タグ:シソ科 ( 32 ) タグの人気記事
テンニンソウ(天人草)
 テンニンソウ(天人草)は、シソ科テンニンソウ属の多年草です。北海道から九州に分布する日本固有種です。名の由来は不明です。虫食いされた葉の綻びを、破れ衣である羽衣に見立てたとか、花の集まりを天女の舞いに見たてたとの説があります。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。テンニンソウ属(Leucosceptrum J.E.Smith, (1805))は、オドリコソウ亜科に含まれます。日本とヒマラヤに6種があるとされています。

 山間部の木陰に自生し、木化した地下茎で群落を形成します。茎は、シソ科特有の4稜(断面四角形)で直立し、高さ50~100cmになります。葉は対生し、葉柄があります。長さ10~25cm、幅3~9cmの長楕円形から広披針形で鋭頭、鋸歯があり無毛です。

 花期は8月から10月頃。茎頂に長さ10~18cmの穂状花序を出し、淡黄色の唇形花を密生させ、花序の下から順に開花させます。花冠は長さ約8mmで、先は浅く5裂し、上唇は2裂、下唇は3裂します。雄しべ4本、雌しべ1本があり、長く突出します。花柱先端は2裂します。萼は筒形です。果実は堅果です。染色体数は、2n=46。

 類似種のフジテンニンソウ(富士天人草)Leucosceptrum japonicum (Miq.) Kitam. et Murata f. barbinervium (Miq.) Kitam. et Murata は、テンニンソウの一品種(f.:forma)で、葉裏の中肋(ちゅうろく=葉の中央を走る太い葉脈)や花穂の柄に開出毛があります。変種(var.:varietas)に、葉が丸く大きいオオマルバノテンニンソウ(大丸葉の天人草)Leucosceptrum srellipilum (Miq.) Kitam. et Murata var. radicans (Honda) T.Yamaz. et Murata があり、広島・山口・四国・九州に自生します。

Japanese common name : Ten'nin-sou
e0038990_23331710.jpg
Leucosceptrum japonicum (Miq.) Kitam. et Murata

e0038990_23333417.jpge0038990_23334960.jpg
左:全体 右:蕾の苞は開花と共に落ちる
e0038990_23381091.jpg


テンニンソウ(天人草)
シソ科テンニンソウ属
学名:Leucosceptrum japonicum (Miq.) Kitam. et Murata
花期:8月~10月 多年草 草丈:50~100cm 花序長:10~18cm

e0038990_2122812.gif


【学名解説】
Leucosceptrum : leuco(白い)+sceptron(長い柄がある帝王の笏)/テンニンソウ属
japonicum : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)
Kitam. : 北村四郎 Shirō Kitamura (1906-2002)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&に同じ)
Murata : 村田 源 Gen Murata (1927- )

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から47.5km 右岸河川敷 2006.10.09
高山(牛ヶ峰 Alt.717m) 2014.09.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

20 October 2006
Last modified: 23 September 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-10-20 00:00 | | Trackback | Comments(0)
イヌコウジュ(犬香薷)
 イヌコウジュ(犬香薷)は、シソ科イヌコウジュ属の1年草です。日本・朝鮮半島・中国に分布します。日本では全国に分布する在来種です。名の由来は、役に立たないとの意味で犬を冠した香薷。香薷は、香りが強く薬草となるもの全般を指し、その代表である漢方薬で解熱剤に使われるナギナタコウジュ(薙刀香薷)に似る事から。中国名は右薺寧。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。イヌコウジュ属(Mosla (Bentham) F. [Buchanan] Hamilton ex Maximowicz, 1875)は、東アジアの温帯から亜熱帯に広く分布します。

 茎は四角形で直立し、細毛があり紅紫色を帯びます。枝分かれしながら草丈30~60cmになります。葉は対生します。卵状披針形か長楕円形で、長さ2~4cm、幅1~2.5cm。6~13の浅い鋸歯があります。花期は9月から10月頃で、枝先に3~8cmの穂状の花序を付けます。花は筒状になった合弁花冠で淡紫色、上唇と下唇に分かれた、花冠長3~4mmの唇形花です。両生花で、雄しべは4個、下側2個は葯を失った仮雄しべです。萼は2~3mmですが、花後には4mm程になります。萼は5裂します。上唇は3裂、下唇は2裂します。上唇の裂片は尖ります。果実は、4分果の小堅果です。倒卵形で網目模様があり、1.2~1.3mmで茶色です。

