タグ:ゴマノハグサ科 ( 3 ) タグの人気記事
コシオガマ(小塩竈)
 コシオガマ(小塩竈)は、ハマウツボ科コシオガマ属の1年草です。日本、中国、朝鮮半島に分布します。日本では、北海道から九州に分布する在来種です。名の由来は、小型でシオガマギク(塩竃菊)に似る事から。塩竈は塩を作る竈。歌舞伎の台詞「浜で美しいのは塩竃」を「葉まで美しい」に掛け合わせた言葉と言われています。

 ハマウツボ科(Orobanchaceae Vent. (1799))は、アジアやヨーロッパに約70属が分布します。コシオガマ属(Phtheirospermum Bunge ex Fischer & C.A.Mey. (1835))は、東アジアに5種があり、日本には1種が分布します。

 低山の日当たりの良い草地に自生します。根はあまり発達せず、他の植物の根から養分を奪う、半寄生植物です。茎には粘着性がある腺毛があり、全体的にべたつきます。直立して枝分かれして、草丈は20~70cmになります。葉は、対生します。長さ3~5cm、幅20~35mmの三角状卵形で、羽状深裂します。裂片は不規則に裂け、鋸歯があります。葉柄は、4~10mm。

 花期は9月から10月。枝先の葉腋に花を単生します。花冠は淡紅紫色。三角状筒形の唇形で、先端は上唇と下唇に2裂し、長さ約2cm。上唇は反り返り先端は2浅裂し、下唇は横に広がり先端は3浅裂します。花冠には下唇には白毛があります。萼は鐘形で5裂し、裂片は長楕円形。鋸歯と腺毛があります。雄しべは4本。葯は白色。果実は蒴果です。卵形で長さ約1cm。種子は楕円形で網目模様があり、約1mm。染色体数は、2n=16。

☆  ☆  ☆

※天気の良い日を選び、再撮影に行きました。残念ながら咲いていた場所には大量の盛り土が運び込まれ、埋まってしまい姿形が見えませんでした。林道の景観が良い場所でしたが、工事のための作業場所のようでした。

Japanese common name :Ko-siogama
e0038990_11373528.jpg
Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz
e0038990_11383226.jpg
葉は、対生し、三角状卵形。羽状深裂し、裂片は不規則に裂け、鋸歯がある。


コシオガマ(小塩竈)
ゴマノハグサ科コシオガマ属
学名:Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz
花期:9月~10月 1年草(半寄生植物) 草丈:20~70cm 花冠長:約2cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Phtheirospermum : phtheir(シラミ)+sperma(種子)/コシオガマ属
japonicum : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Kanitz : August (Agoston, Agost) Kanitz (1843-1896)
---
Vent. : Étienne Pierre Ventenat (1757-1808)
Bunge : Alexander Andrejewitsch (Aleksandr Andreevic, Aleksandrovic) von Bunge (1803-1890)
Fisch. : Friedrich Ernst Ludwig von (Fedor Bogdanovic) Fischer (1782-1854)
C.A.Mey. : Carl Anton (Andreevič) von Meyer (1795-1855)

撮影地:静岡県静岡市
林道高山線(Alt. ca.551m) 2016.10.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 29 December 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-12-29 00:00 | | Trackback | Comments(0)
センリゴマ(千里胡麻/胡面莽)
 ご注意:掲載種は、センリゴマでは無い可能性があると、静岡県立大学教授から連絡を頂きました。遺伝子解析によるものです。ジオウ属(Rehmannia)の何かではあるようで、R. henryiR. solanifolia、ジオウ(地黄) R. glutinosaに近いものとの事です。
e0038990_17193525.jpg


 センリゴマ(千里胡麻/胡面莽)は、ゴマノハグサ科ジオウ属の多年草です。中国が原産で、日本での分布は静岡県と岐阜県の山間部で僅かに見られる程度。近い将来に絶滅する危険性が極めて高い絶滅危惧IA類(CR)です。ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae Durande, 1782)は、熱帯から寒帯に約200属3000種以上が分布します。ジオウ属(Rehmannia Liboschitz ex F.E.L. Fischer & C.A. Meyer, 1835)は、東アジアに10種程があります。

