タグ:キダチチョウセンアサガオ属 ( 1 ) タグの人気記事
キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)
 キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)は、ナス科キダチチョウセンアサガオ属の常緑低木です。朝鮮とつけられていますが、原産地は南アメリカです。外国産で木本の朝顔に似た、という意味合いの名前です。

 ナス科(Solanaceae Juss. (1789))は、世界に90属約2300種が分布します。旧属名はチョウセンアサガオ属(Datura L. (1753))で、現在はキダチチョウセンアサガオ属(Brugmansia Persoon, 1805)に転属されました。しかし、以前の属名でダツラ(ダチュラ)と呼ばれる事もあります。南アメリカに約5種が分布します。

 チョウセンアサガオ属の花は上向きに、キダチチョウセンアサガオ属は下向きにラッパ状の香りある花を咲かせます。ヨウシュチョウセンアサガオ(洋種朝鮮朝顔)よりも大型で、成長すると4mに達するものもあります。花色は白で、時間経過と共に色合いが変わっていきます。挿し木で増やす事ができます。園芸種として、黄色花品種のJamaican yellow、桃色のEquador Pinkなどがあります。果実には棘状の突起はありません。

 チョウセンアサガオ(朝鮮朝顔)と同様に毒1)がありますから、扱った後の手洗いを忘れないようにする必要があります。

1)トロパンアルカロイドと呼ばれるアトロピン(Atropine)、スコポラミン(Scopolamine)、ヒヨスチアミン (Hyoscyamine)等が含まれ、中毒症状(目眩、四肢弛緩、嘔吐、瞳孔散大、痙攣、呼吸困難)を起こす。ヒヨスチアミンは、ナス科のヒヨス(天仙子/菲沃斯)Hyoscyamus niger L. からの命名。

参考:ケチョウセンアサガオ(毛朝鮮朝顔)-1 ケチョウセンアサガオ(毛朝鮮朝顔)-2

Japanese common name : Kidati-chousen-asagao
e0038990_2212618.jpg
Brugmansia suaveolens (Humb. et Bonpl. ex Willd.) Sweet

e0038990_10465444.jpge0038990_1047740.jpg
左:若い葉 右:茎

e0038990_1048647.jpge0038990_10482648.jpg
高さ200~300cmになる木本。葉は互生し長さ15~20cmで鋸歯がある。

e0038990_10502781.jpge0038990_10504010.jpg
花冠の先端は4~5裂して尾状に尖り、長さ25~30cm。5個の雄しべと長い雌しべ。


キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)
別名:オオバナチョウセンアサガオ(大花朝鮮朝顔)/カシワバチョウセンアサガオ(柏葉朝鮮朝顔)
流通名:エンジェルズトランペット(Angel's trumpet)/天使のラッパ
ナス科キダチチョウセンアサガオ属
学名:Brugmansia suaveolens (Humb. et Bonpl. ex Willd.) Sweet
花期:6月~9月 常緑低木 樹高:200~300cm 花冠長:25~30cm 花径:10~20cm

e0038990_12135938.gife0038990_10353896.gif

【学名解説】
Brugmansia : Sebald Justinus Brugmans (1763-1819)/オランダの植物学者に因む
suaveolens : (suāve+olēns)快い+匂い/芳香のある
Humb : Alexander von Humboldt (1769-1859)
et : 及び(命名者が2名の時など・&に同じ)
Bonpl. : Aime Jacques Alexandre Bonpland (1773-1858)
ex : ~より (代わりに発表)
Willd. : Carl Ludwig von Willdenow (1765-1812)
Sweet : Robert Sweet (1783-1835)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から14.25km 左岸(植栽) 2005.11.02
葵区内牧(内牧川) 2015.09.28
駿河区小坂(農道) 2015.10.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

June 22, 2008
Last modified: 12 October 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-05 00:00 | | Trackback(1) | Comments(3)