タグ:チョウ目(鱗翅目) ( 50 ) タグの人気記事
ベニシジミ(紅小灰蝶)
 蝶の翅の模様は様々です。しかし、表面と裏面では全く異なる色彩や模様を持つものが多く、蝶を見慣れない方にとっては、全く違った蝶だと思ってしまうかもしれません。裏面とは翅を閉じた時に見える面です。人間を例えて考えると、こちらが表ではないかと思ってしまいます。

 ベニシジミ(紅小灰蝶)は、シジミチョウ科ベニシジミ属の昆虫です。日本での生息範囲は、北海道から九州まで広範囲に渡ります。草原性で明るく開けたところを好みます。汎世界種の一つです。シジミチョウ科(Lycaenidae)は、世界中に分布し約5500種を抱える、鱗翅目の中で最大の科です。ベニシジミ亜科は、旧北区のユーラシア大陸と新北区の北アメリカに広く分布します。日本には、シジミチョウ科の仲間は80種程いますが、ベニシジミ亜科は、ベニシジミの一種だけです。

 翅に黒褐色の地に紅色の模様がある小型の蝶です。春型は明るい橙赤色で、夏型は黒っぽい橙赤色になります。前翅の表は黒褐色の縁取があり、後翅の表は黒褐色で、縁に赤橙色の帯模様があります。タデ科の植物に卵を産み付けます。幼虫で越冬します。幼虫は10mm程で、緑色で紫色の筋が入ります。食草のタデ科植物は川沿いに多い事から、河川の土手に多く現れます。「蓼食う虫も好き好き」の代表格と言えます。

 ベニシジミの翅裏面は、「ベニシジミ(紅小灰蝶)2005年」をご覧下さい。どちらの模様が好きかは様々と思います。

Japanese common name : Beni-sizimi
e0038990_10573774.jpg
Lycaena phlaeas daimio (Matsumura, 1919)
e0038990_10575181.jpg
2006.03.15

追記:2006.03.18
 J.Jさんからベニシジミの幼虫写真を送って頂きました。ありがとうございます。
 「幼虫も紅をさしています。プレゼントです。喜んでいただけますように。3月11日川原で見つけました。」
田中川の生き物調査隊
e0038990_10581179.jpg
Photo by J.J (田中川の生き物調査隊)


ベニシジミ(紅小灰蝶)
チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科ベニシジミ属
学名:Lycaena phlaeas daimio (Matsumura, 1919)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)15~18mm/(開張)27~35mm
出現期:3月~11月(年3~5回)
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:(幼虫)タデ科(ギシギシ、スイバ)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9km 左岸土手 2006.03.15
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 17 March 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-03-17 00:00 | | Trackback | Comments(0)
テングチョウ(天狗蝶)
 テングチョウ(天狗蝶)は、テングチョウ科テングチョウ亜科テングチョウ属の昆虫で、化石で発掘されるほどの古い生物です。ヨーロッパ・北アフリカ・ユーラシア大陸・日本や台湾にまで分布します。

 テングチョウ科(Libytheidae Boisduval, 1833)は、約10種類ほどの小さな科で、主に熱帯に分布します。日本では1科1属1種のみが生息します。つまりテングチョウしかいません。名の由来は、発達した鼻状突起を持ち、それを天狗の鼻に例えたものです。これは、下唇髭(かしんしゅ)あるいは、パルピ(Pulpi)と呼ばれ、匂いを感じ取る器官で、複眼や口吻を掃除する機能も併せ持っています。

 成虫のまま越冬するので、春早くから飛び回り始めます。エノキなどに産卵します。卵 ・幼虫・蛹・成虫という段階を経る完全変態をします。成虫の羽化は6月頃です。夏に休眠します。秋に覚めて活動し、その後で冬眠して越冬します。翅の表に白色と橙色の斑紋があり、比較すると雌の方が橙色が発達しています。翅の裏面は枯れ葉状の模様になっています。

 漢語の「蝶(てふ)」は、「翅が薄い虫、木の葉のようにひらひら舞う蟲」を意味します。鱗翅目(りんしもく)とは、チョウ目(Lepidoptera)と同じ意味です。2対の翅を持ち、鱗状の鱗粉による模様を持つ分類群を指し、蝶や蛾がそれに当たります。

Japanese common name : Tengu-tyou
e0038990_1155189.jpg
Libythea celtis celtoides Fruhstorfer, [1909]


