タグ:キイチゴ属 ( 4 ) タグの人気記事
モミジイチゴ(紅葉苺)
 モミジイチゴ(紅葉苺)は、バラ科キイチゴ属の落葉低木です。本州の中部地方以北から北海道に分布する日本固有種です。日本の東西で地域変異があり、西日本に母種のナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺)1)、東日本に変種としてのモミジイチゴが分布します。名の由来は、葉がモミジ2)に似ているキイチゴ(木苺)3)である事から。別名のキイチゴ(黄苺)は、黄色の実を付ける事によります。

 バラ科(Rosaceae Juss, 1789)は、南極を除く、ほぼ全ての大陸に約107属3100種が分布します。キイチゴ属(Rubus L. (1753))は、北半球の寒帯から温帯地方に多く、南半球の熱帯山岳地区、北極圏と太平洋の島々にも分布し、400~500種あります。日本には8亜属70種が自生します。

 山野の明るい場所に自生します。地下分枝型の地下茎を伸ばし群生します。茎には3mm程の棘があり、分枝して斜上し、高さ100~200cmになります。葉柄は3~8cm。葉は互生します。長さ7~15cm、幅1.5~2.5cmの卵形で重鋸歯があります。普通、掌状に3~5中裂します。裂片は鋭突。葉裏は葉脈が目立ち棘があります。葉の雰囲気はニガイチゴよりも鋭く見えます。

 花期は4月頃。葉脈から花柄を出し、白色の5弁花を下向きに付けます。萼片は5個で鋭突。花弁は狭楕円型で、花径は2.5~3cm。雄しべ、雌しべは多数。果実は、核果の集合果です。球形で1~1.5cm。黄色に熟し、生食できます。ジュース、モミジイチゴ酒などに加工して用いられる事もあります。種子は1~2mm。黄色く熟するキイチゴ属には、ナガバモミジイチゴやカジイチゴ(梶苺)があります。

1)Rubus palmatus Thunb. var. palmatus
2)ムクロジ科カエデ属、約128種の総称。
3)バラ科キイチゴ属の総称。

Japanese common name : Momizi-itigo
e0038990_22455726.jpg
Rubus palmatus var. coptophyllus (A.Gray) Kuntze ex Koidz. f. coptophyllus (A.Gray) Kuntze ex Matsum.

e0038990_22461299.jpge0038990_22462199.jpg
花は白色の5弁花。萼は5裂して鋭突。

e0038990_22474048.jpge0038990_22475133.jpg
葉は、掌状に3~5中裂する。葉裏は葉脈が目立ち棘がある。
e0038990_22485878.jpg
枝は斜上して花は下向きに付ける。
e0038990_222456.jpg
黄色の果実は、核果の集合果


モミジイチゴ(紅葉苺)
別名:キイチゴ(黄苺)
バラ科キイチゴ属
学名:Rubus palmatus var. coptophyllus (A.Gray) Kuntze ex Koidz. f. coptophyllus (A.Gray) Kuntze ex Matsum.
花期:4月 落葉低木 樹高:1~2m 花径:2.5~3cm 果期:6~7月

e0038990_2122812.gif

【学名解説】
Rubus : ruber(赤)/キイチゴ属
palmatus : 掌状の
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
var. : varietas(変種)
coptophyllus : 分裂葉の
A.Gray : Asa Gray (1810-1888)
Kuntze : Carl Ernst Otto Kuntze (1843-1907)
ex : ~による
Koidz. : 小泉源一 Gen-ichi Koidzumi (1883-1953)
f. : forma(品種)
Matsum. : 松村任三 Ninzo Matsumura (1856-1928)

撮影地:静岡県静岡市
牛ヶ峰(八十岡ルート) 2008.03.27
牛ヶ峰(水見色ルート) 2008.04.04
牛ヶ峰(谷沢ルート) 2008.04.21
林道慈悲尾線 2011.04.07
花沢山(Alt.449.2m) 2015.05.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

31 July 2016
Last modified: 20 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-07-31 00:00 | | Trackback | Comments(1)
フユイチゴ(冬苺)
 フユイチゴ(冬苺)は、バラ科キイチゴ属の常緑小低木です。日本や朝鮮、台湾、中国等の東アジアが原産です。国内では、本州、四国、九州に分布し、林床・林縁に生育する在来種です。名の由来は、果実が冬に熟すイチゴである事から。中国名は、寒莓。英名は、Buerger's raspberry。学名の種小名にあるbuergeriは、シーボルトの助手であったBürger氏に因みます。