 類似種に、同じイヌコウジュ属のヒメジソ(姫紫蘇)Mosla dianthera (Buch.-Ham. ex Roxb.) Maxim. があります。こちらは鋸歯が4~6対あり荒く、萼の上唇裂片が尖りません。他に、トウバナ(塔花)Clinopodium gracile (Benth.) Kuntze、ナギナタコウジュ(薙刀香薷)Elsholtzia ciliata (Thunb.) Hyl.、春に咲くミゾコウジュ(溝香薷)Salvia plebeia R.Br.があります。

Japanese common name : Inu-kouju
e0038990_2038465.jpg
Mosla scabra (Thunb.) C.Y.Wu et H.W.Li

e0038990_2048992.jpge0038990_20382424.jpg
左:花冠と尖った萼裂片 右:全体。茎には4稜がある


イヌコウジュ(犬香薷)
シソ科イヌコウジュ属
学名:Mosla scabra (Thunb.) C.Y.Wu et H.W.Li
synonym : Mosla punctulata (J. F. Gmel.) Nakai
花期:9月~10月 1年草 草丈:30~60cm 花冠長:3~4mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Mosla : インド語のマサラ(スパイスの意味)/イヌコウジュ属
scabra : scabrum(凸凹ある、ざら付いた、粗面の)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
C.Y.Wu : Cheng Yih Wu (1916- )
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
H.W.Li : Hsi Wen Li (1931- )
---
punctulata : punctulatus(細点がある)
J. F. Gmel. : Johann Friedrich Gmelin (1748-1804)
Nakai : 中井猛之進 Takenoshin Nakai (1882-1952)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.09.21
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

30 September 2006
Last modified: 4 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-09-30 00:00 | | Trackback | Comments(2)
コガネバナ(黄金花)
 コガネバナ(黄金花)は、シソ科タツナミソウ属の多年草です。中国北部が原産で、東シベリア、モンゴル、中国北部、朝鮮半島に分布します。日本へは享保年間に薬用として移入されたと言われています。1723(享保8)年に小石川御薬園に植栽された記録があります。各地で薬用あるいは観賞用に栽培されています。名の由来は、根が黄色(黄金色)である事から。英名は、Baikal skullcap。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。タツナミソウ属(Scutellaria L. (1753))は、約300種があり、日本には18種類が自生します。

 主根は、長さ5~20cm、径5~30mmの円錐形で外面は黄褐色、内部が黄色。根を乾燥させたものを黄岑(おうごん)と称して漢方薬として用います。黄連解毒湯・大柴胡湯・小柴胡湯・半夏瀉心湯・清上防風湯等の漢方処方に配合され、解熱・消炎・利尿・止瀉の作用があります。成分はフラボノイドのオウゴニン(wogonin)、バイカリン(baicalin)等です。

 茎は四稜形(断面四角形)で、下部は這い、直立して草丈は30~60cmになります。葉は対生します。葉柄は無く、長さ15~50mm、幅5~10mmの披針形で全縁、先端は尖ります。花茎に穂状花序をつけます。花は紫色の唇形花で、立ち上がって咲き、花冠の長さは25mm程。果実は痩果で、小球形です。種子繁殖が一般的です。

