ホコリタケ(埃茸)
 ホコリタケ(埃茸)は、ハラタケ目ハラタケ科ホコリタケ属のキノコです。世界各地に分布します。日本では、全国に分布する在来種です。名の由来は、胞子が埃のように放出される事から。英名は、Common Puff Ball。中国名は、网纹马勃。生薬名は、バボツ(馬勃)。

 ハラタケ科(Agaricaceae Chevall. (1826)) は、85属1340種が分布すると言われています。ホコリタケ属(Lycoperdon Pers. (1794) : Pers.)は、日本では十数種の記載があるものの研究が待たれる分野です。

 夏から秋に、林下や草地に発生します。子実体は擬宝珠形で、頭部の下にスポンジ状で胞子が含まれない無性基部があり、径2~6cm、高さ3~6cm。幼菌は白色ですが、灰褐色へと変色します。外皮は頭頂部に三角錐状の刺状突起があり、側面以下は粒状物が付きます。これらは次第に色が濃くなり、剥離して網目紋を表します。

 頭部内部は、初め肉質の白色で、やがて綿状黒褐色の胞子塊になります。成熟すると、頭頂部に小孔が開き、雨や風、動物等の刺激振動で胞子を噴出させて散布します。胞子は、径約4μm。胞子紋は、胞子紋は黄褐色。風、動物等の刺激振動で胞子を噴出させて散布します。胞子は、径約4μm。胞子紋は、胞子紋は黄褐色。

 類似種として、朽ち木に発生するタヌキノチャブクロ(狸の茶袋)Lycoperdon pyriforme Schaeff. があります。

☆  ☆  ☆

 ホコリタケは、私の好きなキノコの一つです。結構頻繁に目にします。誰もがやるように、ツンツンと突いて胞子を噴出させるのが楽しく、思わず童心に返ってしまいます。そんな事していじめたら可哀想ではないかと思われるかもしれませんが、このキノコの立場で考えると、願ったり叶ったりではと思います。踏みつけられて潰れたとしても、胞子をばらまくのが子実体の役目ですから、ありがとうねと言われるかもしれません(喋ったら怖い)。もっとも、大量に胞子を出すので、突いて直ぐに逃げたりもします。

Japanese common name : Hokori-take
e0038990_1082958.jpg
Lycoperdon perlatum Pers.

e0038990_10122018.jpge0038990_10123112.jpg
幼菌は白色
e0038990_10132018.jpg
三角錐状の刺状突起がある。無いものは、タヌキノチャブクロの可能性がある

e0038990_10134833.jpge0038990_10135862.jpg
熟すと刺状突起は剥離して無くなり、網目紋となる
e0038990_21184950.jpg
頭頂部に穴が開き、刺激を受ける事で胞子が放出される
e0038990_10153114.jpg
胞子を出し切って潰れた老菌


ホコリタケ(埃茸)
別名:狐の茶袋
ハラタケ科ホコリタケ属
学名:Lycoperdon perlatum Pers.
子実体発生期:夏~秋 腐生菌 頭部径:2~6cm 高さ:3~6cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Lycoperdon : lykos (オオカミ)+perdon(放屁)/ホコリタケ属
perlatum : perlatus(非常に広い)
Pers. : Christiaan Hendrik Persoon (1761-1836)

撮影地:静岡県静岡市
駿河区大谷・静岡大学構内 2007.11.18
安倍城跡 2008.04.15, 2008.05.20, 2008.11.26, 2012.03.28, 2012.10.26
高山(牛ヶ峰)2016.10.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 22 December 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2016-12-22 00:00 | 菌類 | Trackback | Comments(0)
ツチグリ(土栗)
 ツチグリ(土栗)は、ニセショウロ目ツチグリ科ツチグリ属のキノコです。日本全国に分布する在来種です。菌類で、菌糸によって形成されます。名の由来は、幼菌の外形が土から出た栗のようだから、あるいは柿のようだからと言われています。学名の種小名は、現在未定で、ツチグリ属の一種との扱いになっています。英名は、hygroscopic earthstar。中国名は、硬皮地星(ying pi de xing)。同名の植物に、バラ科キジムシロ属のツチグリ(土栗)Potentilla discolor Bunge があります。

