タグ:イネ科 ( 7 ) タグの人気記事
チヂミザサ(縮み笹)
 チヂミザサ(縮み笹)は、イネ科チヂミザサ属の1年草です。世界に広く分布します。日本では全国に分布する在来種です。名の由来は、笹の葉に似ているが波打って縮んでいるように見える事から。中国名は、求米草。英名は、wavy-leaf basket grass。

 イネ科(Poaceae Barnhart (1895))は、世界に約600属9500種以上が分布する規模の大きな科で、野生種は日本に700種程が知られています。チヂミザサ属(Oplismenus P.Beauv. (1810))は、世界に10数種が分布します。

 チヂミザサ(縮み笹)は2変種に分類されます。花序軸や葉鞘に開出する毛が多いのがケチヂミザサ(毛縮み笹)で、少ないものはコチヂミザサ(小縮み笹)です。

 山地の林縁に自生します。茎は細く中空で、枝分かれしながら節から根を出して横に這います。途中で節から立ち上がり、高さ10~30cmになります。葉は互生します。狭卵形または広披針形で鋭頭、長さ3~7cm、幅10~15mm。葉の縁は波打ちます。基部は葉鞘となって茎を抱きます。

 花期は8月~9月。山地の林縁に自生します。茎の先に穂状花序をつけます。花序長は約10cm。花序枝から鱗状の苞葉である穎(えい)で狭卵形の小穂(しょうすい)を形成します。小穂は緑色の狭卵形で長さ3~3.8mm。総状花序が短縮した構造で、横向きにつけます。小穂の付け根にあるものが苞穎(ほうえい)、花を包むものが花穎(かえい)です。

 苞穎は2つあり、第一苞穎(外苞穎)は広披針形で長さ約3mm、第二苞穎(内苞穎)は狭卵形で長さ約2.5mmです。芒(のぎ)は第一苞穎に長さ12~20mm、第二苞穎に3~4mmがつきます。花穎は、外花頴(がいかえい)と内花頴(ないかえい)があります。外花頴は、約1.5mmの芒があり、葉腋部分に小花を持ち雄しべと雌しべがつきます。雄しべは花糸の先に薄黄色の葯を付け、雌しべは白や赤紫色のブラシ状です。内花頴は退化して不稔性。両性花で風媒花。

 果実が熟すと、苞頴に伸びる3本の芒に粘液を出し、動物に付着して種子の拡散をします。粘液を使って動物付着散布する仲間に、メナモミ、ヌマダイコン、ノブキ、タネツケバナ等があります。果実は穎果1)です。長さ約2mm。種子は楕円形。染色体数は、2n=54。

 仲間に、沖縄に多く分布し分枝して小穂をつけるエダウチチヂミザサ(枝打縮み笹)Oplismenus compositus (L.) P.Beauv. があります。

 ここで使用している用語は、他の呼び方もあるため参考に列挙します。
第一苞穎(fast Glume):外苞穎、外頴、第一護穎
第二苞穎(second Glume):内苞穎、内頴、第二護穎
外花頴(Lemma):護頴、花頴、外桴(がいふ)、外穎
内花頴(Palea):内頴、内桴(ないふ)

1)穎果(えいか):痩果のひとつで、乾燥した頴が種子と密着した果実。穀果とも。

Japanese common name :Tidimi-zasa
e0038990_11544353.jpg
ケチヂミザサ(毛縮み笹)
Oplismenus undulatifolius (Ard.) Roem. et Schult. var. undulatifolius f. undulatifolius
e0038990_11554284.jpg
コチヂミザサ(小縮み笹)
Oplismenus undulatifolius (Ard.) Roem. et Schult. var. undulatifolius f. japonicus (Steud.) T.Koyama ex W.T.Lee

e0038990_13121573.jpge0038990_11563801.jpg
叢生する花期のコチヂミザサ
e0038990_15453250.jpg
第一苞穎の芒は長く(12~20mm)、第二苞穎の芒は短い(3~4mm)

e0038990_16003799.jpge0038990_16004233.jpg
雄しべは花糸の先に薄黄色の葯を付け、雌しべは白や赤紫色のブラシ状

e0038990_16060073.jpge0038990_11590462.jpg
左:基部は葉鞘となって茎を抱く 右:笹に似た葉で、縁がうねる
e0038990_11583895.jpg
粘液を出してストックに付いた果実



チヂミザサ(縮み笹)
イネ科チヂミザサ属
学名:Oplismenus undulatifolius (Ard.) Roem. et Schult.

