タグ:キンポウゲ科 ( 7 ) タグの人気記事
ヤマトリカブト(山鳥兜)
 ヤマトリカブト(山鳥兜)は、キンポウゲ科トリカブト属の疑似1年草1)です。日本が原産で、本州の関東地方西部と中部地方東部の限られた地域に分布する日本固有種です。トリカブトの名の由来は、花の形状が舞楽の被り物である鳥兜に似ている事から。古来の烏帽子(えぼし)や鶏の鶏冠によるとも言われています。トリカブトの英名は、aconite monkshood(修道士の頭巾)。中国名は鳥頭(乌头、wū tóu)、附子(fùzǐ)。ヤマトリカブトは、中国産生薬の鳥頭に対する日本産のトリカブトの意味。山に生えるトリカブトとの説もあります。

 キンポウゲ科(Ranunculaceae Juss. (1789))は、北半球の温帯を中心に58属約2500種が分布します。トリカブト属(Aconitum L. (1753))は、北半球の寒帯から温帯に亜種を含めて約300種類が分布します。日本にはトリカブト属30種、変種22種の52種があると言われています。分類が難しい種の一つです。

 山地の林下や林縁に生えます。塊根2)(かいこん)は表皮が茶色でニンジンに似た紡錘形です。前年の根に新しい根が出て古い根は枯れます。この母根を漢方ではウズ(鳥頭)と言い、子根をブシ(附子)と言います。母根が1年で枯れるので、疑似1年草と分類されます。林縁では斜上し、明るいところでは直立し、高さ60~200cmになります。葉は互生します。長さ幅とも6~20cmの掌状で、3~5中裂します。葉の裂片は、披針形から卵状披針形となり,欠刻状鋸歯があります。

 花期は、8月から10月頃。茎頂の葉腋から散房花序を出します。花は、青紫色や薄紫色で長さ3~4.5cm。花序に多数を付け、上から順に咲かせます。花弁に見えるのは萼片で、上に付く鳥の頭に似た僧帽形の頂萼片1個、側面にある側萼片は倒卵形で2個、下側にある下萼片は楕円形で2個の計5個から構成されています。花弁は頂萼片内に2個あり、イの字形の筒状で、後部に巻いた距を持ち蜜を出します。花弁から長く伸びた基部に雄しべの集団が付きます。両生花で、雄しべは多数あり、雌しべは3個。花柄に微細な屈毛(曲がった毛)が密生します。果実は袋果です。細長い筒状で先端に角状突起があり、長さ約2.5cm。種子は長さ約3.5mmで、多数入っています。

 全草が有毒ですが、塊根は特に猛毒です。成分はアルカロイド毒の、aconitine(アコニチン), mesaconitine(メサコニチン), aconine, hypaconitine, jesaconitine, lipoaconitine, lipomesaconitine, benzoylaconine, higenamine, coryneine等。トリカブトはよく知られていて、知っていて食べる人はいませんが、ニリンソウ(二輪草)と間違えた誤食死亡事例があります。ヒトの致死量は3~5mgと言われています。舌の痺れ・流唾・嘔吐、酩酊状態、不整脈・昏睡、心停止の経過をたどります。根を致死量まで生食するとなると親指程の大きさとなり、苦味が強い事もあって食べるのは困難です。解毒剤はありません。フグ(河豚)毒に次いで強い毒と言われています。漢方で用いられるものは、毒性の低い種類からさらに減毒して作った、生薬のエンブシ(塩附子)、ホウブシ(炮附子)、ソウウズ(草鳥頭)で、鎮痛・強心・興奮・利尿に処方されます。

 トリカブト属には本種の他、近畿地方の日本海側山地に分布し葉が5裂するイブキトリカブト(伊吹鳥兜)、西日本に分布し葉が3全裂するタンナトリカブト(丹那鳥兜)、東北地方から中部地方に分布し花柄に屈毛があるツクバトリカブト(筑波鳥兜)、北日本に分布し葉が5~7裂して世界で2番目に強毒であるオクトリカブト(奥鳥兜)、北海道に分布する世界で最も強毒のエゾトリカブト(蝦夷鳥兜)があります。また、鳥兜の別名であるブシ(附子)の名が付く種類の、サンヨウブシ(山陽附子)、カワチブシ(河内附子)、カラフトブシ(樺太附子)があります。日本には1種だけ蔓性の、ハナカズラ(花鬘)があります。園芸店で販売されている物は、中国産のハナトリカブト(花鳥兜)や、ヨーロッパ産のヨウシュトリカブト(洋種鳥兜)=アコニット(aconite)です。

