タグ:シジミチョウ科 ( 5 ) タグの人気記事
ツバメシジミ(燕小灰蝶)
 ツバメシジミ(燕小灰蝶)は、北海道・本州・四国・九州に広く分布するシジミチョウ科の小型の蝶です。明るい平地の草地に生息します。名の由来は、後翅にある糸状の尾状突起形状をツバメの尾羽に例えたシジミチョウの意味から。英名は、Short-Tailed Blue。全体に白色である印象がありますが、翅を広げると全く異なった模様になり、その変化の大きさが特徴の一つです。成虫の出現期は3月~10月で、年4~5回の羽化があります。食草は、マメ科植物です。

 シジミチョウ科(Lycaenidae)は、世界中に分布し約5500種を抱える、鱗翅目の中で最大の科です。6000種類を数え、チョウ全体の4割を占めると言われています。日本には約80種類が分布します。この仲間の主な特徴は、小形で、後翅に糸状尾状突起を持つ種類が多い事、翅の表と裏では全く違う模様を持つものが多い事、幼虫はワラジムシ型で、雄の前脚は、やや退化している事が挙げられます。この科は、9亜科に分類されます。日本に生息するものは、ウラギンシジミ亜科・カニアシシジミ亜科・ベニシジミ亜科・ヒメシジミ亜科・ミドリシジミ亜科の5亜科です。ヒメシジミ亜科(Polyommatinae)は、アフリカ、ユーラシア大陸、オーストラリア等に広く分布します。

 チョウの体は、頭部・胸部・腹部に分けられます。翅は前翅・後翅の2対4枚あります。ツバメシジミの翅の表はオスが青紫色、メスが暗褐色です。後翅裏面は灰白色で、橙色の紋と黒斑があります。後翅に糸状の尾状突起があります。雌の場合、春型と夏型があります。大きさは、前翅長9~19mm、開張20~30mm。前翅長とは、前翅の基部から翅端までの直線距離を言います。開張は、前翅を広げた左右の翅端間の事です。

 目は黒色の複眼で、2個あります。チョウの触角には、紡錘状・棍棒状・鉤状・球管状があります。ツバメシジミの触角は棍棒状で2本あり、白黒の帯状模様があります。鼻に相当する下唇髭(かしんしゅ)=パルピ(Pulpi)は上向きに反っています。脚は胸部に前脚・中脚・後脚の3対6本があります。脚の作りは、根本から基節(きせつ)・転節(てんせつ)・腿節(たいせつ)・脛節(けいせつ)・付節(ふせつ)・爪から成っています。

 卵・幼虫・蛹・成虫の成長過程を経る、完全変態をします。卵は白色の円形で小さな突起があります。幼虫は緑色のワラジムシ型です。蛹の形態は、垂蛹(すいよう)と、帯蛹(たいよう)に大別されます。垂蛹は尻尾部分で垂れ下がり、帯蛹は胸に帯糸(たいし)をつけて体を上向きにします。ツバメシジミは、帯蛹型です。幼虫で越冬します。

 類似種として、本州(和歌山県)、四国、九州(全県)に分布するタイワンツバメシジミ(台湾燕小灰蝶)Everes lacturnus kawaii Matsumura, 1926があり、こちらは絶滅危惧I類の希少種で、出現期が8~10月です。混同しやすいのは、ルリシジミ(瑠璃小灰蝶)Cerastrina argiolus ladonides (de l'Orza, 1869)です。

Japanese common name : Tubame-sijimi
e0038990_1004294.jpg
Everes argiades hellotia (Menetries, 1857)

e0038990_100546.jpge0038990_101888.jpg
左:春のツバメシジミは初々しい柔らかな雰囲気。 右:♀ パルピ(Pulpi)は上向き
e0038990_1012781.jpg
♀ メスの翅表は暗褐色

e0038990_1051875.jpge0038990_1053255.jpg
♂オスの翅表は青紫色
e0038990_1064751.jpg
橙色紋付近の鱗片。動いているチョウのマクロ撮影は無謀…

e0038990_1071617.jpge0038990_1072736.jpg
左:2006.06.29 右:2006.08.02


ツバメシジミ(燕小灰蝶)
チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科ヒメシジミ亜科ツバメシジミ属
学名:Everes argiades hellotia (Menetries, 1857)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)9~19mm/(開張)20~30mm
出現期:3月~10月(年4~5回)
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:マメ科植物(メドハギ・クサフジ・シロツメクサ・コマツナギ)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から12.5km 左岸河川敷 2007.03.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 12 March 2007
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-03-12 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ヤマトシジミ(大和小灰蝶)
 ヤマトシジミについて話をしていると噛み合わなくなる事があります。貝と蝶で同じ和名の生物がいるからです。異物同名(homonym)は幾つもあり、お互いに失笑する事になります。貝のヤマトシジミはCorbicula japonica Prime, 1864ですが、ここでは蝶のヤマトシジミについて書いています。しかし、本家は貝の方で、翅裏がシジミ貝の内側に似ている事からシジミチョウの名が付けられています。ヤマトは「大和」で、日本の事です。

