タグ:ミカン科 ( 6 ) タグの人気記事
ミヤマシキミ(深山樒)
 ミヤマシキミ(深山樒)は、ミカン科ミヤマシキミ属の常緑低木です。アジアに分布し、日本では関東以西の山地に分布します。名の由来は、葉がシキミ(樒)に似て、山地に生える事から。

 ミカン科(Rutaceae Juss. (1789))は、世界に約150属、900種が分布します。ミヤマシキミ属(Skimmia Thunberg, 1783)は、アジアに約9種が分布し、日本では本種の1種のみがあり、変種・品種が11種程あります。

 山地の林下に自生します。樹高は100~150cmになります。葉は互生します。長さ6~13cm、幅3~5cmの倒卵状楕円形で全縁。光沢がある革質で、油点があります。花期は4月から5月頃で、茎頂に円錐花序をつけます。雌雄異株。小花は白色の花弁4枚からなり径8~9mm。芳香があります。雌花は4本の退化した雄しべと1本の雌しべ、雄花は4本の雄しべと退化した雌しべ1本があります。

 果実は核果です。赤く熟し、球形で長さ約8mm。広卵形で7mm程の核が2~5個あります。染色体数は、2n=30。

 葉や種子に痙攣作用があるスキミアニン(skimmianine)や、ジクタムニン(dictamnine)を含む有毒植物です。古くは頭痛、めまいの民間薬として用いられた経緯があり、農業用殺虫剤としての利用があります。観賞用として栽培される場合もあります。

Japanese common name : Miyama-sikimi
e0038990_19155727.jpg
Skimmia japonica Thunb. var. japonica

e0038990_19162669.jpge0038990_19163998.jpg

左:蕾 2008.02.18  右:蕾 2008.03.12

e0038990_19171676.jpge0038990_19173247.jpg
左:《雄花》雄しべ4本と退化雌しべ1本 右:《雌花》雌しべ1本と退化雄しべ4本

e0038990_1918727.jpge0038990_19181912.jpg
葉は倒卵状楕円形で全縁。光沢がある革質で、油点がある。

e0038990_19185095.jpge0038990_1919140.jpg
果実は核果で、熟すと赤くなる


ミヤマシキミ(深山樒)
ミカン科ミヤマシキミ属
学名:Skimmia japonica Thunb. var. japonica
花期:4月~5月 常緑低木(雌雄異株) 樹高:100~150cm 果期:12月~2月

e0038990_1147857.gife0038990_2163229.gif

【学名解説】
Skimmia : 和名のミヤマシキミに由来/ミヤマシキミ属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
※japonicaは、ジャポニカではなくヤポニカと発音します。

撮影地:静岡県静岡市
安倍城跡(Alt. 435m) 2008.02.18 - 2014.02.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 08 February 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2014-02-06 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ハナユ(花柚)/ヤーコン(yacon)/ハヤトウリ(隼人瓜)
 新年にあたり、皆様のご健勝とご多幸をお祈り致します。
 本年もよろしくお願い致します。


 【写真の説明】
 手前左は、ハナユ(花柚)です。中国が原産の低木です。ユズ(柚子)の一種で、大きさはウンシュウミカン(温州蜜柑)ほどです。ミカン科ミカン属で、学名は、Citrus hanayu Hort. ex Shirai。我が家では、冬至に風呂へ入れました。

 手前右は、ヤーコン(yacon)です。キク科スマランサス(旧ポリムニア)属で、学名は、Smallanthus sonchifolius (Poeppig) H.Rob.。キクイモ(菊芋)に近縁です。4cm程のヒマワリのような黄色い小さな花を咲かせます。南アメリカ原産の多年草で、塊根を食用とします。フラクトオリゴ糖(fructo oligosaccharide)が多く含まれています。生食ができ、和物・炒物・揚物・煮物などに使われます。塊茎は繁殖に利用されます。1985(昭和60)年頃に移入されたと言われています。染色体数は、2n=58。

 中央奥は、ハヤトウリ(隼人瓜)です。別名はセンナリウリ(千成瓜)で、たくさんの実が収穫できる事から。中国名は佛手瓜(fe shou gua)で、縁起物として贈り物にされるそうです。原産地は熱帯アメリカで、1917(大正6)年に鹿児島に伝わり、そこから薩摩隼人に因んで名が付けられたとの事。ウリ科ハヤトウリ属で、学名はSechium edule (Jacq.) Sw.。雌雄同株の蔓性多年草で、種子は1個。漬物用途にすることが多いようです。

e0038990_949117.jpg
【上】ハヤトウリ(隼人瓜)
【左】ハナユ(花柚)  【右】ヤーコン(yacon)