 林内の斜面に発生します。地中の菌糸から菌子束を作り、地中に幼菌を形成します。黒褐色で扁平球形の硬い外皮に包まれています。外皮の底には根のような短い菌子束が付きます。幼菌の内皮内部は白色です。この時点では食用に用いられる事があります。内皮中にある坦子器によって胞子を生成します。成熟すると胞子は担子器から分離し袋内に充満します。やがて地中から地表に出てきます。

 雨が降り湿度が高まると、成菌は外皮が6~10深裂してヒトデ状に平開、反り返ります。外皮は外・中・内層の3層構造で、中層が吸湿膨張して開く仕組みです。この時、薄膜状の白色内層表面は亀裂模様を生じます。この亀裂模様は時間経過と共に剥がれ落ちていきます。基本体(グレバ)である内皮は褐色で、薄膜の袋状です。全体は、皮を剥いた蜜柑、あるいは蛸の足と頭部のような形状です。

 水分を吸収して外皮を開いたツチグリは、雨粒などの振動刺激によって子実体の袋状頭頂部にある小孔から褐色の胞子塊を煙状に散布します。胞子は径約8μm。

 乾燥すると外皮が内側に丸まり、子実体の袋状頭部を覆い隠します。晴天時は、風などで転がって移動します。胞子紋は茶色です。時期が経つと外皮は亀裂を残したまま胞子の散布活動を終えますが、頭部が無くなっても、湿度によって広がったり丸まったりを繰り返します。一部の地域では幼菌を食用とします。

 似たキノコに、ツチグリよりも小型で、外皮裂片が13~15の、コツチグリ(小土栗)Astraeus koreanus (V.J.Staněk) Kreisel や、ヒメツチグリ科の、エリマキツチグリ(Geastrum triplex Jungh)、別属の外皮を欠いたホコリタケ(埃茸)Lycoperdon perlatum Pers. があります。

※多くの資料に、外皮が閉じる時に袋を押して胞子を放出するとあります。胞子が大量にあり外皮が開いているツチグリを採取して室内で観察しましたが、胞子の放出は見られませんでした。確かに爪状の尖った外皮裂片先端が袋を押しますが、頭頂孔まで塞いでしまいました。この状態では、外皮が袋を保護して放出を防いでいるとしか考えられません。また、晴天時には約1日をかけてゆっくりと外皮は閉じました。この結果から、雨天時に外皮が開き、頭部が露出されている状態で、ホコリタケと同様に外部の刺激を利用して胞子の放出を行うと結論づけました。また、外皮を開く効用として、転がらないように支える事と、頭部を上向きに保持する等が考えられます。

Japanese common name : Tuti-guri
e0038990_14533162.jpg
Astraeus sp.
e0038990_14575884.jpg
外皮が6~10深裂してヒトデ状に平開する
e0038990_1514823.jpg
子実体の袋状頭部に穴があり、雨の刺激等によって胞子塊を煙状に散布する
e0038990_11142524.jpg
晴天時に丸まったツチグリ

e0038990_166574.jpge0038990_1663047.jpg

左:乾燥すると外皮が反り返り、地表から立ち上がるようになる。
右:左上は丸まり始め、右上は閉じた個体、左下は裏側、右下は幼菌


ツチグリ(土栗)
別名:ツチガキ(土柿)
ニセショウロ目ツチグリ科ツチグリ属
学名:Astraeus sp.
Astraeus hygrometricus [non (Pers.) Morgan] sensu auct. jap.
子実体発生期:夏~秋 菌根菌 頭径:2~3cm 高さ:約2~3cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Astraeus : 星形の、ギリシャ神話の星神/ツチグリ属
sp. : species(種)
---
hygrometricus : 湿気のために運動する/hygros(湿)+metricus(計量の)
Pers. : Christiaan Hendrik Persoon (1761-1836)
Morgan : Andrew Price Morgan (1836-1907)
non : ではない[否定]
sensu : sensus(意見)
auct. : auctorum(著者等の)
jap. : Japon(日本)

撮影地:静岡県静岡市
葵区西ヶ谷 2012.11.10
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

14 December 2016
Last modified: 25 December 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
# by pianix | 2016-12-15 00:00 | 菌類 | Trackback | Comments(0)