Japanese common name : Kogane-bana
e0038990_9534583.jpg
Scutellaria baikalensis Georgi

e0038990_9535767.jpge0038990_954914.jpg

左:花冠 右:葉の様子


コガネバナ(黄金花)
別名:コガネヤナギ(黄金柳)
シソ科タツナミソウ属
学名:Scutellaria baikalensis Georgi
花期:7月~8月 多年草 草丈:30~60cm 花冠長:25mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Scutellaria : scutella(小皿)/タツナミソウ属
baikalensis : バイカル地方の
Georgi : Johann Gottlieb Georgi (1729-1802)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園 2006.07.25
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 5 August 20106
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-08-05 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(2)
イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)
 イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)は、シソ科イブキジャコウソウ属の落葉矮小低木です。日本・中国・モンゴル・ヒマラヤが原産です。国内では北海道から九州に分布する在来種です。名の由来は、滋賀県と岐阜県の県境にある伊吹山に多く分布し、ジャコウ(麝香)のような芳香がある事から。麝香は、ジャコウジカ(麝香鹿)の雄の麝香腺分泌物の事。名前に草と付きながら実際は木本。日本のタイムとも呼ばれます。英名は、和名と同じくIbuki-Zyako-So。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。イブキジャコウソウ属(Thymus L. (1753))は、ヨーロッパ・アジア・アフリカなどに約350種(古い図鑑では35種)が分布し、日本には本種1種のみが自生します。

 日当たりの良い高山の岩礫地から海岸までに生育します。茎は細く木質化し、地を這い、分枝して節から根を出し群落を作ります。葉は対生します。卵形あるいは狭卵形で、長さ5~10mm、幅2~6mm。全縁で、短い柄があり、基部はくさび形、先端は鈍頭。葉の両面には腺点があります。

 花期は6月から7月頃で、枝先に穂状花序を付けます。花冠は淡紅色の唇形花で、長さは5~8mm、幅8mm内外。花色は低地ほど淡くなります。稀に白花があります。下唇は3裂します。萼に長い毛があり、類似種のタチジャコウソウと異なる部分です。雄しべは4本で、内2本が長くなって花冠から出ます。雌しべに先立ち熟す、雄しべ先熟です。繁殖は通常、挿し木や株分けで行います。染色体数は、2n=24。

Japanese common name : Ibuki-zyakou-sou
e0038990_21163226.jpg
Thymus quinquecostatus Celak.


イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)
シソ科イブキジャコウソウ属
学名:Thymus quinquecostatus Celak.
synonym : Thymus serpyllum L. subsp. quinquecostatus (Celak.) Kitam.
synonym : Thymus serpyllum L. var. ibukiensis Kudo
花期:6月~7月 落葉矮小低木 樹高:5~15cm 花冠長:5~8mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Thymus : thyo(香)|thyme(力)|thymo(神聖な)/イブキジャコウソウ属
quinquecostatus : 五本の主脈ある
Celak. : Ladislav Josef Celakovsky (1834-1902)
---
serpyllum : serpens(蛇のような・這っている・匍匐性の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
subsp. : subspecies(亜種)
quinquecostatus : 五本の主脈がある
Celak. : Ladislav Josef Celakovsky (1834-1902)
Kitam. : 北村四郎 Shirō Kitamura (1906-2002)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から0.25km 左岸土手 2006.07.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 July 2006
Last modified: 9 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-25 00:00 | | Trackback | Comments(0)
アキノタムラソウ(秋の田村草)
 アキノタムラソウ(秋の田村草)は、シソ科アキギリ属の多年草です。東アジアの温帯から暖帯に広く分布します。国内では本州から沖縄までに分布する在来種です。名の由来は、不明です。多紫草や丹紫草との説があります。学名の意味は、日本のサルビア。ちなみにタムラソウ(田村草)はキク科で、アザミに似た花を咲かせる別種です。

  シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。アキギリ属(Salvia L.)は、熱帯から温帯にかけて分布し500~900種以上があると言われています。日本には10種程が自生します。

 茎は4稜があり、断面は四角形。茎は分枝し、20~80cmに立ち上がります。葉は対生します。奇数羽状複葉で、茎に付く位置によって異なり、3出葉あるいは1~2回羽状複葉となります。小葉は3~7枚。長さ3~5cmの広卵形で、長い葉柄があり、鋸歯があります。 

 花期は7月~11月で、葉腋から伸びた茎に輪散花序を付けます。花冠は筒状の合弁花です。淡い青紫色の唇形花を段状に5個ずつ輪生します。輪生と言っても茎の回りに満遍なく取り囲む訳ではなく、日照方向に偏り扇状になります。花序の長さは20cm前後。花冠の長さは10~13mmで上唇と3裂した下唇があり、毛が密生します。

