タグ:ウリ科 ( 5 ) タグの人気記事
ゴキヅル(合器蔓)
 ゴキヅル(合器蔓)は、ウリ科ゴキヅル属の蔓性1年草です。日本、朝鮮、中国、東アジアに分布します。日本では、本州、四国、九州に分布する在来種です。地域によっては、絶滅危惧I類、絶滅危惧II類、準絶滅危惧種に指定されています。名の由来は、果実が蓋付きの椀である合器(ごうき)のようである事から。中国名は、盒子草(hé zi cǎo)。

 ウリ科(Cucurbitaceae Juss. (1789))は、15連、約95属942種1)以上が分布します。日本には、5属10種が自生分布し、栽培種及び帰化種は10属11種があります。ゴキヅル属(Actinostemma Griff. (1841)) は、日本、朝鮮、中国、インドシナに3種があります。

 日当たりの良い水辺や湿った草地で自生します。蔓性で、葉腋から糸状の巻きひげを出し、他の物に絡みついて覆い被さるように繁殖します。茎は細く、稜があります。上部の茎は径約1mm、巻きひげは、径約0.1mm。巻きひげは托葉の変形と考えられています。茎の稜や萼片、花柄、葉脈、葉縁、葉柄に白色の短毛が密生します。葉は互生します。濃緑色で、長さ5〜10cm、幅2.5〜7cmの三角状披針形、広心形、狭長心形と形状に変異の幅があり、鋭頭。

 花期は、7月から11月頃。総状花序を出し、葉腋から糸状の花柄の先に白色の花をつけます。萼と花冠は同じ形で5全裂します。裂片は披針形で先端は細く尖り、尾状に伸びて放射状に広がります。萼片と花被片の中央に縦筋があります。顎片と花被片が交互に重なり並ぶので10枚の花びらに見えます。花径は約7mm。

 雌雄異花同株。雄花は、5個の雄しべがあります。雌花は、5個の退化雄しべと1個の雌しべがあり、子房は緑色。雌花と雄花の見分けは容易で、花冠裏側の基部に子房があるかどうかで判別できます。雄花は花柄が顎につながりますが、雌花は花柄が子房につながり、その上に顎があります。果期には、雄花、雌花とも顎と花冠を落とします。

 果実は、蓋果2)です。長さ約20mm、幅約12mmのドングリに似た長楕円形の果実で、下垂します。上部(付け根部分)が緑色で疣状突起があり、下部は淡緑色。熟すと果実中央付近が横に割れて上部は残り、下部の蓋にあたる果皮と2個の種子を落とします。まれに3個の種子があります。種子は、黒褐色のしわがある扁平卵形で長さ11~13mm、幅8~9mm。落下後は水に浮きます。種子繁殖します。染色体数は、2n=66。

 ゴキヅルの種子及び地上部には、サポニン成分中にトリテルペノイド配糖体(Triterpenoid glycosides, Dammarane型、Baccharane型、Oleanane型)が含まれ3)、種子には、オレアノール酸(Oleanolic Acid)とギプソゲニン配糖体(Gypsogenin glycosides)が含まれます4)。中国では利尿剤等として用いられてきました。

1)Phylogenetic relationships in the order Cucurbitales and a new classification of the gourd family (Cucurbitaceae). Hanno Schaefer & Susanne S. Renner (TAXON Volume 60, Number 1, February 2011: pp122-138)
2)蓋果(がいか、pyxidium):蒴果の一種で、熟すと果皮が横に裂開する果実。上部が蓋のように取れて種子を放出し、下部が椀状に残る。オオバコやスベリヒユなどがある。
3)ウリ科植物ゴキヅルActinostemma lobatum MAXIM.の成分研究 地上部に含まれるトリテルペノイド配糖体の構造. 藤岡 稔大(福岡大薬)、他. release date:2017.08.18
4)Studies on the Constituents of Actinostemma lobatum MAXIM. VI. Structures of Lobatosides I, J and K, Oleanolic Acid and Gypsogenin Glycosides Isolated from the Seed : Chemical and Pharmaceutical Bulletin Vol. 40 (1992) No. 5 P 1105-1109 : Toshihiro FUJIOKA,etc. 2008

Japanese common name : Goki-duru
e0038990_03152340.jpg
Actinostemma tenerum Griff.

