タグ:アキギリ属 ( 4 ) タグの人気記事
キバナアキギリ(黄花秋桐)
 キバナアキギリ(黄花秋桐)は、シソ科アキギリ属の多年草です。本州・四国・九州に分布する在来種です。名の由来は、花色が黄色で、秋に咲き、葉がキリ(桐)に似る事から。別名のコトジソウ(琴柱草)は、葉の形状を琴柱(和琴や箏の楽器で弦を支え音高を調節するもの)に例えたもの。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。アキギリ属(Salvia C. Linnaeus, 1753)は熱帯から温帯にかけて分布し500~900種以上があると言われ、日本には10種程が自生します。

 山地の林縁に自生します。茎は、シソ科植物によく見られる四角形で、分岐せずに立ち上がり、草丈20~40cmになります。葉は対生します。長さ5~10cm、幅4~7cmの三角状鉾形で基部が張り出します。両面に毛があります。

 花期は8月から10月。茎頂に薄黄色の唇形花を穂状につけます。唇形花とは筒状の合弁花で、先端が唇のように上下に分かれるものを言います。花冠は長さ2.5~3.5cm。上唇は筒部から真っ直ぐに立ち上がり、下唇は先が3裂して丸みを帯び、下垂します。花冠は大きく「く」の字形に開きます。

 虫媒花です。上唇に雄しべが隠れていて、基部に退化した暗紫色の雄しべが繋がっています。退化雄しべに虫が乗ると上にある雄しべが出てきて花粉をスタンプします。葯は2個。雌しべは暗紫色で、上唇から長く突きだし、柱頭は2裂します。萼は2裂して長さ約8mm。マルハナバチ等が媒介します。果実は4分果で、長さ約2.5mm。

 変種として、長野県の木曽地方から岐阜県付近に分布する、キソキバナアキギリ(木曽黄花秋桐)Salvia nipponica Miq. var. kisoensis K.Imai 、紫色がまだらになった花冠の、シボリミヤマアキギリ(絞り深山秋桐)Salvia glabrescens (Franch. et Sav.) Makino var. purpureomaculata (Makino) K.Inoue があります。交雑種として、キバナアキギリとシナノアキギリの交雑である、サクキバナアキギリ(佐久黄花秋桐)Salvia x sakuensis Naruh. et Hihara があります。

 よく似た学名で日本産のサルビアとされるものに、アキノタムラソウ(秋の田村草)Salvia japonica Thunb.があります。

Japanese common name : kibana-akigiri
e0038990_20332433.jpg
Salvia nipponica Miq.
e0038990_2034256.jpg
茎頂に薄黄色の唇形花を穂状につける。

e0038990_20351043.jpge0038990_20352235.jpg
暗紫色の退化雄しべの上に雄しべ。雌しべは上唇から長く突き出し、柱頭は2裂する。

e0038990_20362040.jpge0038990_20363351.jpg
葉は対生し、三角状鉾形で基部が張り出す。


キバナアキギリ(黄花秋桐)
別名:コトジソウ(琴柱草)
シソ科アキギリ属
学名:Salvia nipponica Miq.
花期:8~10月 多年草 草丈:20~40cm 花冠長:25~35mm

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Salvia : sage(セージ)の古名|salvare(治療)・salveo(健康)/アキギリ属
nipponica : nipponicus(日本本州の)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)

撮影地:静岡県静岡市
竜爪山(Alt.1051m) 2008.09.25
高山(牛ヶ峰 Alt. 716.7m) 2015.09.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

3 October 2010, 22 September 2015
Last modified: 2 July 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2010-10-03 00:00 | | Trackback | Comments(0)
メキシカン・セージ(Mexican sage)
 メキシカン・セージ(Mexican sage)は、シソ科アキギリ属の多年草(亜低木)です。メキシコから中米が原産です。名の由来は、メキシコ原産のsageから。sageは薬用として使われた種があることから、salvare(治療)が語源と言われています。日本ではアメジストセージ(Amethyst sage)の名で知られています。アメジストセージは、Amethyst(紫水晶)色である事から。英名は、Mexican Bush Sage。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。アキギリ属(Salvia L.)は熱帯から温帯にかけて分布し500~900種以上があると言われています。日本には10種程が自生します。学名で日本産のサルビアとされるものに、アキノタムラソウ(秋の田村草)Salvia japonica Thunb.があります。

 茎は4稜(断面が4角形)があり、2年目から基部が木質化して、高さ60~150cmになります。葉は十字対生します。長披針形で長さ10~12cm、軟毛があり、先端は鋭頭。短日植物で、日中の日差しが短くなると花芽を形成します。枝先に10~30cmの花穂を傾斜させて出し、6~8の唇形花を付けます。萼は赤紫色でビロード状の軟毛に覆われています。花色は白。雄しべは5本で、内3本が退化して完全雄ずいは2本。柱頭は2裂します。

 果実は4分果です。芽は銀白色。耐寒性はあまりありませんが大株の場合は約-5℃まで耐えます。暖地では露地で越冬可能です。繁殖は、一般的には春先に挿し芽で行います。葉を乾燥させたものを生薬のセージ葉と言い、下痢・芳香性健胃として用います。

Japanese common name : Mekisikan-sēgi
e0038990_1573327.jpg
Salvia leucantha Cav.
e0038990_1574860.jpg
唇形花で、萼は赤紫色ビロード状の軟毛に覆われる


メキシカン・セージ(Mexican sage)
別名:アメジストセージ(Amethyst sage)/メキシカンブッシュセージ(Mexican bush sage)/ベルベットセージ(velvet sage)/サルビア・レウカンサ(Salvia leucantha)
シソ科アキギリ属
学名:Salvia leucantha Cav.
花期:9月~12月 多年草(亜低木) 草丈:60~150cm 花穂長:10~30cm

