タグ:バラ属 ( 2 ) タグの人気記事
テリハノイバラ(照葉野茨)
 テリハノイバラ(照葉野茨)は、バラ科バラ属の落葉低木です。朝鮮半島、中国、日本に分布します。日本では、福島県以南の本州・四国・九州・沖縄に分布します。名は、葉に光沢があるノイバラ(野茨)の意味。別名のハイイバラ(這茨)は、匍匐性である事から。イバラ(茨)は、棘のある低木の総称で、省略してバラとなったと言われています。「薔薇」は漢名で、ソウビと読まれていました。薔薇は茨城県の県花で、字の如く、茨で城を築いた事に由来します。英名は、Memorial Rose。

 バラ科(Rosaceae Juss. (1789))は、ほぼ全ての大陸(南極を除く)に、107属3100種が分布します。バラ属(Rosa L. (1753))は、北半球の亜寒帯から熱帯山地に約200種の野生種があり、日本には11種と3変種の野生種が存在します。園芸品種は10000以上があります。

 茎は、匍匐性で地を這って伸び、枝分かれします。緑色あるいは赤褐色で無毛、鉤状の棘があります。葉は互生します。奇数羽状複葉で、小葉は2~4対で5~9枚あります。広倒卵形から倒卵状楕円形で長さ1~2cm。表面は濃緑色、裏面は淡緑色で両面とも光沢があり無毛です。鋸歯があり、葉先は鈍頭。葉柄の基部に托葉があります。

 花期は6月から7月頃で、枝先に1から数個、白色の5弁花を円錐花序につけます。花弁は先端がへこむ倒卵形。平開し、直径30~35mm。萼片は5個で卵形。雄しべは多数、花柱は白色の毛があります。

 果実は偽果です。偽果とは、花床や花軸など子房以外の部分が加わってできている果実の事で、子房だけが発達したものを真果と呼んで区別します。径6~8mmの卵球形で熟すと赤くなります。生薬エイジツ(営実)の代用として使われます。挿し木で容易に発根します。接ぎ木の台木として使われ、蔓性園芸薔薇の元になっています。

Japanese common name : Teriha-noibara
e0038990_10405145.jpg
Rosa luciae Rochebr. et Franch. ex Crèp.

e0038990_1041446.jpge0038990_10411853.jpg
左:(480x640/37kb)            右: (480x640/28kb)
e0038990_10413587.jpg
ピンク種


テリハノイバラ(照葉野茨)
別名:ハイイバラ(這茨)
バラ科バラ属
学名:Rosa luciae Rochebr. et Franch. ex Crèp.
synonym : Rosa wichuraiana Crèp.
花期:6月~7月 落葉低木 樹高:15~50cm 花径:30~35mm 果期:10~11月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Rosa : ギリシャ語のrhodon(バラ)、ケルト語のrhodd(赤色)に由来/バラ属
Luciae : Paul Amedee Ludovic Savatier (1830-1891)の婦人、栽培家Luciaの
Rochebr. : Alphonse Tremeau de Rochebrune (1834-1912)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&(and)に同じ)
Franch. : Adrien Rene Franchet (1834-1900)
ex : ~による
Crèp. : François Crépin (1830-1903)
---
wichuraiana : Max Ernst Wichura (1817-1866)の

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.06.14
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

19 June 2006
Last modified: 24 April 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-06-19 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ノイバラ(野茨)
 ノイバラ(野茨)は、バラ科バラ属の落葉低木です。北海道の西南部から九州にかけての低地や山地に普通に見られます。2n=14の染色体をもつ野生種です。日本には11種と3変種の野生種が存在します。これを大別して、花柱(雄しべの軸)が離れているか合着しているかで区別される2節があります。園芸種のもととなった原種は8種のみで、中近東のロサ・フォエティダ、ロサ・ダマスケナ、ロサ・ガリカ、ヨーロッパのロサ・アルバ、ロサ・センチフォリア、中国のコウシンバラ、日本のノイバラ、テリハノイバラです。

 ノイバラはノバラ(野薔薇)であって、野にある薔薇という意味ですが、茨は棘のある低木を指します。棘のある植物を有棘植物と言い、その棘により衣服を引っ掻き破くばかりか、怪我をしてしまう事もあります。ストラスブールの大学生だった21歳のゲーテは、牧師の娘フリーデリーケに恋し、失恋しました。これをもとにしたと言われる「野薔薇」は寓意的ですが、折られる事に抵抗するバラの棘は、生存競争の戦略武器です。この棘は葉が変形してできたものです。キリストが処刑される時に被されたイバラ(ヘブライ語でアタード)は、クロウメモドキ科のトゲハマナツメ(Zizyphus spina-christi L.)との説があり、ノイバラとは関係なさそうです。

 葉は互生し、奇数羽状複葉で小葉は5~9枚、浅い鋸歯を持ち先が尖ります。葉に光沢があり地を這うのはテリハノイバラ(照葉野薔薇)です。花は5弁の白色。地方により変種が存在し、関東・近畿・四国にはフジイバラ(富士茨)、中部以西・四国・九州にミヤコイバラ(都茨)、四国・九州にツクシイバラ(筑紫茨)、近畿地方以西にヤブイバラ(藪茨)が分布します。秋に赤く熟した果実(偽果)を乾燥させたものを、生薬(日本薬局方)のエイジツ(営実)として用います。ローズヒップ・ティーとしての利用もあります。挿し木で繁殖でき、園芸種の台木としても使われます。

Japanese common name : No-ibara
e0038990_221805.jpg
Rosa multiflora Thunb.


ノイバラ(野茨)
別名:ノバラ(野薔薇)
バラ科バラ属
学名:Rosa multiflora Thunb.
花期:5月~6月 落葉低木 樹高:1~2m 花径:2cm 果期:9~11月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Rosa : ギリシャ語のrhodon(バラ)、ケルト語のrhodd(赤色)に由来/バラ属
multiflora : multiflorus(多花の)
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から9.75km 左岸河川敷 2006.01.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: June 11, 2008
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-01-10 00:00 | | Trackback | Comments(2)