タグ:ショウガ科 ( 2 ) タグの人気記事
ハナミョウガ(花茗荷)
 ハナミョウガ(花茗荷)は、ショウガ科ハナミョウガ属の多年草です。中国、台湾、日本に分布します。日本では、関東以西から九州に分布する在来種です。名の由来は、葉が茗荷に似て目立つ花を咲かせる事から。

 ショウガ科(Zingiberaceae Martinov (1820))は、熱帯から亜熱帯にかけて約47属1400種が分布します。ハナミョウガ属(Alpinia Roxburgh (1810))は、東アジアから太平洋諸島にかけて約250種が分布します。

 山地の林縁に自生します。根茎から叢生1)し、細毛のある緑色の偽茎2)を40~60cmに斜上させます。葉は広披針形で、長さ15~40cm、幅5~8cm。葉表は無毛、裏面は短毛が密生します。花期は5月から6月頃です。偽茎の先に穂状花序3)を出します。花序は10~15cmで、多数の蘭に似た唇弁花を付けます。花弁の長さは約25mm。先端が3裂する唇弁は白地に赤い縞模様が入ります。萼(外花被)は白色の筒状で先端が赤くなります。

 雌雄異熟の両性花です。中裂片の内側に雄しべ1、雌しべ1が立ち上がります。雄性先熟で花柱の位置運動が行われます。子房下位。果実は蒴果4)です。はじめは緑色で熟すと赤色。広楕円形で、長さ12~18mm。細毛があり、残存萼5)が先端にあります。種子は白い仮種皮に包まれ、4~5mm。染色体数は、2n=48。

 生薬名は伊豆縮砂(いずしゅくしゃ)で、芳香性健胃薬として用いられます。乾燥種子を粉末にした物です。外国産の縮砂(日本薬局方収載生薬)Amomum xanthioides Wallichの代用品として用いられてきました。縮砂の主要成分は、d-camphor、d-borneol、bornylacetate、linalool、 nerolidol、liquiritin、glucovanillic acid等で、漢方薬の「安中散」等に配合されています。

 品種に、果実が黄色の、キミノハナミョウガ(黄実の花茗荷)Alpinia japonica (Thunb.) Miq. f. xanthocarpa Yamasiro et M.Maeda があります。

◎  ◎  ◎

 冬の里山などで「この赤い実は何?」と良く聞かれます。赤い実を付ける植物は結構多く、目立つからです。しかし、ハナミョウガは多くの方が名を知らないようです。特に花を見た事がないと言われる方が圧倒的です。暖地の山地では、ありふれた植物の一つです。

1) 叢生(そうせい):=束生(そくせい)。群がって束になって生える事。
2) 偽茎(ぎけい): 地下茎から出た多数の葉鞘(葉の基部で茎を取り巻いている部分)が重なり茎に見えるもの。
3) 穂状花序(すいじょうかじょ):花序軸に柄のない花が並ぶ形状。
4) 蒴果(さくか):裂開果の一つで、果実が成熟すると心皮と同数の裂片に裂けて種子を散布するもの。
5) 残存萼(ざんぞんがく):果実になる時期にも残る萼。

参考:ヤブミョウガ(藪茗荷)

Japanese common name : Hana-myouga
e0038990_1135229.jpg
Alpinia japonica (Thunb.) Miq.

e0038990_1935062.jpge0038990_194958.jpg
左:膜質の苞(左)に包まれていた穂状花序。右:白色で紅色の条がある唇弁花

e0038990_1971942.jpge0038990_1973378.jpg
左:葉表 右:葉裏は短毛が密生する

e0038990_1985688.jpge0038990_1991236.jpg
左:葉と花 右:地下茎と叢生する偽茎
e0038990_19103152.jpg
果実

e0038990_19141467.jpge0038990_19143461.jpg
果実は鳥などに食べられる
e0038990_19132189.jpg
左にある突起が残存萼の一部
e0038990_1919108.jpg
種子は白い仮種皮に包まれている
e0038990_1920489.jpg
一個の果実に含まれていた種子


ハナミョウガ(花茗荷)
ショウガ科ハナミョウガ属
学名:Alpinia japonica (Thunb.) Miq.
花期5月~6月 多年草 草丈:40~60cm 花冠長:約2.5cm 花序長:10~15cm

e0038990_2163229.gife0038990_20531140.gif

【学名解説】
Alpinia : Prospero Alpinio (1553-1617)に因む/ハナミョウガ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Miq. : Friedrich Anton Wilhelm Miquel (1811-1871)

撮影地:静岡県静岡市
千代山(Alt.226m) 2007.06.04(花)
安倍城跡(Alt.435m) 2008.05.20(蕾)/2008.06.07(花)/2012.02.21(実)/2012.02.24(根)
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture]

Last modified: 26 February 2012
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-02-26 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ハナシュクシャ(花縮砂)
 花は、それぞれの国で流布している名前で呼ばれています。大きな国土を持つ国ですと、それぞれの地方で異なった名前がつけられる事が少なくありません。世界共通語としての学名を使えば良いのでしょうが、研究者ならいざ知らず、日常生活で使われるとは考えにくい事です。和名は、それなりに便利に使われています。しかし、誰とも無く使われ始めた省略語によって混乱が引き起こされるのは避けたいものです。一端間違えて流布されると収拾がつかなくなります。

 流通名は、ジンジャー(ginger)ですが、ジンジャー(Zingiber officinale)=生姜を買ってきても、この写真のような花は咲きません。英名のジンジャーリリー(Ginger Lily)を省略したために混乱が起きているのです。
 この場合、違うものに同じ名前(異物同名・homonym)が付いた事になります。逆に、同じものに異なる名前(同物異名・synonym)が付いたものもあります。私は、面倒がらずに、英名を使うならジンジャーリリーとすることをお勧めします。

 河川敷は緑地公園として活用されています。サッカーや野球を行う事ができるようにしてあります。この花が咲いている場所は、グランドゴルフ場の一角にあります。そこの看板に書かれている事に興味があったので、仕事の合間に大急ぎで確認してきました。

 『このグランドは、近所のお年寄りが健康の増進と親睦を深めるために集まり、楽しくグランドゴルフを行う場所です。いつも皆で手入れもしています。自転車・オートバイ等で走り回ったり、グランド設備や、花壇等を壊したりしないようにして下さい。スポーツ広場 管理指導員』。

つまり、過去にお願いしなければならなかったような状態にあった、という事が分かります。悲しい事ですね。

Japanese common name : Hana-syukusya
e0038990_22191348.jpg
Hedychium coronarium J.Koenig


ハナシュクシャ(花縮砂)
ショウガ科シュクシャ属
英名:ジンジャーリリー(Ginger Lily)/誤名:ジンジャー(Ginger)
学名:Hedychium coronarium J.Koenig
花期:8月~11月 多年草(球根) 草丈:80~150cm 花径:6~10cm

【学名解説】
Hedychium : hedys(美味)+chion(雪)/シュクシャ属
coronarium : coronarius(花冠の・副花冠ある)
J.Koenig : Johann Gerhard Koenig (1728-1785)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から10.5km 右岸河川敷 2005.09.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 10 September 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-09-10 00:00 | | Trackback | Comments(2)