タグ:アカネ科 ( 6 ) タグの人気記事
アリドオシ〈蟻通し〉
 アリドオシ〈蟻通し〉は、アカネ科アリドオシ属の常緑低木です。東南アジアに分布し、国内では関東地方以西に分布する在来種です。名の由来は、一般的には鋭い棘が蟻を刺し通す程の例えから。棘が多い事から蟻でなければ通り抜けられない等の説もあります。別名の一両は、センリョウ(千両)等と対比した名称で、「千両万両有り通し」との縁起を担いだ洒落から。中国名は、虎刺(hǔcì)。山梨県で絶滅危惧IA類(CR)、埼玉県、茨城県、福井県では絶滅危惧II類(VU)に指定されています。(参考:レッドデーターブック・カテゴリー図

 アカネ科(Rubiaceae Juss. (1789))は、約630属14,000種が分布します。アリドオシ属(Damnacanthus C.F. Gaertner, 1805)は、東アジアに6種が分布します。

 山地の広葉樹林内に自生します。枝は分岐しながら広がり、樹高は30~60cmになります。葉は対生します。大型葉、小型葉が交互につき、長さ10~25mm、幅6~12mmの卵形で全縁。革質で光沢があります。大型葉の葉腋1)から葉に対生して長さ1~2cmの2本の鋭い棘を左右に出します。棘の長さは葉表側の方が長い事が多い。棘は、草食動物に対する防御のために細枝が変化したものと考えられています。山道脇に生えている事も多く、棘で引っかけられる場合があり痛い思いをさせられます。尻餅は勿論、前に転倒して手を突いたら悲惨な事になりかねません。

  花期は5月。葉腋に2個ずつ花をつけます。花冠は白色。長さ10mm程の筒状漏斗形で先端が4裂します。雄しべ4、雌しべは糸状で先端が4裂します。両性花。子房下位で4室、各室に胚珠2)1。果期は9月頃。果実は核果(液果)です。径4~6mmの宿存萼3)がある球形で、熟すと赤くなります。染色体数は、倍数性4)が知られていて、2n=225)、2n=4x=446)

 よく似た変種に、オオアリドオシ(大蟻通し)Damnacanthus indicus Gaertn.f. var. major (Siebold et Zucc.) Makino や、ホソバオオアリドオシ(細葉大蟻通し)Damnacanthus indicus Gaertn.f. var. lancifolius Makino、矮性種としてヒメアリドオシ(姫蟻通し)Damnacanthus indicus C.F.Gaertn. var. microphyllus (Makino) Makino ex Nakai があります。

1)葉腋(ようえき、leaf axil):葉の付け根部分
2)胚珠(はいしゅ、ovule):種子になる部分
3)宿存萼(persistent calyx):花が終わっても母体から離れず残る萼。
4)倍数性(ばいすうせい、polyploidy):生物体細胞の染色体数2nが、基本数xの整数倍になる現象。
5)三重県、和歌山県、四国、九州、沖縄 (Naiki and Nagamasu, 2004)
6)関東、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄 (Naiki and Nagamasu, 2004)

参考文献:
・Bulletin of the Osaka Museum of Natural History, No.62 p. 75-80; March 31, 2008.
・Naiki, A., and Nagamasu, H. 2004. Correlation between distyly and ploidy level in Damnacanthus (Rubiaceae). American Journal of Botany 91: 664-671.

Japanese common name : Aridoosi
e0038990_1340465.jpg
Damnacanthus indicus C.F.Gaertn. var. indicus

e0038990_13402897.jpge0038990_13404169.jpg
左:花の蕾先端は閉じている 右:花は2個ずつ下向きに咲く
e0038990_13405947.jpg
雄しべ4と雌しべ1があり、花冠の長さは10mm程で、筒内には毛がある

e0038990_13412135.jpge0038990_13413282.jpg
左:葉に対生して鋭い棘が上下に一対出る 右:光沢のある葉は大小が交互につく

e0038990_13414393.jpge0038990_13415439.jpg
左:盛大に広がったアリドオシ 右:冬に残留萼片がついた果実は赤く熟す


アリドオシ〈蟻通し〉
アカネ科アリドオシ属
学名:Damnacanthus indicus C.F.Gaertn. var. indicus
花期:5月 常緑低木 樹高:30~60cm 花冠長:約1cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Damnacanthus : damnao(優る)+acantha(刺)/アリドオシ属
indicus : インド(India)の
C.F.Gaertn. : Karl Friedrich von Gaertner (1772-1850)
var. : varietas(変種)