1)1年草は、種子から発芽し年内に枯れて世代を終える植物の事。多年草は、地下部と地上部、又は地下部が多年に渡って生きる植物。疑似1年草は、母根が1年で枯れ、新しい地下茎を作る植物。
2)塊根(塊状根|tuberous root):根が塊状に肥大したもの。貯蔵根(strage root)の一つで、主根や胚軸が肥大した多肉根(succulent root)と、不定根が不定型に肥大した塊状根(tuberous root)がある。

Japanese common name : Yama-torikabuto
e0038990_17261593.jpg
Aconitum japonicum Thunb. subsp. japonicum

e0038990_17282480.jpge0038990_17284045.jpg
左:僧帽形の頂萼片に距の影が見える。 右:開花前

e0038990_10523181.jpge0038990_10525840.jpg
花冠。長さは、3~4.5cm。花柄に微細な屈毛。

e0038990_17303278.jpge0038990_17304726.jpg
左:雄しべ集団 右:萼が取れた状態/雌しべ3個

e0038990_17333543.jpge0038990_17335073.jpg
左:葉表。 右:葉裏。

e0038990_17353330.jpge0038990_1054931.jpg
果実は袋果で、種子は多数。

e0038990_17381532.jpge0038990_17383068.jpg
萼片の一部を切り取り内部の花を露出。左:側面、右:正面。2007.11.08
e0038990_18231348.jpg
明るい場所では立ち上がって花を付ける事が多い。


ヤマトリカブト(山鳥兜)
別名:ハコネトリカブト(箱根鳥兜)
キンポウゲ科トリカブト属
学名:Aconitum japonicum Thunb. subsp. japonicum
synonym : Aconitum japonicum Thunb. var. montanum Nakai
花期:8月~10月 疑似1年草 草丈:60~200cm 花冠長:3~4.5cm

e0038990_10353896.gife0038990_2122812.gif

【学名解説】
Aconitum : akoniton(投矢)/トリカブト属
japonicum : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
subsp. : subspecies(亜種)
---
var. : varietas(変種)
montanum : montanus(山の・山地生の)
Nakai : 中井猛之進 Takenoshin Nakai (1882-1952)

撮影地:静岡県静岡市
位置情報非公開 2006.11.28, 2007.11.08, 2008.09.25
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

05 December 2006, 09 October 2010, 09 October 2016
Last modified: 31 July 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-12-05 00:00 | | Trackback | Comments(2)
オキナグサ(翁草)
 オキナグサ(翁草)は、キンポウゲ科オキナゲサ属の多年草です。日本・朝鮮半島・中国大陸・欧州を原産とし、日本では、本州から九州にかけて分布する在来種です。名の由来は、花後の果実に付く毛が綿帽子状になり、それが老人(翁)の白髪に見える事から。白頭翁(はくとうおう)と呼ばれるのは生薬名で、これは中国産のヒロハオキナグサ(広葉翁草)を指します。

 環境省レッドデータブックでは絶滅危惧II類(VU)、つまり絶滅の危険が増大している種とされています。100年後の絶滅確率は、ほぼ100%。東京、千葉、和歌山では絶滅とされています。要因は、園芸目的の盗掘や開発によります。

 キンポウゲ科(Ranunculaceae Juss. (1789))は、世界に58属約2500種が分布します。オキナグサ属(Pulsatilla P.Miller, 1754)はキンポウゲ亜科・イチリンソウ連に含まれ、北半球の温帯から亜寒帯にかけて約43種が分布します。日本では2種(オキナグサとツクモグサ)が自生します。

 根は太く、深くにまで伸びます。これは生薬として使われます。花茎は10~30cm程になります。根出葉は束生し、長い柄がある2回羽状複葉で、広卵形の5小葉があります。小葉は卵形から菱状円形で2~5に深く裂け線形になります。茎葉に柄はありません。根出葉や花茎に長い白毛を密生します。花茎が10cm程になると蕾が開き始めます。花茎1本にひとつの花を下向きに付けます。長さ25~30mm程の長楕円形(鐘形)で、暗赤紫色の花弁に見えるものは6個の萼片です。天候の悪い時や夜間は閉じます。