コチヂミザサ(小縮み笹)Oplismenus undulatifolius (Ard.) Roem. et Schult. var. undulatifolius f. japonicus (Steud.) T.Koyama ex W.T.Lee
ケチヂミザサ(毛縮み笹)Oplismenus undulatifolius (Ard.) Roem. et Schult. var. undulatifolius f. undulatifolius
花期:8月~10月 1年草 草丈:10~30cm 小穂長:3~3.8mm 果期:11月

e0038990_2163229.gife0038990_21123919.gif


【学名解説】
Oplismenus : hoplismos(芒のある)/チヂミザサ属
undulatifolius : うねった葉の
Ard. : Pietro Arduino (1728-1805)
Roem. : Johann Jacob Roemer (1763-1819)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Schult. : Josef August Schultes (1773-1831)
var. : varietas(変種)
f. : forma(品種)
japonicus : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Steud. : Ernst Gottlieb von Steudel (1783-1856)
T.Koyama : 小山鐵夫 Tetsuo Michael Koyama (1933- )
ex : ~による
W.T.Lee : W.T.Lee (col.1924- )
---
compositus : 枝分かれした
L. : Carl von Linne (1707-1778)
P.Beauv. : Ambroise Marie Francois Joseph Palisot de Beauvois (1752-1820)

撮影地:静岡県静岡市
ダイラボウ(Alt.561m) 2008.11.05
高山(牛ヶ峰 Alt.717m) 2014.09.23
安倍城跡(Alt.435m) 2014.09.26, 2015.09.11, 09.15, 09.23, 09.28
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 11 September 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2017-09-11 00:00 | ひっつき虫 | Trackback | Comments(0)
チカラシバ(力芝)
 チカラシバ(力芝)は、東アジアが原産です。オーストラリア、北アメリカには帰化しています。日本では、北海道から沖縄までの全土に分布します。根の由来は、根が張って引き抜く時に力がいる事から。別名のミチシバ(路芝)は、道端に生える事から。英名は、Chinese fountain grass。中国名は、狼尾草。

 イネ科(Gramineae Juss. (1789))は、世界のほぼ全域に約600属10000種が分布します。チカラシバ属(Pennisetum L.C.Richard ex Persoon, 1805)は、熱帯と亜熱帯を中心に約130種が分布します。

 根茎が発達して叢生し、株を形成します。茎は直立して、高さ50~80cmになります。扁平な葉鞘があります。葉は根生し、長さ30~70cm、幅4~7mmの線形で葉質は硬くざらつきます。花期は、8月~11月頃。軸の先に、長さ10~20cm、幅約2cmの円柱状花序を出します。小穂(しょうすい)は長さ7~8mmの披針形で、小花を2個付けます。2つの苞頴1)(ほうえい)があり、第1苞頴は退化して極小さく、第2苞頴は小穂の半分の長さで3~4mm。基部には総苞片が変化した、暗紫色で長さ1~3cmの剛毛(芒=のぎ)があり、熟すと小穂と共に脱落します。花序下部に付く小花は雌しべが退化した雄しべ3個の雄花、花序上部の小花は両生花で結実します。染色体数は、2n=18。

 果実は、複数の心皮を持ち1つの種子を含む頴果(えいか|caryopsis)です。先端に剛毛があり、動物に取り付き散布されます。チカラシバの頴果は、発芽能力が高く、20~30℃での高温状態では、発芽率と発芽速度はきわめて大きくなります。

 近縁種に、小穂基部の剛毛が淡緑色であるアオチカラシバ(青力芝)Pennisetum alopeculoides f. viridescens (Miq.) Ohwi、赤味を帯びたベニチカラシバ(紅力芝)Pennisetum alopeculoides f. erythrochaetum Ohwi、があります。《f.:forma(品種)》

 1)苞頴(ほうえい)sterile glume:雌しべや雄しべを覆っているものを頴(えい)glumeと言う。イネ科では、基部から順に第1苞頴、第2苞頴の一対がある。

Japanese common name : Tikara-siba
e0038990_18364948.jpg
Pennisetum alopeculoides (L.) Spreng.

e0038990_1837278.jpge0038990_1837129.jpg
左:全体 右:根 2006.10.13
e0038990_1837258.jpg
アオチカラシバ(青力芝)
Pennisetum alopeculoides f. viridescens (Miq.) Ohwi