【学名解説】
Salvia : sage(セージ)の古名|salvare(治療)・salveo(健康)/アキギリ属
leucantha : leucanthus(白い花の)
Cav. : Antonio Jose Cavanilles (1745-1804)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園 2006.10.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 7 November 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-07 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(0)
アキノタムラソウ(秋の田村草)
 アキノタムラソウ(秋の田村草)は、シソ科アキギリ属の多年草です。東アジアの温帯から暖帯に広く分布します。国内では本州から沖縄までに分布する在来種です。名の由来は、不明です。多紫草や丹紫草との説があります。学名の意味は、日本のサルビア。ちなみにタムラソウ(田村草)はキク科で、アザミに似た花を咲かせる別種です。

  シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。アキギリ属(Salvia L.)は、熱帯から温帯にかけて分布し500~900種以上があると言われています。日本には10種程が自生します。

 茎は4稜があり、断面は四角形。茎は分枝し、20~80cmに立ち上がります。葉は対生します。奇数羽状複葉で、茎に付く位置によって異なり、3出葉あるいは1~2回羽状複葉となります。小葉は3~7枚。長さ3~5cmの広卵形で、長い葉柄があり、鋸歯があります。 

 花期は7月~11月で、葉腋から伸びた茎に輪散花序を付けます。花冠は筒状の合弁花です。淡い青紫色の唇形花を段状に5個ずつ輪生します。輪生と言っても茎の回りに満遍なく取り囲む訳ではなく、日照方向に偏り扇状になります。花序の長さは20cm前後。花冠の長さは10~13mmで上唇と3裂した下唇があり、毛が密生します。

 雄しべ2本があり、内2本は退化しています。2裂した柱頭の雌しべ1本は花冠より僅かに長く、黄色の葯が花冠の上部に突き出ます。萼は長さ5~6mmで腺毛が多くあります。果実は子房が4分裂した分果(mericarp)で、2~4個の種子があります。大木の影に生育する事が多く、強い日差しは好まないようです。染色体数は、2n=16。

Japanese common name : Akino-tamurasou
e0038990_10361990.jpg
Salvia japonica Thunb.

e0038990_10365179.jpge0038990_1037198.jpg


アキノタムラソウ(秋の田村草)
シソ科アキギリ属
学名:Salvia japonica Thunb.
花期:7月~11月 多年草 草丈:20~80cm 花冠長:10~13mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Salvia : salvare(治療)/アキギリ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.75km右岸土手 2006.07.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

19 July 2006
Last modified: 07 October 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-19 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ミゾコウジュ(溝香薷)
 ミゾコウジュ(溝香薷)は、シソ科アキギリ属の2年草(越年草)です。日本、朝鮮、台湾、中国、インドシナ、インド、アフガニスタン、マレーシアおよびオーストラリアに分布します。国内では本州・四国・九州・沖縄に分布する在来種です。明るい湿った環境に野生します。名の由来は、溝に生えるコウジュ(香薷)から。コウジュはナギナタコウジュ(薙刀香薷)を代表とする薬草の総称です。

 環境省レッドデータブックでは、現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種の「準絶滅危惧(NT)」に指定されています。静岡県版レッドリスト2004(平成16)年でも、同様の準絶滅危惧(NT)に指定されています。減少の原因は、護岸工事や舗装化等の生息地における環境要因の影響によるものと言われています。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。アキギリ属(Salvia L. (1753))は、熱帯から温帯にかけて分布し500~900種以上があると言われています。日本には10種程が野生します。

 冬に、長楕円形で長い柄を持つロゼットを形成します。葉は対生します。茎葉は鈍い鋸歯がある広楕円形です。茎は、シソ科の特徴である四角形で直立します。下向きの毛が生えています。花期は5月から6月頃。高さ30~70cmになり、葉腋から長さ8~10cmの円錐花序を出します。花冠は淡紫色で、径2mm程の唇形花です。下唇に紫色の斑点模様があります。果実は倒卵形の小堅果です。民間薬として全草を解毒・尿血などの止血に用います。

 類似種として、トウバナ(塔花)Clinopodium gracile (Benth.) O.Kuntze 、秋に咲くイヌコウジュ(犬香薷)Mosla punctulata (J.F.Gmel.) Nakai と、ナギナタコウジュ(薙刀香薷)Elsholtzia ciliata (Thunb.) Hyl. があります。

【警告】
6月の薬草(1-20) - 日本の薬草
http://sasa23.hanagumori.com/6gatu.htm
ミゾコウジュ(溝香需)の文章は、草花と自然Blogの本文を丸写ししたものです。
この作成者に連絡を取る方法が見つかりません。
直ちに削除を求めます。
2015.01.24

Japanese common name : Mizo-kouzyu
e0038990_11432837.jpg
Salvia plebeia R.Br.

e0038990_11433734.jpge0038990_11434883.jpg
茎は四角形で、葉は対生する

e0038990_11441765.jpge0038990_1144267.jpg


ミゾコウジュ(溝香薷)
シソ科アキギリ属
学名:Salvia plebeia R.Br.
別名:ユキミソウ(雪見草)
花期:5月~6月 2年草(越年草) 草丈:30~70cm 花冠長:2~3mm

e0038990_2163229.gife0038990_1449982.gif

【学名解説】
Salvia : salvare(治療)/アキギリ属
plebeia : plebeius(普通の)
R.Br. : Robert Brown (1773-1858)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.05.15, 2006.05.24
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 23 May 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-05-23 00:00 | | Trackback | Comments(0)