイカカズラ属
asiaticum : asiaticus(アジアの)
Siebold : Philipp Franz von Siebold (1796-1866)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Zucc. : Gerhard Zuccarini (1790-1848)
Nakai : 中井猛之進 Takenoshin Nakai (1882-1952)

撮影地:静岡県静岡市
山原山(Yanbara-yama, Alt. 448m) 2010.05.28
帆掛山(Alt. 304m) 2010.06.16, 2015.05.08
梶原山(Alt. 279m) 2016.10.31
安倍城跡(Alt. 435m) 2014.07.11 / 09.15, 2015.09.02, 2016.05.31
賤機山(Shizuhata-yama, Alt. 171m) 2016.05.23 / 06.01 / 08.24
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

20 September 2016
Last modified: 01 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-10-05 00:00 | | Trackback | Comments(0)