キキョウソウ(桔梗草)
 海へ行ってきました。バイク2台が同時に故障して、徒歩や自転車で野草観察に回っていましたが、先日バイクを購入したので出かけてみたのです。あいにくの曇り空でした。もっと明かりをと懇願したくなるような日でしたが、帰る頃には日が差してくるという皮肉なおまけ付きでした。

 ハマヒルガオ(浜昼顔)は少し元気がありませんでした。浜辺を黄色に染めているのはタイトゴメ(大唐米)。至る所にツルナ(蔓菜)とテリハノイバラ(照葉野薔薇)が咲いていました。その中に異色ですがキキョウソウ(桔梗草)がぽつんと咲いていました。北アメリカ原産で、葉は茎を抱き、花が咲く前に閉鎖花を持ちます。

 海岸堤防沿いに「太平洋岸自転車道(Pacific Coast Bicycle Route)=県道静岡清水自転車道線」が整備されています。海を見ながら駿河区中島から清水区三保までの15.6kmを散歩することができます。

Japanese common name : Kikyou-sou
e0038990_20212687.jpg
Triodanis perfoliata (L.) Nieuwl.


キキョウソウ(桔梗草)
別名:ダンダンギキョウ(段々桔梗)
キキョウ科キキョウソウ属
学名:Triodanis perfoliata (L.) Nieuwl.
synonym : Specularia perfoliata (L.) A.DC.
花期:5月~7月 1年草 草丈:30~80cm 花径:12~15mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Triodanis : treis(3)+odont(歯)/キキョウソウ属
perfoliata : perfoliatus(貫生葉の、抱茎の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Nieuwl. : Julius Aloysius Arthur Nieuwland (1878-1936)
---
synonym(シノニム) : 同意語、異名。
Specularia : 窓
A.DC. : Alphonse Louis Pierre Pyrame de Candolle (1806-1893)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川河口から0km(海岸) 2005.06.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 7 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2005-06-07 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ムシトリナデシコ(虫取撫子)
 濃いピンクが河川敷一面に広がった年がありました。ムシトリナデシコです。今年はどうなのか興味を持って観察しています。

 花の少し下を触ると粘りけがあるのが分かります。だからといって、これで虫を捕獲するわけではないようです。小さな虫は登れません。

 ナデシコ科(Caryophyllaceae Juss.,1789)は、熱帯から寒帯まで約75属1200種が分布、マンテマ属(Silene L. (1753))は、北半球に約200~700種があります。

【ナデシコ科】
カワラナデシコ(河原撫子) ウシハコベ(牛繁縷) ミドリハコベ(緑繁縷)

Japanese common name : Musitori-nadesiko
e0038990_16234440.jpg
Silene armeria L.


ムシトリナデシコ(虫取撫子)
別名:ハエトリナデシコ(蠅取撫子)/コマチソウ(小町草)
ナデシコ科マンテマ属
学名:Silene armeria L.
花期:5月~6月 越年草 草丈:20~50cm 花径:1cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Silene : sialon(唾液)|ギリシャ神話のシレネス(Silenes)に因む/マンテマ属
armeria : Armenia(アルメニア地方)の
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.0km 左岸河川敷 2005.05.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 6 May 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2005-06-06 00:00 | | Trackback(1) | Comments(0)