タグ:ハナイバナ属 ( 2 ) タグの人気記事
早春の野草・その4
 ■ハナイバナ(葉内花)は、キュウリグサ(胡瓜草)に良く似ています。ハナイバナの花中央にある副花冠(鱗片)は10個で、白色です。キュウリグサの場合は、副花冠(鱗片)は5個で、淡黄色です。どちらも、2~3mmの小さな花です。安倍川流域で見た数で言えば、キュウリグサの方が多く、ハナイバナは少なめです。

Japanese common name : Hanaibana
e0038990_8493925.jpg
Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
e0038990_8501836.jpg
副花冠(鱗片)は10個


ハナイバナ(葉内花)
ムラサキ科ハナイバナ属
学名:Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
synonym : Bothriospermum tenellum (Hornem.) Fisch. et C. A. Mey.
花期:4月~11月 1~2年草 草丈:10~30cm 花径:2~3mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Bothriospermum : bothrion(小穴)+sperma(種子)/ハナイバナ属
zeylanicum : ceylanicus(セイロンの)
J.Jacq. : Joseph Franz von Jacquin (1766-1839)
Druce : George Claridge Druce (1850-1932)
---
tenellum : tenellus(非常に軟い・細い・弱い)
Hornem. : Jens Wilken Hornemann (1770-1841)
Fisch. : Friedrich Ernst Ludwig von Fischer (1782-1854)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&に同じ)
C. A. Mey. : Carl Anton Andreevic von Meyer (1795-1855)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.25km 左岸土手 2007.01.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]



 ■ワスレナグサ(勿忘草)が、河原に咲いています。実は、オオカワヂシャとカワヂシャの観察の為に何度も同じ場所へ足を運んだのですが、その傍らに咲いていました。安倍川の支流に数カ所、野生しているのを確認していますが、本流では初めてでした。近縁種で、在来種のエゾムラサキ(蝦夷紫)Myosotis sylvatica (Ehrh.) Hoffn.と見間違えているかもしれないと、これも再度確認に出かけました。ワスレナグサの萼には伏毛があり、エゾムラサキの萼には鉤状の毛があります。

Japanese common name : Sin-wasurenagusa
e0038990_8504097.jpg
Myosotis scorpioides L.

e0038990_8505751.jpge0038990_8511097.jpg

左:花冠 <2007.01.22>  右:萼


ワスレナグサ(勿忘草/忘れな草)
和名:シンワスレナグサ(真忘れな草)/別名:ミオソチス(Myosotis)
ムラサキ科ワスレナグサ属
学名:Myosotis scorpioides L.
花期:5月~7月 多年草 草丈:20~45cm 花径:6~9mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Myosotis : myos(二十日鼠)+otis(耳)|葉の状態を例えた/ワスレナグサ属
scorpioides : サソリの尾のような・卷いた形の
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.75km 右岸河川敷 2007.01.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

3 February 2007
Last modified: 31 May 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-02-03 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ハナイバナ(葉内花)
 ハナイバナ(葉内花)は、ムラサキ科ハナイバナ属の1~2年草です。朝鮮半島や中国の東アジアと東南アジアに分布し、国内では全国に分布する在来種です。名の由来は、葉が萎えている「葉萎花」説と、茎と葉の間、あるいは葉と葉の間に花が付く「葉内花」説などがあります。一般に「葉内花」と解釈される場合が多いようです。

 ムラサキ科(Boraginaceae Juss. (1789))は、地中海沿岸などの温帯地域を中心に約154属2500種類が分布します。日本には14属28種、草本では11属が分布します。ハナイバナ属(Bothriospermum Bunge, 1833)は、日本では本種のみが分布します。

 茎は細く、基部は地を這い、途中から立ち上がります。茎には上向きに寝た伏毛が生えています。葉は互生します。長さ2~3cm程の長楕円形で、シワがあります。花期は4月から11月頃。葉腋に小さな花を付けます。萼片は5つに深く裂け先が尖ります。花弁は5裂し、淡青紫色。径2~3mm程の小さな花です。花の中央にある鱗片副花冠(corona)は白色で10個あります。果実は楕円形で4つに分かれている分果です。

 キュウリグサ属のキュウリグサに良く似ていますが、キュウリグサの場合は、鱗片が黄色であるので判別できます。また、キュウリグサのように渦巻き状になる蠍(さそり)形花序ではありません。ハナイバナの場合は茎の上部の方まで葉が付いています。

Japanese common name : Hanai-bana
e0038990_17582843.jpg
Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
e0038990_17584225.jpg
花径は2~3mm、萼片は5深裂し、鱗片副花冠は10個。


ハナイバナ(葉内花)
ムラサキ科ハナイバナ属
学名:Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
synonym : Bothriospermum tenellum (Hornem.) Fisch. et C.A.Mey.
花期:4月~11月 1~2年草 草丈:10~30cm 花径:2~3mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Bothriospermum : bothrion(小穴)+sperma(種子)/ハナイバナ属
zeylanicum : ceylanicus(セイロンの)
J.Jacq. : Joseph Franz von Jacquin (1766-1839)
Druce : George Claridge Druce (1850-1932)
---
synonym(シノニム):同意語、異名。
tenellum : tenellus(非常に軟い・細い・弱い)
Hornem. : Jens Wilken Hornemann (1770-1841)
Fisch. : Friedrich Ernst Ludwig von Fischer (1782-1854)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&に同じ)
C.A.Mey. : Carl Anton Andreevic von Meyer (1795-1855)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.0km 左岸土手 2006.04.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

17 April 2006
Last modified: 30 May 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-17 00:00 | | Trackback(1) | Comments(4)