 ヤマトシジミ(大和小灰蝶)は、シジミチョウ科ヒメシジミ亜科ヤマトシジミ属の昆虫です。日本本州北部から沖縄までに分布する小型の蝶です。低地性の蝶で、極普通に見られます。北朝鮮南部が北限のようです。シジミチョウ科(Lycaenidae)は、9亜科に分類されます。日本に生息するものは、ウラギンシジミ亜科・カニアシシジミ亜科・ベニシジミ亜科・ヒメシジミ亜科・ミドリシジミ亜科の5亜科があります。ヤマトシジミはハマヤマトシジミ属(Zizeeria)でしたが、ヤマトシジミ属(Pseudozizeeria)に転属されました。「偽の」という意味のPseudoが付き、偽のハマヤマトシジミ属と怪しい名前になっています。

 翅の表面は雄と雌で異なります。雄は淡青白色で、雌は暗褐色をしています。裏面は褐色を帯びた灰白色地で、黒の斑紋があります。夏に出現するものは小型です。幼虫で越冬します。卵は扁平で細かな網目があります。幼虫は草鞋(わらじ)型で、終令幼虫は緑色で12mm内外です。蛹は、シジミチョウ共通のだるま型で、黄緑色あるいは淡褐色です。

 食草のカタバミは、どこにでも生える強い野草なので、生育に困る事はなさそうです。他の蝶には、河川が整備される事によって食草を失い絶滅へと向かうものもあります。類似種にゴマシジミ(胡麻小灰蝶)aculinea teleius (Bergstrasser, 1779)、誤認しやすいルリシジミ(瑠璃小灰蝶)Celastrina argiolus ladonides (de l'Orza, 1869)がいます。

Japanese common name : Yamato-sizimi
e0038990_10553338.jpg
Pseudozizeeria maha argia (Menetries, 1857)
e0038990_10554827.jpg
交尾


ヤマトシジミ(大和小灰蝶)
チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科ヒメシジミ亜科ヤマトシジミ属
学名:Pseudozizeeria maha argia (Menetries, 1857)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)9~16mm/(開張)20~28mm
出現期:3月~11月年(年5~6回)
分布:本州・四国・九州・沖縄
食草:(幼虫)カタバミ科(カタバミ)

撮影地:静岡県静岡市
葵区西ヶ谷 2006.03.13
賤機山 2009.07.22

Last modified: 31 September 2009
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-03-18 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ベニシジミ(紅小灰蝶)
 蝶の翅の模様は様々です。しかし、表面と裏面では全く異なる色彩や模様を持つものが多く、蝶を見慣れない方にとっては、全く違った蝶だと思ってしまうかもしれません。裏面とは翅を閉じた時に見える面です。人間を例えて考えると、こちらが表ではないかと思ってしまいます。

 ベニシジミ(紅小灰蝶)は、シジミチョウ科ベニシジミ属の昆虫です。日本での生息範囲は、北海道から九州まで広範囲に渡ります。草原性で明るく開けたところを好みます。汎世界種の一つです。シジミチョウ科(Lycaenidae)は、世界中に分布し約5500種を抱える、鱗翅目の中で最大の科です。ベニシジミ亜科は、旧北区のユーラシア大陸と新北区の北アメリカに広く分布します。日本には、シジミチョウ科の仲間は80種程いますが、ベニシジミ亜科は、ベニシジミの一種だけです。

 翅に黒褐色の地に紅色の模様がある小型の蝶です。春型は明るい橙赤色で、夏型は黒っぽい橙赤色になります。前翅の表は黒褐色の縁取があり、後翅の表は黒褐色で、縁に赤橙色の帯模様があります。タデ科の植物に卵を産み付けます。幼虫で越冬します。幼虫は10mm程で、緑色で紫色の筋が入ります。食草のタデ科植物は川沿いに多い事から、河川の土手に多く現れます。「蓼食う虫も好き好き」の代表格と言えます。

 ベニシジミの翅裏面は、「ベニシジミ(紅小灰蝶)2005年」をご覧下さい。どちらの模様が好きかは様々と思います。

Japanese common name : Beni-sizimi
e0038990_10573774.jpg
Lycaena phlaeas daimio (Matsumura, 1919)
e0038990_10575181.jpg
2006.03.15

追記:2006.03.18
 J.Jさんからベニシジミの幼虫写真を送って頂きました。ありがとうございます。
 「幼虫も紅をさしています。プレゼントです。喜んでいただけますように。3月11日川原で見つけました。」
田中川の生き物調査隊
e0038990_10581179.jpg
Photo by J.J (田中川の生き物調査隊)