 雄しべ2本があり、内2本は退化しています。2裂した柱頭の雌しべ1本は花冠より僅かに長く、黄色の葯が花冠の上部に突き出ます。萼は長さ5~6mmで腺毛が多くあります。果実は子房が4分裂した分果(mericarp)で、2~4個の種子があります。大木の影に生育する事が多く、強い日差しは好まないようです。染色体数は、2n=16。

Japanese common name : Akino-tamurasou
e0038990_10361990.jpg
Salvia japonica Thunb.

e0038990_10365179.jpge0038990_1037198.jpg


アキノタムラソウ(秋の田村草)
シソ科アキギリ属
学名:Salvia japonica Thunb.
花期:7月~11月 多年草 草丈:20~80cm 花冠長:10~13mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Salvia : salvare(治療)/アキギリ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.75km右岸土手 2006.07.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

19 July 2006
Last modified: 07 October 2010
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-19 00:00 | | Trackback | Comments(0)
マルバハッカ(丸葉薄荷)
 マルバハッカ(丸葉薄荷)は、シソ科ハッカ属の多年草です。ヨーロッパの地中海地方沿岸が原産です。日本では栽培していたものが逸出して、1879(明治12)年に野生化が確認された帰化植物です。名の由来は、丸い葉を持つ薄荷である事から。英名は、Apple mint。林檎のような香りを持つ薄荷であることからの命名です。あるいは、和名と同じRound leaved mint。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。ハッカ属(Mentha L. (1753))は、北半球の温帯に約40種が分布し、日本には2種が自生します。

 地下茎があり繁殖します。茎は4稜(断面が四角)があり、細かな綿毛で覆われています。草丈は30~80cm。葉は十字対生します。葉柄が無く茎を抱きます。長さ2~5cmの広楕円形で、鋸歯があり、葉脈は窪んで網目状のシワがあります。葉裏は柔らかで細かな綿毛で覆われていて、香りの成分を出す腺点があります。林檎に似た甘い芳香で、主要成分は、ピペリテノンオキシド(Piperitenone oxide)です。

 花期は6月から7月頃。茎の先に3cm~6cmの穂状花序を出します。花冠は白色の合弁花です。唇弁形で長さは2mm前後。雄しべが花冠の2倍程に突き出ます。雄しべ4本の内の2本が長い2強雄ずいです。子房上位。染色体数は、2n=24。類似種のオランダハッカ(阿蘭陀薄荷)は、全体に無毛です。

Japanese common name : Maruba-hakka
e0038990_2337932.jpg
Mentha suaveolens Ehrh.
e0038990_2337238.jpg
葉は十字対生する。茎と葉裏には柔らかな綿毛が密生する。


マルバハッカ(丸葉薄荷)
英名:アップルミント(Apple mint)
シソ科ハッカ属
学名:Mentha suaveolens Ehrh.
synonym : Mentha rotundifolia (L.) Huds.
花期:6月~7月 多年草 草丈:30~80cm 花序長:3~6cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Mentha : Menthe(ギリシャ神話の女神の名)/ハッカ属
suaveolens : 芳香のある
Ehrh. : Jakob Friedrich Ehrhart (1742-1795)
---
rotundifolia : rotundifolius(円形葉の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Huds. : William Hudson (1730-1793)

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系) 2.0km左岸 2006.07.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

18 July 2006
Last modified: 26 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-18 00:00 | | Trackback | Comments(4)
ミゾコウジュ(溝香薷)
 ミゾコウジュ(溝香薷)は、シソ科アキギリ属の2年草(越年草)です。日本、朝鮮、台湾、中国、インドシナ、インド、アフガニスタン、マレーシアおよびオーストラリアに分布します。国内では本州・四国・九州・沖縄に分布する在来種です。明るい湿った環境に野生します。名の由来は、溝に生えるコウジュ(香薷)から。コウジュはナギナタコウジュ(薙刀香薷)を代表とする薬草の総称です。

