タグ:ジンチョウゲ科 ( 2 ) タグの人気記事
オニシバリ(鬼縛り)
 オニシバリ(鬼縛り)は、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑小低木です。日本、中国、朝鮮半島に分布します。日本では、本州(福島県以南)、四国、九州に分布する在来種です。名の由来は、引きちぎりにくい枝で、鬼を縛れる程の強さとの例えから。別名のナツボウズ(夏坊主)は、夏に落葉させる事から。

 ジンチョウゲ(沈丁花)科(Thymelaeaceae Juss. (1789))は、世界の温帯から熱帯に44属、約500種が分布し、日本には4属、16種が自生します。ジンチョウゲ属(Daphne L. (1753))は、世界に約90種、日本には7種程が自生します。

 丘陵や山地の林内に自生します。茎は灰茶色で樹皮は強靱でしなやか。繊維に富む事から和紙の補助材として利用されます。樹高は50cm~80cm。葉は互生します。倒披針形、あるいは披針形で、長さ4~10cm、幅1~3cm、全縁。落葉は夏の7~8月頃の一ヶ月間程で、その後に新葉を出します。

 花期は2月から4月。葉腋から束生状に淡黄緑色の花をつけます。花冠は筒状で、長さ6~8mmの萼筒の先を4裂させた萼裂片を開き、反り返ります。雌雄異株。雌花の萼筒は雄花の半分程の長さで小さい。雄しべ8個。子房上位。

 果実は核果です。長楕円形で長さ6~8mm。熟すと赤くなります。セイヨウオニシバリ(西洋鬼縛り)Daphne mezereum L.と同様に、ダフネトキシン(daphnetoxin|C27H30O8)を含み有毒です。半数致死量(LD50)は、0.3mg/kg-1(mouse)。皮膚吸収の可能性があり、炎症を引き起す事があります。薬用としては、樹皮を慢性皮膚病、リウマチの消腫目的で使用されます。

 似た種に、ナニワズ(難波津)Daphne jezoensis Maxim.があります。長野県の絶滅危惧IB類(EN)。

 参考文献:Constituents of the Leaves of Daphne pseudo-mezereum (T.Konishi, S.Wada, S.Kiyosawa 1993)

---
2015.01.29 開花を確認/2016.01.13 開花を確認/2017.02.03 開花を確認

Japanese common name : Oni-shibari
e0038990_1915285.jpg
Daphne pseudomezereum A.Gray

e0038990_19151959.jpge0038990_19152742.jpg
左:雄株 右:雌株

e0038990_19154265.jpge0038990_19155246.jpg
雄花花冠。萼筒先端を4裂させる。筒状で長さ6~8mm。

e0038990_1916510.jpge0038990_19161528.jpg
左:雄花(左)と雌花(左) 右:内部。子房上位。

e0038990_19162844.jpge0038990_19163727.jpg
左;雄株全体 右:葉は倒披針形、あるいは披針形で、全縁。

e0038990_1916503.jpge0038990_19172359.jpg
左:若い果実(2014.04.16) 右:赤くなった果実(2016.05.12)


オニシバリ(鬼縛り)
別名:ナツボウズ(夏坊主)
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属
学名:Daphne pseudomezereum A.Gray
花期:2月~4月 常緑小低木 樹高:50cm~80cm 花冠径:約14mm

e0038990_2163229.gife0038990_10353896.gif

【学名解説】
Daphne : ギリシャ神話の女神名(月桂樹)/ジンチョウゲ属
pseudomezereum : pseudo(似た)+mazeriyn(殺す)[セイヨウオニシバリに似た]
A.Gray : Asa Gray (1810-1888)
---
Juss. : Antoine Laurent de Jussieu (1748-1836)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435m) 2014.02.19 - 04.16
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

05 March 2014
Last modified: 17 May 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2014-05-13 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ジンチョウゲ(沈丁花)
 ジンチョウゲ(沈丁花)は、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の落葉低木です。中国原産で、日本へは室町時代に渡来したものと言われています。名の由来は、ジンコウ(沈香)とチョウジ(丁子)から採れる香料の香りを持っている事から。香りは気温の低い朝夕の湿度が高い時ほど強くなります。中国名はズイコウ(瑞香)。英名はWinter Daphne。

 ジンチョウゲ科(Thymelaeaceae A.L. de Juss. 1789)は、世界の温帯から熱帯に44属、約500種が分布し、日本には4属、16種が自生します。ジンチョウゲ属(Daphne L. (1753))は、世界に約90種、日本には7種程が自生します。

 肉厚の花びらのように見えるのは萼片で、花弁はありません。萼は筒状で4裂し、反り返ります。外側は赤紫色、内面は白色です。雌雄異株で、雄株しか渡来しなかったので通常は結実しません。最近、雌株も入ってきたらしく、紅色の楕円形液果を付けます。雄しべは8本で、半数ずつが高さの違う2組に分かれます。葉は単葉で全縁。染色体数は、2n=28。

 品種に、白色のシロバナジンチョウゲ(白花沈丁花)、葉に黄斑の入るフクリンジンチョウゲ(覆輪沈丁花)、薄紅色のウスイロジンチョウゲ(薄色沈丁花)があります。

シロバナジンチョウゲ(白花沈丁花)
 Daphne odora Thunb. f. alba (Hemsley) Hara
フクリンジンチョウゲ(覆輪沈丁花)
 Daphne odora Thunb. f. marginata Makino
ウスイロジンチョウゲ(薄色沈丁花)
 Daphne odora Thunb. f. rosacea (Makino) Hara

Japanese common name : Zintyouge
e0038990_15482596.jpg
Daphne odora Thunb.
e0038990_15484263.jpg
シロバナジンチョウゲ(白花沈丁花)
Daphne odora Thunb. f. alba (Hemsl.) H.Hara


ジンチョウゲ(沈丁花)
別名:チョウジグサ(丁子草)/ズイコウ(瑞香)/センリコウ(千里香)
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属
学名:Daphne odora Thunb.
花期:3月~4月 常緑低木(雌雄異株) 樹高:1~1.5m 花径:10~13mm 果期:6月

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Daphne : ギリシャ神話の女神の名/ジンチョウゲ属
odora : odoratus(芳香のある)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
---
f. : forma(品種)
alba : 白い(albus・男性形/alba・女性形/album・中性形)
Hemsl. : William Botting Hemsley (1843-1924)
H.Hara : 原寛 Hiroshi Hara (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
葵区昭府(植栽) 2006.03.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 13 March 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-03-13 00:00 | | Trackback(1) | Comments(4)