タグ:カメムシ科 ( 5 ) タグの人気記事
アカスジカメムシ(赤筋椿象)
 アカスジカメムシ(赤筋椿象)は、カメムシ科の昆虫です。アカスジカメムシ亜科には4属7種があり、Graphosomaは1種があります。例年に比べ出会う機会が多くなった昆虫の1つです。北海道から沖縄にかけての広い範囲に分布しています。

 黒地に赤い筋が縦方向に走っている派手な色彩のカメムシです。腹側は赤地に黒色の多数の斑点模様があります。赤黒のどちらが地色なのかは悩むところです。この模様を美しいと思うか不気味と思うかは個人差があるかもしれません。一般的に派手な彩色は警戒色であって、他の者を寄せ付けない効果があります。

 体長は、10~12mm。一見すると、翅が他のカメムシと異なって見えます。それは三角形の大きな小楯板が発達しているので、1枚しかないように見えるからです。前翅と後翅は共に小楯板の下に隠れています。臭いの元を出す臭腺は、幼虫では背面に、成虫では腹面に開口します。

 幼虫から蛹を経ずに成虫になる、不完全変態をします。卵殻には点刻がなく, 明瞭で細かい網状構造があり多数の小刺があります(小林)1)。植食性で、セリ科の植物を吸汁し、ニンジンも食害します。植物防疫法施行規則にある「検疫有害動植物」の1つにも挙げられています。
★ ★ ★

 花には虫がつきものです。受粉には、風媒・水媒・動物媒(虫媒、鳥媒)等の媒体があります。受粉に関係していなくても、虫えい(虫瘤)を作り出すものもいます。昆虫と植物の関係は深く、無視できません。出会った虫は何をしているのだろうかという興味が私にはあります。ここに何度か虫が登場するのは、その為です。蜘蛛などは見たくもないし、見つけ次第逃げ出していた私ですが、その恐怖となる実体を見つめなければ不安さえも解消されないと考えて観察を始めました。私の植物観察テーマは、「何故生き続けるのか」という一風変わった哲学的なものです。まずは名前を覚える事から出発します。

 人の名前は、すぐに忘れてしまいます。加齢による物忘れはありますが、若い時からそうでした。しかし、楽譜などは覚えているので不思議です。苦手な名を覚える事に挑戦したきっかけは聖書にあります。マタイの福音書6章に、「6:26 空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。」とあり、「6:28 なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。」と続きます。そこで、鳥か野の花のどちらかをテーマに覚える事にしました。鳥は動きが速くて観察が難しいと考え、野の花にしました。(実は、これはとんでもない思い違いである事に後から気が付きました)。今まで意識しなかった単なる雑草に名前が付けられていて、生活がありました。そして生き延びる手段の中に虫が介在しているので、必然的に虫の名も知りたくなりました。

1) 日本応用動物昆虫学会誌 9(1), 34-41, 1965-03-25

Japanese common name : Akasuji-kamemusi
e0038990_20115417.jpg
Graphosoma rubrolineatum (Westwood, 1873)

e0038990_20121085.jpge0038990_20122025.jpg



アカスジカメムシ(赤筋椿象)
カメムシ目(半翅目)カメムシ科
学名:Graphosoma rubrolineatum (Westwood, 1873)

e0038990_2163229.gif

体長:10~12mm
出現期:6月~8月
分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄
食草:セリ科(ヤブジラミ、シシウド、ハマウド)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.75km 右岸土手 2006.06.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 24 July 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-24 00:00 | | Trackback | Comments(6)
チャバネアオカメムシ(茶羽根青椿象)
 チャバネアオカメムシ(茶羽根青椿象)は、カメムシ科カメムシ亜科の昆虫です。東アジアに分布し、国内では北海道から沖縄にかけての全土に分布します。名の由来は、緑色(青)をしたアオカメムシ(青椿象)に似ていて翅が茶色である事によります。カメムシの名は、背中部分が亀の甲羅状に見える事からです。チャバネアオカメムシは、多くの果樹類を食害する農業害虫の1つとして知られていて、最も重要な種であるので研究も進んでいます。悪臭を発生させる事から不快害虫ともされます。カメムシの仲間は、世界に50,000種以上、日本には800種以上がいるといわれています。