 環境省レッドデータブックでは、現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種の「準絶滅危惧(NT)」に指定されています。静岡県版レッドリスト2004(平成16)年でも、同様の準絶滅危惧(NT)に指定されています。減少の原因は、護岸工事や舗装化等の生息地における環境要因の影響によるものと言われています。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。アキギリ属(Salvia L. (1753))は、熱帯から温帯にかけて分布し500~900種以上があると言われています。日本には10種程が野生します。

 冬に、長楕円形で長い柄を持つロゼットを形成します。葉は対生します。茎葉は鈍い鋸歯がある広楕円形です。茎は、シソ科の特徴である四角形で直立します。下向きの毛が生えています。花期は5月から6月頃。高さ30~70cmになり、葉腋から長さ8~10cmの円錐花序を出します。花冠は淡紫色で、径2mm程の唇形花です。下唇に紫色の斑点模様があります。果実は倒卵形の小堅果です。民間薬として全草を解毒・尿血などの止血に用います。

 類似種として、トウバナ(塔花)Clinopodium gracile (Benth.) O.Kuntze 、秋に咲くイヌコウジュ(犬香薷)Mosla punctulata (J.F.Gmel.) Nakai と、ナギナタコウジュ(薙刀香薷)Elsholtzia ciliata (Thunb.) Hyl. があります。

【警告】
6月の薬草(1-20) - 日本の薬草
http://sasa23.hanagumori.com/6gatu.htm
ミゾコウジュ(溝香需)の文章は、草花と自然Blogの本文を丸写ししたものです。
この作成者に連絡を取る方法が見つかりません。
直ちに削除を求めます。
2015.01.24

Japanese common name : Mizo-kouzyu
e0038990_11432837.jpg
Salvia plebeia R.Br.

e0038990_11433734.jpge0038990_11434883.jpg
茎は四角形で、葉は対生する

e0038990_11441765.jpge0038990_1144267.jpg


ミゾコウジュ(溝香薷)
シソ科アキギリ属
学名:Salvia plebeia R.Br.
別名:ユキミソウ(雪見草)
花期:5月~6月 2年草(越年草) 草丈:30~70cm 花冠長:2~3mm

e0038990_2163229.gife0038990_1449982.gif

【学名解説】
Salvia : salvare(治療)/アキギリ属
plebeia : plebeius(普通の)
R.Br. : Robert Brown (1773-1858)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.05.15, 2006.05.24
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 23 May 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-05-23 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トウバナ(塔花)
 トウバナ(塔花)は、シソ科トウバナ属の多年草です。日本全国に分布する在来種です。国外では朝鮮半島、中国に分布します。名の由来は、花穂が重なり合って伸びる様子を塔に見立てたもの。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。トウバナ属はオドリコソウ亜科に含まれ、北半球の暖帯から温帯にかけて約50種が分布します。

 茎は細く四角形で微細毛があり、束生します。赤褐色を帯びます。下部は地を這い、途中で立ち上がり草丈10~30cmになります。葉は対生します。葉柄があり、卵形あるいは狭卵形で浅い鋸歯があります。長さは10~30mmで、幅は10~20mm程です。枝先に花穂をつけ数段に輪生します。花は淡紅紫色の唇形花です。5裂した筒状合弁花で、花冠の長さは4~6mm、下唇は3裂します。萼は3~4mmで赤褐色を帯びます。雄しべは4本で長短の2本ずつがあります。両性花です。4分果を付けます。

 近縁種に、白花で萼に軟毛が密生するイヌトウバナ(犬塔花)Clinopodium micranthum (Regel) Haraがあります。間違えやすいものに、クルマバナ(車花)Clinopodium chinense (Benth.) O. Kuntze subsp. grandiflorum (Maxim.) Hara var. parviflorum (Kudo) Haraがあります。
山に多い、ミヤマトウバナ(深山塔花)Clinopodium sachalinense (Fr. Schm.) Koidz.や、白花のヤマトウバナ(山塔花)Clinopodium multicaule (Maxim.) O. Kuntzeもあります。

