タグ:タデ科 ( 7 ) タグの人気記事
イヌタデ(犬蓼)
 イヌタデ(犬蓼)は、タデ科イヌタデ属の1年草です。朝鮮・中国や千島・樺太に分布し、国内では北海道から沖縄までの全国に分布する在来種(史前帰化植物)です。名の由来は、ヤナギタデ(柳蓼)のような葉に辛み成分を持たず、香辛料として使えないので、役に立たない意味でのイヌ(犬)を付けたもの。通常、タデと言えばヤナギタデを指す事になります。別名のアカマンマ(赤まんま)は、花被を赤飯に見立てたもの。

 タデ科(Polygonaceae Juss. (1789))は北半球に約40属800種があります。タデ科の特徴は、葉柄の基部の托葉が茎を包む形の托葉鞘(たくようしょう)となる事です。イヌタデ属(Persicaria (L.) P. Miller, 1754)は北半球に約100種あり、日本には約30種があります。旧属名はPolygonumで、polys(多い)+ gonu(節)の意味を持ち、節が関節のように膨れる事に因みます。

 茎は赤味を帯びます。下部は地を這い、節から根を出し、高さ20~50cmになります。葉は互生します。長さ3~8cm、幅1~2.5cmの広披針形から披針形で、先端が尖ります。葉表の縁や裏面の葉脈上に毛があります。托葉鞘は筒形で長さ7~8mm、托葉鞘と同じ長さの剛毛が縁に付きます。

 花期は、7月から11月頃。茎の先に1~5cmの穂状花序を出し、紅色の花を多数付けます。稀に白花種があります。花弁に見えるのは萼が5裂したもので、花弁はありません。花被の長さは1.5~2mm。雄しべは通常8個、雌しべの柱頭は3裂します。果実は痩果です。花後の花被が痩果を包みます。種子は3稜形で、光沢がある黒色です。染色体数は、2n=40。

 類似種として、白花品種のシロバナイヌタデ(白花犬蓼)Persicaria longiseta (Bruijn) Kitag. f. albiflora (Honda) Masam. 、イヌタデよりも大きくなるオオイヌタデ(大犬蓼)Persicaria lapathifolia (L.) Delarbre var. lapathifolia があります。

Japanese common name : Inu-tade
e0038990_1993872.jpg
Persicaria longiseta (Bruijn) Kitag.

e0038990_1546570.jpge0038990_15461914.jpg

左:托葉鞘/10月 右:托葉鞘/12月

e0038990_15491478.jpge0038990_15492717.jpg
左:光沢がある黒い種子が見える 右:花
e0038990_15493917.jpg
シロバナイヌタデ(白花犬蓼)
Persicaria longiseta (Bruijn) Kitag. f. albiflora (Honda) Masam.


イヌタデ(犬蓼)
別名:アカマンマ(赤まんま)
タデ科イヌタデ属
学名:Persicaria longiseta (Bruijn) Kitag.
花期:7月~11月 1年草 草丈:20~50cm 花径:2~3mm 花序長:1~5cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Persicaria : persica(モモ)に似る/イヌタデ属
longiseta : longius(長い)+seta(刺毛)
Bruijn : Ary Johannesde Bruijn (1811-1895)
Kitag. : 北川政夫 Masao Kitagawa (1909-1995)
---
f. : forma(品種)
albiflora : albiflorus(白花の)
Honda : 本田政次 Masaji Honda (1887-1984)
Masam. : 正宗厳敬 Genkei Masamune (1899-1993)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.10.12 / 12.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

4 December 2006, 07 April 2014
Last modified: 16 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-12-04 00:00 | | Trackback | Comments(2)
イシミカワ
 イシミカワは、タデ科イヌタデ属の1年草です。アジアに広く分布し、国内では全国に分布します。名の由来は不明です。従って漢字表記も、石見川・石実皮・石膠・杠板帰(中国名)、と多種に及びます。

