タグ:イラクサ科 ( 2 ) タグの人気記事
カテンソウ(花点草)
 カテンソウ(花点草)は、イラクサ科カテンソウ属の多年草です。日本、中国、韓国、台湾に分布します。日本では、本州、四国、九州に分布します。名の由来は、不明。点のような小さな目立たない花を咲かせる事からとの説がありまが、中国語では異なります。中国名は、花點草(huā diǎn cǎo)。

 イラクサ科(Urticaceae Juss. (1789))は、熱帯から温帯にかけて約47属1300種、日本に11属約40種があります。カテンソウ属(Nanocnide Blume (1856))は、3(2)種が分布します。

 山野の木陰に自生します。匍匐枝で繁殖します。草丈は、10~30cm。茎に白毛が散生します。葉は互生します。菱形状卵形で、長さと幅は1~3cm。鋸歯があります。葉柄は1~5cm。花期は、4月から5月。雄花序は茎先の葉腋から集散花序を出します。約4cmの花柄の先に花被片5個の小さな花をつけます。

 雄しべ5個は丸まっていて、開花時に放射状に1本づつ勢いよく広がり、花粉を散布します。雌花序は葉腋に固まってつきます。柄が無く、花被片4個で淡紅色。雌雄同株(希に異株)の風媒花。果実は痩果です。長さ約1.5mm。花被に包まれ、宿存萼があり、種子1つを含みます。

 日本に分布するカテンソウ属は次の2種を含みます。南西諸島に分布する、シマカテンソウ(島花点草)Nanocnide lobata Wedd. は、別名ヤエヤマカテンソウ(八重山花点草)で知られています。鹿児島県に分布する、トウカテンソウ(唐花点草)Nanocnide pilosa Migo [絶滅危惧I類]は、中国名で毛花點草。シマカテンソウと同一種との見解があります。

Japanese common name : Katen-sou
e0038990_11532746.jpg
Nanocnide japonica Blume
e0038990_2153496.jpg
叢生するカテンソウ


カテンソウ(花点草)
別名:ヒシバカキドオシ(菱葉籬通)
イラクサ科カテンソウ属
学名:Nanocnide japonica Blume
花期:4月~5月 多年草 草丈:10~30cm 花径:2~3mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Nanocnide : nannos(矮小)+cnide(イラクサ)/カテンソウ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Blume : Carl Ludwig Blume (1789-1862)

撮影地:静岡県静岡市
葵区福田ヶ谷 2011.04.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 16 February 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2017-02-16 00:00 | | Trackback | Comments(0)
カラムシ(茎蒸)
 カラムシ(茎蒸)は、イラクサ科カラムシ属の多年草です。東南アジアに分布し、日本では本州から九州に分布します。史前帰化植物です。日本書紀の時代から知られていて、「紵」と記載されています。239年の魏志倭人伝には「苧麻」と記載されています。よって、古来から重要な繊維原料として栽培されていた事が分かります。

 カラとは、幹や茎の事で、昔、これを蒸して皮を剥がし、繊維を採った事により名前が付けられたと言われています。実際には「唐苧」で、朝鮮からを意味する「唐」と朝鮮語のmosi(苧)ではないかとの説が有力です。別名のマオ(苧麻)は、カラムシの麻との意味で、アサ(麻)から採った麻糸と区別するための名称です。中国名は伏毛苧麻。

 イラクサ科(Urticaceae Juss. (1789)) は、約54属2600種が分布し、日本には12属約40種があります。カラムシ属(Boehmeria N.J.Jacquin (1760))は東南アジアに約80種が分布します。

 木質の根茎があります。茎には伏毛があり、草丈は1~2mになります。カラムシ属のほとんどの葉は対生ですが、本種は互生します。広卵形で鋸歯があります。葉裏は、白綿毛を密生させるので白く見えます。白く見えないものをアオカラムシ(青茎蒸)と呼び、変種として区別します。葉腋から円錐状花序を出します。雌雄同株で、雄花序は下の葉腋に、雌花序は上に付きます。雄花の花粉が熟すと飛び散って上の雌花に付く仕組みの、風媒花です。果実は、痩果です。染色体数は、n=14。

参考:ラミーカミキリ(Ramie髪切)

Japanese common name : Karamusi
e0038990_2265496.jpg
Boehmeria nivea (L.) Gaudich. var. concolor Makino f. nipononivea (Koidz.) Kitam. ex H.Ohba


カラムシ(茎蒸)
別名:マオ(苧麻)
イラクサ科カラムシ属
学名:Boehmeria nivea (L.) Gaudich. var. concolor Makino f. nipononivea (Koidz.) Kitam. ex H.Ohba
synonym : Boehmeria nipononivea Koidz.
花期:7月~10月 多年草 草丈:100~200cm 花径:3~10mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Boehmeria : Georg Rudolph Boehmer (1723~1803)の名に因む/カラムシ属
nivea : niveus(雪白色の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Gaudich. : Charles Gaudichaud-Beaupre (1789-1854)
var. : varietas(変種)
concolor : con(一緒)+color(色)/同色
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
f. : forma(品種)
nipononivea : nipono(日本の)+niveus(雪白色の)
Koidz. : 小泉源一 Gen'ichi Koidzumi (1883-1953)
Kitam. : 北村四郎 Shirō Kitamura (1906-2002)
ex : ~による
H.Ohba : 大場秀章 Hideaki Ohba (1943-)
---
※アオカラムシ(青茎蒸)Boehmeria nivea (L.) Gaudich. var. concolor Makino

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から12.50km 左岸河川敷 2005.0930
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

23 November 2005, 21 June 2008
Last modified: 03 July 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-23 00:00 | | Trackback | Comments(0)