Japanese common name : Tou-bana
e0038990_17303496.jpg
Clinopodium gracile (Benth.) Kuntze
e0038990_17304494.jpg


トウバナ(塔花)
シソ科トウバナ属
学名:Clinopodium gracile (Benth.) Kuntze
花期:5月~8月 多年草 草丈:10~30cm 花冠長:4~6mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Clinopodium : cline(床・斜)+podion(小足)/トウバナ属
gracile : gracilentus(細長い・か弱い)
Benth. : George Bentham (1800-1884)
Kuntze : Carl Ernst Otto Kuntze (1843-1907)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.05.06
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 13 May 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-05-13 00:00 | | Trackback | Comments(2)
カキドオシ(垣通/籬通)
 カキドオシ(垣通/籬通)は、シソ科カキドオシ属の多年草です。アジア原産で、中国、シベリア東部、日本に分布します。国内では全国に分布する在来種です。名の由来は、花後に長く蔓が伸びて垣根を通り抜ける程になる事から。別名のカントリソウ(癇取草)は、民間薬として、子供の癇(神経が過敏で小さなことにもいらたち怒る事)に用いた事から。葉が銭形のように連がることから、生薬名でレンセンソウ(連銭草)とも。英名は、Alehoof。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。カキドオシ属(Glechoma L. (1753))は北半球に広く分布し、日本には本種のみが自生します。

 茎は、シソ科の特徴である四角柱状です。初めは直立し草丈5~25cmになります。花後に倒れて蔓状となります。地面を這い、節から根を出しながら伸びます。葉は対生し、長い柄があります。腎円形で、鈍い鋸歯があり、長さ15~25mm程。縁に鈍い切れ込みがあります。茎と葉共に粗毛があります。

 花期は4月から5月で、葉腋に淡紫色で長さ15~25mmの唇形花を付けます。ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)やトキワハゼ(常磐爆米)と異なり、下唇は3裂せず2裂します。萼は5裂します。花弁に蜜標1)である、濃い紫色の斑紋があります。

 雄しべは4本。雌しべに隣接した2本と、下側に付く2本があります。雌しべの柱頭は2裂します。種子は分果で、楕円形です。種子及び地下茎で繁殖します。染色体数は、2n=36,45,54。

 葉に斑が入った品種に、フイリカキドオシカキドオシ(斑入垣通)Glechoma hederacea L. subsp. grandis (A.Gray) H.Hara f. albovariegata H.Hara があり、花色が白色のシロバナカキドオシ(白花垣通)Glechoma hederacea L. subsp. grandis (A.Gray) H.Hara f. nivea Hiyama があります。ヨーロッパ原産の園芸種として、セイヨウカキドオシ(西洋籬通)Glechoma hederacea L. subsp. hederacea があります。

 民間薬として利尿、消炎薬として使われてきました。糖尿病・膀胱や尿路結石・黄疸・疳に用いられます。ヨーロッパでも古くから去痰・喘息に用いられてきました。最近は糖尿病に効き目がありそうだと期待されているようです。花期の全草を乾燥させたもの(連銭草)を使います。茶材や薬酒としても利用されています。

1)蜜標(みつひょう):昆虫に蜜の所在を示す標識(nector guide)

Japanese common name : Kakido'oshi
e0038990_10243399.jpg
Glechoma hederacea L. subsp. grandis (A.Gray) H.Hara

e0038990_10244973.jpge0038990_1024597.jpg
雌しべ柱頭は2裂する


カキドオシ(垣通/籬通)
別名:カントリソウ(癇取草)
シソ科カキドオシ属
学名:Glechoma hederacea L. subsp. grandis (A.Gray) H.Hara
synonym : Glechoma grandis (A.Gray) Kuprian.
花期:4月~5月 多年草 草丈(蔓性):5~25cm 花長:15~25mm

e0038990_2163229.gife0038990_23304654.gif

【学名解説】
Glechoma : ハッカの一種glechonに由来/カキドオシ属
hederacea : hederaceus(キズタ属(Hedera)に似た)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
subsp. : subspecies(亜種)
grandis : 大形の
A. Gray : Asa Gray (1810-1888)
H.Hara : 原 寛 Hiroshi Hara (1911-1986)
---
var. : varietas(変種)
Kuprian. : Lyudmila Andreyeva (Andreevna) Kuprianova (1914-1987)
---
f. : forma(品種)
nivea : niveus(雪白色の)
Hiyama : 桧山庫三 Kozo Hiyama (1905-?)
---
albovariegata : albi(o)(白)+variegatus(斑紋のある)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から12.50km 左岸土手 2006.04.20
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