 提供:静岡県立大学薬用植物園

ハナユ(花柚)
ミカン科ミカン属
学名:Citrus hanayu Hort. ex Shirai

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Citrus : kitron(箱)レモンの古名/ミカン属
hanayu : ハナユ(花柚)
Hort. : 分類学者が種として発表することを可能とする制度(Hortulanorum)
ex : ~による
Shirai : 白井光太郎 Mitsutaro Shirai (1863-1932)

ヤーコン(yacon)
キク科スマランサス属
学名:Smallanthus sonchifolius (Poeppig) H.Rob.
synonym : Polymnia sonchifolia Poeppig

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Smallanthus : Small(John Kunkel Small (1869-1938))+anthus(花)/スマランサス属
sonchifolius : ハチジョウナ属(Sonchus)のような葉(folius)の
Poeppig : Eduard Friedrich Poeppig (1798-1868)
H.Rob. : Harold E. Robinson (1932-)
---
Polymnia : polys(多い)+Mnium苔類(mnoos(柔らかくする))|ギリシャ神話の女神/ポリムニア属
sonchifolia : ハチジョウナ属(Sonchus)のような葉(folius)の

ハヤトウリ(隼人瓜)
ウリ科ハヤトウリ属
学名:Sechium edule (Jacq.) Sw.

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Sechium : sekos(垣根・囲い)/ハヤトウリ属
edule : edulis(食用の)
Jacq. : Nicolaus Joseph Baron von Jacquin (1727-1817)
Sw. : Olof Peter Swartz (1760-1818)

撮影地:静岡県静岡市
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

3 January 2007, 13 March 2015
Last modified: 19 October 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-01-03 00:00 | 雑記 | Trackback | Comments(4)
レモン(lemon/檸檬)
 レモン(檸檬)は、ミカン科ミカン属の常緑低木です。原産地はインド北部で、現在では地中海沿岸地方、アメリカ合衆国が主な産地となっています。日本には明治時代に導入されました。中国名で檸檬(níng méng)。クエン酸は、別名のクエン(枸櫞)が由来。

 ミカン科(Rutaceae Juss. (1789))は、150属をかかえる大きな科で、約900種が知られています。ミカン属(Citrus L. (1753))は、約159種があります。

 枝には短い棘があり、葉は互生し、楕円形で先端が尖り鋸歯があります。 蕾は淡紫色で、花は白色もしくはピンクの5裂する花弁があり、香りがあります。両性花です。外果皮に油室があります。

 果実は、多肉果のひとつである、蜜柑状果です。蜜柑状果は、中果皮はパルプ状、内果皮は毛状となり、果汁を蓄えた果実を言います。潮風への耐性があるので海岸沿いでも栽培は可能です。他の柑橘類との混在栽培も行われます。収穫は、一般的には10~12月ですが、果実が大きくなったらいつでもできます。無農薬栽培の果実を刻んで塩に漬けた塩レモンは、モロッコの調味料として知られています。

 果実は紡錘形の液果(水分の多い肉質の果皮をもつ・多肉果)で、エーテル性のオイル、蓚酸カルシウム(Calcium oxalate, CaC2O4)、イソキノリン系のアルカロイド(alkaloid)やクマリン(Coumarin, C9H6O2)が含まれます。レモン1個分のビタミンC標準含有量は20mgです。香りがあり強い酸味(pH2)があります。香りの成分はテルペン系炭化水素のd-リモネン (Limonene, C10H16)です。溶剤として使われます。また、含まれるポリフェノールの1種であるエリオシトリン(Eriocitrin, C27H32O15)は、活性酸素を押さえる抗酸化効果があることが分かっています。

参考:ミカン科ミカン属 ウンシュウミカン(温州蜜柑) ブンタン(文旦)

Japanese common name : Lemon
e0038990_1612122.jpg
Citrus limon (L.) Osbeck


レモン(lemon/檸檬)
別名:クエン(枸櫞)
ミカン科ミカン属
学名:Citrus limon (L.) Osbeck
花期:四季咲き性(主に5月) 常緑低木 樹高:3~6m 花径:4cm 果期:10~12月

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Citrus : kitron(箱)、レモンの古名/ミカン属
limon : limosus(湿地帯生の)イタリアでの名
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Osbeck : Pehr Osbeck (1723-1805)

撮影地:静岡県静岡市
葵区牛妻(植栽) 2006.01.17
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