撮影地:静岡県静岡市
高山(牛ヶ峰 Alt.717m) 2008.02.07
嫁越峠(Alt.ca.270m) 2012.03.15
安倍城跡(Alt.435m) 2014.05.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 07 February 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2015-02-07 00:00 | | Trackback | Comments(0)
シロバナイナモリソウ(白花稲森草)
 シロバナイナモリソウ(白花稲森草)は、アカネ科イナモリソウ属の多年草です。関東以西、中部、近畿地方の太平洋側に分布する日本固有種です。地域によっては絶滅危惧種Aに指定されています。名の由来は、近縁種であるイナモリソウ(稲森草)に似て、白花である事から。イナモリソウは販売する際に稲森山(三重県)で採取した事に因み命名したものです。

 アカネ科(Rubiaceae Juss. (1789))は、世界の熱帯から温帯にかけて約630属14000種が分布し、日本には約30属60種程が分布します。イナモリソウ属(Pseudopyxis Miquel, 1867)は日本に分布する特産属です。

 低山の樹林帯に生育します。細い根茎から地上茎を立ち上げ10~20cmになります。葉は対生します。柄の長さは1~1.5cmで基部はくさび形。葉は2~6cm、幅1~2.5cmの先端が尖った三角状卵形、あるいは卵形で、濃緑色。葉の表、裏には短軟毛があります。

 花期は、7月から8月頃にかけて。葉腋から2出集散花序に数個の花を出します。萼は鐘形で5裂し、毛があります。花色は白色で花冠内面は無毛、短い筒部を持った漏斗状で平開せず、裂片先端は5裂し尖ります。花径は約10mm。花糸は白色で花冠から突出します。子房下位。

 イナモリソウ(稲森草)Pseudopyxis depressa Miq.の花冠は淡紫色です。どちらも小さな花なので点在していると目立ちません。本種の場合は、ハコベ(繁縷)と間違えられる場合もあります。

Japanese common name : Sirobana-inamorisou
e0038990_2243124.jpg
Pseudopyxis heterophylla (Miq.) Maxim.

e0038990_22431543.jpge0038990_22432962.jpg
2008.7.12 静岡市葵区 高山(牛ヶ峰)

e0038990_22435845.jpge0038990_2244646.jpg


シロバナイナモリソウ(白花稲森草)
アカネ科イナモリソウ属
学名:Pseudopyxis heterophylla (Miq.) Maxim.
花期:6月~8月 多年草 草丈:10~20cm 花径:8~10mm

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Pseudopyxis : pseudos(偽の)+pyxis(蓋果)/イナモリソウ属
heterophylla : hetero(種々の)+phyll(葉)/heterophyllus(異葉性の)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
---
depressa : depressus(扁圧した、凹んだ)

撮影地:静岡県静岡市
高山(牛ヶ峰)Alt.717m 2008.07.12, 2008.09.03, 2014.09.29
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

29 September 2010
Last modified: 29 September 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2010-09-27 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ヘクソカズラ(屁糞蔓)
 ヘクソカズラ(屁糞蔓)は、アカネ科ヘクソカズラ属の多年草です。東南アジア、東アジアが原産で、国内では全国に分布する在来種です。名の由来は、全草に悪臭がある事から。ただし、潰さない限り臭いは分かりません。この臭いの元はメルカプタン(Mercaptans)です。万葉集で詠まれている名称はクソカズラ。別名のヤイトバナ(灸花)は、花冠中央部の紅紫色をヤイト(灸)の跡に見立て、サオトメバナ(早乙女花)は、早乙女の笠に見立てた名です。

アカネ科(Rubiaceae Juss. (1789))は、熱帯から亜熱帯に約500属6000種以上があり、日本には約30属60種があります。ヘクソカズラ属(Paederia L. (1767))は、アジアとアメリカの亜熱帯から温帯地方に約20種があります。

 茎は蔓性で、基部は木質化します。他の植物に左巻き(反時計回り)で絡まって伸びます。葉は対生します。楕円形か狭卵形で、長さ4~10cm、幅1~7cm。葉柄の根元に托葉が合着した三角形の鱗片(葉間托葉)があります。

 花期は、7月から9月頃。葉腋から集散花序を出します。花は、先が浅く5裂して平開した細長い鐘形の合弁花で、長さは1cm前後。花冠は灰白色で、中央部(喉)と内部は紅紫色です。内部には2本の長い紐状の花柱と短い雄しべ4~5本があり、毛が多くあります。萼の内側に花外蜜腺があります。

 果実は核果です。径5~6mmの球形で、熟すと光沢がある黄褐色になり、2個の核に種子が1個づつ入っています。生の果実を潰したものは、民間薬として古来から虫刺されや霜焼けの薬として使われてきました。

Japanese common name : He-kuso-kazura
e0038990_9325874.jpg
Paederia foetida L.