テングチョウ(天狗蝶)
チョウ目(鱗翅目)テングチョウ科テングチョウ亜科テングチョウ属
学名:Libythea celtis celtoides Fruhstorfer, [1909]

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)19~29mm/(開張)40~50mm
分布:本州・四国・九州・沖縄
出現期:3月~6月/9月~11月
食草:エノキ・エゾエノキ・クワノハエノキ

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.0km 左岸土手 2006.03.15
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 16 March 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-03-16 00:00 | | Trackback | Comments(0)
モンキチョウ(紋黄蝶)
 今年初めて出会ったモンキチョウです。元気良く飛び回っていました。日陰方向に逃げても、陽が当たる明るい土手斜面に戻ってくるのは分かっていました。近寄ろうとして逃げられる連続の中で、気が付いた事がありました。私の影の中に入れてしまうと危険を察知して逃げるようです。影で覆わないように注意して、10cm程まで近づいて撮影しました。種小名のerateの通りに、「愛らしい」蝶です。

 モンキチョウ(紋黄蝶)は、日本全国に分布するシロチョウ科の普通種です。シロチョウ科(Pieridae Swainson, 1820)は、北半球に多く分布し約250種類が存在します。幼虫は緑色のアオムシです。モンキチョウ属(Colias Fabricius, 1807)は約80種で、日本では2種類(モンキチョウ・ミヤマモンキ)のみが生息します。水平分布・垂直分布共に広い範囲に生息します。モンキチョウは、翅に黒紋のある黄色の蝶との意味です。

 モンキチョウは、黄色型と白色型があります。雌は黄色型と白色型があり、雄は黄色型のみです。白色型の雌が発生する率は、3対1(AA+Aa+aA:aa)の割合になります。大文字は優性遺伝子、小文字は劣性遺伝子を表します。黄色型の雄と雌の区別は紋の形からも分かります。翅を閉じた状態で黒点と白点の二つが見え、この黒点の形が小さくて細長いのが雄で、ハート形をしたのが雌です。白色型の場合は大きい円形をしています。目は黄緑色の複眼です。春に発生する春型は小型で、翅の縁に赤みを帯びた縁毛があります。完全変態(卵・幼虫・蛹・成虫)します。

 分布の意味を要約して記しておきます。分布とは、種によって決まった生活範囲を言います。この分布には、生態分布と地理分布があります。生態分布は温度や光などの気候に左右されるもの、地理分布は地形などの地理的な違いによるものです。生態分布は平地や高地などの垂直分布を表す事があります。地理分布は水平分布とも言われます。世界的に見ると6区の動物区に分けられます。日本が属しアジア・ヨーロッパに係る旧北区、北アメリカの新北区、南アメリカの新熱帯区、オーストラリアのオーストラリア区、東洋区、エチオピア区です。日本では、旧北区を主として東洋区の昆虫が混在しています。

参考:モンキチョウ(紋黄蝶)7月

Japanese common name : Monki-tyou
e0038990_1174232.jpg
Colias erate poliographus (Motschulsky, 1860)


モンキチョウ(紋黄蝶)
別名:オツネンチョウ(越年蝶)
チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科モンキチョウ属
学名:Colias erate poliographus (Motschulsky, 1860)

e0038990_2163229.gif

前翅長:22~33mm/開張:45~50mm
出現期:3月~11月
分布:北海道・本州・四国・九州・沖縄
食草:マメ科植物(シロツメクサ・アカツメクサ・エンドウ・コマツナギ

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から12km 左岸河川敷 2006.03.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 7 March 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-03-07 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/♀
 ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)は、タテハチョウ科ツマグロヒョウモン属の蝶です。写真は雌です。キバナコスモスが咲く頃、安倍川河川敷で見る蝶のほとんどが、ツマグロヒョウモンでした。温暖化の影響で北進し、生息域を拡大しているとされています。以前は珍しい蝶でしたが、現在ではもっとも普通に見られる蝶の一つになってしまいました。

 褄黒豹紋蝶の「褄」とは、着物の裾の左右両端の部分や縦褄(襟下)の意味で、前翅の縁が黒くなっているので「褄黒」の名が付いています。「豹紋」は、翅の前の波模様や、それに続く丸模様の黒点が豹柄である事からです。雌は翅両端に黒紋があります。毒蝶のカバマダラに擬態していると言われています。雄には、この黒紋はありませんから、雌雄の見分けは大変楽な種類です。間違えやすいものに、同じタテハチョウ科のヒメアカタテハ(姫赤立羽)やミドリヒョウモン(緑豹紋)があります。

