タグ:フヨウ属 ( 3 ) タグの人気記事
ケナフ(Kenaf)
 ケナフ(Kenaf)は、アオイ科フヨウ属の1年草です。アフリカ、あるいはインドが原産と言われていますが不明です。アジア、オーストラリア、北アメリカに移入分布します。日本には第二次世界大戦の頃に移入されたと言われています。製紙原料の繊維を取るために栽培されています。また、栽培逸出して野生化する事もありますが帰化状態ではありません。名の由来は、kenab(麻)から。中国名は、ヤンマ(洋麻)。

 アオイ科(Malvaceae Juss. (1789))は、熱帯から冷帯にかけて、250属(AGP)が分布します。クロンキスト体系(Cronquist system)では、約75属、約1500種でした。フヨウ属(Hibiscus L. (1753))は、約250種が分布します。

 栽培種です。播種後は、夏以降に急速に成長します。根はゴボウ状で真下に伸びます。茎は、円柱状で径1~5cm、まばらに棘があり、直立します。草丈は3~4mになります。葉は、互生します。葉柄は6~20cm。掌状深裂します。茎上部になるほど裂片数が増え、3、5、7深裂となり、茎頂付近では槍形となります。掌状裂片は長さ2~12cmの被針形で、鋸歯があります。

 花期は、10月から11月頃。早朝に花を横向きに開きます。一日花です。ごく短い花柄の先に花を単生させます。総苞片(萼状総苞)は7~10個あり、長さ6~8mm。萼は、鐘形で長さ約5cm、萼片は5裂し被針形で、先端は鋭突。花冠は5枚の花被片からなり、薄黄色。中心部は農赤色の楕円形で長さ約6cm。花径は8~15cm。両性花で虫媒花です。雄しべは筒状の単体雄蕊1)で、花糸の長さは1.5~2cm。花柱は5個で、柱頭先端は3裂します。

 果実は蒴果です。径約15mm~20mmで、先端がくちばし状になり棘を密生させます。5室があり、各室に3~5個の種子を含みます。種子は、アサガオの種子に似た茶色の腎臓形で、約5mm。染色体数は、2n=36。

 成長が早く栽培が容易ですが、風、農薬に弱い弱点があります。また、蜜線も多いので虫を呼び寄せやすいようです。葉の表と裏に気孔が多数ある事から、二酸化炭素、二酸化窒素の単位面積当たりの吸収率が高い事が知られています。若葉には、カルシウム、カロチン、鉄分が豊富です。茎から繊維、種子から乾性油が採取されます。繊維は、製紙原料として使われ、麻袋や網、炭等にも利用されます。畑地では連作障害に注意を要します。

※大麻取締法で栽培が規制されているアサ(麻)と間違えられやすい植物です。アサの茎は4稜があり、本種の丸形とは異なります。

1)単体雄蕊(たんたいゆうずい):雄しべが合着して筒状になるもの。monadelphous stamen。

Japanese common name : Kenafu
e0038990_2255141.jpg
Hibiscus cannabinus L.

e0038990_2291950.jpge0038990_2293844.jpg


ケナフ(Kenaf)
アオイ科フヨウ属
学名:Hibiscus cannabinus L.
花期:10月~11月 1年草 草丈:3~5m 花径:8~15cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Hibiscus : 由来不明、ゼニアオイ属の古名/フヨウ属(ヒビスクス属)
cannabinus : Cannabis(麻)+anus(ラテン語形容詞化)/麻のような
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園 2006.10.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 20 December 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2015-12-22 08:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(0)
アメリカフヨウ(亜米利加芙蓉)
 葉も大きいし花も大きい。小さな野草を見慣れている目には、巨大すぎて圧倒されます。葉の長さは20cmくらい。花は1日花ですが、9月頃まで次々と咲き続けます。

 年配のご婦人が近くにおられたので、お話を伺ってみました。私の関心事は、手動式の井戸ポンプ。他の河川敷にあるポンプは破棄されているのに、どうして使えるようになっているのか興味津々でした。お話によると、ゲートボール仲間がお金を出し合って作ったそうです。水は飲めないけれど、草花の水やりに使っているそうです。

 アメリカフヨウに目をやって、「花の面倒を見ていた人が昨年亡くなってしまったのです。一応、他の者が世話をしているのですが、今年は背丈も低いままです」と教えてくれました。また、このアメリカフヨウの押し花を作られているというので驚きました。もしかしたら押し花ではなくて、「標本」だったりして。

 アオイ科(Malvaceae Juss. (1789))は、熱帯から冷帯にかけて、250属(AGP)が分布します。クロンキスト体系(Cronquist system)では、約75属、約1500種でした。フヨウ属(Hibiscus L. (1753))は、約250種が分布します。

Japanese common name : Amerika-fuyou
e0038990_21151771.jpg
Hibiscus moscheutos L.


アメリカフヨウ(亜米利加芙蓉)
別名:クサフヨウ(草芙蓉)
アオイ科フヨウ属
学名:Hibiscus moscheutos L.
花期:7月~10月 多年草 草丈:80~200cm 花径:10~20cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Hibiscus : 由来不明、ゼニアオイ属の古名/フヨウ属(ヒビスクス属)
moscheutos : moschatus(麝香の香りのする)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.25km 右岸河川敷 2005.07.15
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 3 August 2005
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-03 00:00 | | Trackback | Comments(0)
フヨウ(芙蓉)
フヨウ(芙蓉)は、アオイ科フヨウ属の落葉低木です。中国、日本、台湾に分布します。日本では本州関東以南で栽培され帰化しています。名の由来は、漢名の木芙蓉から。芙蓉は中国での蓮の別名で、花が似ている事からの命名と言われています。

 アオイ科(Malvaceae Juss. (1789))は、熱帯から冷帯にかけて、250属(AGP)が分布します。クロンキスト体系(Cronquist system)では、約75属、約1500種でした。フヨウ属(Hibiscus L. (1753))は、約250種が分布します。

 フヨウは、ムクゲほど多くの品種・系統はありません。桃色花は在来種で、一重白花の白花芙蓉、八重咲きの七面芙蓉、八重咲きで白から紅色に変化する酔芙蓉があります。

 フヨウとムクゲの違いは、花柱の形態にあります。フヨウは花柱の先端が曲がり花粉袋が中央に付くのに対し、ムクゲの花柱はまっすぐで花粉袋は全体に付きます。また、フヨウの花柄は長く、ムクゲは短くなります。フヨウとハイビスカスは似ていますが、ハイビスカスは花柱が突出していて花粉袋が中央より先端よりにつきます。

 早朝に咲き、夕方には萎んでしまう一日花です。写真の花は萎みかけ始めています。

参考:アメリカフヨウ(亜米利加芙蓉) ムクゲ(木槿)

Japanese common name : Fuyou
e0038990_21104348.jpg
Hibiscus mutabilis L.

e0038990_20574465.jpge0038990_20575746.jpg


フヨウ(芙蓉)
別名:モクフヨウ(木芙蓉)
アオイ科フヨウ属

学名:Hibiscus mutabilis L.
花期:8月~10月 落葉低木 樹高:1~3m 花径:10~14cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Hibiscus : 由来不明、ゼニアオイ属の古名/フヨウ属(ヒビスクス属)
mutabilis : 変化しやすい
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
藁科川(安倍川水系) 河口から2km 2005.07.29
葵区池ヶ谷 2016.08.15
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

01 August 2005
Last modified: 28 August 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-08-01 00:00 | | Trackback(2) | Comments(7)