e0038990_933911.jpge0038990_9331948.jpg
花冠内部。底にある毛は子房を守る為と言われています。Y字形に見えるのは花柱。


ヘクソカズラ(屁糞蔓)
別名:ヤイトバナ(灸花)/サオトメバナ(早乙女花)
アカネ科ヘクソカズラ属
学名:Paederia foetida L.
synonym : Paederia scandens (Lour.) Merr.
花期:7月~9月 多年草 草丈:蔓性 花径:4~5mm 果期:10月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Paederia : paidor(悪臭)/ヘクソカズラ属
foetida : foetidus(臭い、悪臭を放つ)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
synonym : (シノニム) 同意語、異名
scandens : よじ登る性質の
Lour. : Joao de Loureiro (1717-1791)
Merr. : Elmer Drew Merrill (1876-1956)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.07.28, 2006.08.10
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

15 August 2006
Last modified: 7 August 2015 (Scientific name update)
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-08-15 00:00 | | Trackback(2) | Comments(4)
クチナシ(梔)
 クチナシ(梔)は、アカネ科クチナシ属の常緑低木です。中国、韓国、日本(鹿児島・高知)、インドシナの熱帯・亜熱帯地方の東アジアが原産です。日本では静岡県以西に自生します。名の由来は、筒状の果実が熟しても先端が開いたように見えない事から、口が無いの意味で付けられたと言われています。

 アカネ科(Rubiaceae Juss. 1789)は世界に約600属、10,000種以上が存在し、クチナシ属(Gardenia J.Ellis, 1761)は約250種があり、日本には1種の自生種があります。

 葉は対生し、楕円形で全縁です。光沢のある濃緑色をしています。6月から7月頃に、強い芳香がある白色の花を付けます。大きさは品種によって異なり5~10cm程。合弁花で先端は5~7裂します。萼も5~7個。雌しべは中央に突き出て、雄しべは花弁の間に沿って広がります。5~7本あります。開花後しばらくは白色ですが、やがて黄色味を帯びるようになります。染色体数は、2n=22。

 10月から11月頃に、赤黄色の長卵形で6~7の稜(角のある筋)を持つ果実をつけます。果実の筒部分は萼であって、萼筒と呼ばれます。園芸品種のオオヤエクチナシ(大八重梔)は、大輪で八重咲き、果実はできません。コクチナシ(小梔)はヒメクチナシ(姫梔)とも呼ばれ、花径5cm程の小振りです。

 生薬に用いるのは果実の種子で、日本薬局方・サンシシ(山梔子)として、鎮静・消炎・止血・解熱・利胆・肝臓病・黄疸に処方されます。また、外用として打撲・外傷・腰痛にも使われます。成分はイリドイド配糖体(gardenoside)です。但し、八重咲き種は結実しないため薬用には使われません。カロチノイド色素であるクロシン(crocin)を含み、繊維や食品の着色料(黄色)としても使われます。種子は5mm程の黒褐色又は黄赤色をした扁平の円形です。苦い味で、僅かな香りがあります。

参考:クチナシ(梔)/果実

Japanese common name : Kutinasi
e0038990_19341883.jpg
Gardenia jasminoides Ellis
e0038990_19343227.jpg
葉は対生し、楕円形で全縁


クチナシ(梔)
アカネ科クチナシ属
学名:Gardenia jasminoides Ellis
花期:6月~7月 常緑低木 樹高:1~2m 花径:5~10cm 果期:10~12月 実:3~4cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Gardenia : Alexander Garden (1730-1792)に因む/クチナシ属
jasminoides : Jasminum(ソケイ属ジャスミン)+ides(似た)
Ellis : John Ellis (1710-1776)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から1.50km 左岸隣接地 2006.06.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 20 June 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-06-20 00:00 | | Trackback | Comments(4)
クチナシ(梔)/果実
 クチナシ(梔)は、アカネ科クチナシ属の常緑低木です。中国、韓国、日本(鹿児島・高知)、インドシナの熱帯、亜熱帯地方を原産とし、日本では静岡県以西に自生します。名の由来は、筒状の果実が熟しても先端が開いたように見えない事から、口が無いの意味で付けられたと言われています。アカネ科(Rubiaceae)は世界に約600属、10,000種以上が存在し、クチナシ属は約250種の分布がみられ、日本には1種だけがあります。

 葉は対生し、楕円形で全縁です。光沢のある濃緑色をしています。6月から7月頃に、強い芳香がある白色の花を付けます。大きさは品種によって異なり5~10cm程。合弁花で先端は5~7裂します。萼も5~7個。雌しべは中央に突き出て、雄しべは花弁の間に沿って広がります。5~7本あります。開花後しばらくは白色ですが、やがて黄色味を帯びるようになります。

