タグ:ジャノヒゲ属 ( 2 ) タグの人気記事
タマリュウ(玉竜)
 タマリュウ(玉竜)は、キジカクシ科(旧分類ユリ科)ジャノヒゲ属の多年草です。日本や中国を原産とし、国内では北海道西部から九州までに分布するジャノヒゲ(蛇の髭)の園芸用矮性品種です。タマリュウはギョクリュウとも呼ばれます。耐寒性があり、日陰でも生育する事から、主にグランドカバーとして使われます。ジャノヒゲに比べて小型である以外は性質が同じで、取扱も準じます。従って、ジャノヒゲ(蛇の髭)を参照下さい。

 キジカクシ科(Asparagaceae Juss. (1789))は、約150属2500種が分布します。旧分類ユリ科(Liliaceae Juss. (1789))は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ジャノヒゲ属(Ophiopogon Ker-Gawler (1807))は、世界に約65種があり、日本には4種1)が分布します。

 繁殖は種子でもできますが、株分けが一般的です。夏と冬を避け、3月から4月頃、9月から10月頃に株を小分けにして植え替えます。種子を保存する時は乾燥に注意して3月か4月頃までに蒔きます。植え替え時に準じて置肥(固形)をします。成長が遅い事を考慮して、間隔をあまり開けずに植え込みます。

1)日本に分布するジャノヒゲ属の4種
ノシラン(熨斗蘭)Ophiopogon jaburan (Siebold) Lodd.
ヨナグニノシラン(与那国熨斗蘭)Ophiopogon reversus C.C.Huang 
ジャノヒゲ(蛇の髭)Ophiopogon japonicus (Thunb.) Ker Gawl.
オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)Ophiopogon planiscapus Nakai
※ヨナグニノシラン(与那国熨斗蘭)は、絶滅危惧IA類(CR)。オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)は、日本固有種。

参考:ジャノヒゲ(蛇の髭)ヤブラン(薮蘭)ヒメヤブラン(姫藪蘭)

Japanese common name : Tamaryuu
e0038990_15292350.jpg
Ophiopogon japonicus (Thunb.) Ker-Gawl. f. nanus hort. 'Nanus'


タマリュウ(玉竜)
別名:チャボジャノヒゲ(矮鶏蛇の髭)/チャボリュウノヒゲ(矮鶏龍の髭)
キジカクシ科ジャノヒゲ属
学名:Ophiopogon japonicus (Thunb.) Ker-Gawl. f. nanus hort. 'Nanus'
花期:7月~8月 多年草 草丈:5~8cm 果期:12月~1月

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Ophiopogon : ophio(蛇)+pogon(髭)/ジャノヒゲ属
japonicus : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Ker-Gawl. : John Bellenden Ker Gawler (1764-1842)
f. : forma(品種)
nanus : 小さい・低い
hort. : hortorum(庭園の)

撮影地:静岡県静岡市
静岡市駿河区谷田(植栽) 2006.02.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

12 February 2006
Last modified: 03 April 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-02-12 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ジャノヒゲ(蛇の髭)
 ジャノヒゲ(蛇の髭)は、キジカクシ科(旧分類ユリ科)ジャノヒゲ属の多年草です。東アジアと日本が原産で、北海道の一部と本州から九州まで、海外では中国に分布します。名の由来は、葉の形状を伝説上の動物である龍の髭に見立てたもの。属名には、ジャノヒゲをラテン語に訳したものが使われ、種小名は日本の意味です。

 キジカクシ科(Asparagaceae Juss. (1789))は、約150属2500種が分布します。旧分類ユリ科(Liliaceae Juss. (1789))は、世界の温帯と熱帯に約240属4000種が分布します。ジャノヒゲ属(Ophiopogon Ker-Gawler (1807))は、世界に約65種があり、日本には4種1)が分布します。

 葉の幅は3mm程で細長く、長さは30cm以下、非常に細かい鋸歯があります。花期は7月から8月頃。花穂を10cm位に伸ばし、総状花序に白色、あるいは淡紫色の花を、下向きに付けます。種子は1cm以下の大きさで、当初は緑色で、12月頃からコバルト色に変化します。胚珠が膨らんで、子房の壁を破って露出したもので、果実ではなく種子そのものです。染色体数は、2n=70(山下、田村)。

 根茎から走出枝で繁殖し、紡錘形に肥大する部分(塊根)があります。この膨大部を日本薬局方の生薬バクモンドウ(麦門冬)と言い、鎮咳・去痰薬、あるいは滋養強壮として使われます。

 ジャノヒゲ属とヤブラン属の違いは、花と種子によって判別します。ジャノヒゲ属では、花は下向き、種子は濃青色。ヤブラン属では、花は上向き、種子は黒色系です。類似種にオオバジャノヒゲ(大葉蛇の鬚)があり、ジャノヒゲよりも葉幅が広く、花は白色です。

 変種に、カブダチジャノヒゲ(株立蛇の髭)Ophiopogon japonicus (Thunb.) Ker Gawl. var. caespitosus Okuyama、ナガバジャノヒゲ(長葉蛇の髭)Ophiopogon japonicus (Thunb.) Ker Gawl. var. umbrosus Maxim. があります。園芸品種に、葉が短いギョクリュウ(玉竜)があり、流通名のタマリュウで知られています。

1)日本に分布するジャノヒゲ属の4種
ノシラン(熨斗蘭)Ophiopogon jaburan (Siebold) Lodd.
ヨナグニノシラン(与那国熨斗蘭)Ophiopogon reversus C.C.Huang 
ジャノヒゲ(蛇の髭)Ophiopogon japonicus (Thunb.) Ker Gawl.
オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)Ophiopogon planiscapus Nakai
※ヨナグニノシラン(与那国熨斗蘭)は、絶滅危惧IA類(CR)。オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)は、日本固有種。

参考タマリュウ(玉竜)ヤブラン(薮蘭)ヒメヤブラン(姫藪蘭)

Japanese common name : Jano-hige
e0038990_18443294.jpg
Ophiopogon japonicus (Thunb.) Ker-Gawl.

e0038990_18444742.jpge0038990_18445787.jpg
総状花序に白色、あるいは淡紫色の花を、下向きに付ける。


ジャノヒゲ(蛇の髭)
別名:リュウノヒゲ(龍の髭)
キジカクシ科ジャノヒゲ属
学名:Ophiopogon japonicus (Thunb.) Ker-Gawl.
花期:7月~8月 多年草 草丈:10~20cm 果期:12月~1月 種子径:7mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Ophiopogon : ophio(蛇)+pogon(髭)/ジャノヒゲ属
japonicus : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Ker-Gawl. : John Bellenden Ker Gawler (1764-1842)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川河口から14.75km(静岡市葵区足久保) 2006.01.17
満観峰(Alt. 470m) 2015.06.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

19 January 2006
Last modified: 19 June 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-01-19 00:00 | | Trackback | Comments(2)