タグ:アジサイ属 ( 6 ) タグの人気記事
コアジサイ(小紫陽花)
 コアジサイ(小紫陽花)は、ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木です。関東以西の本州から九州にかけて分布する日本固有種です。名の由来は、装飾花を持たない小型の花序を付けるアジサイである事から。アジサイは、古語で集真藍(あづさあい〉であって、青い小さな花が集まって咲くからと言われています。漢字表記の紫陽花は中国の別の花からとった当て字です。別名のシバアジサイ(柴紫陽花)は、山野の小雑木を表す柴を冠したアジサイとの意味から。

 ユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))は、温帯から寒帯にかけて約17属500種があります。以前は約80属1200種が属する大きな科でしたが、近年に幾つかの科が分離され減少しました。アジサイ属(Hydrangea L. 1753)は、東アジアとアメリカに約40種が分布し、日本には約10数種が分布します。

 山地の林内に自生します。落葉低木で、樹高100~150cmになります。枝は紫褐色で毛がまばらにあります。葉は、対生します。長さ1~4cmの葉柄があり、葉身は長さ4~8cm、幅3~5cmの広卵形。葉先4分の3~3分の2に大きめの鋸歯があり、先は鋭尖頭。葉の表裏に毛がまばらにあり、特に葉脈に沿って多くあります。

 花期は6月から7月頃です。分岐した枝先に径5~8cm程の散房花序を出します。芳香があります。装飾花はありません。小花は径3~5mmで淡青色や白色[1]があります。花弁は5個で長楕円形。両性花です。雄しべは10本で長さ3mm、葯は乳白色。雌しべは3~4本。萼片は5個で裂片は卵状三角形。子房半上位。果実は朔果です。残存花柱がある径2mmの球形で、花柱部分を含めると長さ3mm。種子は淡褐色の長卵形で長さ約0.5mm。染色体数は、2n=36。

★  ★  ★

 5月の終わり頃、里山へ入るとコアジサイが迎えてくれます。一面に咲いている場所もあり、甘い香りがあたりに漂います。初夏であることを香りで実感し、同時に過去のでき事も脳裏によみがえらせます。息を弾ませながら、汗を流して一歩一歩登る私をなごませてくれるのです。飾り気が無く、どこにでも咲いているありふれたアジサイの仲間ですが、私はコアジサイが一番好きです。

Japanese common name : Ko-ajisai
e0038990_10514486.jpg
Hydrangea hirta (Thunb.) Siebold et Zucc.
e0038990_10552936.jpg
2012.05.30 安倍城跡
e0038990_10555048.jpg
2012.06.08 安倍城跡

e0038990_10574266.jpge0038990_10575847.jpg
小花は径3~4mmで、淡青色や白色がある。淡碧色の花糸。

e0038990_10594494.jpge0038990_10595523.jpg
左:枝は分岐し、毛がある。 右:シロバナコアジサイ(白花小紫陽花)[1]

e0038990_1105589.jpge0038990_111675.jpg
葉は対生して鋸歯がある。左:葉表 右:葉裏 葉脈上に毛が多い
e0038990_1115268.jpg
果実は残存花柱がある朔果


コアジサイ(小紫陽花)
別名:シバアジサイ(柴紫陽花)
ユキノシタ科アジサイ属
学名:Hydrangea hirta (Thunb.) Siebold et Zucc.
花期:6月~7月 落葉低木 樹高:100~150cm 花径:5mm 果期:9~10月

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Hydrangea : hydro(水)+angeion(容器)/アジサイ属
hirta : hirtus(短い剛毛のある)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Siebold : Philipp Franz von Siebold (1796-1866)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&に同じ)
Zucc. : Joseph Gerhard Zuccarini (1797-1848)
---
[1]シロバナコアジサイ(白花小紫陽花)
学名:Hydrangea hirta (Thunb.) Siebold et Zucc. f. albiflora (Honda) Okuyama
【学名解説】
f. : forma(品種)
albiflora : albiflorus(白花の)
Honda : 本田正次 Masaji Honda (1897-1984)
Okuyama : 奥山春季 Shunki Okuyama (1909-1998)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435m) 2008.05.20, 2012.05.30, 2012.06.08
牛ヶ峰(Alt.717m) 2008.05.28, 2008.06.06
ダイラボウ(Alt.561m) 2010.06.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

