タグ:ヒルガオ属 ( 2 ) タグの人気記事
ハマヒルガオ(浜昼顔)
 ハマヒルガオ(浜昼顔)は、ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草です。世界に広く分布します。日本では、全国の浜辺に自生する在来種です。名の由来は、浜に生えるヒルガオ(昼顔)から。昼顔は、アサガオ(朝顔)に対して日中も咲いている事から。英名は、Sea bindweed、sea bells、等。

 ヒルガオ科(Convolvulaceae Juss. (1789))は熱帯から亜熱帯に約58属1650種が分布し、日本には4属があります。ヒルガオ属 (Convolvulus L. (1753))は、熱帯から温帯に約25種が分布し、日本には4種1)が自生します。

 暖地の海岸砂浜に自生します。地下茎を砂地に長く延ばし、群落を作ります。茎は蔓性で這います。葉は互生します。基部が心形の腎円形で、長さ2~4cm、幅3~5cm。革質で光沢があり、葉脈が目立ち、内側にやや反って丸まります。透明な細胞膜のクチクラ(Cuticula)層があり、表面を保護します。乾燥に強い構造です。

 花期は、5月から6月頃。葉腋から長い花柄を出し、花を付けます。包葉は1~1.5cmの卵形で2枚あり、5枚の萼片を囲みます。属名のCalystegiaは、calyx(萼)+ stege(蓋)で、この特徴を表しています。花冠は淡紅色の漏斗形の合弁花で、花径は4~5cm。花冠の先端は浅く5つに裂け星形となります。花冠底と5隅は白色で花冠先端まで伸びます。雄しべ5本、雌しべ1本で柱頭は2分岐します。花柱基部に5つの蜜壺があります。夕方には萎む一日花です。

 果実は蒴果です。苞と萼に包まれた球形で、長さ1.5~2cm。内部に空室があり水に浮きます。種子は黒色で4個あり、長さ約5~8mm。繁殖は実生の他、地下茎でも行われます。染色体数は、2n=22。

 品種として、シロバナハマヒルガオ(白花浜昼顔)Calystegia soldanella (L.) R.Br. f. albiflora H.Hara 、花色の濃いベニバナハマヒルガオ(紅花浜昼顔)Calystegia soldanella (L.) R.Br. f. rubriflora Asai があります。

1)ハマヒルガオ(浜昼顔)、コヒルガオ(小昼顔)、ヒルガオ(昼顔)、ヒロハヒルガオ(広葉昼顔)。

Japanese common name : Hama-hirugao
e0038990_14392768.jpg
Calystegia soldanella (L.) R.Br.

e0038990_20193318.jpge0038990_20194398.jpg
蕾は花冠をねじりながら伸びてくる。

e0038990_20202162.jpge0038990_20203189.jpg
ハマヒルガオの群落。小さな葉はテリハノイバラで、生育地が競合している。

e0038990_20213574.jpge0038990_20215081.jpg
左:2枚の抱葉が5枚の萼を囲む。右:葉は肉厚で葉脈が目立つ腎円形。
e0038990_14403383.jpg
花柱基部に5つの蜜壺がある。柱頭は2分岐する。蟻が介在。

e0038990_20223372.jpge0038990_2022447.jpg
花冠が縮れながら萎み、枯れた後、成熟した蒴果となる。
e0038990_20234080.jpg
2010.05.18
e0038990_1443195.jpg
2016.04.26 背景の細長い葉は、コウボウムギ(弘法麦)
e0038990_1443378.jpg
2016.04.26 大浜海岸


ハマヒルガオ(浜昼顔)
ヒルガオ科ヒルガオ属
学名:Calystegia soldanella (L.) R.Br.
花期:5月~6月 多年草 匍匐性 草丈:5~20cm 花冠径:4~5cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Calystegia : calyx(萼)+ stege(蓋)/ヒルガオ属
soldanella : 小さい貨幣/イワカガミダマシ属(Soldanella)の転用
L. : Carl von Linne (1707-1778)
R.Br. : Robert Brown (1773-1858)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口左岸浜辺 2010.05.18, 2016.04.19 2016.04.26
大浜海岸 2016.04.26
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 28 April 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-04-28 00:00 | 海辺の植物 | Trackback | Comments(0)
ヒルガオ(昼顔)
 ヒルガオ(昼顔)は、ヒルガオ科ヒルガオ属の越年草です。日本・中国・朝鮮が原産です。国内では北海道(少量)、本州、四国、九州に分布する史前帰化植物です。名の由来は、アサガオ(朝顔)との対比で昼に開花することによります。英名は、False bindweed。

 ヒルガオ科(Convolvulaceae Juss. (1789))は熱帯から亜熱帯に約58属1650種が分布し、日本には4属があります。ヒルガオ属 (Convolvulus L. (1753))は、熱帯から温帯に約25種が分布し、日本には4種1)が自生します。

 白い地下茎を発達させて繁殖します。茎は左巻きの蔓性で、絡みついて伸び50~200cmになります。茎断片でも芽を出します。草刈りなどで分断される事によって、かえって増殖の勢いを付ける事がある強靱な性質があります。葉は互生し、葉柄は1~4cmあります。若い葉は鉾(ほこ)形で、成長すると矢尻形になります。長さは5~10cm。基部は心形で、葉の先端は鈍頭、縁は全縁です。

 花期は6月から8月頃。葉腋から2~5cmの花柄を出し、淡紅色の花冠を付けます。漏斗状の合弁花で、5枚の花被片が合着した形状をしています。花冠径は5~6cm。午前中に咲き、夜に萎む一日花です。花筒と萼を挟む、長さ20~25mmの2枚の苞葉があります。これはヒルガオ属の特徴で、学名に採用されています。雄しべは5本。雌しべは先端で2裂し、子房は2室あります。染色体数は、2n=22。両性花で自家不和合性があり、結実するのは稀です。

 類似種のコヒルガオ(小昼顔)Calystegia hederacea Wall. は、花柄の上部に縮れたヒレがあり、葉の形状が異なり、鉾形基部が張り出します。セイヨウヒルガオ(西洋昼顔)Convolvulus arvensis L. は属が異なり、花柄の途中に対生する小さな苞葉があります。

1)ハマヒルガオ(浜昼顔)、コヒルガオ(小昼顔)、ヒルガオ(昼顔)、ヒロハヒルガオ(広葉昼顔)

Japanese common name : Hiru-gao
e0038990_8341295.jpg
Calystegia pubescens Lindl. f. major (Makino) Yonek.

e0038990_8343011.jpge0038990_8345192.jpg
左:萼を包む2枚の苞葉 右:矢尻形の細長い葉


ヒルガオ(昼顔)
ヒルガオ科ヒルガオ属
学名:Calystegia pubescens Lindl. f. major (Makino) Yonek.
synonym : Calystegia japonica Choisy
花期:6月~8月 多年草 草丈:蔓性 花冠径:5~6cm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Calystegia : calyx(萼)+stege(蓋)/ヒルガオ属
pubescens : 細軟毛がある
Lindl. : John Lindley (1799-1865)
f. : forma(品種)
major : majus(巨大な、より大きい)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)
Yonek. : 米倉浩司 Koji Yonekura (1970- ) Tohoku University
---
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Choisy : Jacques Denys (Denis) Choisy (1799-1859)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から0.5km 左岸土手 2006.07.11
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

12 July 2006
Last modified: 13 July 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-12 00:00 | | Trackback | Comments(2)