タグ:カメムシ目(半翅目) ( 17 ) タグの人気記事
アオバハゴロモ(青羽羽衣)
 アオバハゴロモ(青羽羽衣)は、アオバハゴロモ科アオバハゴロモ属の昆虫です。属名に「Geisha」と名が付けられています。別に何の芸も持ち合わせてはいませんが、属名に日本語が無意味に使われている例です。「芸者」を使ったのは、「芸者のように美しい」という意味合いなのでしょう。

 アオバハゴロモの成虫は、ちょっと見には蛾のようです。しかし、半翅目、つまりカメムシの仲間です。カメムシの仲間の特徴は、口が針状になっていることの他に、葉裏に隠れる性質があることです。驚かすと、堅い感じにピンと跳ね、羽ばたいて逃げます。その時、初めて蛾ではないと気が付きます。薄緑色に薄い紅色の縁取りがあり、美しいと思う人が多いようです。

 幼虫は様子が全く異なり、白い毛の埃のような綿状分泌物に覆われていています。綿のような汚れに見えて、虫とは思えないかもしれません。触ると飛び跳ねて逃げるので、生き物だと気が付きます。成虫は蛾のように、幼虫は汚れのように見える、ちょっと変わった生き物です。日当たりと風通しが悪い場所の枝などに一列に産卵します。卵で越冬し、5月頃に孵化します。卵、幼虫、成虫の段階を経て生長します。

 樹木の汁を吸う、吸汁性害虫とされています。実害はあまり無いようですが、群れをなす事があり、多発すると「スス病」を発生させます。幼虫の綿状分泌物が園芸植物に残ると美観を損ねます。

参考:ベッコウハゴロモ(鼈甲羽衣)

Japanese common name : Aoba-hagoromo
e0038990_15411362.jpg
Geisha distinctissima (Walker, 1858)
e0038990_15412627.jpg
アリさんとかくれんぼ
e0038990_15414264.jpg
白い綿状分泌物をまとった幼虫


アオバハゴロモ(青羽羽衣)
カメムシ目(半翅目)アオバハゴロモ科アオバハゴロモ属
学名:Geisha distinctissima (Walker, 1858)

e0038990_2163229.gif

体長:9~11mm
出現期:7月~10月(年1回)
分布:本州・四国・九州・沖縄
食草:ミカン類、クワ、イチジク、ナシ、ウメ、サクラ、キイチゴ、ヤブガラシ、フジ

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.5km 右岸河川敷 2005.09.20
葵区/2015.07.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

18 November 2005
Last modified: June 21 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-18 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ブチヒゲカメムシ(斑髭椿象)
 カメムシの仲間はシャイなので、すぐに葉裏に隠れてしまいます。昨日見つけたカメムシは、逃げながら液体を垂らしていました。カメムシが悪臭を放つ際、そこが密閉状態だと、カメムシ自身も死んでしまう事があるそうです。

 ブチヒゲカメムシ(斑髭椿象)は、カメムシ科の昆虫で、カメムシの仲間です。全体が赤褐色で、白っぽい逆三角形の小楯板が背中にあります。横腹と髭(触角)に白黒のブチ模様があるのが名の由来と思われます。プチ(petty)ヒゲと間違いそうで、もしその名前なら髭がたいそう短かく可愛かった事でしょう。

 稲の穂を食害し、斑点米にしてしまいます。大豆や綿、胡麻、牛蒡など11科36種の害虫とされています。針金状の口を突き刺し吸汁します。成虫のまま、落葉の間や常緑樹の茂みの間などで越冬します。幼虫は体長1.5~9mm程で、成虫に近い形をしています。繭(まゆ)を経ずに成虫になる不完全変態をします。冬暖かく、夏が暑いと発生が増えるようです。河原や沿岸地に多く見られます。

小楯板(しょうじゅんばん)
半翅目(はんしもく=カメムシ目)

参考:ナガメ(菜亀虫) ホシハラビロヘリカメムシ クモヘリカメムシ クサギカメムシ(臭木椿象)

Japanese common name : Putihige-kamemusi
e0038990_20355727.jpg
Dolycoris baccalum (Linnaeus, 1758)


ブチヒゲカメムシ(斑髭椿象)
カメムシ目(半翅目)カメムシ科
学名:Dolycoris baccalum (Linnaeus, 1758)

e0038990_2163229.gif

体長:10~14mm
出現期:4月~10月(年2~3回)
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:マメ科、キク科
英名:sloe bug

