タグ:ヒキガエル科 ( 1 ) タグの人気記事
アズマヒキガエル(東蟇蛙)
 アズマヒキガエル(東蟇蛙)は、カエル目(無尾目)ヒキガエル科ヒキガエル属のカエルです。本州近畿以西に分布する、ニホンヒキガエル(日本蟇蛙)の亜種で、日本固有亜種です。名の由来は、東日本に棲息するヒキガエルから。蟇や蛙は諸説あり、はっきりしません。英名は、Eastern-Japanese Common Toad。

 ヒキガエル科(Bufonidae Gray, 1825)は、世界に50属約590種が分布します。ヒキガエル属(Bufo Garsault, 1764)は、オーストラリアを除く全世界に約31属366種が分布します。日本には、5種(4種1亜種)1)が分布します。

 ニホンヒキガエルは近畿地方以西に、アズマヒキガエルは東日本に分布しますが、移入などによって混在する場合もあります。生息域は、平地から山地までに及び、垂直分布は0mから2500m程と言われています。日本で普段目にする中では大型の蛙です。体長は5cmから15cm程。体色は茶褐色から赤褐色で、イボ状突起が目立ちます。目の後方にある耳腺が隆起しています。ここから神経毒のブホトキシン(bufotoxin : C40H60N4O10)を分泌します。イボからも白色の有毒粘液を分泌します。

 動作は遅く、堂々としているように見えます。近寄ってもほとんど動じません。触れるものなら触ってみろと言わんばかりの態度です。風格があるとも言えますが、身体が重たくて飛跳ねる事ができないだけなのでしょう。昆虫やミミズなどを捕食する肉食性です。寿命は10年程と言われています。産卵期は2月から7月頃で、止水域の水辺に産卵します。卵塊は非常に長い紐状です。鳴声は、クックックッ。ヤマカガシなどに捕食される事があります。染色体数は、2n=22。

1)日本に分布するヒキガエルは、次の5種(4種1亜種)が知られています。
ニホンヒキガエル(日本蟇蛙)Bufo japonicus japonicus Temminck & Schlegel, 1838
アズマヒキガエル(東蟇蛙)Bufo japonicus formosus Temminck & Schlegel, 1838
ナガレヒキガエル(流蟇蛙)Bufo torrenticola Matsui, 1976
ミヤコヒキガエル(都蟇蛙)Bufo gargarizans miyakonis Okada, 1931
オオヒキガエル(大蟇蛙)Bufo marinus (Linnaeus, 1758):特定外来生物

★ ★ ★

 動きが鈍い事から撮影にはもってこいの対象なのですが、ほとんどが下山直前に出くわすので、ゆっくりとつきあっている時間がありません。またそのような時に限って持っているカメラは安価な物だったりします。重たいカメラは捨てて来たくなるので軽い物を選ぶからです。ここで使用したのは、壊れたり盗まれたりしても後悔が少ない海外旅行用に買った、家内のカメラでした(笑)。ヒキガエルは、他のカエルよりも見る機会は少なめです。

参考資料:日本産爬虫両生類標準和名(2014年11月9日改訂)

Japanese common name : Azuma-hikigaeru
e0038990_22402840.jpg
Bufo japonicus formosus Boulenger, 1883
e0038990_22404553.jpg
動作は遅く、堂々としているように見える

e0038990_2241550.jpge0038990_22411998.jpg
左:右後方 右:左後方 2014.10.30 高山(牛ヶ峰 Alt.717m)
e0038990_18471670.jpg
e0038990_1849570.jpg
2012.10.29 安倍城跡(Alt.435.2m)


アズマヒキガエル(東蟇蛙)
別名:ガマガエル(蝦蟇蛙)/ガマ(蝦蟇)
カエル目(無尾目)ヒキガエル科ヒキガエル属
学名:Bufo japonicus formosus Temminck & Schlegel, 1838

e0038990_2122812.gife0038990_10353896.gif

分布:本州近畿以北
体長:5~16cm(地域個体差がある)
繁殖期:2月から7月
食餌:小型昆虫、ミミズ,クモなど(肉食性)
寿命:約10年

撮影地:静岡県静岡市
高山(牛ヶ峰) 2014.10.30  
安倍城跡 2012.10.29
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 21 December 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2015-01-28 00:00 | その他の生物 | Trackback | Comments(0)