 バラ科(Rosaceae Juss. (1789))は、ほぼ全ての大陸(南極を除く)に、107属3100種が分布します。キイチゴ属(Rubus L. (1753))は、北半球の寒帯から温帯地方に多く、南半球の熱帯山岳地区、北極圏と太平洋の島々にも分布し、400~500種あります。日本には8亜属70種が自生します。

 匍匐茎は蔓性で這い、長さ1~2mになります。途中から匍枝を出し、20~30cm程に斜上させます。細く木質で、褐色の短毛が密生します。ミヤマフユイチゴ(深山冬苺)のような棘はありません。葉柄は2~10cmあります。葉は単葉で互生します。基部は心形で、長さ5~11cm、幅5~9.5cm。先端は丸みを帯び、縁は浅く3~5裂し、細かな単鋸歯があります。光沢のある濃緑色で革質、裏面には短毛が密生します。

 花期は8月から10月頃。葉腋から花枝を出し、花を数個密集させて付けます。花は離弁花で、花径は約2cm。白色で長さ7~9mmの花弁が5個あります。花托には雌しべが多数あり、多数の雄しべがそれを取り巻きます。薄黄緑の萼片は反り返ります。果実は集合果(果実の集合体)です。雌しべの子房が成長した小核果が集まり、径7~10mm程の球形となります。小核果から出ている髭状のものは、残った花柱です。熟すと赤色になり、食用になります。染色体数は、2n=42,56。

Japanese common name : Fuyu-itigo
e0038990_1981185.jpg
Rubus buergeri Miq.

e0038990_1983481.jpge0038990_1984868.jpg
葉は互生し、革質で単鋸歯がある。花径は約2cmで雄しべ、雌しべとも多数。

e0038990_1991750.jpge0038990_18565454.jpg
フ2006.11.03 ユイチゴの果実。集合果 2006.11.17

e0038990_18463958.jpge0038990_18465173.jpg
左:葉表 右:葉裏


フユイチゴ(冬苺)
別名:カンイチゴ(寒苺)
バラ科キイチゴ属
学名:Rubus buergeri Miq.
花期:8月~10月 常緑小低木 樹高(蔓性):20~30cm 花径:約2cm 果期:11~1月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Rubus : ruber(赤)/キイチゴ属
buergeri : Heinrich Bürger (1806-1858))氏の (日本植物の採集家ブュルゲル)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川支流/内牧川 2006.08.22
安倍城跡(Alt.435m) 2006.11.03, 2014.11.30
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

01 September 2006, 08 October 2010, 30 November 2014
Last modified: 23 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-09-01 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ナワシロイチゴ(苗代苺)
 ナワシロイチゴ(苗代苺)は、バラ科キイチゴ属の落葉小低木です。日本、朝鮮・中国等の東アジアに分布する小果樹類(Smallfruits)で、国内では北海道から沖縄まで分布する在来種です。名の由来は、苗代を用意する頃に花、あるいは実が熟す事から。別名のサツキイチゴ(五月苺)も同様。古くは野苺を伊知古と呼んでいました。英名は、Japanese raspberry。

 バラ科(Rosaceae Jussi. (1789))は、ほぼ全ての大陸(南極を除く)に、107属3100種が分布します。キイチゴ属(Rubus L. (1753))は、北半球の寒帯から温帯地方に多く、南半球の熱帯山岳地区、北極圏と太平洋の島々にも分布し、400~500種あります。日本には8亜属70種が自生します。耐寒性があるラズベリー(Raspberry)の近縁種です。

 茎は地を這い、接地した所々から根を出し、栄養繁殖します。茎には棘があります。1m以上に伸びることがあり、花茎を5~30cmに立ち上げます。葉は互生します。奇数羽状複葉で、花枝では3出複葉、徒長する枝では5出複葉になります。小葉は2~4cmの菱形状倒卵形で、1)欠刻状重鋸歯があり、葉先は円頭。葉裏は灰白色の綿毛が密生します。葉柄の長さは2~5cm、葉柄の付け根には線形で5mm程の托葉があります。

 花期は5月から6月頃。枝先や葉腋から花柄を枝分して集散花序を作ります。径15mm程の5枚の萼片があり、平開して反り返ります。花は、淡紅紫色で6~7mmの倒卵形の花弁5枚が上向きに立ち上がり、蕾状になります。この中に雄しべ多数があります。半開のままで平開しません。その後、花弁は落脱しますが萼片は残ります。果実は、直径約15mmの球形液果の集合果で濃赤色。食用となり、ジャムなどに利用されます。

