タグ:アミメカゲロウ目(脈翅目) ( 1 ) タグの人気記事
ツノトンボ(角蜻蛉)
 ツノトンボ(角蜻蛉)は、夏休みになると問い合わせが多くなる昆虫です。「蝶のような長い触覚を持った変なトンボを発見したけど、これは何か」と言うものです。一見するとトンボのようで、よく見ると長い触覚に違和感を覚えてトンボとは違うと気が付きます。トンボの触角は極短いからです。「触覚のあるトンボ」は、結論から言えば、トンボではありません。ウスバカゲロウの仲間です。日本や朝鮮半島、台湾に分布します。日本では本州から九州に分布します。5月から9月頃、平野部から丘陵地の草地に現れます。

 体は細長く、体長は3cm前後、翅を広げて7cm程です。雄は赤褐色で尾に2つの鋏状の付属物があります。雌は雄より太く、黄色の模様が並んでいて付属物はありません。触覚が長く3cm程あり、先端には膨らんだ球桿(きゅうかん)があります。翅は2枚2対、計4枚あり、透明、翅脈は網目状です。この翅はトンボと見分ける大切な部分です。トンボの形態的特徴である結節が無いからです。結節とは、翅の中央付近の前縁部にある節の事です。トンボのように上手な飛び方ではありません。少し飛んですぐに止まります。

 トンボの場合は不完全変態(卵・幼虫・成虫)で、蛹の時期はありません。ツノトンボは蛹の時期があり、完全変態(卵・幼虫・蛹・成虫)します。卵は木や草の茎に産み付けられます。幼虫はアリジゴク(蟻地獄)【ウスバカゲロウ(薄羽蜻蛉)の幼虫】に似ていますが巣は作りません。肉食性で、物陰に隠れて小昆虫を補食します。(保護者様へ:お子さんには分かりやすい言葉で説明してやって下さい)

 このツノトンボの仲間に、本州や四国、九州に分布する、オオツノトンボ(大角蜻蛉) Protidricerus japonicus (MacLachlan, 1891)、本州や九州に分布し後翅に黄色の筋模様がある、キバネツノトンボ(黄羽根角蜻蛉) Ascalaphus ramburi MacLachlan, 1875、沖縄に分布するオキナワツノトンボ(沖縄角蜻蛉)Suphalomitus okinawensis (Okamoto, 1910)がいます。

※  ※  ※

 トンボの仲間は、大きく分類すると蜻蛉目(トンボ目)になります。ところが、ツノトンボは脈翅目(アミメカゲロウ目・Neuroptera)に分けられます。脈翅目には3亜目があります。つまり、広翅亜目(ヘビトンボ亜目・Megaloptera)、駱駝虫亜目(ラクダムシ亜目・Raphidiodea)、扁翅亜目(アミメカゲロウ亜目・Raphidiodea)です。ツノトンボは、扁翅亜目です。扁翅亜目には17科約4000種があり、日本には約116種がいます。より詳細に分類すると、ウスバカゲロウ上科(Myrmeleonoidea)の内のツノトンボ科(Ascalaphidae)となります。

Japanese common name : Tuno-tonbo
e0038990_84755100.jpg
Hybris subjacens (Walker, 1853)

e0038990_84889.jpge0038990_8482057.jpg

♀ 雌は雄より太く、黄色の模様が並んでいて鋏状付属物はありません


ツノトンボ(角蜻蛉)
アミメカゲロウ目(脈翅目)ツノトンボ科Hybris属
学名:Hybris subjacens (Walker, 1853)

e0038990_2163229.gif

体長:約30mm/開張:約70mm
出現期:5月~9月
分布:本州・四国・九州
写真は♀

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.75km 右岸河川敷 2006.07.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 31 July 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-31 00:00 | | Trackback | Comments(2)