 棍棒状にふくらんだ約300本の雄しべがあり、黄色の葯を付けます。花茎が30cm程になると萼片を落とし、雄しべは30~40mm程になります。雌しべ(花柱)の根元に果実を付けます。熟すと銀色で径6cm程の球状の綿毛を付けます。種子は3mm程の長卵形をした痩果で、風で飛散します。種子は寿命が短いので採り播きをしますが、乾燥後に冷蔵や冷凍保存する事ができます。

 全草にプロトアネモニン(protoanemonin)を含み有毒です。食べると食中毒症状(嘔吐・痙攣・下痢・血便)を起こします。

Japanese common name : Okina-gusa
e0038990_23543510.jpg
Pulsatilla cernua (Thunb.) Berchtold et J.Presl


オキナグサ(翁草)
キンポウゲ科オキナゲサ属
学名:Pulsatilla cernua (Thunb.) Berchtold et J.Presl
synonym : Pulsatilla cernua (Thunb. ex Murray) C.K.Sprenger 
花期:5月~6月 多年草 草丈:10~30cm 花長:25~30mm

e0038990_2163229.gife0038990_10353896.gif

【学名解説】
Pulsatilla : pulso(打つ・鳴る)に由来/オキナゲサ属
cernua : cernuus(点頭した・前屈の)
Thunb. : Thunb.:Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Berchtold : Bedricha (Friedrich) Wssemjra von Berchtold (1781-1876)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
J.Presl : Jan Svatopluk (Swatopluk) Presl (1791-1849)
---
ex : ~による
Murray : Johan Andreas Murray (1740-1791)
C.K.Spreng : Christian Konrad (Conrad) Sprengel (1750-1816)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園 2006.04.06
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

8 June 2006, August 12, 2008
Last modified: 2 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-05-08 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(0)
ニリンソウ(二輪草)
 ニリンソウ(二輪草)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草です。北海道から九州までに分布する在来種で、国外では中国や朝鮮、樺太などに分布します。名の由来は、一本の茎に2輪の花が咲く事から。実際は必ずしも2輪ではなく、1~4輪の場合があります。

 キンポウゲ科(Ranunculaceae Juss. (1789))は、世界に58属約2500種が分布します。イチリンソウ属(Anemone L. (1753))は、北半球の温帯から亜熱帯にかけて約100種が分布し、日本には12種が分布します。

 小形で棒状の塊茎があります。根生葉は柄が無く、3枚輪生します。3全裂し、側裂片は更に深く2裂する三出掌状複葉1)です。総苞葉(茎葉)の間から長い花柄を出し、先端に花をつけます。白い花弁に見えるのは萼片で、花弁はありません。花弁状の花被片で、5~7枚あります。二輪が同時に咲く事はなく、時間差があります。両性花で、黄色の雄しべは多数あります。虫媒花で、痩果2)を付けます。染色体数は、2n=14。

 山菜として知られているニリンソウですが、皮膚刺激成分であるプロトアネモニン3)が含まれています。肌荒れを起こす事があり、前処理をしないで食べると食中毒(事例あり)を起こします。また、ニリンソウとトリカブトの葉が似ている為に採取には注意が必要です。トリカブトの葉は互生し、根が円錐形です。ニリンソウの萼片が緑色になる変異種に、ミドリニリンソウ(Anemone flaccida F.Schmidt f. viridis Tatew.)があります。

1)三出掌状複葉(さんしゅつしょうじょうふくよう)
 葉柄の先に3個の小葉がつく複葉(palmately trifoliolate leaf)
2)痩果(そうか)
 固い殻で覆われていて、成熟しても果皮が割れないもの(achene)
3)プロトアネモニン(Protoanemonin, C5H4O2) : イチリンソウ属(Anemone)植物に含まれる油状物質。環状イソプレン化合物。水泡、胃腸炎、下痢、嘔吐、消化器出血を起こす。

