タグ:ミズバショウ属 ( 1 ) タグの人気記事
ミズバショウ(水芭蕉)
 ミズバショウ(水芭蕉)は、サトイモ科ミズバショウ属の多年草です。アジア北東(カムチャッカ半島、サハリン)や日本に分布します。日本では、本州(兵庫県、中部以北)から北海道に分布します。名の由来は、葉がバショウ(芭蕉)に似て、水辺や湿地に咲く事から。

 サトイモ科(Araceae Juss. (1789))は、115属2000種以上が熱帯を中心に分布します。ミズバショウ属(Lysichiton Schott, 1857)は、世界に2種あり、北米と東アジアに1種ずつ分布します。

 湿地や湿原に自生します。径4~5cmで1mを越す太く長い根茎があり、ひげ根が多数あります。不溶性蓚酸塩1)を含み、全草が有毒です。根生葉を輪生させ、草丈は60~80cmになります。葉は、長さ40~80cm、幅15~30cmの長楕円形で、全縁。花後にも成長します。葉腋から、長さ10~30cmの花茎を出します。

 花期は4月から5月頃で、産地によって異なります。多肉花軸の周囲に柄のない花を均等に密生させる肉穂花序 (spadix)を立ち上げます。穂状花序(spike)を特殊化した形態で、無限花序の一つです。肉穂花序は、円柱状で長さ12cmぐらい。まわりを囲む花弁状の仏炎苞2)があり、長さ10~15cmの白色の卵形で、基部は筒状、上部は舟形です。

 両性花で、雌雄異熟。柱頭が先に熟す、雌性先熟です。花は、径3~4mmの六角状で、4個の淡緑色をした花被片と4個の雄しべ、1個の雌しべがあります。花粉は黄色。果実は液果で、緑色に熟します。子房は2室で、各室に種子2個をつけます。種子は褐色で、水面に浮き、長さ約4mm。染色体数は、2n=28。

 本種の他に、北米に分布し仏炎苞が黄色の、アメリカミズバショウ(アメリカ水芭蕉)Lysichiton americanum Hulten et St.John があります。

1)蓚酸塩(しゅうさんえん・oxalate):接触により皮膚炎症、誤食により、口腔炎症、嘔吐、重度の下痢、強直性痙攣(低カルシウム症)等を起す。
2)仏炎苞(spathe):肉穂花序(花軸に密集してつく小花)を囲むように発達した苞葉。形状が仏像の光背の炎形に似るため。

 ※高山の池に咲く水芭蕉は、地元JA静岡市水見色女性部が移植したもので、自生ではありません。1995(平成7)年に群馬県片品村から24株を譲り受けたものです。高山や高山の池については、静岡市役所 経済局 農林水産部 中山間地振興課 〒421-1212 静岡市葵区千代538-11 静岡市林業センター 電話054-294-8807 Fax054-278-3908 へお問い合せ下さい。
 ※高山(牛ヶ峰)のハイキングコースについては、静岡市観光交流文化局 スポーツ振興課 電話:054-221-1038へお問い合せ下さい。

参考:オランダカイウ(阿蘭陀海芋)

Japanese common name : Mizu-basyou
e0038990_9501628.jpg
Lysichiton camtschatcense (L.) Schott

e0038990_9505987.jpge0038990_9511133.jpg
両性花で、雌雄異熟。
e0038990_9523119.jpg
2015.04.17

e0038990_953534.jpge0038990_9531534.jpg
左:花期 2015.04.17 <花は、径3~4mmの六角状> 右:花後 2008.05.07
e0038990_954489.jpg
花期のミズバショウ
e0038990_9552752.jpg
1月のミズバショウ 2015.01.20

e0038990_956667.jpge0038990_9561522.jpg
左:水面が凍っている2月 2008.02.22 右:水が緩んだ3月 2008.03.06
e0038990_9565327.jpg
高山の池 2008.03.06

e0038990_9573962.jpge0038990_9575019.jpg
左:4月 2008.04.04 右:5月 2008.05.07
e0038990_958763.jpg
4月の高山の池 (窪地にできた小さな池です)


ミズバショウ(水芭蕉)
サトイモ科ミズバショウ属
学名:Lysichiton camtschatcense (L.) Schott
花期:4月~5月(~7月) 多年草 草丈:60~80cm 花径:3~4mm

e0038990_2163229.gife0038990_10353896.gif


【学名解説】
Lysichiton : lysis(分離)+chiton(衣服)/ミズバショウ属
camtschatcense : カムチャッカの(camtschatcensis, camtschaticus)
L. : Carl von Linne (1707-1778)
Schott : Heinrich Wilhelm Schott (1794-1865)
---
ca. : circa(約、およそ)

撮影地:静岡県静岡市
高山(牛ヶ峰 Alt. 716.7m)/高山の池(Alt. ca. 580m)/移植
2008.02.22, 2008.03.06, 2008.04.04, 2008.05.07
2015.01.20, 2015.04.17
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

29 April 2015
Last modified: 29 June 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2015-06-29 00:00 | 水辺の植物 | Trackback | Comments(0)