 タデ科(Polygonaceae Juss. 1789)は北半球に約40属800種があります。タデ科の特徴は、葉柄の基部の托葉が茎を包む形の托葉鞘(たくようしょう)となる事です。イヌタデ属(Persicaria (C. Linnaeus) P.Miller, 1754)は北半球に約100種あり、日本には約30種があります。旧属名はPolygonumで、polys(多い)+ gonu(節)の意味を持ち、節が関節のように膨れる事に因みます。

 茎は無毛の蔓状で下向きの鋭い刺(逆刺)が密生し、他の植物に絡みつきながら分枝して、長さ100~200cm以上になります。葉は互生します。淡緑色の三角形で、長さ2~4cm。基部は矢じり形です。葉の基部に楯状の葉柄が付きます。葉柄や葉裏の主脈上にも棘があります。上部に付く托葉鞘は円形の葉状となります。

 枝先に1~2cmの総状花序を出し、長さ3~4mmで淡緑白色の目立たない花を10~20個ほど付けます。花弁はなく、深く5裂した広楕円形の花被(萼)に包まれていて、ほとんど開きません。雄しべと雌しべは同じ長さです。花序の基部には、茎を貫通した円形で葉状の苞があります。

 果実は痩果です。外花被片は多肉化して痩果を包み、球形となります。初め緑白色で、熟す毎に、紅紫色・青藍色(コバルトブルー)へと変化します。苞の上に果実が乗った独特の形になり、一見硬そうな果実は果汁が含まれて軟らかいです。痩果は光沢がある黒色で、約3mm程。染色体数は、2n=24。

Japanese common name : Isimikawa
e0038990_15563512.jpg
Persicaria perfoliata (L.) H. Gross

e0038990_15564737.jpge0038990_15565647.jpg
左:果実 右:葉と茎の棘

e0038990_15584932.jpge0038990_1559238.jpg
左:三角形の葉(裏) 右:円形葉状の托葉鞘(裏)

e0038990_15592859.jpge0038990_15594128.jpg
左:黒色の痩果が一部露出している 右:花後の状態


イシミカワ
タデ科イヌタデ属
学名:Persicaria perfoliata (L.) H.Gross
花期:7月~10月 1年草 草丈:100~200cm(蔓性) 花被片長:3~4mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Persicaria : persica(モモ)に似ている/イヌタデ属
perfoliata : perfoliatus(貫生葉の・抱茎の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
H.Gross : Hugo Gross (1888-1968)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から5.75km 右岸河川敷 2006.11.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 30 November 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-30 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ウナギツカミ(鰻攫)
 ウナギツカミ(鰻攫)は、タデ科イヌタデ属の1年草です。日本・朝鮮・中国・シベリアに分布します。国内では北海道から九州に分布します。名の由来は、茎に棘があり、ウナギ(鰻)でも掴む事ができるとの例えから。

 タデ科(Polygonaceae Juss. (1789))は北半球に約40属800種があります。タデ科の特徴は、葉柄の基部の托葉が茎を包む形の托葉鞘となる事です。イヌタデ属(Persicaria (L.) P.Miller, 1754)は北半球に約100種あり、日本には約30種があります。

 水湿地に生育します。茎は4稜(断面が四角形)があります。地を這い、分枝しながら茎や葉柄にある下向きの棘によって他の植物に引っ掛けながら成長し、高さ60~100cmになります。葉の付け根にある托葉鞘1)は、長さ0.7~1cmの筒形。葉は、互生します。長さ5cm~10cmの卵状披針形から長被針形で、先端は鋭頭、基部が耳状に張り出し茎を取り巻くような形の、やじり(矢尻|鏃)形です。せんけい(箭形)とも言います。

 花期は7月から11月頃。茎の先端や葉腋から枝分かれして、その先端に小花が数十個集まった頭状花序を出します。花柄は無毛。小花は花弁はなく、白色で先端が淡紅色の深く5裂した萼の花被があり、花径は3~4mm。果実は痩果です。染色体数は、2n=36。

 類似種に、
シロバナウナギツカミ(白花鰻攫)Persicaria sagittata (L.) H.Gross f. viridialba (Honda) H.Hara
ヤノネグサ(矢の根草)Persicaria muricata (Meisn.) Nemoto
があります。