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から14km左岸土手 2005.08.05
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 22 June 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-10 00:00 | | Trackback | Comments(5)
ナガメ(菜亀)
 変わった模様のテントウムシに見えますが、カメムシの一種であるナガメ(菜亀)です。カメムシにしては綺麗な彩色(橙赤条斑)が施されています。菜の花につくカメムシなのでナガメという名が付いています。つまり、アブラナ科植物を食害する虫でもあります。また、カメムシなので、くさい臭いも発生させます。しかし、見ている分には可愛い感じがします。卵は、これまた変わった模様が付いています。

 近縁種にヒメナガメ(姫菜亀)Eurydema dominulus (Scopoli, 1763)がいます。模様が若干異なっています。数はナガメほど多くないようです。

参考:カメムシ科

Japanese common name : Nagame
e0038990_10282468.jpg
Eurydema rugosa Motschulsky, 1861

e0038990_10284983.jpge0038990_1029433.jpg
2006.04.18


ナガメ(菜亀)
カメムシ目(半翅目)カメムシ科
学名:Eurydema rugosa Motschulsky, 1861

体長:8~9mm
出現期:4月~10月
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:アブラナ科(イヌガラシ・タネツケバナ・ダイコン・カブ・キャベツ・菜の花)
英名:stink bug

e0038990_2163229.gif

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.25km 右岸河川敷 2005.10.27
安倍川/河口から9.00km 左岸河川敷 2006.04.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

02 November 2005
Last modified: 25 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-02 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ホシハラビロヘリカメムシ
 仕事の途中に確認したい事ができて短時間河川敷へ出向きました。そこに小学生の女の子が親に連れられて採取網を振り回していました。少し離れたところに、虫かごを持った女の子二人がいました。当然、昆虫採取だろうと思って「何か採れた?」と聞くと、意外な返事、「逃がしたの」。夏休みに採取した昆虫を逃がしてやったのでした。

 目の前に現れる昆虫を全て撮影しようとすると、これは大変な事です。遊んでくれる昆虫にはカメラを向ける事があります。ところが恥ずかしがって葉の裏に隠れたりするシャイな虫もいます。このホシハラビロヘリカメムシも、その内の一つ。かくれんぼに付き合ってからシャッターを切る事が多くなりました。相手がびっくりして飛び立つと、それ以上に私がびっくりするので、そのような虫は敬遠します。

 背中に小さな黒点模様二つがあるので名前に「ホシ」が付いているようです。しかしこの点模様も、緑色をした5齢幼体までは縦に点があり、成虫になってから横に並びます。色はシックで、落ち着いた装い。恐そうでもなく、臭いも他のカメムシより弱いそうです。私は、いじめた事がないので臭いの経験は未だにありません。葛の汁が好きなようです。似たカメムシにハラビロヘリカメムシ(Homoeocerus dilatatus Horvath, 1879)がいます。

参考:ナガメ(菜亀虫) クモヘリカメムシ ホシハラビロヘリカメムシ クサギカメムシ(臭木椿象)

Japanese common name : Hosi-harabiro-heri-kamemusi
e0038990_20381186.jpg
Homoeocerus unipunctatus (Thunberg, 1783)


ホシハラビロヘリカメムシ
カメムシ目(半翅目)ヘリカメムシ科
学名:Homoeocerus unipunctatus (Thunberg, 1783)

e0038990_2163229.gif

体長:12~15mm
出現期:4月~10月
食草:マメ科(クズ、フジ、メドハギ、ダイズ)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から10.75km 右岸河川敷 2005.09.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 17 September 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-09-17 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ツクツクボウシ(寒蜩)
 野草観察に出かけ、予定外の所で足を止める事はよくあります。限りある時間内で移動しなければならないのですが、仕事ではないので迷子気分を味わうのも楽しいものです。
そこで聴いたツクツクボウシの声。夏も終わりに近づいた事を教えてくれます。

 「ツクツクオーシ・ツクツクオーシ」という鳴き方は、他のセミに比べ大幅に変化に富んでいます。聴いていると、起承転結があり、音楽的とも言えます。体型はスマート。

 ツクツクボウシセミタケ(Cordyceps sinclairii Kobayasi)という冬虫夏草があります。バッカクキン科トウチュウカソウ属で、ツクツクボウシの終齢幼虫に寄生し、幼虫の頭部から発生します。幼虫だからといって油断できないのですね。

 8月25日、台風11号が静岡へ向かっています。雨の中、セミの声を聴きました。風雨が強まる頃、セミの声は聞こえなくなりました。

参考:クマゼミ(熊蝉) アブラゼミ(油蝉) セミの仲間

Japanese common name : Tukutuku-bousi
e0038990_1950549.jpg
Meimuna opalifera (Walker, 1850)


ツクツクボウシ(寒蜩)
カメムシ目(半翅目)セミ科ツクツクボウシ属
学名:Meimuna opalifera (Walker, 1850)