e0038990_03193532.jpge0038990_03223385.jpg
蔓は巻きひげで立ち上がる。花冠は顎5花被片5で放射状に開く。

e0038990_16550256.jpge0038990_16552257.jpg
<雄花>                <雌花>

e0038990_12141583.jpge0038990_12142465.jpg
<雌花> 花冠の中央が緑色の子房。花冠裏側の子房は疣状突起がある

e0038990_17572614.jpge0038990_03271351.jpg
葉は互生し、角状披針形、あるいは広心形や狭長心形で、形状には変異がある

e0038990_03271637.jpge0038990_03303547.jpg
葉裏の葉脈は浮き出る

e0038990_03334738.jpge0038990_03335042.jpg
茎の稜や萼片、花柄、葉脈、葉縁、葉柄に白色の短毛が密生

e0038990_03360326.jpge0038990_09531009.jpg
果実は蓋果。熟すと果実中央付近が横に割れる。種子が2個入っている。
e0038990_03385039.jpg
種子表面にはしわがある。長さ約13mm。落下して水に浮く。


ゴキヅル(合器蔓)
別名:モミジバゴキヅル(紅葉葉合器蔓)、ツタバゴキヅル(蔦葉合器蔓)
ウリ科ゴキヅル属
学名:Actinostemma tenerum Griff.
synonym : Actinostemma lobatum (Maxim.) Maxim. ex Franch. et Sav. var. racemosum (Maxim.) Makino
花期:7月~11月 1年草 草丈:蔓性(約2m) 花径:約7mm 果実長:約20mm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Actinostemma : akti(放射線)+stamma(冠)/ゴキヅル属
tenerum : 細い
Griff. : William Griffith (1810-1845)
---
synonym : 同物異名
lobatum : lobatus(浅裂した)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Sav. : Paul Amedee Ludovic Savatier (1830-1891)
var. : varietas(変種)
racemosum : racemosus(総状花序をつけた)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県静岡市
麻機遊水地第3工区 2017.09.23, 09.24, 09.25, 09.29, 10.04
麻機遊水地第4工区 2017.09.29, 10.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 9 October 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2017-10-09 18:00 | 水辺の植物 | Trackback | Comments(0)
ハナユ(花柚)/ヤーコン(yacon)/ハヤトウリ(隼人瓜)
 新年にあたり、皆様のご健勝とご多幸をお祈り致します。
 本年もよろしくお願い致します。


 【写真の説明】
 手前左は、ハナユ(花柚)です。中国が原産の低木です。ユズ(柚子)の一種で、大きさはウンシュウミカン(温州蜜柑)ほどです。ミカン科ミカン属で、学名は、Citrus hanayu Hort. ex Shirai。我が家では、冬至に風呂へ入れました。

 手前右は、ヤーコン(yacon)です。キク科スマランサス(旧ポリムニア)属で、学名は、Smallanthus sonchifolius (Poeppig) H.Rob.。キクイモ(菊芋)に近縁です。4cm程のヒマワリのような黄色い小さな花を咲かせます。南アメリカ原産の多年草で、塊根を食用とします。フラクトオリゴ糖(fructo oligosaccharide)が多く含まれています。生食ができ、和物・炒物・揚物・煮物などに使われます。塊茎は繁殖に利用されます。1985(昭和60)年頃に移入されたと言われています。染色体数は、2n=58。

 中央奥は、ハヤトウリ(隼人瓜)です。別名はセンナリウリ(千成瓜)で、たくさんの実が収穫できる事から。中国名は佛手瓜(fe shou gua)で、縁起物として贈り物にされるそうです。原産地は熱帯アメリカで、1917(大正6)年に鹿児島に伝わり、そこから薩摩隼人に因んで名が付けられたとの事。ウリ科ハヤトウリ属で、学名はSechium edule (Jacq.) Sw.。雌雄同株の蔓性多年草で、種子は1個。漬物用途にすることが多いようです。

e0038990_949117.jpg
【上】ハヤトウリ(隼人瓜)
【左】ハナユ(花柚)  【右】ヤーコン(yacon)

 提供:静岡県立大学薬用植物園

ハナユ(花柚)
ミカン科ミカン属
学名:Citrus hanayu Hort. ex Shirai

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Citrus : kitron(箱)レモンの古名/ミカン属
hanayu : ハナユ(花柚)
Hort. : 分類学者が種として発表することを可能とする制度(Hortulanorum)
ex : ~による
Shirai : 白井光太郎 Mitsutaro Shirai (1863-1932)