1)托葉鞘(たくようしょう、ochrea):托葉が癒合して鞘状となり茎を取り巻くもの。
托葉(たくよう、stipule):葉の基部ある葉に似た器官で、芽生えの葉身を保護する。
葉鞘(ようしょう、leaf sheath):葉の基部で茎を取り巻いている部分。

Japanese common name : unagi-tukami
e0038990_1692498.jpg
Persicaria sagittata (L.) H.Gross var. sibirica (Meisn.) Miyabe

e0038990_169385.jpge0038990_1694613.jpg
左:葉は矢じり形 右:下向きの棘


ウナギツカミ(鰻攫)
別名:アキノウナギツカミ(秋の鰻攫)
タデ科イヌタデ属
学名:Persicaria sagittata (L.) H.Gross var. sibirica (Meisn.) Miyabe
synonym : Persicaria sieboldii (Meisn.) Ohki
花期:7月~11月 1年草 草丈:60~100cm 花被長:3mm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Persicaria : persica(モモ)に似ている/タデ科
sagittata : sagittatus(ヤジリ形の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
H.Gross : Hugo Gross (1888-1968)
var. : varietas(変種)
sibirica : sibiricus(シベリアの)
Meisn. : Carl Daniel Friedrich Meisner (1800-1874)
Miyabe : 宮部金吾 Kingo Miyabe (1860-1951)
---
*synonym : Persicaria sieboldii (Meisn.) Ohki
sieboldii : Philipp Franz von Siebold (1796-1866)に因む
Ohki : 大木麟一 Kiichi Ohki (1882-?)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から0.00km 左岸河川敷 2006.11.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 November 2006
Last modified: 05 March 2015 (Scientific name update)
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-11-25 00:00 | 水辺の植物 | Trackback | Comments(0)
オオイヌタデ(大犬蓼)
 オオイヌタデ(大犬蓼)は、タデ科イヌタデ属の1年草です。日本や北半球の温帯から暖帯に分布します。国内では北海道から九州までの全土に分布します。新帰化植物(江戸時代末期から現代の間に帰化したもの)と言われています。名の由来は、イヌタデ(犬蓼)よりも大型である事から。イヌタデは食用にならないタデの意味。食用となるのはヤナギタデ(柳蓼)。英名は、Curlytop knotweed。

 タデ科(Polygonaceae Juss. (1789))は北半球に約40属800種があります。タデ科の特徴は、葉柄の基部の托葉が茎を包む形の托葉鞘(たくようしょう)となる事です。イヌタデ属(Persicaria (L.) P.Miller (1754))は北半球に約100種あり、日本には約30種があります。旧属名はPolygonumで、polys(多い)+ gonu(節)の意味を持ち、節が関節のように膨れる事に因みます。

 赤味を帯びた茎は分枝しながら80~200cmになります。茎の太さは1cm前後。節は膨らみ托葉鞘(ochrea)となります。托葉鞘とは、茎に取り巻き融合して鞘状になった葉の事です。托葉鞘は約2cm、筒形の膜質で無毛です。無毛である事は、オオイヌタデとサナエタデ(早苗蓼)共通の特徴です。葉は互生します。先が尖った披針形で、長さは15~25cmです。側脈は20~30対あり、葉裏面には綿毛があります。

 花期は6月から11月頃。花序は3~7cmの穂状で、淡紅色か白色の小花を多数付け、開花時には先が垂れ下がります。小花の花弁に見えるのは3mm程の萼片で、花被は4~5裂します。種子繁殖します。畑地では堆肥に混入した種子による侵入が多く、強害雑草となります。堆肥発酵温度60℃/24hで種子は死滅1)します。果実は痩果で、種子は黒褐色の扁平楕円形です。染色体数は、2n=22,24。

1)Effect of duration of heat exposure on upland weed seed viability : Tomoko Nishida, etc. J.Weed Sci.Tech. Vol.44 (1) 59-66 (1999)