 10月から11月頃に、赤黄色の長卵形で6~7の稜(角のある筋)を持つ果実をつけます。果実の筒部分は萼であって、萼筒と呼ばれます。園芸品種のオオヤエクチナシ(大八重梔)は、大輪で八重咲きです。コクチナシ(小梔)はヒメクチナシ(姫梔)とも呼ばれ、花径5cm程の小振りです。

 生薬に用いるのは果実の種子で、日本薬局方・サンシシ(山梔子)として、鎮静・消炎・止血・解熱・利胆・肝臓病・黄疸に処方されます。また、外用として打撲・外傷・腰痛にも使われます。成分はイリドイド配糖体(gardenoside)です。但し、八重咲き種は結実しないため薬用には使われません。カロチノイド色素であるクロシン(crocin)を含み、繊維や食品の着色料(黄色)としても使われます。種子は5mm程の黒褐色又は黄赤色をした扁平の円形です。苦い味で、僅かな香りがあります。

参考:クチナシ(梔)

Japanese common name : Kutinasi
e0038990_16161581.jpg
Gardenia jasminoides Ellis


クチナシ(梔)
アカネ科クチナシ属
学名:Gardenia jasminoides Ellis
花期:6月~7月 常緑低木 樹高:1~2m 花径:5~10cm 果期:10~12月 実:3~4cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Gardenia : Alexander Garden (1730-1792)に因む/クチナシ属
jasminoides : Jasminum(ソケイ属ジャスミン)+ides(似た)
Ellis : John Ellis (1710-1776)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園「標本園」 2005.12.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 23 January 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-01-23 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(2)
オオフタバムグラ(大双葉葎)
 最近、玄関先の植木鉢に異変が起きている事に気が付きました。野草が植えてあるのです。家族の誰かが気に入って植えたのだと思います。ある日、一本の野草が咲いていたので見たら、オオフタバムグラ(大双葉葎)でした。秋の河川敷では、足の踏み場が無くなる程咲いています。実に小さな、しかも美しい花を咲かせます。しかし、小さいが故に気にも留められないのが野草たる所以かもしれません。

 オオフタバムグラは、北アメリカ原産の帰化植物です。外来生物法による生態系被害防止外来種(旧要注意外来生物1))に指定されています。帰化植物の場合は、現地の情報が欲しい時もあります。「オオフタバムグラ」という和名では、インターネットで検索してもアメリカのサイトは探し当てられないと思います。その点、世界共通語としての学名は便利です。そして、全く同じ形状のオオフタバムグラを見て、国境を越えて存在する事に感慨を持ちました。その地方での変種も確認でき、ちょっとした旅行気分を味わう事ができます。

 葉は対生で、そこから双葉の名称が付いたのだと思います。葎(むぐら)は、野原などに繁茂する雑草の総称です。1920年に東京で発見され、85年間の内に各地へ広がり、すっかり馴染みのある草花になりました。

 日当たりの良い河川敷や荒れ地などに自生します。茎は赤紫で4稜があり、匍匐したあと斜上する事が多く、高さ10~50cm。葉は、対生します。長楕円形で先が尖り、長さ約3.5cm、幅約4mm。鋸歯は刺状で細い。葉も花も無柄。花期は7月から9月頃。葉腋に2~4個の花をつけます。花冠は白色か淡紅色で、筒状先端が4裂し、花径約4mm、長さ約6mmの合弁花。雄しべは4個。雄しべ柱頭は2裂します。萼は4個。子房下位。果実は2分果で、長さ約4mm。先端に額が残り、毛が密生し、初め緑色で熟すと赤味を帯びます。種子は長さ約3mm。染色体数は、2n=28。

 1)「被害に係る知見が不足しており、引き続き情報の集積に努める外来生物で、在来種との競合・駆逐のおそれ」があるとされています。要注意外来生物は、3つのランクに区分されています。(1)被害に係る一定の知見はあり、引き続き特定外来生物等への指定の適否について検討する外来生物、(2)被害に係る知見が不足しており、引き続き情報の集積に努める外来生物、(3)別途総合的な検討を進める緑化植物。特定外来生物や未判定外来生物とは異なります。

Japanese common name : Oo-futaba-mugura
e0038990_20474458.jpg
Diodia teres Walter


オオフタバムグラ(大双葉葎)
別名:タチフタバムグラ(立双葉葎)
アカネ科オオフタバムグラ属
学名:Diodia teres Walter
花期:7月~9月 1年草 草丈:10~50cm 花径:約4mm

e0038990_1095350.gif

【学名解説】
Diodia : diodon(二つの歯)/オオフタバムグラ属
teres : 円柱形の、円い棒状の
Walter : Thomas Walter (1740-1789)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2004.10.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

20 October 2005
Last modified: 29 September 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-10-20 00:00 | | Trackback | Comments(2)