チカラシバ(力芝)
別名:ミチシバ(路芝)
イネ科チカラシバ属
学名:Pennisetum alopeculoides (L.) Spreng.
花期:8月~11月 多年草 草丈:50~80cm 花穂長:10cm~20cm 小穂長:7~8mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Pennisetum : penna(羽毛)+seta(刺毛)/チカラシバ属
alopeculoides : Alopecurus(alopex(狐)+oura(尾))+oides(類する)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Spreng : Christian Konrad (Conrad) Sprengel (1750-1816)
---
f. : forma(品種)
viridescens : 淡緑色の
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
Ohwi : 大井次三郎 Jisaburo Ohwi (1905-1977)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km左岸河川敷 2006.09.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

22 November 2006
Last modified: 07 October 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-22 00:00 | | Trackback | Comments(2)
コバンソウ(小判草)
 コバンソウ(小判草)は、イネ科コバンソウ属の1年草です。ヨーロッパ地中海沿岸地方が原産で、アジア、アフリカ、オセアニア、南北アメリカの温帯地域に分布します。日本へは明治時代初期に園芸用途として渡来しました。逸出し、1884年(明治17年)に野生化の報告がある帰化植物です。本州以西に分布します。名の由来は、小穂の形と熟した時の色具合から小判に例えたものです。別名の俵麦は、同様に小穂を麦の俵に見立てたものです。英名は、Big quaking grass、あるいは Nodding-isabelです。どちらも風に揺れる事に由来した名前です。

 イネ科(Gramineae Juss. (1789))植物は世界に約600属9500種以上が分布する規模の大きな科で、野生種は日本に700種程が知られています。コバンソウ属(Briza L. (1753))は世界で約30種があり、国内に在来種はありません。

 土壌の種類を選ばず、日当たりの良い場所を好みます。茎は細く無毛で、叢生するか1本で直立し、草丈30~60cmになります。葉は互生します。5~12cmの線状披針形で、基部は葉が巻き付いて茎様に見える葉鞘(ようしょう)となり、赤紅色を帯びます。

 花期は5月から9月頃。茎頂に円錐状花序を出します。長い糸状の柄の先に、1~2cmの偏平した卵状楕円形の小穂(しょうすい)を垂れ下げます。小穂の一番下の2枚は苞が変化した苞穎(ほうえい)です。下から第一苞穎、第二苞穎と呼びます。花びらは退化し、突起状のりん皮になっています。重なり合った鱗片が開き、雄しべ3本、雌しべ1本を出します。雌しべ先端は2裂して羽毛状になります。

 小穂は、初めは淡緑色ですが、熟すと黄褐色になります。両性花です。種子は複数の心皮を持ち1つの種子を含む頴果(えいか|caryopsis)です。風や雨を利用する風媒花で、動物等によっても伝播されます。染色体数は、2n=14。

 植物分類上は稲よりも小麦に近い種と言われています。園芸用途としてドライフラワーに使われます。類似種に、別名スズガヤ(鈴萱)とも呼ばれ、小さな三角状卵形の小穂をつけるヒメコバンソウ(姫小判草)Briza minor L.があります。

Japanese common name : Koban-sou
e0038990_11413112.jpg
Briza maxima L.


コバンソウ(小判草)
別名:タワラムギ(俵麦)
イネ科コバンソウ属
学名:Briza maxima L.
花期:5月~9月 1年草 草丈:30~60cm 小穂:1~2cm

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Briza : ライムギからの転用/コバンソウ属
maxima : maximos(最大の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.5km 右岸河川敷 2006.05.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

12 May 2006
Last modified: 18 April 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-05-12 00:00 | | Trackback | Comments(0)
スズメノカタビラ(雀の帷子)
 スズメノカタビラ(雀の帷子)は、イネ科イチゴツナギ属の1~2年草です。世界に広く分布し、日本でも全国で見られる史前帰化植物1)です。名の由来は、雀は小さいを表す接頭語で、帷子は裏地のない一重の着物の事であり、合わせて、小さな着物に見立てたもの。中国名は、早熟禾(zǎoshúhé)。

 イネ科(Poaceae Barnhart (1895))は、世界に約600属9500種以上が分布する規模の大きな科で、野生種は日本に700種程が知られています。イチゴツナギ属(Poa L. (1753))[ナガハグサ属]は世界で数100種があり、日本では約20種の野生化が確認されています。

