タグ:ツマグロヒョウモン属 ( 3 ) タグの人気記事
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/幼虫
 ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)は、タテハチョウ科ヒョウモンチョウ亜科ツマグロヒョウモン属の蝶です。日本、アフリカ北東部・インド・インドシナ半島・オーストラリア・中国・朝鮮半島に分布します。日本では、本州、四国、九州、沖縄に分布します。

 名の由来は、翅の褄が黒く、豹紋がある事から。「褄」とは、着物の裾の左右両端の部分や縦褄(襟下)の意味で、前翅先端部の縁が黒くなっているので「褄黒」。「豹紋」は、翅の前の波模様や、それに続く丸模様の黒点が豹柄である事からです。英名は、Indian fritillary。

 タテハチョウ科(Nymphalidae Rafinesque, 1815)は、南極を除く世界の大陸に6,000種ほどが分布し、日本には52種が生息すると言われています。タテハチョウ科の特徴は、翅の斑紋が裏表で異なり、前脚が退化して短くなっている事です。後翅の中室は開き、触覚に鱗粉があります。

 食草であるスミレ類に産卵します。幼虫は、スミレ類の葉を食べます。終齢幼虫の体長は30mm程になります。体色は黒色で、縦に赤い筋があります。分岐する棘状の突起があり、頭部側では黒色ですが、他は根元が赤く先端が黒色になります。1節毎、両側面に2本ずつ、上面に2本の計6本があります。実に毒々しい様相ですが、毒は無く刺される事もありません。幼虫で越冬します。

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/♀
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/♂

Japanese common name : Tumaguro-hyoumon
e0038990_0265097.jpg
Argyreus hyperbius (Linnaeus, 1763)

e0038990_027935.jpge0038990_0272042.jpg
左:多分、5齢(終齢幼虫)2006.08.31 右:成虫2006.09.07


ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/幼虫
チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科ヒョウモンチョウ亜科ツマグロヒョウモン属
学名:Argyreus hyperbius (Linnaeus, 1763)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)27~38mm/(開張)65~75mm/(幼虫)30mm
出現期:4月~11月(年4~5回)
分布:本州・四国・九州・沖縄
食草:スミレ類

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.08.31, 2006.09.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 16 September 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-09-16 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/♀
 ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)は、タテハチョウ科ツマグロヒョウモン属の蝶です。写真は雌です。キバナコスモスが咲く頃、安倍川河川敷で見る蝶のほとんどが、ツマグロヒョウモンでした。温暖化の影響で北進し、生息域を拡大しているとされています。以前は珍しい蝶でしたが、現在ではもっとも普通に見られる蝶の一つになってしまいました。

 褄黒豹紋蝶の「褄」とは、着物の裾の左右両端の部分や縦褄(襟下)の意味で、前翅の縁が黒くなっているので「褄黒」の名が付いています。「豹紋」は、翅の前の波模様や、それに続く丸模様の黒点が豹柄である事からです。雌は翅両端に黒紋があります。毒蝶のカバマダラに擬態していると言われています。雄には、この黒紋はありませんから、雌雄の見分けは大変楽な種類です。間違えやすいものに、同じタテハチョウ科のヒメアカタテハ(姫赤立羽)やミドリヒョウモン(緑豹紋)があります。

 終齢幼虫は黒地で、縦にオレンジの線が入り、棘状の突起に毛が生えています。毒々しい色ですが危険はないようです。

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/♂
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/幼虫

Japanese common name : Tumaguro-hyoumon
e0038990_450367.jpg
Argyreus hyperbius (Linnaeus, 1763)
e0038990_4502223.jpg
2005.09.08 


ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)
チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科ツマグロヒョウモン属
学名:Argyreus hyperbius (Linnaeus, 1763)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)27~38mm/(開張)65~75mm
出現期:4月~11月
分布:本州・四国・九州・沖縄
食草:スミレ類

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.25km 右岸河川敷 2005.09.08, 2005.09.23
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

10 December 2005
Last modified: June 14, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-12-10 00:00 | | Trackback | Comments(7)
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/♂
 この蝶を初めて撮影したのは、2003年9月。キバナコスモスを写そうとしていたら飛び込んできたのが最初の出会いでした。南方系の蝶で、徐々に北進しているようです。2000年以前は、静岡でも珍しかったとか。警戒心が強く、縄張り意識も強い蝶です。

 名前の通りに、確かに豹のような模様があります。羽を広げた時は、雌の方が綺麗な模様だと思います。この写真は雄です。

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/幼虫
ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)/♀

Japanese common name : Tumaguro-hyoumon
e0038990_20593458.jpg
Argyreus hyperbius (Linnaeus, 1763)


ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋蝶)
チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科ツマグロヒョウモン属
学名:Argyreus hyperbius (Linnaeus, 1763)

e0038990_2163229.gif

体長:(前翅長)27~38mm/(開張)65~75mm
出現期:4月~11月
分布:本州・四国・九州・沖縄
食草:スミレ類

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2003.09
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 31 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-31 00:00 | | Trackback | Comments(0)