Japanese common name : Oo-inutade
e0038990_1016136.jpg
Persicaria lapathifolia (L.) Delarbre var. lapathifolia
e0038990_1556944.jpg
オオイヌタデの托葉鞘。無毛が特徴。


オオイヌタデ(大犬蓼)
別名:カワタデ(川蓼)/タデクサ(蓼草)
タデ科イヌタデ属
学名:Persicaria lapathifolia (L.) Delarbre var. lapathifolia
synonym : Polygonum lapathifolium L. subsp. nodosum (Pers.) Fr.
花期:6月~11月 1年草 草丈:80~200cm 花径:2~6mm 花序長:3~7cm

e0038990_12135938.gif


【学名解説】
Persicaria : persica(モモ)に似ている/イヌタデ属
lapathifolia : Lapathum属+efolia(のような葉の)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Delarbre : Antoine Delarbre (1724-1813)
var. : varietas(変種)
---
Polygonum : polys(多)+gonu(膝、節)
lapathifolium : lapathifolus(Lapathum=acetosaスイバのような葉の)
subsp. : subspecies(亜種)
nodosum : nodosus(結節がある)
Pers. : Christiaan Hendrik Persoon (1761-1836)
Fr. : Elias Magnus Fries (1794-1878)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から5.75km 右岸河川敷 2006.08.15, 2006.08.29
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

28 August 2006, 27 October 2014
Last modified: 19 October 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-08-28 00:00 | | Trackback | Comments(4)
シャクチリソバ(赤地利蕎麦)
 シャクチリソバ(赤地利蕎麦)は、タデ科ソバ属の多年草です。チベットや中国南部の高地が原産です。日本のソバ(蕎麦)は1年草ですが、シャクチリソバは多年草(宿根性)で、シュッコンソバ(宿根蕎麦)という別名を持ちます。葉は長い柄を持ち、互生します。タデ科の特徴である鞘状の托葉があります。花は、花弁に見える萼(白色)が5枚あり、雄しべは8本、花柱(半透明)は3本、蜜腺(黄色)8個を持ちます。雄しべ先端に付く赤紫色の葯と白の萼のコントラストが綺麗です。果実は痩果で三稜形をしています。

 地上部にルチン(rutin)を多く含む事から、薬用植物として中国から昭和初期に導入されました。現在では野生もしています。ルチンは、毛細血管を強化する働きがあることから高血圧や動脈硬化の改善、ヒスタミンの分泌速度を遅らせることからアレルギーの治療に、コラーゲンの合成を促進することから肌の老化予防等に利用されます。民間薬として、根茎をシャクチリ(赤地利)あるいはテンソバコン(天蕎麦根)と称し、解熱解毒薬としても使われます。中国では栽培され、種子・若芽・若葉を食用とするそうです。

Japanese common name : Syakutiri-soba
e0038990_22203681.jpg
Fagopyrum dibotrys (D. Don) H. Hara

e0038990_22205966.jpge0038990_22211768.jpg
左:花と果実 右:葉


シャクチリソバ(赤地利蕎麦)
別名:シュッコンソバ(宿根蕎麦)/ヒマラヤ蕎麦
タデ科ソバ属
学名:Fagopyrum dibotrys (D. Don) H. Hara
花期:9月~11月 多年草 花径:5~7mm 草丈:50~100cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Fagopyrum : Fagus(ブナ属)+pyros(穀物)/ソバ属
*fagus : phagein(食べる)
dibotrys : di(二つの)+botrys(総|ふさ)
D. Don : David Don (1799-1841)
H. Hara : 原 寛 (1911-1986)

撮影地:静岡県静岡市
駿河区谷田 2005.12.01
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

07 January 2006
Last modified: June 11, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-01-07 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ミゾソバ(溝蕎麦)
 今年は、ママコノシリヌグイをよく観察していません。蕾が開いているものが少ないようです。イシミカワも実が色づいているものがありません。どちらもタデ科イヌタデ属で、葉が三角形をしていて、棘が鋭い特徴を持っています。アキノウナギツカミの葉は細長い形をしています。