 スズメノカタビラの仲間は、あらゆる所に進出していて、南極大陸でも確認2)されています。10~25cmの高さで株状になり、根は髭根で、浅くても抜きにくく、草取り作業では手こずらされます。葉は、長さ4~10cm、幅2~3mmの線形で先が尖ります。暖地では冬の間も花が咲きます。4~5cm程の円錐状の花序をつけ、3~5mmの小穂(しょうすい)に卵形で淡緑色の花(穎花)をつけます。護穎(ごえい)と内穎(ないえい)に包まれて雄しべ3個と雌しべがあります。風媒花。種子で繁殖します。染色体数は、2n=4x=28。

 畑では代表的な害草とされ、ゴルフ場では、その駆除に翻弄される程の繁殖力を持ちます。防除のために細菌を使ったりする研究が進められているほどです。もしこれが人に対して有用なものであれば、いとも簡単に手に入る事になるのですが、利用が見つからず残念な事です。類似種にナガハグサ(長葉草)があります。

 1)帰化植物は大別すると次のように分けられます。自然帰化植物、逸出帰化植物、仮住帰化植物、予備帰化植物、史前帰化植物です。自然帰化植物は、気が付かない内に侵入してきて帰化したもの。逸出帰化植物は人為的帰化植物とも言われ、有用植物が栽培状態から脱して野生化したもの。仮住帰化植物は、侵入後発芽に成功するものの気候風土になじまず短期間の内に消滅するもの。予備帰化植物は準帰化植物とも言われ、一部地域に帰化したものの広域には拡大していないもの。史前帰化植物は、有史以前に稲作技術に伴って伝播してきたもので、文献などの記録が無い植物群の事です。

 2) 南極の昭和基地、南25kmの岩場に生育が確認されたのは、オオスズメノカタビラ(大雀の帷子)Poa trivialis L です。1995年の第36次観測隊が発見し、2006年にも第47次観測隊が14本を確認。内3本は枯れていて、残り7本は成育中です。

Japanese common name : Suzume-no-Katabira
e0038990_1836596.jpg
Poa annua L.

e0038990_18363516.jpge0038990_18364792.jpg
護穎(ごえい)と内穎(ないえい)に包まれて雄しべと雌しべがある


スズメノカタビラ(雀の帷子)
イネ科イチゴツナギ属
学名:Poa annua L.
花期:3月~11月 1~2年草 草丈:10~25cm 小穂:3~5mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Poa : paein(草) に基づく/イチゴツナギ属(ナガハグサ属)
annua : annuus(一年生の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
内牧川(安倍川水系) 2006.02.02
葵区西ヶ谷 2014.04.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

4 February 2006
Last modified: 23 April 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-02-04 00:00 | | Trackback | Comments(3)
キンエノコロ(金狗尾)
 秋の風情を醸し出すエノコログサの仲間は幾つかあります。エノコログサ(狗尾草)、アキノエノコログサ(秋の狗尾草)、キンエノコロ(金狗尾)です。キンエノコロと思いながら、写真を見て花穂(かすい)の垂れ下がり方が気になりはじめました。その時に採取してくれば問題は無かったのです。再度確認に出かける事になりました。

 撮影地点へ行くと、そこにはエノコログサの形跡がありません。草刈りされたのかと驚きました。しばらくしてから撮影ポイントが若干ずれていた事に気が付き、無事探し当てる事ができました。

 草丈の実測をしました。86cmありました。色からしてキンエノコロだと思ったのですが、花穂が垂れ下がるのはアキノエノコログサです。二つを比べてみると、アキノエノコログサの花穂のほうが大きく、比べものにならないほど垂れて湾曲しています。葉は似たような長さでしたが、幅がアキノエノコログサのほうが広いのが明らかです。面白い事に、葉表を撫でると、どちらも付け根方向に滑りません。細かな逆毛があるようです。

 キンエノコロで良かったようです。逆光で撮影すると、よく分からなくなる事があるので、確認を怠らないようにする必要がありまが、その失敗例でした。エノコログサに似ていますが、枝分かれが少なく、花穂には黄金色の剛毛が密生しています。花穂の向きは、ほぼ直立か湾曲が僅かにある程度です。

 近くにはチカラシバ(力芝)も咲いていました。チカラシバは形状は似ていますがイネ科チカラシバ属です。採取してきた幾つかを眺め、小穂を接眼鏡で観察するなどしました。ありふれたエノコログサの仲間ですが、ずいぶんと楽しめました。それにしても気温が下がって肌寒くなっているこの頃です。急に秋が来た感じがします。

 類似種に、コツブキンエノコロ(小粒金狗尾)Setaria pallidefusca (Schumach.) Stapf et C.E.Hubb. があります。

【イネ科】
参考:スズメノカタビラ(雀の帷子) ジュズダマ(数珠玉)

Japanese common name : Kin-enokoro
e0038990_10531317.jpg
Setaria pumila (Poir.) Roem. et Schult.