体長:43~46mm(翅端全長)/♂28~33mm、♀26~32mm
出現期:7月~10月
分布:北海道・本州・四国・九州

e0038990_2163229.gif

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9km右岸河川敷 2005.08.22
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 25 Augustl 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-25 00:00 | | Trackback | Comments(0)
アブラゼミ(油蝉)
 無線を楽しんでいるところに耳を引き裂くようなセミの声がしたことがありました。窓の網戸にへばりついて耳元で鳴かれてはたまりません。しかし毎年、夏が近づくにつれセミの声がいつ聞こえてくるかと気になります。セミの声がしない夏はあり得ないからです。

 木にとまっているセミを見つけました。鳴き声をメモしてから撮影しました。カナカナと聞こえます。しかしセミはアブラゼミ。違うセミの声をメモしたようで、これが不思議で、帰ってから首をひねりました。アブラゼミは卵で越冬し、幼虫は6年間土中にいて7年目に羽化して成虫になるそうで、昆虫としては結構長生きですね。

 ファーブル(Jean Henri Fabre 1823~1915)の実験で、大砲の音にセミが驚かなかった話があります。「別にびっくりした様子もなく、相変わらず鳴き続けている」。しかしセミにも耳(鏡膜)があり、聞き取る高さが異なっているのだと後に分かりました。セミの可聴範囲の周波数は1KHz~10KHzにあり、可聴周波数が人間(20Hz~20KHz)に比べて低い事が分かります。

 人間の可聴周波数が20KHzだと言っても、コンディションや年齢によって異なってきます。私が若かった時は20KHzが聞き取れたのですが、すぐに18KHzまでになり、今ではもっと狭まっている事は確かです。もしかしたらセミ並になっているかもしれません。

 ちなみに代表的なセミの鳴き声を簡略化して表すと……

ニイニイゼミ……チィー・チィー
クマゼミ…………シャア・シャア
コエゾゼミ………ギィー・ギィー
エゾゼミ…………ギィー・ギィー
ミンミンゼミ……ミーンミンミンミンミー
ヒグラシ…………カナカナ
エゾハルゼミ……ゲーキョーゲー・ケッケッ
ハルゼミ…………ムゼー・ムゼー
ヒメハルゼミ……ウィーン・ウィーン
ツクツクボウシ…オーシイツクツク
チッチゼミ………チッ・チッ・チッ
アブラゼミ………ジリ・ジリ

参考:クマゼミ(熊蝉) ツクツクボウシ(寒蜩) セミの仲間

Japanese common name : Abura-zemi
e0038990_19475051.jpg
Graptopsaltria nigrofuscata (Motschulsky, 1866)


アブラゼミ(油蝉)
カメムシ目(半翅目)セミ科アブラゼミ属
学名:Graptopsaltria nigrofuscata (Motschulsky, 1866)

e0038990_2163229.gif

体長:50~60mm(翅端全長)/32~40mm
出現期:7月~9月
分布:北海道・本州・四国・九州

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.25km右岸土手 2005.08.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 23 Augustl 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-23 00:00 | | Trackback | Comments(0)
クモヘリカメムシ(蜘蛛縁亀虫)
 私はカメムシの臭いを嗅いだ事がありません。どんなに臭いのか不明です。このカメムシは、いじめたりしなければ臭いを発生する事はないようです。是非手にとって臭いを嗅いで下さい。私は遠慮します。

 カメムシの仲間ではスリムで美形?です。しかし、農家にとっては天敵。イネを荒らし回るからです。稲の穂に口を差し込み養分を吸い取ってしまい、斑点米を作ってしまう悪者です。ですから、農家からの嫌われ度は多分100%。子供達からはどうでしょうか。小さくて遊び相手にはならないかもしれません。すぐに飛んで逃げてしまいます。

 植物と昆虫とは深い関係にあります。また、土壌に細菌がいなければ植物は発育しません。しかし何らかの関係でバランスが崩れると異常発生し、生物体系が崩れる時があります。人間だって、その生物体系に漏れません。

参考:ナガメ(菜亀虫)ホシハラビロヘリカメムシブチヒゲカメムシ(斑髭椿象)クサギカメムシ(臭木椿象)

Japanese common name : Kumo-heri-kamemusi
e0038990_20431024.jpg
Leptocorisa chinensis (Dallas, 1852)


クモヘリカメムシ(蜘蛛縁亀虫)
カメムシ目(半翅目)ホソヘリカメムシ科
学名:Leptocorisa chinensis (Dallas, 1852)

体長:15~17mm
出現期:5月~10月
分布:本州・四国・九州・沖縄
食草:エノコログサ、メヒジワ等のイネ科植物

撮影地:安倍川/河口から21km 左岸土手 2005.07.07

Last modified: 8 Julyl 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-08 00:00 | | Trackback | Comments(0)