 終齢幼虫は黒地で、縦にオレンジの線が入り、棘状の突起に毛が生えています。毒々しい色ですが危険はないようです。

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/♂
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/幼虫

Japanese common name : Tumaguro-hyoumon
e0038990_450367.jpg
Argyreus hyperbius (Linnaeus, 1763)
e0038990_4502223.jpg
2005.09.08 


ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)
チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科ツマグロヒョウモン属
学名:Argyreus hyperbius (Linnaeus, 1763)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)27~38mm/(開張)65~75mm
出現期:4月~11月
分布:本州・四国・九州・沖縄
食草:スミレ類

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.25km 右岸河川敷 2005.09.08, 2005.09.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

10 December 2005
Last modified: June 14, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-10 00:00 | | Trackback | Comments(7)
キアゲハ(黄揚羽蝶)-2
 キアゲハ(黄揚羽蝶)は、アゲハチョウ科アゲハチョウ属の蝶です。

 アゲハチョウ科(Papilionidae Latreille, 1802)は、世界に広く分布し、4亜科約550種類があるとされています。アゲハチョウ属(Papilio Linnaeus, 1758)は、世界に200種以上が分布し、日本には11種があるとされています。

 黄色い揚羽蝶ですから黄色に見える筈です。ところが表側の翅は、あまり黄色に見えません。しかし裏面を見ると、なるほどと思わさせられます。アゲハチョウ科の仲間では、一番黄色味が強く出ています。しかし、ナミアゲハ(並揚羽蝶)の雌も黄色になりますから、紛らわしい時もあります。その場合は、前翅の付け根を見ます。表でも裏でも構いません。縞模様になっているのがナミアゲハで、べた塗りに見える場合はキアゲハです。発生時期による春型(4月~6月)と夏型(7月~8月)とでは、夏型のほうが大きく、黒っぽくなります。

 平地から高山にまで垂直分布の広い生息域を持ち、日本全域に分布しています。日当たりの良い場所を好み、花の蜜を吸汁します。従って、日陰が増える都市部では、ほとんど見かけません。飛行速度は速めで、直線的に移動します。

 卵から、幼虫・繭を経る完全変態をします。幼虫の色や形は変化します。終齢(5齢)幼虫は、緑色で黒縞があり、オレンジ色の点模様を持っています。いわゆる芋虫と言われる形をしています。食草は、セリ科などで、セリ、ニンジン、パセリ、ミツバを食害します。繭で越冬します。

 ※写真のキアゲハが止まっている花は、オオブタクサ(大豚草)です。撮影時期は9月。

参考:キアゲハ(黄揚羽蝶)-1 ナミアゲハ(並揚羽蝶)

Japanese common name : Ki-ageha
e0038990_1564264.jpg
Papilio machaon hippocrates C.Felder et R.Felder, 1864


キアゲハ(黄揚羽蝶)
チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ科アゲハチョウ属
学名:Papilio machaon hippocrates C.Felder et R.Felder, 1864

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)36~70mm/(開張)90~120mm
出現期:3月~11月(暖地で年2~4回)
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:セリ科
英名:Old World Swallowtail

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.75km 右岸河川敷 2005.09.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

6 December 2005
Last modified: 21 June 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-06 00:00 | | Trackback(1) | Comments(2)
コムラサキ(小紫蝶)
 コムラサキ(小紫蝶)は、タテハチョウ科コムラサキ亜科コムラサキ属の昆虫です。国蝶に指定されています。コムラサキは、オオムラサキ(大紫蝶)をそのまま小さくしたような蝶です。だからと言って他の蝶より小さいという事ではありません。大きさの違いの他、オオムラサキが絶えず紫色を発色しているのに対し、コムラサキは雄のみが光の当たる角度によって翅表に美しい紫色を発色します。このような発色の仕方を構造色と言います。