ヤーコン(yacon)
キク科スマランサス属
学名:Smallanthus sonchifolius (Poeppig) H.Rob.
synonym : Polymnia sonchifolia Poeppig

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Smallanthus : Small(John Kunkel Small (1869-1938))+anthus(花)/スマランサス属
sonchifolius : ハチジョウナ属(Sonchus)のような葉(folius)の
Poeppig : Eduard Friedrich Poeppig (1798-1868)
H.Rob. : Harold E. Robinson (1932-)
---
Polymnia : polys(多い)+Mnium苔類(mnoos(柔らかくする))|ギリシャ神話の女神/ポリムニア属
sonchifolia : ハチジョウナ属(Sonchus)のような葉(folius)の

ハヤトウリ(隼人瓜)
ウリ科ハヤトウリ属
学名:Sechium edule (Jacq.) Sw.

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Sechium : sekos(垣根・囲い)/ハヤトウリ属
edule : edulis(食用の)
Jacq. : Nicolaus Joseph Baron von Jacquin (1727-1817)
Sw. : Olof Peter Swartz (1760-1818)

撮影地:静岡県静岡市
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

3 January 2007, 13 March 2015
Last modified: 19 October 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-01-03 00:00 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
スズメウリ(雀瓜)
 スズメウリ(雀瓜)は、ウリ科スズメウリ属の1年草です。日本の本州・四国・九州と韓国の済州島(Cheju Isl.)に分布する在来種です。名の由来は、ウリ科カラスウリ属のカラスウリ(烏瓜)に対して小さい事から。カラスやスズメは個体の大きさを示す事に使われます。雀の卵に似ているからという異説もあります。

 ウリ科(Cucurbitaceae Juss. (1789))は、15連、熱帯から亜熱帯にかけて約95属942種1)以上が分布します。日本には、5属10種が自生分布し、栽培種及び帰化種は10属11種があります。トウガン、スイカ、キュウリ、カボチャ、メロン、ヘチマ、ニガウリ等があります。科名は「カボチャ」の意味。スズメウリ属(Melothria L. (1753))のMeloはリンゴの語源が転じてメロンやウリの意味。最近、Zehneria (Endlicher, 1833)が使われ始めた。


 山野の、やや湿った所に自生します。茎は細く、蔓性で長く伸び、巻き鬚で他のものに絡みつきます。葉は互生します。柄があり、長さ3~6cm、幅4~8cmの卵円形から三角状卵心形で、基部は心臓形。浅く3裂する場合があります。葉質は薄く、縁は鋸歯状に浅く裂け、鋭頭。雌雄同株です。

 花期は8月から9月。雌花・雄花共に、葉腋から径5~7mmの淡黄色で深く5裂した花を単生します。枝先の雄花は総状花序に付く事があります。雄花の雄しべは3本で花托筒に合着します。雌花は蕾の時から楕円形の子房が目立ちます。子房下位。萼片は短い線形で5枚。

 果実は液果です。2~5cmの非常に細い柄があり、下垂します。球形か卵形で長さ1~2cm。初め緑色で、熟すと灰白色になります。種子は扁平で胚乳を欠き、長さ5~6mmで左右2列に並び、16個あります。蔓の先端が地中に潜り肥大した塊根を作って越冬することもあります。染色体数は、2n=22。

Japanese common name : Suzume-uri
e0038990_151956.jpg
Zehneria japonica (Thunb.) H.Y.Liu

e0038990_1514978.jpge0038990_15227.jpg
果実は液果。若い実は緑で、熟すと灰白色になる


スズメウリ(雀瓜)
ウリ科スズメウリ属
学名:Zehneria japonica (Thunb.) H.Y.Liu
synonym : Melothria japonica (Thunb.) Maxim. ex Cogn.
花期:8月~9月 1年草 草丈:100~500cm(蔓性) 花径:5~10mm 実径:1~2cm

e0038990_2163229.gif
【学名解説】
Zehneria : 植物画家 Joseph Zehner 氏の/スズメウリ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
H.Y.Liu : 劉和義 Ho-Yih Liu (1956- )
---
Melothria : 白いブドウを指した古名/スズメウリ属
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
ex : ~より (代わりに発表)
Cogn. : Celestin Alfred Cogniaux (1841-1916)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/内牧川上流 2006.10.30
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