キンエノコロ(金狗尾)
イネ科エノコログサ属
学名:Setaria pumila (Poir.) Roem. et Schult.
synonym : Setaria glauca (L.) P.Beauv.
花期:8月~10月 1年草 草丈:50~90cm 花穂長:3~10cm 花径:2~3mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Setaria : seta(剛毛)/エノコログサ属
pumila : pumilus(小さい)
Poir. : Jean Louis Marie Poiret (1755-1834)
Roem. : Johann Jacob Roemer (1763-1819)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Schult. : Josef August Schultes (1773-1831)
---
glauca : glaucus(白粉を被ったような)
L. : Carl von Linne(1707-1778)
P.Beauv. : Ambroise Marie Francois Joseph Palisot de Beauvois(1752-1820)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から5.75km 右岸河川敷 2005.09.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

28 September 2005
Last modified: 24 June 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-09-28 00:00 | | Trackback | Comments(4)
ジュズダマ(数珠玉)
  ジュズダマに花が咲いていました。旨く写らなかったので再度撮影に出かけようと思っています。昨年のこと、このジュズダマの実を採ってきたら、小学生の女の子がビーズ玉代わりに使うと言ってもらってくれました。首飾りを作ったようです。

 7月~9月にかけて至るところで見られるジュズダマは、実はヨブと深い関係にある事が分かります。私はジュズダマを見る毎に、苦難の人ヨブを思い起こします。

 ジュズダマ(数珠玉)、別名トウムギ(唐麦)は、学名をCoix lacryma-jobi(コイクス・ラクリマヨビ)と言います。このラテン語は「ジュズダマ属・ヨブの涙」となります。ヨブ記16章20節に「わたしのために執り成す方、わたしの友、神を仰いでわたしの目は涙を流す」(新共同訳)とあります。果実の形状を涙に見立てたものです。対して日本では数珠と見立てます。英名は「Job's tears」。トケイソウ(時計草)も日本とは意味合いがずいぶんと変ります。それぞれの国の歴史を背景に、見立ての発想が変るのは面白いところです。

変種に次の2種があります。
オニジュズダマ(鬼数珠玉):Coix lacryma-jobi L. var. maxima Makino
ナガミノジュズダマ(長実の数珠玉):Coix lacryma-jobi L. var. stenocarpa Stapf

【イネ科】参考:スズメノカタビラ(雀の帷子) キンエノコロ(金狗尾)

参考リンク : ヨブ物語

Japanese common name : Juzu-dama
e0038990_10333069.jpg
Coix lacryma-jobi L.
e0038990_10334457.jpg
雌花


ジュズダマ(数珠玉)
別名:トウムギ(唐麦)
イネ科ジュズダマ属
学名:Coix lacryma-jobi L.
花期:7月~9月 多年草 草丈:100~200cm 花径:3~6mm 果長:約9mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
coix : ギリシャ古名coix(シュロ)/ジュズダマ属
lacryma-jobi : ヨブの涙
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
var. : varietas(変種)
maxima : maximus(最大の)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
---
stenocarpa : stenocarpus(幅の狭い果実の)
Stapf : Otto Stapf (1857-1933)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.75km 左岸河川敷 2005.08.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 09 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-09 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トウモロコシ(玉蜀黍)
 藁科川土手に野草を探していると、水田に手作業でイネを植えている農家の方が見えました。ぬかるみに入っての作業は重労働です。腰を曲げたままなので、時々背中をまっすぐにする動作が入ります。昔からの懐かしい風景です。

 畑には作物が育っています。トウモロコシの花が咲いていました。上部に見えているのは雄花です。南アメリカ原産です。

Japanese common name : Tou-morokosi
e0038990_18533343.jpg
Zea mays L.


トウモロコシ(玉蜀黍)
イネ科トウモロコシ属
学名:Zea mays L.
花期:6~9月 1年草 草丈:100~250cm 花柱:~50cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Zea : コムギの種に対するギリシャ古名/トウモロコシ属
mays : 南米名
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
葵区牧ヶ谷(畑地) 2005.06.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 17 June 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-17 00:00 | | Trackback | Comments(0)