タグ:ブドウ科 ( 1 ) タグの人気記事
ヤブカラシ(藪枯らし)
 ヤブカラシ(藪枯らし)は、ブドウ科ヤブカラシ属の多年草です。日本、中国、インド、マレーシアが原産で、国内では全国に分布する在来種です。名の由来は、繁殖直が強く、樹木に巻き付き藪を枯らす程である事から。別名のビンボウカズラ(貧乏蔓)は、繁殖すると家の持ち主が貧乏になるとか、手入れができない貧乏な土地に繁殖するからと言われています。英名は Bushkiller。

 ブドウ科(Vitaceae Juss. (1789))は、熱帯から温帯に12属約700種が分布します。ヤブカラシ属(Cayratia Juss. (1789))は、世界に約45種が分布し、日本には2種が自生します。

 柔らかい地下茎を横に伸ばして増殖し、所々から稜角(尖った角)がある茎を立ち上げます。茎は蔓性で、巻きひげで他の樹木に絡み付きます。葉は鳥足状複葉で、長さ4~8cm、幅2~4.5cmの5小葉からなり、長さ1~3cmの葉柄があります。頂小葉は波状鋸歯がある狭卵形です。

 花期は6月~8月。扁平な集散花序をつけます。花は径3~6mmで、淡緑色の花弁4枚は平開し、反り返ります。早朝に開花し、花弁と花盤周辺にある4本の雄しべのほとんどは午後には脱落します。花盤は赤橙色に変化し、花盤中央の雌しべだけが残ります。果実は5mm内外で、初め白く、熟すと黒色になります。染色体数は、2n=40,59。2倍体と3倍体があり、2倍体は関東以西に多いとの報告があります。

Japanese common name : Yabu-karasi
e0038990_22234776.jpg
Cayratia japonica (Thunb.) Gagnep.

e0038990_2223593.jpge0038990_22241076.jpg
左:全体の様子  右:花弁は4枚、雄しべ4本

e0038990_22242423.jpge0038990_22243510.jpg
左:葉表 《葉は鳥足状複葉の5小葉》 右:葉裏


ヤブカラシ(藪枯らし)
別名:ヤブガラシ/ビンボウカズラ(貧乏蔓)
ブドウ科ヤブカラシ属
学名:Cayratia japonica (Thunb.) Gagnep.
花期:6月~8月 多年草 草丈:50~200cm(蔓性) 花径:3~6mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Cayratia : geniculatus(関節の・膝のように曲がった)の土名cay rat/ヤブカラシ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
Gagnep. : Francois Gagnepain (1866-1952)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.75km 左岸河川敷 2006.06.24, 2006.07.04 
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

03 July 2006, 04 July 2006
Last modified: 08 December 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-07-03 00:00 | | Trackback(1) | Comments(3)