 茎は、15~50cmになります。根生葉は長さ15~25cmの卵状楕円形で鋸歯があります。茎の葉は柄があり互生します。葉脈は窪み、茎・葉・花の全体に毛が密生します。筒形の花冠は5~6cmで紅紫色。先端が上唇2枚と下唇3枚に5裂した、唇形花冠です。筒内部には、蜜標である斑点があります。雌性先熟で、虫媒花です。果実は2裂します。

e0038990_0313263.jpg
Rehmannia japonica Makino

e0038990_031466.jpge0038990_032062.jpg
▲ 左:(480x640/41kb) 右:2006.07.25 (480x640/52kb)

e0038990_0332622.jpge0038990_0334271.jpg
▲ 左:萼の様子 (480x640/40kb) 右:花冠の長さ (480x640/46kb)

センリゴマ(千里胡麻/胡面莽)
別名:ハナジオウ(花地黄)
ゴマノハグサ科ジオウ属
学名:Rehmannia japonica Makino
花期:5月~8月 多年草 草丈:15~50cm 花冠長:5~6cm

【学名解説】
Rehmannia : Joseph Rehmann (1779-1831)に因む(ロシア皇帝の侍医)/ジオウ属
japonica : 日本の
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県立大学薬用植物園 2006.09.08
[PR]
by pianix | 2006-09-11 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(7)
ジギタリス(Digitalis)
 ジギタリス(Digitalis)は、オオバコ科ジギタリス属の多年草です。ヨーロッパ原産で、日本へは1879(明治12)年に薬用と園芸目的に移入されました。名の由来は、管状の花冠を手袋の指に見立てたもので、digitusは指を意味します。別名のキツネノテブクロ(狐の手袋)も同様で、英名のFox-gloveからの直訳。妖精が休息場を動き回るキツネに困って、足音を消す為にジギタリスを履かせたという伝承によります。fairies'glove(妖精の手袋)の転訛と言われています。因みにDigitalisは、デジタル(digital)の語源です。

 APG分類体系では、オオバコ科(Plantaginaceae Juss. (1789))で、約90属1700種があるとされています。エングラー分類体系では、ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae Juss. (1789))で、極寒地を除いた地域に約222属4450種があります。ジギタリス属(Digitalis L. 1753)は、ヨーロッパやアジアに19種が分布します。

 茎は分枝せずに直立して50~150cmになります。根出葉は叢生し長い柄があり、長さ2~15cm。茎に付く葉は互生します。葉は卵状長楕円形で長さ10~30cm、鋸歯があります。葉裏は綿毛が密生して葉脈が網目状に突出します。

 花期は5月から7月頃。茎の先に30~60cmの総状花序を付けます。花冠は合弁花の鐘形で紅紫色。花冠の長さは30~75mmで、花径は2~4cm。花穂の片側に偏り下向きに咲きます。下唇に蜜標である暗紫色の斑点模様があります。下から順に咲きます。萼片は5深裂。雄しべは4本、内2本が長い2強雄ずい。両生花で雌性先熟、虫媒花です。果期は8~9月。果実は蒴果です。長さ1.5cm程の卵形。染色体数は、2n=48,56。

 毒成分を含む毒草です。ステロイド配糖体の一種であるジギトキシン(digitoxin)やギトキシン(gitoxin)を含有し、心収縮力増強作用がある劇物です。ジギタリスの薬効は、民間療法師から受け継いだウイリアム・ウィザーリング(William Withering, 1741-1799)が近代医学に初めて導入したものです。強心利尿薬として使われてきました。日本薬局方に初版から収載され、現在は削除されています。1979(昭和54)年に薬用としての栽培は中止されました。

 園芸用途で親しまれていますが、民間薬としての利用は厳禁です。誤食による死亡事故が昭和39年から平成2年までの間に2例報告されています。推定致死量は2g。コンフリーやボリジと誤認するのが原因です。類似種として強い力価を持つ、ケジギタリス(Digitalis lanata Ehrh.)があります。

Japanese common name : Gigitarisu
e0038990_1131227.jpg
Digitalis purpurea L.

e0038990_113345.jpge0038990_1135179.jpg
撮影地:静岡市葵区富厚里 2010.06.02


ジギタリス(Digitalis)
別名:キツネノテブクロ(狐の手袋)/※ジキタリスは誤読
オオバコ科ジギタリス属
学名:Digitalis purpurea L.
花期5~7月 多年草 草丈:50~150cm 花径:2~4cm 花冠長:30~75mm

e0038990_10353896.gife0038990_12135938.gif


【学名解説】
Digitalis : digitus(指)/ジギタリス(キツネノテブクロ)属
purpurea : purpureus(紫色の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園 2006.07.25
葵区富厚里(ダイラボウ線) 2010.06.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

10 August 2006
Last modified: 10 June 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-08-10 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(0)