 杉や檜が棲息場所です。春から初夏にかけて果樹に飛来し蕾を食害します。6月下旬頃に、杉や檜に移動します。その球果内部の種子を吸汁して生活し、果実に卵を産んで繁殖します。蛹を経過せすに羽化する不完全変態をします。7月下旬以降に新しい成虫が発生し、秋は果実を食害します。冬は成虫で越冬します。雑木林などの落葉下が主な越冬場所ですが、屋内で集団越冬する場合もあります。時に大発生する場合があります。原因は杉や檜の人工林が増えた為だと言われています。これらが豊作で、花粉症の発生が多い年はチャバネアオカメムシの発生も多い事になります。

 半翅目は文部省学術用語ではカメムシ目、異翅亜目はカメムシ亜目の事です。陸生・両生・水生に分かれますが、本種は陸生です。体長は10から12mm程。緑色をしていて前翅が茶色です。頭・胸・腹部に分かれています。頭部は三角形で細長く、節毎に濃緑色と黄褐色で交互に彩色された触覚があります。頭部の左右には多少突き出た赤茶色の複眼があり、その内側に単眼が2個あります。口はストロー状で頭部の下に折り込まれています。樹液等を吸汁します。前翅の半ばまでは堅い革質部、先は膜状の膜質部になる茶色の半翅鞘です。後翅の上に前翅を重ねて腹部上に折りたたみます。後部に薄い翅が見えるのは、前翅の膜質部にあたります。秋に発生するものは頭部や小楯板が褐色になるものがあります。中央の三角状のものは小楯板(しょうじゅんばん)です。肢は前・中・後の3対あります。

 分泌腺で忌避物質である不飽和アルデヒド類のヘキセナール(hexenal)が生成され、後胸腹板(後肢の付根)にある臭腺(Scent Glands)から刺激された方向へ揮発性の高い臭い物質を噴射します。仲間に危険を知らせたりする警報フェロモン、捕食を防ぐ為の忌避物質と言われています。カメムシ類の性別は、腹側の腹部先端が膨らんでいるのが雌で、へこんでいるのは雄と判別できます。

Japanese common name : Chabane-ao-kamemusi
e0038990_20272168.jpg
Plautia crossota Scott, 1874
e0038990_20264879.jpg


チャバネアオカメムシ(茶羽根青椿象)
カメムシ目(半翅目)カメムシ科カメムシ亜科
学名:Plautia crossota Scott, 1874

e0038990_2163229.gif

体長:10~12mm
出現期:4月~10月
分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄
食草(樹):果樹類(柑橘類・林檎・梨・柿等多数)・杉・檜

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から10km 右岸河川敷 2006.05.19
安倍城跡 2014.07.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

22 May 2006
Last modified: 15 December 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-05-20 00:00 | | Trackback(1) | Comments(1)
クサギカメムシ(臭木椿象)
 クサギカメムシ(臭木椿象)は、カメムシ科クサギカメムシ属の昆虫です。斑模様がある中型のカメムシです。クサギ(臭木)に付く事から名前が付けられていますが、桑、桃、梅、柿、蜜柑、桜、林檎等の多くの果実を吸汁します。よって、重要な農業害虫とされています。成虫で越冬し、4月頃から活動を始めます。越冬場所が屋内である事が多く、9月から10月にかけて集団で侵入してきます。悪臭を放つので不快昆虫とされています。カメムシの多くは他の昆虫と異なり、卵が孵り独り立ちするまでの期間、大切に守り育てる事で知られています。その間、親は動かず、何も食べずに過ごします。

 カメムシの仲間は、陸上で生活する陸生カメムシ、水面や水際で生活する両生カメムシ、水中で生活する水生カメムシに分けられます。体は、頭・胸・腹に別れ、頭には複眼と単眼があり、節のある触角2本が付いています。口は頭部後方から出て、管状で細長く、4本の針が入っています。脚は、前・中・後の3本が2対あり、中脚までを胸とします。胸には、前翅・後翅があり、前翅は付け根にある堅い造りの革質部と、先端部の柔らかい膜質部に別れています。両翅の中央に、逆三角形をした小楯板(しょうじゅんばん)があります。

 臭いの元になるのはアルデヒド類のヘキセナールを主成分とした揮発性の物質です。一般的に尻から放出すると想像しがちですが、実際には胸から出します。中脚の付け根当たりに開口部があります。その奥に一対の臭腺があり、ここから液体を出します。この臭いの働きは3種類あると考えられています。相手を寄せ付けない防御用、仲間に危険を知らせる警告用、仲間を集める弱い臭いの集合用です。(石川県ふれあい昆虫館・石川卓弥氏による)

