タグ:ヘビ ( 2 ) タグの人気記事
アオダイショウ(青大将)
 アオダイショウ(青大将)は、ナミヘビ科ナメラ属の蛇です。北海道、本州、四国、九州に分布する日本固有種です。名の由来は、不明です。本土最大長の蛇である事から大将が付けられた、また、大蛇が訛ったとする説があり、青味がかった色合いの大きな蛇との意味合いと考えられています。英名は、Japanese Rat Snake。

 山地から平地に棲息します。平地では田畑や水辺周辺に多いようです。長さは100~200cm、太さ5cm程です。昼行性のヘビで、本土では最大のヘビです。地域変異の顕著な種として知られています。体色は緑褐色で濃淡の変化があります。胴体に淡い黒線が縦に入るものがありますが、不明瞭なものもあります。腹側は淡白色です。瞳孔は丸形。眼の後ろに黒線が流れたような模様があります。体列鱗数は、23列あるいは25列。側稜鱗により木登りが得意です。

 人間の生活圏の中では最も馴染みのある蛇と言われています。成蛇は鼠などを捕食するために人家付近にも棲息し、時に家屋に侵入します。密閉度の低い木造の家屋が多かった昔は、家の中に入り込み、近所総出での捕獲騒ぎも経験しました。無毒ですが締め付ける力が強いので注意が必要です。

 上顎の内側(口の中)にヤコブソン器官(Jacobson's organ)があり、匂いを感知します。先端が2分岐した舌で匂いをこの器官に送り込んでいると言われています。鼻の上の穴の上にはピット器官(Pit organ)があり、赤外線を感知して他生物の位置を判断しています。総排出腔以降が尾です。怒った時は、総排出腔から悪臭を出します。

 ネズミや爬虫類、鳥等を捕食します。5月からが交尾期で、7月から8月頃に産卵します。卵数は7~17個。約50日で孵化します。幼蛇は長さ15~40cm程で、ニホンマムシに似た横縞模様が入ります。ニホンマムシのように太くはなく銭型模様ではありませんが間違われやすいようです。11月頃から冬眠し、4月頃に目覚めます。染色体数は、2n=36。

★ ★ ★

 冒頭の写真は、安倍城跡山頂で撮影したものです。2m50cm程と記憶しています。異様に長く、驚いてしまいました。ちょうど倒木の脇を真っ直ぐになってすり抜けたので、木を目安に後で計測する事にしていましたが、翌日には倒木が撤去されていて計測不可能となり残念でした。当初は標本にしようかと捕獲も考えたのですが、撮影していると、おっとりとしていて、可愛い顔をしているのに気付き、可哀想に思ったのでやめました。

Japanese common name : Ao-daisyou
e0038990_23115035.jpg
Elaphe climacophora (Boie, 1826)
e0038990_23121512.jpg
撮影地 高山(牛ヶ峰) 2008.05.15

e0038990_23122811.jpge0038990_23124019.jpg
撮影地 左:高山(牛ヶ峰) 2008.05.15 右:千代山 2010.06.11
e0038990_23144554.jpg
撮影地 高山(牛ヶ峰)
e0038990_23151234.jpg
撮影地 賤機山
e0038990_2315484.jpg
幼蛇は梯子状になった横帯の斑紋からニホンマムシに間違えられやすい
e0038990_231639.jpg
【抜け殻】 安倍川/河口から10.50km 左岸河川敷 2007.07.03
e0038990_23162169.jpg
【骨格標本】 市立日本平動物園・展示室
e0038990_23163314.jpg
【骨格標本】 ふじのくに地球環境史ミュージアム・展示室


アオダイショウ(青大将)
有鱗目ヘビ亜目ナミヘビ科ナメラ属
学名:Elaphe climacophora (Boie, 1826)

e0038990_2122812.gife0038990_23465384.gif

全長:100~200cm/太さ:約5cm
産卵期:7~8月
食餌:ネズミ、爬虫類、鳥等

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt. 435m) 2008.04.30
高山(牛ヶ峰 Alt. 717m) 谷沢ルート 2008.05.15
賤機山(Alt. 171m) 2009.05.29
千代山(Alt. 226m) 2010.06.11
安倍川/河口から10.50km 左岸河川敷 2007.07.03
市立日本平動物園・展示室(骨格標本) 2016.05.03
ふじのくに地球環境史ミュージアム・展示室(骨格標本) 2016.06.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 13 May 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2016-05-13 00:00 | その他の生物 | Trackback | Comments(0)
シマヘビ(縞蛇)
 シマヘビ(縞蛇)は、ナミヘビ科ナメラ属の蛇です。北海道、本州、四国、九州に分布する、日本固有種です。名の由来は、縞のあるヘビから。ヘビの仲間(ヘビ亜目)は世界に17科約3000種があると言われています。ナミヘビ(並蛇)科(Colubridae Oppel, 1811)は、南極以外の全大陸に分布します。約2000種があり、ヘビの仲間の約2/3を占めます。ナメラ(滑羅)属(Elaphe Fitzinger, 1833)は、北アメリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア、日本、台湾に分布します。

