タグ:ハマオモト属 ( 1 ) タグの人気記事
ハマユウ(浜木綿)
 ハマユウ(浜木綿)は、ヒガンバナ科ハマオモト属の多年草です。アジアに分布し、日本では千葉県以南の海に面した地域に分布します。名の由来は、白布(ゆう)のような花色で海岸近くに咲く事から。ハマオモト(浜万年青)は、葉がオモト(万年青)に似て海岸近くに咲く事によります。オモトの語源は不明です。豊前の御許山からとか、オオモト(大本)やアオモト(青木)からの転訛と言われています。漢名の万年青は、葉がいつも青々としている事から。

 ヒガンバナ科(Amaryllidaceae J.St.-Hil. (1805)) は、世界の熱帯から温帯にかけて約59属860種が分布します。クロンキスト体系ではユリ科(Liliaceae Juss. (1789))に分類され、世界の熱帯と温帯に約280属4000種が分布します。ハマオモト属(Crinum L. (1753))は、約180種が分布します。

 7月30日、無線機店へアマチュア無線のQSLカードを発送するために出かけました。せっかく海の近くまで来たのだからと海岸へ足を運びました。日が落ちてきた頃、ハマユウが涼しそうに咲いているのを見つけました。

 この帰り道は渋滞続きでした。静岡市で毎年行われる「安倍川花火大会」の日だったからです。戦時下、空襲で焼き出された方々の慰霊のために始まった花火大会です。多くの人たちが安倍川河川敷で荼毘(だび)に付されました。現在はその意味合いも薄れてしまったようですが、多くの人たちが見物に出かけてきます。車の規制が至るところで行われます。私は花火の音だけを聴きました。

 当時も咲いていたであろうハマユウと、家も人も焼き尽くした焼夷弾。なんとも不釣り合いな光景が脳裏にありました。

※有毒(リコリン)
染色体数は、2n=22。

Japanese common name : Hama-omoto
e0038990_14264535.jpg
Crinum asiaticum L. var. japonicum Baker


ハマユウ(浜木綿)
和名:ハマオモト(浜万年青)
ヒガンバナ科ハマオモト属
学名:Crinum asiaticum L. var. japonicum Baker
花期:7月~9月 多年草 草丈:50~80cm 花径:5~10cm

e0038990_10353896.gife0038990_2163229.gif

【学名解説】
Crinum : crinon(百合)/ヒガンバナ科
asiaticum : asiaticus(アジアの)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
var. : varietas(変種)
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Baker : John Gilbert Baker (1834-1920)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から0.25km 左岸土手 2005.07.30

Last modified: 18 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-18 00:00 | 海辺の植物 | Trackback | Comments(0)