タグ:ベンケイソウ科 ( 2 ) タグの人気記事
ツメレンゲ(爪蓮華)
 ツメレンゲ(爪蓮華)は、ベンケイソウ科イワレンゲ属の多年草です。日本、中国、朝鮮半島に分布します。日本では、関東以西、四国、九州に分布する在来種です。準絶滅危惧(NT)に指定されています。名の由来は、多肉質の葉の尖った先端を爪に、円形に重なり合ったロゼットの葉序を蓮華座に例えたもの。中国名は、晚紅瓦松(wan hong wa song)。

 ベンケイソウ科(Crassulaceae J.St.-Hil. (1805))は、約33属1400種が分布します。イワレンゲ属(Orostachys Fisch. ex A.Berger, in Engl. et Prantl (1930))は、温帯域に約10種が分布します。

 日当たりの良い岩場などに自生します。密生して数段に重なった根出葉でロゼットを形成し、数年間を過ごします。葉は互生します。多肉質の披針形で先端に突起があり、長さ3~6cm、幅0.5~1.5cm。

 花期は、10月から11月。花茎を10~30cmに伸ばして穂状花序をつけます。葉状の包葉があります。花序下から順に咲きます。花径は5~10mm。雄しべ10個、雌しべ5個。葯色は紅色。

 開花して結実すると株が枯死する、一回結実性植物です。子株によって次の花を咲かせます。種子は微細。風媒花です。染色体数は、2n=24,48。

 クロツバメシジミ(黒燕小灰蝶)Tongeia fischeri (Eversmann, 1843) [絶滅危惧II類(VU)] 幼虫の食草としても知られています。※国内亜種は3種あります。

 類似種に、葯色が黄色のイワレンゲ(岩蓮華)Orostachys malacophylla (Pall.) Fisch. var. iwarenge (Makino) H.Ohba [絶滅危惧II類(VU)]、チャボツメレンゲ属の、チャボツメレンゲ(矮鶏爪蓮華)Meterostachys sikokianus (Makino) Nakai [絶滅危惧II類(VU)] があります。

☆  ☆  ☆

 東海自然歩道の峠越え(相沢~油山)を往復した帰り、沢沿いの岩場に咲いているのに気が付きました。このような時には必ず安価なデジカメしか持っていません。沢の岩場を下りて撮影しましたが、残念ながら予定が詰まっていてゆっくりする時間がありませんでした。次回に期待して帰りました。

Japanese common name : Tume-renge
e0038990_21145977.jpg
Orostachys japonica (Maxim.) A.Berger

e0038990_1033712.jpge0038990_10332223.jpg
肉穂状花序は、10~30cm。花序下から順に咲く。

e0038990_10334079.jpge0038990_1035469.jpg
花径は5~10mm。葉は互生。多肉質の披針形で先端に突起がある。


ツメレンゲ(爪蓮華)
別名:ヒロハツメレンゲ(広葉爪蓮華)、ヒロハイワレンゲ(広葉岩蓮華)
ベンケイソウ科イワレンゲ属
学名:Orostachys japonica (Maxim.) A.Berger
花期:10月~11月 多年草 草丈:10~30cm 花冠長:

e0038990_2163229.gife0038990_1449982.gif

【学名解説】
Orostachys : oros(山)+stachys(穂)/イワレンゲ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Maxim. : Carl Johann (Ivanovič) Maximowicz (1827-1891)
A.Berger : Alwin Berger (1871-1931)
---
J.St.-Hil. : Jean Henri Jaume Saint-Hilaire (1772-1845)
Fisch. : Friedrich Ernst Ludwig von (Fedor Bogdanovic) Fischer (1782-1854)
Engl. : Heinrich Gustav Adolf Engler 1844-1930
Prantl : Karl Anton Eugen Prantl (1849-1893)

撮影地:静岡県静岡市
葵区相沢(東海自然歩道) 2014.11.04
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 12 January 2017
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2017-01-12 00:00 | | Trackback | Comments(0)
メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)
 メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)は、ベンケイソウ科マンネングサ属の多年草です。日本には関東以西から九州に分布する帰化植物で、昭和四十年代から増え始めました。渡来時期も不明で、園芸用途に渡来したものが逸出したものと考えられています。種小名にメキシコとありますが、原産地は不明です。米軍関係者によって持ち込まれたとする説もあります。

 名の由来は諸説あり不明です。メキシコから種子が輸入された、メキシコが原産、等です。マンネングサは、多肉質で常緑である事からで、マンネングサ属(キリンソウ属)の総称です。属名のSedumは「座る」で、岩の上に座るように自生する姿に由来します。英名は、Mexican stonecrop。中国名は、松葉佛甲草。

 ペンケイソウ科(Crassulaceae J. St.-Hil., 1805)は、アフリカ・ユーラシア・北アメリカに多く、約30属1500種が分布します。マンネングサ属(Sedum L. (1753))は、北半球の温帯と暖帯に約500種が分布します。日本には約17種が自生します。

 茎は高さ10~20cmになります。葉は肉質円柱状で光沢がある鮮緑色。長さ5~20mm、幅1~3mmの線状披針形です。3~5個が輪生し、花茎では互生します。花茎の先に、5本程の枝を傘状に広げ集散花序を形成し、径7~12mmの濃黄色の5弁花を20~40個、互生します。花弁先端は鋭形。萼は5個。雄しべは10本。葯は濃黄色で、裂開後は赤味を帯びます。果実は袋果です。径約5mm。種子は1mm以下の大きさで瘤状突起があります。染色体数は、2n=36。

 耐暑・耐寒・耐乾・耐湿等の環境耐性が強い事からセダム工法としてビルの屋上緑化や断熱にも使われます。屋上緑化は地域によっては義務化されていて、本種が多用されます。繁殖力が強く、挿し木や種子で容易に増殖できます。

Japanese common name : Mekisiko-man'nen-gusa
e0038990_22341093.jpg
Sedum mexicanum Britton

e0038990_22362056.jpge0038990_2236392.jpg
2006.05.24


メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)
ベンケイソウ科マンネングサ属
学名:Sedum mexicanum Britton
花期:4月~5月 多年草 草丈:10~20cm 花径:7~12mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Sedum : sedere(座る)/マンネングサ属
mexicanum : mexicanus(メキシコの)
Britton : Nathaniel Lord Britton (1859-1934)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸河川敷 2006.05.15, 2006.05.24
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

9 June 2006
Last modified: 23 November 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-06-09 00:00 | | Trackback | Comments(0)