 翅裏は薄い褐色をベースに白の帯模様があります。それで、アカタテハと見間違う場合があります。低地から1800m程の高地にまで広く垂直分布しています。クヌギやヤナギの樹液を吸いに集まりますが、花にはほとんど集まりません。軽快に飛び回ります。産卵は葉裏に行われ、直後の卵は青緑色の釣り鐘形をしています。幼虫は2本の角を持っています。最近は、食草のヤナギ類が減少していることから生息が難しくなっているようです。寒くなると幼虫で樹の上に越冬します。11月の終わり頃には樹皮に酷似した茶褐色になり、見つけにくくなります。地色が黒褐色のクロコムラサキ(黒小紫蝶)もいますが、発生地域が限定されます。

 因みに、オオムラサキ(大紫)はツツジ科の植物で、コムラサキ(小紫)はクマツヅラ科の植物です。名前だけでは植物か蝶なのか混乱するときがあります。

Japanese common name : Ko-murasaki
e0038990_850172.jpg
Apatura metis substituta Butler, 1873


コムラサキ(小紫蝶)
別名:カクシムラサキ
チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科コムラサキ亜科コムラサキ属
学名:Apatura metis substituta Butler, 1873

e0038990_2163229.gif

出現期:5月~10月(年2回・暖地では年3回)
体長:(前翅長)32~38mm/(開張)50~70mm
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:ヤナギ類

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系) 2.0km右岸 2005.09.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: June 22, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-06 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ツマグロキチョウ(褄黒黄蝶)
 キタキチョウ(北黄蝶)によく似た、ツマグロキチョウ(褄黒黄蝶)。各地で激減し、絶滅した県があるほどで、環境省の絶滅危惧II類(VU)に指定されています。乾いた痩せ地に生えるカワラケツメイ(河原決明)を食草として育つため、河川敷の環境整備につれて食草を失い、発生が見られなくなってしまったのです。静岡市の安倍川では、カワラケツメイが大量に発生する地域があるので、絶滅を免れています。

 しかし、昨年は見渡す限り大量に咲いていたオオマツヨイグサ(大待宵草)が、今年は全く見られなくなってしまった河川敷があります。昨年に整地作業をした影響と思われます。このように、一端、植生が変化すると、同時に昆虫達にも影響を与えることから、今後の動向次第では一気に絶滅へと向かうのかもしれません。

 ツマグロキチョウは、夏型と秋型とで翅の紋様が異なります。夏型は黄色一色ですが、秋型は後翅裏面に黒いラインが現れます。キチョウよりも小型で、翅端は尖ります。成虫で越冬します。似た蝶のキチョウは、つぶつぶの点模様があり、モンキチョウ(紋黄蝶)は、丸い斑紋があることで区別できます。

 止まっている花は、コセンダングサ(小栴檀草)です。

参考:キタキチョウ(北黄蝶) モンキチョウ(紋黄蝶) カワラケツメイ(河原決明)

Japanese common name : Tumaguro-kichou
e0038990_1414759.jpg
Eurema laeta betheseba (Janson, 1878)


ツマグロキチョウ(褄黒黄蝶)
チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科モンキチョウ亜科キチョウ属
学名:Eurema laeta betheseba (Janson, 1878)

体長:(前翅長)16~22mm
分布:本州(宮城県以南)・四国・九州・対馬・南西諸島
出現期:6月~11月(年3~4回)
食草:カワラケツメイ

e0038990_2163229.gife0038990_1449982.gif

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から7.85km 左岸河川敷 2005.10.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 4 November 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-11-04 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ヒメジャノメ(姫蛇目蝶)
 目玉模様と縦に伸びた白い帯模様が印象的なヒメジャノメ(姫蛇目蝶)。この翅裏の目玉模様(眼状紋)は翅表では少なくなり、帯模様はありません。鳥の捕食攻撃をそらす役目と言われています。

 目がクイーンの雰囲気を持っているものの、地味な色合いなので、蛾に間違えられたりする日陰者の蝶かもしれません。日陰者とは言え、近縁種のコジャノメ(小蛇目)よりも明るい環境を好むようです。花に集まらず、葉に止まることが多いのは、吸蜜活動をしないから。樹液や腐った果実を吸汁します。

参考:ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目)

Japanese common name : Hime-zyanome
e0038990_20543865.jpg
Mycalesis gotama fulginia (Fruhstorfer, 1911)
e0038990_20544962.jpg