25 January 2006, 23 May 2010
Last modified: 12 December 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-01-25 00:00 | | Trackback | Comments(0)
キンカン(金柑)
 キンカン(金柑)は、ミカン科ミカン属の常緑低木です。中国折江省温州(長江下流域)原産ですが、種小名には日本が原産と誤って付けられています。日本では関東以西の暖地に分布します。分類に関して諸説あり、ミカン属から、1915年にキンカン属に転属され、再度ミカン属に戻されるという混乱が起きています。5種が知られていて、ナガキンカン(長金柑)、マルキンカン(丸金柑)、マメキンカン(豆金柑)、ネイハキンカン(寧波金柑)、フクシュウキンカン(福州金柑)があります。

 名称の「金」は果実の色で、「柑」は蜜柑の古名です。中国名は金橘です。現在の静岡市清水区にある清水港へ入港した中国の商船員が、キンカンの砂糖漬けを持ってきた事がきっかけで種から繁殖させたという話が伝わっています。14世紀の室町時代初期までには渡来していたとも言われています。

 ミカン科(Rutaceae Juss. (1789))は、150属をかかえる大きな科で、約900種が知られています。ミカン属(Citrus L. (1753))は159種があります。日本には明治時代に導入されました。中国名で檸檬。クエン酸(citric acid)は、別名のクエン(枸櫞)が由来。

 葉は互生し、7cm程の長さの長楕円形をしていて、浅い鋸歯があります。やや内側に巻く性質があります。花は白色で、花弁は5枚、雌しべ1本、雄しべ20本があります。子房室は2~8、それぞれに2個の胚珠があります。果実は、2cm程の長楕円形で、当初は緑色ですが、熟すと黄色になります。自家結実します。

 嚢果(のうか)は5~6個。苦味と甘味が中果皮にあり、αGヘスペリジン(糖転移ビタミンP)が含まれています。柑橘類中では、グラム当たりのビタミンCとカルシウム含有率は最大です。ヘスペリジンはビタミンCの吸収を助けます。マルキンカン以外の果肉には強い酸味があります。果実は品種によって生食用、砂糖漬・蜂蜜漬・甘露煮などに加工した菓子に、あるいは金柑酒として利用されます。民間薬として咳止めに使われます。生垣や園芸の鉢植え、盆栽等にも利用されます。実生で繁殖させます。

Japanese common name : Kinkan
e0038990_18481729.jpg
Citrus japonica Thunb.


キンカン(金柑)
別名:マルミキンカン(丸実金柑)/マルキンカン(丸金柑)/ヒメタチバナ(姫橘)
ミカン科ミカン属
学名:Citrus japonica Thunb.
synonym : Fortunella japonica (Thunb.) Swingle var. margarita (Lour.) Makino
花期:5月~6月(不定期) 常緑低木 樹高:2~3m 果期:10~12月 実径:2cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Citrus : Kitrom(箱)/ミカン属
japonica : 日本の[japonicus(男性形)/japonica(女性形)/japonicum(中性形)]
Thunb. : Carl Peter Thunberg (1743-1828)
---
Fortunella : Robert Fortune (1812-1880)に因む/キンカン属
Swingle : Walter Tennyson Swingle (1871-1952)
var. : varietas(変種)
margarita : margaritae(真珠の)
Lour. : Joao de Loureiro (1717-1791)
Makino : 牧野富太郎 Tomitaro Makino (1862-1957)

撮影地:静岡県静岡市
葵区賎機(植栽) 2006.01.05
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

18 January 2006
Last modified: 16 March 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-01-18 00:00 | | Trackback | Comments(0)
ブンタン(文旦)
 昨年の年末に、宅配便で小荷物が送られてきました。発送人に心当たりが無く、配達人に尋ねたら「ブンタンさんからです」との事。住所を見ると高知県らしい。ますます心当たりが無く不安一杯で受け取りました。包みを開けると、果実のブンタンでした。応募していたのをすっかり忘れていましたが、当選して、高知県園芸連から送られてきました。箱には「温室文旦」と書かれていました。

☆  ☆  ☆

 ブンタン(文旦)は、ミカン科ミカン属の常緑小高木です。アジア南部が原産です。名の由来は4つほど伝承されていますが、一般的に中国籍船長の謝文旦に因んだとされ、17世紀(江戸時代初期)頃に伝わったと言われています。ボンタンと発音すると「ボンタン飴」を思い出します。ザボンはポルトガル語で、砂糖漬けである「ザボン漬け」として知られています。これら全ては同じ物です。土佐ブンタンは、元々は鹿児島県姶良郡加治木町にあった老木のようです。高知農事試(現在の高知県農業技術センター果樹試験場)に移植されていた苗木が出されて栽培され始め、昭和34年に「土佐ブンタン」の名称に統一されたとされています。

 ミカン科(Rutaceae Juss. (1789))は、150属をかかえる大きな科で、約900種が知られています。ミカン属(Citrus L. (1753))は159種があります。日本には明治時代に導入されました。中国名で檸檬。クエン酸は、別名のクエン(枸櫞)が由来。