9 May 2012, 13 June 2012
Last modified: 11 December 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-06-09 00:00 | | Trackback | Comments(5)
カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
 ご近所にカシワバアジサイ(柏葉紫陽花)が咲いていました。アジサイ科アジサイ属の落葉低木です。花色は白ですが、すでに色づいています。これは北米産なので、日本原産の紫陽花とは趣が違います。「柏葉」は、葉が柏に似ているから。八重咲きと一重咲きがあります。英名は、Oak-leaved Hydrangea。ドイツ名は、eichenblättrige Hortensie。

 紫陽花は、分類体系によって、ユキノシタ科かアジサイ科に異なって表記される時があります。APG体系とクロンキスト体系ではアジサイ科(Hydrangeaceae Dumort. (1829))で、エングラー体系ではユキノシタ科(Saxifragaceae Juss. (1789))です。アジサイ科には16属約190種があります。

 アジサイ属(Hydrangea L. (1753))には、アメリカノリノキ=西洋紫陽花(Hydrangea arborescens)、コアジサイ(Hydrangea hirta)、コガクウツギ(Hydrangea luteovenosa)、アジサイ(Hydrangea macrophylla)、ノリウツギ(Hydrangea paniculata)、ツルアジサイ(=梧桐蔓)(Hydrangea petiolaris)、ヤマアジサイ(Hydrangea serrata)等があります。

Japanese common name : Kasiwaba-azisai
e0038990_9205421.jpg
Hydrangea quercifolia W.Bartram 'Snow Flake'


カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
アジサイ科アジサイ属
学名:Hydrangea quercifolia W.Bartram 'Snow Flake'
花期:5月~7月 落葉低木 草丈:50cm~150cm 花序径:5cm

品種:カシワバアジサイ・スノーフレーク 八重咲と一重咲

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Hydrangea : hydro(水)+angeion(容器)/アジサイ属
quercifolia : カシ属(Quercus)のような葉の
W.Bartram : William Bartram (1739-1823)

撮影地:静岡県静岡市
静岡市葵区 2005.07.05
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 6 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-06 00:00 | | Trackback | Comments(0)
アジサイ(紫陽花)-4
 アジサイを「紫陽花」と書くのは何故でしょう。その昔、白楽天(白居易)は詩に造語である「紫陽花」を登場させました。我が国では、源順(みなもとのしたがう)が『倭名類聚抄』に「白氏文集律詩に云ふ、紫陽花 和名安豆佐為」と書き、勘違いしたようです。貝原益軒も『大和本草』で「紫陽花」とし、アジサイに「紫陽花」の字をあてることが定着したようです。

 萼と葉に解熱作用を持ち、根にヒドランゲノール(Hydrangenol)、ヒドランゲア酸(hydrangea acid)などの毒成分があります。漢方薬で紫陽散として扱われます。

 アジサイ科(Hydrangeaceae Dumort. (1829))は、北半球の温帯から亜熱帯に16属約190種があります。アジサイ属(Hydrangea L. (1753))は、東アジアとアメリカに約40種が分布し、日本には約10数種が分布します。

Japanese common name : Azisai
e0038990_21124244.jpg
Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. macrophylla
 

アジサイ(紫陽花)
別名:ホンアジサイ(本紫陽花)
アジサイ科アジサイ属
学名:Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. macrophylla
花期:6月~7月 落葉低木 樹高:100~200cm 花序径:15~30cm 花(萼片)径:3~4cm

e0038990_21323673.gife0038990_2122812.gif

【学名解説】
Hydrangea : hydro(水)+angeion(容器)/アジサイ属
macrophylla : macrophyllus(大葉の)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Ser. : Nicolas Charles Seringe (1776-1858)
f. : forma(品種)

撮影地:静岡県静岡市
葵区与左衛門新田 2005.06.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 27 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-27 00:00 | | Trackback | Comments(0)
アジサイ(紫陽花)-3
 ベニガク(紅額)は、ヤマアジサイ(山紫陽花)の園芸種です。萼(装飾花)が赤いから紅額。萼片は3~4個。

 アジサイは、株元から出た1年枝には花芽をつけません。2年を要して花を咲かせます。花芽は10月に分化しますが、剪定の仕方が悪いと翌年に花をつけなくなる場合があります。それで剪定しないで放っておくと背が高く姿が乱れることに。ずいぶんと背が高くなったアジサイを見ることがありますが、それで良ければ毎年花を見ることができる確実な方法とも言えます。