 その点、このミゾソバ(溝蕎麦)は、葉の形が鉾形で、棘はあるものの、触っても痛くありません。「触るな危険」植物は、棘か毒を持っていますが、ミゾソバは大丈夫です。この種の花は、どれもよく似ています。タデ科の特徴として、花弁はありません。5つの萼片でできています。

 タデ科(Polygonaceae Juss. (1789))は北半球に約40属800種があります。タデ科の特徴は、葉柄の基部の托葉が茎を包む形の托葉鞘(たくようしょう)となる事です。イヌタデ属(Persicaria (L.) P.Miller, 1754)は北半球に約100種あり、日本には約30種があります。旧属名はPolygonumで、polys(多い)+ gonu(節)の意味を持ち、節が関節のように膨れる事に因みます。

 ミゾソバは、漢字表記そのままの、溝に生える蕎麦に似た植物という意味合いです。蕎麦と名が付くのは、救荒植物として蕎麦のように食べられた事によります。ウシノヒタイも、葉が牛の顔に似ているから。如何にも牛らしい模様が出てくる個体もあります。

 地下に閉鎖花を付けます。湿地、あるいは水辺に咲く事から、増水と戦わなければならない事もあります。過酷な生育条件下での生き残り作戦なのでしょう。

Japanese common name : Mizo-soba
e0038990_2355141.jpg
Persicaria Thunbergii (Siebold et Zucc.) H.Gross


ミゾソバ(溝蕎麦)
別名:ウシノヒタイ(牛の額)
タデ科イヌタデ属
学名:Persicaria Thunbergii (Siebold et Zucc.) H.Gross
花期:8月~10月 1年草 草丈:30~100cm 花径:4~7mm

e0038990_2163229.gif


【学名解説】
Persicaria : persica(モモ)に似る/イヌタデ属
thunbergii : 植物学者ツンベルク氏の/Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Siebold : Philipp Franz von Siebold (1796-1866)
Zucc. : Joseph Gerhard Zuccarini (1797-1848)
H.Gross : Hugo Gross (1888-1968)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9km 右岸河川敷 2005.10.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 14 October 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-10-14 00:00 | 水辺の植物 | Trackback(1) | Comments(2)
シロバナサクラタデ(白花桜蓼)
 シロバナサクラタデ(白花桜蓼)を見つけたものの、上手に撮れません。次の日、晴れたので再撮影に挑戦したのですが、目的地へ到着した途端、曇ってしまいました。咲いている場所にはヤブ蚊がたくさんいて、厳重に虫除け剤を塗っておいたにもかかわらず、たくさん刺されて痒い思いをしました。近くの木では、ツクツクホウシが盛大に鳴いていました。

 「白い花を咲かせるサクラタデ」という分かりやすい名前ですが、サクラタデとは別種です。花序を大きく湾曲させて花を咲かせます。花びらに見えるのは萼片です。花びらがない単花被花(たんかひか)になります。5つの萼片があり、雌花の花柱は3個です。タデ科の特徴は葉が互生して、托葉(たくよう:茎を包む鞘=葉鞘)がある事です。地下茎を伸ばして増殖していきます。染色体数は、2n=44。

Japanese common name : Shirobana-sakura-tade
e0038990_12372647.jpg
Persicaria japonica (Meisn.) Nakai ex Ohki


シロバナサクラタデ(白花桜蓼)
タデ科イヌタデ属
学名:Persicaria japonica (Meisn.) Nakai ex Ohki
花期:8月~10月 多年草 草丈:30~100cm 花径:3~4mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Persicaria : persica(モモ)に似る/イヌタデ属
japonica : 日本の
Meissn. : Carl Friedrich Meissner (1800-1874)
Nakai : 中井猛之進 Takenoshin Nakai (1882-1952)
ex : ~による
Ohki : 大木麟一 Kiichi Ohki (1882-?)

撮影地:撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.50km 右岸河川敷 2005.10.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 6 October 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-10-06 00:00 | | Trackback | Comments(2)