Japanese common name : Nirin-sou
e0038990_2248522.jpg
Anemone flaccida F.Schmidt

e0038990_22482033.jpge0038990_22484213.jpg
左:萼片は普通5枚  右:赤味がかかった萼片
e0038990_2249193.jpg
雄しべ多数
e0038990_22494872.jpg
膨らんできた子房 2007.04.27

e0038990_22501286.jpge0038990_22503039.jpg
右:蕾と葉(2007.03.21)   左:参考:ヤマトリカブトの葉
e0038990_22532854.jpg
介在する虫


ニリンソウ(二輪草)
別名:ガショウソウ(鵝掌草)
キンポウゲ科イチリンソウ属
学名:Anemone flaccida F.Schmidt
花期:4~6月 多年草 草丈:15~25cm 花径:15~25mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Anemone : 風の娘|ギリシャ神話の青年Adonis/イチリンソウ属
flaccida : flaccidus(柔軟な)
F.Schmidt : Friedrich (Karl) (Fedor Bogdanovich) Schmidt (1832-1908)

撮影地:静岡県静岡市
葵区福田ヶ谷 2006.03.31
葵区千代 2007.03.28 - 04.03 - 04.07 - 04.26, 2014.03.31 - 04.16 - 04.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

First draft: 09 April 2011, 31 March 2014
Last modified: 17 July 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-14 00:00 | | Trackback | Comments(0)
センニンソウ(仙人草)/実
 センニンソウ(仙人草)は、キンポウゲ科センニンソウ属の多年草です。名の由来は、種子(痩果)に仙人の髭のような毛(羽根状毛)が種子の先端に付くことから。風に乗って運ばれる形状である事が分かります。

 安倍川河川敷では多く見られます。同じセンニンソウ属で大変良く似たボタンヅル(牡丹蔓)の数は少ないようです。種小名のternifloraから分かるように奇数羽状複葉で、鋸歯がない卵形の葉を持っています。ボタンヅルは、葉に切れ込みがあります。

 葉を民間薬として用いられますが、ポロトアネモニンを含む有毒植物であるので、服用はせず、外用薬として使用されます。当然ながら知識なしに用いるのは危険で、指導者の下で使用されるべきです。挿し木や種まきによって繁殖させる事ができます。

※痩果(そうか):果実の中に一つの種子を持ち、熟しても開かないもの

参考:センニンソウ(仙人草)/花

Japanese common name : Sen'nin-sou
e0038990_14543865.jpg
Clematis terniflora DC.


センニンソウ(仙人草)
キンポウゲ科センニンソウ属
学名:Clematis terniflora DC.
花期:8月~9月 多年草 草丈:蔓性 花径:2~3cm 果期:10~11月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Clematis : clema(若枝)の縮小形(巻き上げ・蔓)/センニンソウ属
terniflora : ternifolius(三出葉の・三つの葉の)
DC. : Augustin Pyramus de Candolle (1778-1841)

撮影地:撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.75km 左岸土手 2004.10.28

Last modified: June 14, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-12 19:13 | | Trackback | Comments(4)
ボタンヅル(牡丹蔓)
 センニンソウと瓜二つで、葉を見ないと違いが分かりません。安倍川流域ではセンニンソウをよく見かけるのですが、ボタンヅルは少ないようです。

 園芸用のネームプレートを買ってきました。河川敷で花が咲いているところに、花の名前を記しておこうと思っています。特に毒草の場合は危険を周知するための注意書きが必要でしょう。それを見た子供達が誤って口にしない事を期待しての事です。

 以前からほしいと思っていた超小型の根切り用スコップが見つかったので買ってきました。携帯に便利そうです。根を切るわけではなく、根の観察のために使います。根を見ないと種別が分からないものもありますから。

 両方とも百円ショップのものです。野草観察にはお金をかけない事が信条です、と言いたいところですが、実際は貧乏だからです。新車のバイクは野草観察用です。カメラは野草撮影用です。このカメラで人を写そうとすると、「私らは野草と同じか」と言われてしまいます。野草は文句を言わないで撮らせてくれるのに……。

 キンポウゲ科(Ranunculaceae Juss. (1789))は、北半球の温帯を中心に58属約2500種が分布します。センニンソウ属(Clematis L. (1753))は、約300種が分布し、日本には30種ほどがあります。ボタンヅル節には約30種があります。

 ボタンヅルはセンニンソウと混ざって咲いている事があります。蔓が長いので、どこから伸びているのか探し出すのが大変な事があります。葉は1回3出複葉で、茎は木質化します。