 アジサイ科(Hydrangeaceae Dumort. (1829))は、北半球の温帯から亜熱帯に16属約190種があります。アジサイ属(Hydrangea L. (1753))は、東アジアとアメリカに約40種が分布し、日本には約10数種が分布します。

Japanese common name : Beni-gaku
e0038990_21142133.jpg
Hydrangea serrata (Thunb.) Ser. var. japonica (Siebold) H.Ohba et S.Akiyama


ベニガク(紅額)
アジサイ科アジサイ属
学名:Hydrangea serrata (Thunb.) Ser. var. japonica (Siebold) H.Ohba et S.Akiyama
花期:6月~7月 落葉低木 樹高:80~200cm 花序径:15~30cm

e0038990_21323673.gife0038990_2163229.gif

【学名解説】
Hydrangea : hydro(水)+angeion(容器)/アジサイ属
serrata : serratus(鋸歯がある)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Ser. : Nicolas Charles Seringe (1776-1858)
var. : varietas(変種)
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Siebold : Philipp Franz von Siebold (1796-1866)
H.Ohba : 大場秀章 Hideaki Ohba (1943- )
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
S.Akiyama : 秋山忍 Shinobu Akyama (1957- )

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から17.0km 左岸土手 2005.06.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 26 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-26 00:00 | | Trackback | Comments(0)
アジサイ(紫陽花)-2
 紫陽花の花に見える部分は装飾花で、当然ながら結実しません。本当の花弁は装飾花の中心にあるごく小さなもので、両性花であり、雄しべと雌しべがあります。染色体数は、2n=36, (2n=3x=54)。

 アジサイ科(Hydrangeaceae Dumort. (1829))は、北半球の温帯から亜熱帯に16属約190種があります。アジサイ属(Hydrangea L. (1753))は、東アジアとアメリカに約40種が分布し、日本には約10数種が分布します。

Japanese common name : Gaku-azisai
e0038990_21153620.jpg
Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. normalis (E.H.Wilson) H.Hara


ガクアジサイ(額紫陽花)
アジサイ科アジサイ属
学名:Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. normalis (E.H.Wilson) H.Hara 
花期:6月~7月 落葉低木 樹高:80~200cm 花序径:15~30cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Hydrangea : hydro(水)+angeion(容器)/アジサイ属
macrophylla : macrophyllus(大葉の)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Ser. : Nicolas Charles Seringe (1776-1858)
f. : forma(品種)
normalis : 通常の
E.H.Wilson : Ernest Henry Wilson (1876-1930)
H.Hara : Hiroshi Hara (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から1.25km付近 右岸河川敷 2005.06.20
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 24 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-24 00:00 | | Trackback | Comments(0)
アジサイ(紫陽花)-1
 梅雨には、アジサイがよく似合います。ハイドレンジアは「水の器」との意味。ガクアジサイは、セイヨウアジサイ(西洋紫陽花)の母種です。色はpH5.5までの酸性土壌では青色か紫紅色、中性~アルカリ性土壌では桃色か赤色になります。

 このガクアジサイの葉は斑入りですね。

 アジサイ科(Hydrangeaceae Dumort. (1829))は、北半球の温帯から亜熱帯に16属約190種があります。アジサイ属(Hydrangea L. (1753))は、東アジアとアメリカに約40種が分布し、日本には約10数種が分布します。

Japanese common name : Gaku-azisai
e0038990_21223541.jpg
Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. normalis (E.H.Wilson) H.Hara


ガクアジサイ(額紫陽花)
アジサイ科アジサイ属
学名:Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. normalis (E.H.Wilson) H.Hara
花期:6月~7月 落葉低木 樹高:80~200cm 花序径:15~30cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Hydrangea : hydro(水)+angeion(容器)/アジサイ属
macrophylla : macrophyllus(大葉の)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Ser. : Nicolas Charles Seringe (1776-1858)
f. : forma(品種)
normalis : 通常の
E.H.Wilson : Ernest Henry Wilson (1876-1930)
H.Hara : Hiroshi Hara (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から1.25km付近 右岸河川敷 2005.06.20
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 23 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-23 00:00 | | Trackback | Comments(0)