1)欠刻重鋸歯(けっこく・じゅうきょし):葉脈の間の葉肉が欠けて切れ込みが生じ、大きな鋸歯にさらに小さな鋸歯が二重になっている葉の縁の状態

Japanese common name : Nawasiro-itigo
e0038990_19272865.jpg
Rubus parvifolius L.

e0038990_1927449.jpge0038990_19173633.jpg
▲ 果実は集合果


ナワシロイチゴ(苗代苺)
別名:サツキイチゴ(五月苺)
バラ科キイチゴ属
学名:Rubus parvifolius L.
花期:5月~6月 落葉小低木 樹高:5~30cm(蔓性50~100cm) 花径:1.5cm 果期:6月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Rubus : ruber(赤)/キイチゴ属
parvifolius : 小形の葉の
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.50km 左岸河川敷 2006.06.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 22 June 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-06-22 00:00 | | Trackback | Comments(2)
クサイチゴ(草苺)
 クサイチゴ(草苺)は、バラ科キイチゴ属の半常緑低木です。本州から九州にかけて分布する在来種で、アジア東部の中国や朝鮮にも分布します。木本なのに草と名が付けられているのは、見た目に丈が低く地を這う形状が草に見えるとか、地上茎の寿命の短さが草のようだからと言われています。

 バラ科(Rosaceae Juss. (1789))は、ほぼ全ての大陸(南極を除く)に、107属3100種が分布します。キイチゴ属(Rubus L. (1753))は、北半球の寒帯から温帯地方に多く、南半球の熱帯山岳地区、北極圏と太平洋の島々にも分布し、400~500種あります。日本には8亜属70種が自生します。

 地下茎を広げて茎を出します。這った茎は途中で立ち上がり20~60cmになります。短毛が密生しています。葉は互生する奇数羽状複葉で柔らかです。5小葉の羽状複葉で、花茎には3~5枚の小葉を付けます。卵状披針形で鋸歯があります。長さ3~7cmで先端は尖り、両面に毛があります。中脈と羽軸には棘があります。萼片は花弁より長く、先が細く尖ります。

 花期は4月から5月頃。花は離弁花で、白色で楕円形の花弁5枚を平開させ3~4cmになります。雄しべは多数。葯は白色で、やがて黒くなります。果実は核果の集合体で直径約1~1.5cmになる液果です。雄しべ1本につき1個の核果を作ります。果実は生食でき、ジャムや果実酒にも利用されます。動物が食べて種子を散布する動物被食散布(endozoochory)が行われます。染色体数は、2n=14。

 類似種に、ハチジョウクサイチゴRubus x nishimuranus Koidz.、マルバクサイチゴRubus hirsutus Thunb. var. simplicifolium Makino、ヤエザキクサイチゴRubus hirsutus Thunb. f. harai (Makino) Ohwiがあります。

★  ★  ★

 野草観察は、花と名前を一致させる事から始まります。初めて出会ったものは、これに時間が費やされるかもしれません。もう少し学術的に進むと、同定作業になります。同定は難しい問題をはらんでいます。同じようだけど同じではない事があります。細かい観察が必要になります。ただ単に名前を知りたいと言う事であっても、資料がなければお手上げです。人から教えてもらったものでも、自分で確認する事が必要になります。

 この日本語カタカナの名前は標準和名です。国際的には通用しません。お互いが、その国の名前を使うと混乱するからです。そこでラテン語の学名が登場します。しかし、世間話をする程度なら和名で充分です。その場合でも、草と名が付いていても木本(樹木)であったりするので、思いこみは排除しないといけません。

Japanese common name : Kusa-itigo
e0038990_21555526.jpg
Rubus hirsutus Thunb.

e0038990_21563735.jpge0038990_21565822.jpg
花弁は5枚。萼片5個は花弁より長く、先が細く尖る。

e0038990_2157433.jpge0038990_21575639.jpg
左:花弁が脱落した若い果実 右:果実は核果の集合体


クサイチゴ(草苺)
別名:ワセイチゴ(早稲苺)/ナベイチゴ(鍋苺)
バラ科キイチゴ属
学名:Rubus hirsutus Thunb.
花期:4月~5月 半常緑低木 樹高:20~60cm 花径:3~4cm 果期:5~6月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Rubus : ruber(赤)/キイチゴ属
hirsutus : 粗毛のある・多毛の
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.04.07
花沢山(Alt. 449.2m) 2015.05.18
満観峰(Alt. 470m) 2015.06.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

26 April 2006, 16 June 2015
Last modified: 20 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-26 00:00 | | Trackback(1) | Comments(2)