参考:センニンソウ(仙人草)

Japanese common name : Botan-zuru
e0038990_8351984.jpg
Clematis apiifolia DC. var. apiifolia

e0038990_284229.jpge0038990_29025.jpg
2006.08.16 葉は1回3出複葉 2006.08.22


ボタンヅル(牡丹蔓)
キンポウゲ科センニンソウ属
学名:Clematis apiifolia DC. var. apiifolia
花期:8月~9月 多年草 草丈:1~10m(蔓性) 花径:15~20mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Clematis : clema(若枝)/センニンソウ属
apiifolia : apiifolius(オランダミツバ属Apiumのような葉の)
DC. : Augustin Pyramus de Candolle (1778-1841)
var. : varietas(変種)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.75km 右岸河川敷 2005.08.16
安倍川/河口から21.25km 左岸河川敷 2006.08.16
内牧川(安倍川水系) 2006.08.22
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

28 August 2005
Last modified: 24 October 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-28 00:00 | | Trackback | Comments(1)
センニンソウ(仙人草)
 待ちに待ったセンニンソウが開花しました。思わず拍手をしてしまいたくなるような嬉しさです。

 じつは昨年、我が家に近い河川敷の一角にセンニンソウの実を見つけました。花を見ていませんでしたから観察を続けました。花期があるのですから、焦っても仕方ないと思いつつ、いつ咲くのかと待ち続けました。他の遠い場所で咲いているのを見つけ、この場所のセンニンソウに、「おまえ、やる気あるのか」と愚痴をこぼしていました。やる気あったのですね。これから花数が多くなりますから余計に楽しみです。そして実に至るまで、じっくりと観察できます。

 年に数回、土手や河川敷の草刈りが行われます。実を付けそうなところで草刈りされてしまうので、いつまで咲くのかを見届ける事は大変難しい状況です。草刈りが早いか、私の撮影が早いかと競争している有様です。草刈りされていない場所は私の天国のようなものですが、他の人にとっては鬱陶しい状況なのでしょうから仕方ありません。このセンニンソウが咲いている場所は、草刈りが行われない河川敷の一角にあります。残念ながら、ゲンノショウコが咲く場所は草刈りされてしまい消息不明状態です。

 センニンソウとボタンヅル(牡丹蔓)は花が大変似ています。葉の形で区別する事ができます。センニンソウは奇数羽状複葉、ボタンヅルは3出複葉です。花弁にみえるのは顎片です。有毒(ポロトアネモニン)植物で、皮膚炎を起こす事があります。。

参考:センニンソウ(仙人草)/実

Japanese common name : Sen'nin-sou
e0038990_12141875.jpg
Clematis terniflora DC.


センニンソウ(仙人草)
キンポウゲ科センニンソウ属
学名:Clematis terniflora DC.
花期:8月~9月 多年草 草丈:蔓性 花径:2~3cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Clematis : clema(若枝)の縮小形(巻き上げ・蔓)/センニンソウ属
terniflora : ternifolius(三出葉の・三つの葉の)
DC. : Augustin Pyramus de Candolle (1778-1841)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.75km 左岸河川敷 2005.08.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 12 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-12 00:00 | | Trackback | Comments(2)
キツネノボタン(狐牡丹)
 咲き誇っていたキツネノボタンですが、この季節になると勢いが無くなってきました。狐が着るシャツの釦(ボタン)だったら可愛いかもしれませんが、「牡丹」のボタン。一般的に、キツネの名が付けられた植物は有毒のものが多いようですが、これも例に漏れず有毒(アルカロイド、プロトアネモン)です。

 花に光沢があり光ってしまうので、撮影が難しいものの一つだと思います。ただ、黄色の花と鉤(かぎ)状のトゲが着いた緑の実がセットになっているのは可愛い感じがします。

e0038990_15552178.jpg

キツネノボタン(狐牡丹)
キンポウゲ科キンポウゲ属
学名:Ranunculus quelpaertensis (Lev.) Nakai
花期:4月~7月 多年草 草丈:15~80cm 花径:1~1.5cm

撮影地:足久保川(安倍川水系) 2005.06.30
[PR]
by pianix | 2005-07-14 00:00 | | Trackback | Comments(0)