 有鱗目1)です。日本に分布する蛇の内でアオダイショウに並んで、よく見かける普通種です。平地から山地に生息していますが、環境の変化で山地の分布が多くなったようです。昼行性です。全長は、80~150cmが普通で、200cmに達するものは一部地域に限られ希です。体鱗列数2)は19列。体色は黄褐色から褐色で、4本の黒褐色縦縞があります。これがこの蛇の名の由来です。眼が赤いのが特徴。腹の部分(腹板)は無模様で、白乳色や黄色です。色素の異常による色彩変異も多く、カラスヘビ(烏蛇)と呼ばれる眼も体色も黒色のものや、白色のアルビノ(Albino)変異体があります。

 カエルなどの小動物を餌にします。気は荒い方で攻撃的です。尾を振るわせて威嚇したり、咬みついてくる事があります。毒はありませんが噛まれたら消毒が必要です。繁殖は卵生です。4月から5月頃に交尾をして、7月から8月頃に白色で細長い卵を4~15個生みます。孵化は40~50日間程です。幼蛇は赤味を帯びた体色で赤褐色の横縞模様があります。シマヘビは在来5種中では最も高位の、平均体温と広い体温範囲を有します3)。12月頃に冬眠に入り、3月頃に目覚めます。野生での寿命は約8年とされています。染色体数は、2n=36。

★  ★  ★

 啓蟄の翌日に、山地で2種類のヘビに遭遇しました。気温が上がった日でした。蕗の花にハナアブがいたのを見て、確かに啓蟄だと感じたばかりでした。シマヘビは、ヘビの仲間では春先に一番早く現れるとの事です。冬眠から目覚めて気が荒立っている時期なのでしょうか。カメラを構えただけで、とぐろを巻いて飛びつく動作を何回もしました。ヘビどころか生きもの全般が苦手な私は、早く逃げてくれないかなと願いつつ、今しばらくポーズをとってもらい撮影したいという複雑な思いでした。眼の後ろにある黒色の筋模様はアオダイショウとも似ていますが、眼が赤い事で見分ける事ができます。

1) 有鱗目(ゆうりんもく|Squamata):鱗がある爬虫類で、トカゲやヘビの仲間の総称。
2) 体鱗列数(たいりんれつすう):主に胴の中央部付近で計測した鱗(うろこ)の数で、種の同定に使われる。
3) Body Temperatures of Snakes in the Fields 3. Concluding Remarks HAJIME FUKADA; Japanese Journal of Herpetology 13 (4): 114-119., Dec. 1990.

Japanese common name : Shima-Hebi
e0038990_014151.jpg
Elaphe quadrivirgata (Boie, 1826)

e0038990_015275.jpge0038990_02834.jpg
おやおや、木に登るのかい。じゃなくて邪魔だったんだね。横をすり抜けてヌルヌル。
e0038990_024376.jpg
カメラを向けただけで臨戦態勢。気性が荒い。何度も、噛んじゃうぞと飛びかかろうとする。
e0038990_064130.jpg
いつまでも怒っていないで逃げた方が良いと思うけど、シマヘビは引き下がりません。
e0038990_07124.jpg
目が赤いのは徹夜したからではないよ。
e0038990_08046.jpg
学名quadrivirgataは、4本の線。ナメラ属の滑羅は、なめらかな表面を意味する。
e0038990_082825.jpg
舌を出すので写そうと思ったが速すぎて駄目でした。


シマヘビ(縞蛇)
有鱗目ヘビ亜目ナミヘビ科ナメラ属
学名:Elaphe quadrivirgata (Boie, 1826)

分布:北海道、本州、四国、九州
全長:80~200cm
餌:カエル、トカゲ等の爬虫類、両生類

e0038990_23463384.gife0038990_23465384.gife0038990_2122812.gif

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt.435.2m) 2012.03.06
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 March 2012
Last modified: 30 August 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2012-03-25 00:00 | その他の生物 | Trackback | Comments(0)