参考:ナガメ(菜亀虫) ホシハラビロヘリカメムシ クモヘリカメムシ ブチヒゲカメムシ(斑髭椿象)

Japanese common name : Kusagi-kamemusi
e0038990_16334920.jpg
Halyomorpha halys (Stal, 1855)

e0038990_1634572.jpge0038990_16341774.jpg

2006.07.28


クサギカメムシ(臭木椿象)
カメムシ目(半翅目)カメムシ科クサギカメムシ属
学名:Halyomorpha halys (Stal, 1855)

e0038990_2163229.gif

体長:14~18mm
出現期:4月~10月(年2回)
分布:本州・四国・九州

撮影地:静岡県静岡市
西ヶ谷総合運動場 2005.11.17
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.07.28
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

21 June 2008
Last modified: 14 June 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-26 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ブチヒゲカメムシ(斑髭椿象)
 カメムシの仲間はシャイなので、すぐに葉裏に隠れてしまいます。昨日見つけたカメムシは、逃げながら液体を垂らしていました。カメムシが悪臭を放つ際、そこが密閉状態だと、カメムシ自身も死んでしまう事があるそうです。

 ブチヒゲカメムシ(斑髭椿象)は、カメムシ科の昆虫で、カメムシの仲間です。全体が赤褐色で、白っぽい逆三角形の小楯板が背中にあります。横腹と髭(触角)に白黒のブチ模様があるのが名の由来と思われます。プチ(petty)ヒゲと間違いそうで、もしその名前なら髭がたいそう短かく可愛かった事でしょう。

 稲の穂を食害し、斑点米にしてしまいます。大豆や綿、胡麻、牛蒡など11科36種の害虫とされています。針金状の口を突き刺し吸汁します。成虫のまま、落葉の間や常緑樹の茂みの間などで越冬します。幼虫は体長1.5~9mm程で、成虫に近い形をしています。繭(まゆ)を経ずに成虫になる不完全変態をします。冬暖かく、夏が暑いと発生が増えるようです。河原や沿岸地に多く見られます。

小楯板(しょうじゅんばん)
半翅目(はんしもく=カメムシ目)

参考:ナガメ(菜亀虫) ホシハラビロヘリカメムシ クモヘリカメムシ クサギカメムシ(臭木椿象)

Japanese common name : Putihige-kamemusi
e0038990_20355727.jpg
Dolycoris baccalum (Linnaeus, 1758)


ブチヒゲカメムシ(斑髭椿象)
カメムシ目(半翅目)カメムシ科
学名:Dolycoris baccalum (Linnaeus, 1758)

e0038990_2163229.gif

体長:10~14mm
出現期:4月~10月(年2~3回)
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:マメ科、キク科
英名:sloe bug

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から14km左岸土手 2005.08.05
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 22 June 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-10 00:00 | | Trackback | Comments(5)
ナガメ(菜亀)
 変わった模様のテントウムシに見えますが、カメムシの一種であるナガメ(菜亀)です。カメムシにしては綺麗な彩色(橙赤条斑)が施されています。菜の花につくカメムシなのでナガメという名が付いています。つまり、アブラナ科植物を食害する虫でもあります。また、カメムシなので、くさい臭いも発生させます。しかし、見ている分には可愛い感じがします。卵は、これまた変わった模様が付いています。

 近縁種にヒメナガメ(姫菜亀)Eurydema dominulus (Scopoli, 1763)がいます。模様が若干異なっています。数はナガメほど多くないようです。

参考:カメムシ科

Japanese common name : Nagame
e0038990_10282468.jpg
Eurydema rugosa Motschulsky, 1861

e0038990_10284983.jpge0038990_1029433.jpg
2006.04.18


ナガメ(菜亀)
カメムシ目(半翅目)カメムシ科
学名:Eurydema rugosa Motschulsky, 1861

体長:8~9mm
出現期:4月~10月
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:アブラナ科(イヌガラシ・タネツケバナ・ダイコン・カブ・キャベツ・菜の花)
英名:stink bug

e0038990_2163229.gif

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.25km 右岸河川敷 2005.10.27
安倍川/河口から9.00km 左岸河川敷 2006.04.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

02 November 2005
Last modified: 25 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-02 00:00 | | Trackback | Comments(2)