タグ:ツユクサ科 ( 3 ) タグの人気記事
ヤブミョウガ(藪茗荷)
 ヤブミョウガ(藪茗荷)は、ツユクサ科ヤブミョウガ属の多年草です。日本、中国、朝鮮、台湾、インドシナに分布します。日本では、関東以西に分布する在来種です。名の由来は、藪に生え、葉が茗荷に似ている事から。茗荷の名は付いてもショウガ科ではなくツユクサ科で、葉の付き方も2列互生ではありません。

 ツユクサ科(Commelinaceae Mirb., 1804)は、熱帯から温帯にかけて約40属650種が分布し、日本には4属が分布します。ヤブミョウガ属(Pollia Thunberg, 1781)は、約26種があり、日本には約8種が分布します。

 山地の林縁に自生します。白色で細い地下茎を伸ばして栄養繁殖し、細毛がある茎を50~90cmに立ち上げます。茎の中間に葉を密生して互生します。葉表は細毛がありざらつきます。基部は鞘状で茎を巻き、狭長楕円形で、長さ15~30cm、幅3~7cm、鋭尖頭。

 花期は8月から9月。茎の先に20~30cmの円錐花序を付けます。5~6段の輪生状に枝を出して花を付け、下部から咲かせます。一枝の先に10前後の花を順に咲かせていきます。花弁は白色の倒卵円形で、花の径は7~10mm。萼片3個、花被片3個。

 同じ株に両性花と雄性花が混在します。両性花は花柱が長く、雄性花は雌しべが退化して短く、子房も退化、雌しべよりも長い6個の雄しべがあります。葯色は黄色。一日花です。子房上位。果実は液果です。5~6mmの球形で黒紫色。種子は、長さ1.5~2.5mmの不定多角形でイボ状突起があります。染色体数は、2n=32,40。

 その他に同じ属で南方系の、鹿児島県以南に分布しヤブミョウガよりも小型の、コヤブミョウガ(小藪茗荷) Pollia miranda (H.Lev.) H.Hara、石垣島に分布し絶滅危惧II類のザルゾコミョウガ(ナンゴクヤブミョウガ) Pollia secundiflora (Blume) Bakh.f. があります。

 
染色体核型:
K=2n=32=4Am+4Bsm+4Cm+4Dm+4Esm+4Fsm+4Gst+4Hm
K=2n=40=4Asm1+2csAsm2+4Ast3+6Bsm1+2Bst2+2Csm1+6Cm2+10Dsm1+2tDm2+2Dm3
[Karyological Studies in Commelinaceae II, Hirosumi FUJISHIMA]

参考:ハナミョウガ(花茗荷)

Japanese common name : Yabu-Myouga
e0038990_2054597.jpg
Pollia japonica Thunb.

e0038990_206594.jpge0038990_2071133.jpg
葉を密生して互生するが輪生しているように見える。茎には下向きの短毛がある。

e0038990_2083031.jpge0038990_208452.jpg
花がつき始めた若い花序。背後の黒い影は虫。

e0038990_9333536.jpge0038990_9334510.jpg
萼片、花被片、共に3個。両性花と雄性花が混在する。両性花は花柱が長い。

e0038990_2091834.jpge0038990_2093366.jpg
午後には花弁と雄しべが萎れる。雌しべ1、雄しべ6で葯色は黄色。子房は緑白色。

e0038990_2010762.jpge0038990_20102026.jpg
輪生状に枝を数段に出す。 果実は熟すごとに色が変わり、黒紫色になる。


ヤブミョウガ(藪茗荷)
ツユクサ科ヤブミョウガ属
学名:Pollia japonica Thunb.
花期:8月~9月 多年草 草丈:50~90cm 花径:7~10mm 花序長:20~30cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Pollia : Jan van der Poll(1726-1781)に因む/ヤブミョウガ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)

撮影地:静岡県静岡市
内牧川(安倍川水系) 2006.08.22, 2007.07.31
安倍川/河口から12.50km 左岸土手 2007.07.03, 2007.09.18
賤機山 2009.08.12, 2011.08.08
徳願寺山 2011.08.12
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture]

Last modified: 03 March 2012
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-03-03 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ツユクサ(露草)
 ツユクサ(露草)は、ツユクサ科ツユクサ属の1年草です。東アジアに分布し、日本では全国に分布する在来種です。名の由来は、不明です。朝露のように短時間しか観る事ができない事からとか、ツキクサ(着草)が転訛したとの説があります。英名は、Dayflower。

 ツユクサ科(Commelinaceae Mirb. (1804))は、約40属650種が分布します。ツユクサ属(Commelina L. (1753))は世界に180種、日本には5種が分布します。

 花弁は、上部2枚と下部1枚の3枚。雄しべは、花弁側から黄色の短3本,中1本があり、雌しべと同長の長2本の計6本があります。朝5時頃から咲き始め、午前中には閉じてしまう短命の花です。咲いた花は萼(がく)の中に戻り、溶けていきます。染色体数は、2n=88。

 朝(あした)咲き夕べは消(け)ぬる鴨頭草(つきくさ=ツユクサ)の消ぬべき恋も我はするかも 【朝開 夕者消流 鴨頭草之 可消戀毛 吾者為鴨 万葉集巻十第二二九一】

 午前中に忙しく動き回る人は、あまり目にする事も無いかもしれません。残念な事だと思うのですが、季節が進むと、午後にも花が咲いている事があります。

Japanese common name : Tuyu-kusa
e0038990_2171829.jpg
Commelina communis L.

e0038990_1622079.jpge0038990_1623815.jpg

e0038990_183538.jpg
シロバナツユクサ(白花露草)
Commelina communis L. f. albiflora Makino


ツユクサ(露草)
別名:アオバナ(青花)/ボウシバナ(帽子花)
古名:ツキクサ(着草)染色に用いられた
ツユクサ科ツユクサ属
学名:Commelina communis L.
花期:6月~9月 1年草 草丈:15~50cm 花径:2~3cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Commelina : Caspar Commelin (1667-1731) 氏に因む
communis : 普通の、通常の、共通した
L. : Carl von Linne (1707-1778)
---
f. : forma(品種)
albiflora : albiflorus(白花の)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県
伊豆の国市/修善寺 2005.07.18
葵区内牧 2006.09.25
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 5 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-05 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ムラサキツユクサ(紫露草)
 原形質流動の観察に使われるムラサキツユクサ。この花を撮影していると、ヤブ蚊に刺される事が多いようです。環境の問題でしょうか。

 草をかき分けて進むと、ヤブジラミの実がたくさん着く季節になりました。これも困りものですが、ヤブ蚊はたまりませんね。必ず虫除けのスプレーをしてから観察を始めます。汗が噴き出てくるので薬品が流れ落ちてしまい、効果が薄くなるようですが、つけなかった悲惨さを思えば、まだましです。予備のスプレーも買っておきました。これは制汗作用があり、流れ落ちるのを防ぐようです。……お嬢さんにつけると悪い虫が付かないという虫除けスプレーが出たら、買うのは親ばかりかもしれません。??……

 一日花ですが、次から次へと咲いていきます。北アメリカ原産で、野生化しています。

Japanese common name : Murasaki-tuyukusa
e0038990_983397.jpg


ムラサキツユクサ(紫露草)
ツユクサ科ムラサキツユクサ属
学名:Tradescantia ohiensis Raf.
花期:5月~7月 多年草 草丈:30~80cm 花径:2~3cm

e0038990_12135938.gif

撮影地:静岡県静岡市
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 12 July 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-07-12 00:00 | | Trackback | Comments(2)