First draft: 20 April 2006, 8 April 2014, 10 April 2015
Last modified: 2 May 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-20 00:00 | | Trackback(1) | Comments(2)
キランソウ(紫藍草/金瘡小草)
 キランソウ(紫藍草/金瘡小草/金襴草)は、シソ科キランソウ属の多年草です。普通に見られる野草ですが、個体数が多いわけではありません。キランソウの名の由来は定かではありません。「紫藍草」の「キ」は紫の古語、「ラン」は藍色で、花色に由来したものとする説、また「金襴草」は、織物の切れ端に例えたものとの説があります。「金蒼小草」は中国名です。

 別名のジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)はインパクトがあります。春の彼岸の頃に花が咲くので、先祖の霊を閉じこめるものとの説は違和感を覚えます。そうではなく、薬効がある為に瀕死の重病人が地獄へ落ちる事を妨げる蓋に例えたものとの説が有力です。単に、茎葉が覆うように生えるから地面の蓋に例えたとする説もあります。要するに蓋は出さないか入れないかに注目している訳で、入れない説に道理があります。

 シソ科(Lamiaceae Martinov (1820))は、北半球の地中海沿岸や中央アジアを中心に約250属7000種が分布します。日本には約28属90種があります。保留名である新エングラー体系でのシソ科の学名Labiataeは、Labea(唇)に基づいた名称で、戦前は唇形科とされていました。英名ではMint familyと言われるように、香気を持つものが多くあります。キランソウ属は、世界の温帯から熱帯にかけて約50種が分布し、日本には12種1変種1品種が自生します。キランソウは、中国、朝鮮半島、また日本では本州から九州に分布します。

 シソ科の植物は茎が四角形である事が特徴ですが、本種は珍しく丸い茎を持っています。地を放射状に這う匍匐茎で、立ち上がりません。長さは15cm程になりますが、高さは3~5cm程です。綿毛を密生し、茎色は紫色を帯びます。根生葉は広倒披針形で先端は鈍頭、4~6cmの長さがあります。茎上の葉は対生し、葉柄があります。葉の縁は波打っていて、裏側は紫色です。花は濃紫色の唇形で、下唇は3裂、上唇は2裂します。雄しべは4本で、内2本が長く突き出ます。果実は卵球状で2mm以下の大きさです。

 生薬として乾燥葉が「キランソウ」として販売されていて、鎮咳、去淡、解熱、健胃、下痢止めに使われます。

 類似種として、関東地方から東海地方に分布し準絶滅危惧種(NT)の、タチキランソウ(立金蒼小草)Ajuga makinoi Nakai、沖縄から台湾北部に分布する、ヒメキランソウ(姫金蒼小草)Ajuga pygmaea A. Gray、キランソウとジュウニヒトエの自然雑種で関東から四国までに分布する、ジュウニキランソウ(十二金蒼小草) Ajuga x mixta Makino、等があります。ジュウニヒトエ(十二単)やセイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)も、この仲間です。

Japanese common name : Kiransou
e0038990_21331749.jpg
Ajuga decumbens Thunb.


キランソウ(紫藍草/金瘡小草)
別名:ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)
シソ科キランソウ属
学名:Ajuga decumbens Thunb.
花期:3月~5月 多年草 草丈:3~5cm(地を這う) 花冠:1cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Ajuga : a(無)+jugos(軛くびき・束縛)|abiga(畸形・奇形)/キランソウ属
decumbens : 横臥した
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)

撮影地:静岡県静岡市
葵区福田ヶ谷 2006.03.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 30 March 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-03-30 00:00 | | Trackback | Comments(0)