タグ:ハリガネゴケ属 ( 1 ) タグの人気記事
ハリガネゴケ(針金苔)
 ハリガネゴケ(針金苔)は、ハリガネゴケ科ハリガネゴケ属に分類される蘚類(せんるい)です。ヨーロッパとアメリカ熱帯地域を初め、世界に広く分布する汎世界種です。日本では全国に分布します。このハリガネゴケ科は、カサゴケ科やホンマゴケ科とされる場合もあります。

 ハリガネゴケ科(Bryaceae Schwaegr.)は、9属59種があると言われています。ハリガネゴケ属(Rosulabryum J.R.Spence)は、今までBryum Hedw.とされていましたが転属されました。

 コケ植物とは、蘚類(せんるい)・苔類(たいるい)・ツノゴケ類の三群の総称です。葉緑体によって光合成を行い、花は付けず、胞子で繁殖します。水分や栄養の通り道となる維管束(いかんそく|vascular bundle)はありません。

 蘚苔類(せんたいるい)は世界に約20,000種が分布します。その内の蘚類は、葉の中央を走る太い葉脈である中肋(ちゅうろく)があるのが特徴です。茎葉体と胞子体、仮根からなります。世界各地に約100科700属10,000種が分布し、日本には62科305属約1,030種が分布します。

 卵細胞が発達したものが胞子体です。胞子体の上部にある胞子嚢を蒴(さく)と呼びます。この部分と柄に当たる蒴柄を胞子体と呼びます。ハリガネゴケの蒴柄は約30mmです。蒴は、初め緑色で、熟すと茶色へと変色します。この蒴の中では、減数分裂を経て胞子が作り出されます。蒴の先端には蓋があり、外れて胞子を放出します。胞子は風で運ばれます。胞子が発芽すると、糸状の原糸体となります。

 雌雄異株であり、本体である配偶体となって受精し、胞子体を形成します。茎長は20~25mm、葉の長さは15~25mm。染色体数は、n=10。写真のハリガネゴケは岩の上に生育していたものです。

Japanese common name : Harigane-goke
e0038990_9214826.jpg
Rosulabryum capillare (Hedw.) J.R.Spence

e0038990_922156.jpge0038990_9221480.jpg
左:若い胞子体。蒴の先端は水滴ではありません。右:全体


ハリガネゴケ(針金苔)
ハリガネゴケ科ハリガネゴケ属
学名: Rosulabryum capillare (Hedw.) J.R.Spence
synonym : Bryum capillare (Hedw.) J.R.Spence
茎長:20~25mm 葉長:15~25mm 蒴柄:約30mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Rosulabryum : rosula(薔薇のつぼみ)+bryum(苔)/ハリガネゴケ属
capillare : capillaris(毛に似た・細毛状の)
Hedw. : Johann Hedwig (1730-1799)
J.R.Spence : John R. Spence (1956- )
---
synonym : (シノニム) 同意語、異名
Bryum : コケの意/ハリガネゴケ属

撮影地:静岡県静岡市
葵区牛妻 2007.02.20, 2007.03.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

24 February 2007, 20 March 2015
Last modified: 26 February 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-02-24 00:00 | 蘚苔類 | Trackback | Comments(0)