ハナショウブ(花菖蒲)
 どちらの鼻息が荒いかと、鼻が勝負しているわけではありません。花菖蒲のことを一般的には単なる「ショウブ(菖蒲)」と言いますが、それはサトイモ科ショウブ属で学名を Acorus calamus L. という全く異なる花になってしまいます。菖蒲湯に使われますが、花菖蒲を入れてはいけません。ややこしいです。

Japanese common name : Hana-syoubu
e0038990_185843.jpg
Iris ensata Thunb. var. ensata


ハナショウブ(花菖蒲)
アヤメ科アヤメ属
学名:Iris ensata Thunb. var. ensata
花期:5月~6月 多年草 草丈:60~120cm 花径:10~15cm

e0038990_21323673.gife0038990_2122812.gif

【学名解説】
Iris : 虹/アヤメ属
ensata : ensatus(剣形の)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
var. : varietas(変種)

撮影地:静岡県静岡市
葵区秋山町 2005.05.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

16 June 2005
Last modified: 30 July 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2005-06-16 00:00 | | Trackback | Comments(0)
セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)
 撮影してきた写真をそのままにすると収拾がつかなくなります。それでビューアーを利用してコメントを書き入れています。同定したコメントと撮影地は必須です。しかし面倒です。それで、整理が終わっていないのに撮影に出かけるので、どんどんと溜まっていきます。

 すでに知っている花でも、同定作業は欠かせません。まして初対面の花は同定に頭を悩ませることになります。その過程で、保留してあった花の名前を探し当てたりします。探している時には見つからず、他の作業中に、ふと見つかったりするのです。

 名前を知りたいだけなので、植物学の標本作りなどには手を出しません。これをやり出したらたまりません。セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)は、英名Spider floweで、熱帯アメリカ原産の園芸栽培種です。

Japanese common name : Seiyou-fuutyousou
e0038990_19212953.jpg
Tarenaya hassleriana (Chodat) Iltis


セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)
別名:クレオメ(Cleome)
フウチョウソウ科フウチョウソウ属
学名:Tarenaya hassleriana (Chodat) Iltis
synonym : Cleome spinosa
花期:6月~10月 1年草 草丈:80~100cm 花径:3~4cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Tarenaya : 語源不明
hassleriana : Emile Hassler (1861-1937)氏の
Chodat : Robert Hippolyte Chodat (1865-1934)
Iltis : Hugh Hellmut Iltis (1925- )
---
Cleome: 出所不明語

撮影地:静岡県静岡市
葵区牛妻 2005.06.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 15 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2005-06-15 00:00 | | Trackback | Comments(0)