ヒメジャノメ(姫蛇目蝶)
チョウ目(鱗翅目)ジャノメチョウ科コジャノメ属
学名:Mycalesis gotama fulginia (Fruhstorfer, 1911)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)18~31mm/(開張)33~40mm
出現期:5月~10月(年3~4回)
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:イネ科(ススキ、エノコログサ、イネ)・カヤツリグサ科・タケ科

Mycalesis : コジャノメ属
gotama : 最上の牛/Gotama Buddha(インドの仏陀「ゴタマ」)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から5.75km 右岸河川敷 2005.09.29
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 17 October 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-10-17 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ヒメアカタテハ(姫赤立翅)
 ヒメアカタテハ(姫赤立翅)は、タテハチョウ科タテハチョウ亜科アカタテハ属の昆虫です。世界で一番数が多いチョウで、汎世界種と言われています。秋になると見る機会が多くなります。産卵場所であるヨモギが多くなるので個体数が増えるのかもしれません。写真に写っている、ヒメアカタテハが止まっている花はキバナコスモスです。

 翅の先端部分が黒色で白の斑点があるものの、少し見ただけではツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)の雌だと思われるかもしれません。静岡では圧倒的にツマグロヒョウモンが多い感じがしますから、勘違いを起こすのも無理からぬ事です。アカタテハ(赤立翅)よりも一回り小さいのでヒメアカタテハ。後翅にオレンジ色の斑紋が多いのが見分けるポイントです。
★  ★  ★

 晴れて少し気温が上がった河川敷では、様々な昆虫が活発に動き回っています。バッタ類の数の多さには驚かされます。蝶は元気いっぱいに飛び回るので、カメラを向ける事が難しくなります。落ち着きが無く、じっとしてくれません。

参考:ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)-1

Japanese common name : Himeaka-tateha
e0038990_1721778.jpg
Cynthia cardui (Linnaeus, 1758)
e0038990_17212198.jpg
止まっている花はコセンダングサ。


ヒメアカタテハ(姫赤立翅)
学名:Cynthia cardui (Linnaeus, 1758)
チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科タテハチョウ亜科アカタテハ属

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)25~33mm/(開張)55~60mm
出現期:4月~11月(年3~4回)
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:ゴボウ、ヨモギ、ハハコグサ

【学名解説】
Cynthia : ギリシャ神話、月の女神Artemisの異名/アカタテハ属
cardui : アザミのラテン古名
Linnaeus : Carl von Linné (1707-1778)
英名 : painted lady(厚化粧の女性)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.75km 左岸河川敷 2005.10.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: June 25, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-10-15 00:00 | | Trackback | Comments(0)
スジグロシロチョウ(筋黒白蝶)-2
 翅を閉じた状態のスジグロシロチョウ(筋黒白蝶)です。翅の付け根に黄色い模様があるのが分かります。モンシロチョウと比較すると違いが分かります。この写真は市街地にほど近い場所の河川敷で撮影しました。平地から山地まで幅広く生息している事が分かります。ただ、モンシロチョウよりも暗い環境を好むようです。開けた場所ではなくて影ができる所という意味で、意外にもビルなどがある市街地もその一つになります。

 蝶や蛾は、翅の模様と大きさで大凡の名前が分かります。ところが、翅を閉じた時と広げた時では模様が大幅に違う場合が多いので混乱する事があります。図鑑では両方が掲載されていると思いますが、中にはどちらか片方だけの場合もあるようです。種類によって異なるかもしれませんが、表・裏面どちらの模様が好きかは、個人の趣味によると思います。私は、裏面の模様が好きです。しかし、このスジグロシロチョウの裏面は、あまりインパクトがありませんね。

参考:スジグロシロチョウ(条黒白蝶)-1 モンシロチョウ(紋白蝶)

Japanese common name : Suziguro-sirochou
e0038990_10383452.jpg
Pieris melete melete (Menetries, 1857)


スジグロシロチョウ(筋黒白蝶)
チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科シロチョウ属
学名:Pieris melete melete (Menetries, 1857)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)24~35mm
出現期:4月~10月
分布:北海道・本州・四国・九州
食草:アブラナ科


【学名解説】
Artogeia : モンシロチョウ属
Pieris : ギリシャ神話の詩の女神/オオモンシロチョウ属(※植物ではアセビ属)
melete : ギリシャ神話ミューズの一人、思索の女神メリテ

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.25km 右岸河川敷 2005.09.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 13 October 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-10-13 00:00 | | Trackback(1) | Comments(4)