8 November 2006
Last modified: 1 June 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-08 00:00 | | Trackback | Comments(2)
カラスウリ(烏瓜)-2
 カラスウリ(烏瓜)は、ウリ科カラスウリ属の多年草です。実は知っているのに、花を見た事がないと言う人は結構多いようです。花は、夏場の夕方から咲き始めるので、見る機会が限られるのだと思います。白いレースのような幻想的な花で、夜明け前には萎んでしまいます。

 対して、実は赤く熟れ、目立ちます。実の成り初めは緑色で縞模様があり、小型の瓜そっくりです。スズメウリ(雀瓜)に比べて、実が大きいのでカラスウリと名が付いています。カラスやスズメは大きさを表しています。強烈に苦くて食べられないそうですが、中を割って見ても食べる部分が無く、納豆状に種子が入っているだけです。それでも鳥は突く事があるそうです。

 種子はカマキリの頭のような形をしています。打ち出の小槌、米俵に乗った大福様と見方は色々で、財布の中に入れておく縁起物として使われたようです。別名のタマズサ(玉章)は、種子の形が結び文(手紙)に似るところから来ています。

 茎が膨れて捻れているのを見ることがありますが、カラスウリクキフクレフシ(烏瓜茎膨五倍子)で、ハエ目(双翅目)タマバエ科のウリウロコタマバエ(瓜鱗玉蠅)Lasioptera sp. の虫瘤です。

参考:カラスウリ(烏瓜)-1(花)

Japanese common name : Karasu-uri
e0038990_10283156.jpg
Trichosanthes cucumeroides (Ser.) Maxim. ex Franch. et Sav.
e0038990_10284730.jpg
実の中身
e0038990_1029752.jpg
カマキリの頭のような形をした種子

e0038990_10292127.jpge0038990_10293343.jpg
瓜に似た縞模様があり、熟す毎に色が変わり完熟すると縞模様はなくなる


カラスウリ(烏瓜)
別名:タマズサ(玉章)
ウリ科カラスウリ属
学名:Trichosanthes cucumeroides (Ser.) Maxim. ex Franch. et Sav.
花期:8月~9月 多年草 草丈:蔓性 花序径:2~10cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Trichosanthes : trichos(毛)+anthos(花)/カラスウリ属
cucumeroides : Cucumis(キュウリ属)に似た
Ser. : Nicolas Charles Seringe (1776-1858)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
ex : ~による
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Sav. : Paul Amedee Ludovic Savatier(1830-1891)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.25km/左岸河川敷 2005.11.15
大道山(Alt. 448m) 2015.10.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

27 November 2005, June 21, 2008
Last modified: 22 October 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-27 00:00 | | Trackback | Comments(6)
カラスウリ(烏瓜)-1
 カラスウリの蕾は、とてもこのような花を咲かせるようには見えません。日没から咲き始めます。蕾が割れてきた状態から短い時間に開きます。持ち合わせていた携帯用小型蛍光灯を使って撮影しました。闇に浮かび神秘的な風情を醸し出します。白髪の妖怪に見えなくもありません。

 家族に見せてあげようと、採取して帰りました。食卓の小さな花瓶に挿しておきました。次の夜、いつの間にか、もう一花が咲いていました。でも、咲く時を見ていませんでした。そこで新たに採取して持ち帰り、じっくりと眺める事にしました。優雅な時間の流れを味わう事ができました。

参考:カラスウリ(烏瓜)-2

Japanese common name : Karasu-uri
e0038990_102017.jpg
Trichosanthes cucumeroides (Ser.) Maxim. ex Franch. et Sav.


カラスウリ(烏瓜)
別名:タマズサ(玉章)
ウリ科カラスウリ属
学名:Trichosanthes cucumeroides (Ser.) Maxim. ex Franch. et Sav.
花期:8月~9月 多年草 草丈:蔓性 花序径:2~10cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Trichosanthes : trichos(毛)+anthos(花)/カラスウリ属
cucumeroides : Cucumis(キュウリ属)に似た
Ser. : Nicolas Charles Seringe (1776-1858)
Maxim. : Carl Johann Maximowicz (1827-1891)
ex : ~による
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Sav. : Paul Amedee Ludovic Savatier(1830-1891)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から5.75km右岸 2005.07.28
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 8 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-08 00:00 | | Trackback(1) | Comments(0)