 大型の柑橘類で思い出すのがナツミカンで、ブンタンは食べた記憶がありません。なかなかの味で、家族に好評でした。良い香りだと言っていましたが、私には皮が少し蝋臭く感じました。ビタミンC・P等を多く含むため、昔から高血圧の薬と言われていたようです。上品な甘さでした。ブンタンは柑橘の黄色系で果糖を含み、お馴染みのウンシュウミカンに代表される赤色系は蔗糖なのだそうです。

参考:ミカン科ミカン属 ウンシュウミカン(温州蜜柑) レモン(lemon/檸檬)

Japanese common name : Zabon
e0038990_22283946.jpg
Citrus maxima (Burm.) Merr.
e0038990_22271153.jpg
葉柄には翼がある


ブンタン(文旦)
和名:ザボン(朱欒)zamboa/別名:ボンタン(文旦)
ミカン科ミカン属
学名:Citrus maxima (Burm.) Merr.
synonym : Citrus grandis (L.) Osbeck
花期:5月 常緑小高木 樹高:3m 果期:10月~12月 実径:15~25cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Citrus : kitron(箱)、レモンの古名/ミカン属
maxima : maximos(最大の)
Burm. : Johannes Burman (1706-1779)
Merr. : Elmer Drew Merrill (1876-1956)
---
grandis : 大形の
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Osbeck : Pehr Osbeck (1723-1805)
f. : forma(品種)
Tosabuntan : 土佐文旦

撮影地:静岡県静岡市
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

4 January 2006, 11 June 2008, 23 May 2010
Last modified: 23 September 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-01-04 00:00 | | Trackback | Comments(1)
ウンシュウミカン(温州蜜柑)
 「みかんの花が咲いている/思い出の道丘の道/はるかに見える青い海/お船がとおくかすんでる」(作詞:加藤省吾)。この曲は、昭和21(1946)年にNHKラジオが静岡県伊東市伊東西小学校との中継番組を行った際に作られました。「みかんの花咲く丘」は、放送前日に、あわただしく作られたようです。作詞者は静岡県出身者です。

 当たり前のように食べられているミカンですが、外国ではクリスマスの時にしか食べられないような貴重品である場合が多いようです。アメリカから一時帰国した知人が、マンダリン(Mandarin Orange)だと言いながら頬張っていたのは印象的でした。

 ミカン科(Rutaceae Juss. (1789))は、150属をかかえる大きな科で、約900種が知られています。ミカン属(Citrus L. (1753))は159種があります。日本には明治時代に導入されました。中国名で檸檬。クエン酸は、別名のクエン(枸櫞)が由来。

 ウンシュウミカンの親品種は、キシュウミカン(紀州蜜柑)1)とクネンボ(九年母)2)であると推定されました。種子親(母種)がキシュウミカン、花粉親(父種)がクネンボ。農研機構果樹茶業研究部門が行ったDNA鑑定3)によるもので、2016年12月7日に発表されました。

参考文献:
Parental diagnosis of satsuma mandarin (Citrus unshiu Marc.) revealed by nuclear and cytoplasmic markers(核および細胞質マーカーによるウンシュウミカン(Citrus unshiu Marc.)の親子鑑定) Breeding Science (2016) doi:10.1270/jsbbs.16060. 農研機構果樹茶業研究部門 主席研究員 藤井浩、他8名。

1)キシュウミカン(紀州蜜柑)Citrus kinokuni Hort. ex Tanaka
2)クネンボ(九年母)Citrus nobilis Lour.
3)DNAマーカー(SNPマーカーによる親子関係の解析、CAPSマーカーによる種子親・花粉親の解析)による。

参考:ミカン科ミカン属 ブンタン(文旦) レモン(lemon/檸檬)

Japanese common name : Unsyuu-mikan
e0038990_20554677.jpg
Citrus unshiu (Swingle) Marcow.


ウンシュウミカン(温州蜜柑)
ミカン科ミカン属
学名:Citrus unshiu (Swingle) Marcow.
花期:5月~6月 常緑低木 樹高:3~4m 花径:30~35mm 果期:9~12月

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Citrus : kitron(箱)、レモンの古名/ミカン属
unshiu : ウンシュウ(温州)
Swingle : Walter Tennyson Swingle (1871-1952)
Marcov. : Vasil Vasilevicz Marcowicz (1865-1942)

撮影地:静岡県静岡市
葵区福田ヶ谷(植栽) 2005.05.20
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

3 June 205, 23 May 2010
Last modified: 9 December 2016
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2005-06-03 00:00 | | Trackback | Comments(0)