ベニシジミ(紅小灰蝶)
チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科ベニシジミ属
学名:Lycaena phlaeas daimio (Matsumura, 1919)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)15~18mm/(開張)27~35mm
出現期:3月~11月(年3~5回)
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:(幼虫)タデ科(ギシギシ、スイバ)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9km 左岸土手 2006.03.15
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 17 March 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-03-17 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ウラナミシジミ(裏波小灰蝶)
 シジミチョウの仲間は小さくて恐くなくて良いのですが、撮影するには少し大変ですね。目の前に現れた虫のみを撮影している私は、毎回のごとく、昆虫撮影をされている方の熱意に脱帽しています。花は風で揺れても逃げていきませんが、昆虫のすばしっこさには閉口します。

 一年前の写真を眺めてみました。去年の今頃は何をやっていたのか記憶が鮮やかに甦ってきました。今と同じ事をやっていたのです。同じ花や蝶を撮影していました。違うのは、少しだけ花や昆虫の名前を覚えた事でしょうか。そうしていつまでも同じように生活したいと願っていますが、訃報を聞き、弔電を打つ夜になってしまいました。家内は息子が日本にいるのかデンマークへ出かけたのか分からなくなり、あわてていました。親馬鹿で、いつまでも子供扱いです。

 昨年出会った花や昆虫と、今日も同じように巡り会えたというのは、当たり前のようで、実は凄く幸せな事ではないか、と思いめぐらしています。このウラナミシジミ(裏波小灰蝶)は、静岡では年中見る事ができます。しかし暖地を除いては越冬することができず、北進を続けて冬の訪れとともに死に絶えてしまうそうです。これを毎年行っている、凄まじい生き様の蝶です。

Japanese common name : Uranami-sijimi
e0038990_812189.jpg
Lampides boeticus boeticus (Linnaeus, 1767)

e0038990_8124130.jpge0038990_8125934.jpg
止まっている花はヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)の蕾 2015.10.07


ウラナミシジミ(裏波小灰蝶)
チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科ヒメシジミ亜科ウラナミシジミ属
学名:Lampides boeticus boeticus (Linnaeus, 1767)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)13~18mm/(開張)28~34mm
出現期:5月~11月
分布:本州・四国・九州・沖縄
食草:マメ科(クズ、タンキリマメ、ヤブマメ、フジマメ、ハギ)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から7.75km 左岸河川敷 2005.09.01
安倍川/河口から0.5km 左岸河川敷 2015.10.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

12 September 2005
Last modified: 7 October 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-09-12 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ベニシジミ(紅小灰蝶)
 今日は台風14号が九州を暴風域に巻き込んで、ゆっくりと進んでいます。静岡は天候が曇り、雲は東から西へ流れています。バイクで野草観察に出かけた途端、小雨がぱらついてきました。天候が不安定です。近くの河川敷へ行きましたが、ここで雨。木陰で雨宿りしていたらイチモンジセセリも避難してきました。カメラを向けても逃げたりしませんでした。ノアの箱船を思い出させます。次の河川敷に移動しても突如の雨。韮の花に止まったツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)2匹の撮影最中でした。雨宿りの最中、雨の日の生物はどうしているのだろうと考えていました。新しい観察テーマになるかもしれません。ツクツクボウシ(寒蜩)は相変わらず鳴いていました。暗いレンズのカメラですから、撮影は無理と判断して退散してきました。

 花に昆虫はつきものなので、時折撮影します。そして、よくもまあこんなにたくさんの種類がいるものだと驚きます。現在、名前が知られている生物だけでも137万種と言われ、実際にはこれを遙かに上回る数になるだろうと予測されています。内、昆虫が74万種、植物が25万種とのこと。『つまり生物の70パーセントは昆虫か植物かのどちらかなのです。創造説が正しいとするなら、神様はよほどの昆虫マニア、植物オタクだったに違いありません。(独立行政法人森林総合研究所九州支所・昆虫研究室 牧野俊一)』には笑ってしまいました。楽しい発想です。

 ベニシジミは河川敷でよく見かける蝶です。写真は♀。日本にいる(土着種)蝶は、237種だそうです。

参考:ベニシジミ(紅小灰蝶)2006.03

Japanese common name : Beni-sijimi
e0038990_2238683.jpg
Lycaena phlaeas daimio (Matsumura, 1919)


ベニシジミ(紅小灰蝶)
チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科ベニシジミ属
学名:Lycaena phlaeas daimio (Matsumura, 1919)

体長:(前翅長)15~18mm/(開張)27~35mm
出現期:3~11月
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:タデ科(ギシギシ、スイバ)

Matsumura : 松村松年(1872-1960)

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系) 河口から2.5km 右岸土手 2005.09.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 6 September 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-09-06 00:00 | | Trackback | Comments(0)