タグ:ムラサキ科 ( 7 ) タグの人気記事
早春の野草・その4
 ■ハナイバナ(葉内花)は、キュウリグサ(胡瓜草)に良く似ています。ハナイバナの花中央にある副花冠(鱗片)は10個で、白色です。キュウリグサの場合は、副花冠(鱗片)は5個で、淡黄色です。どちらも、2~3mmの小さな花です。安倍川流域で見た数で言えば、キュウリグサの方が多く、ハナイバナは少なめです。

Japanese common name : Hanaibana
e0038990_8493925.jpg
Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
e0038990_8501836.jpg
副花冠(鱗片)は10個


ハナイバナ(葉内花)
ムラサキ科ハナイバナ属
学名:Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
synonym : Bothriospermum tenellum (Hornem.) Fisch. et C. A. Mey.
花期:4月~11月 1~2年草 草丈:10~30cm 花径:2~3mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Bothriospermum : bothrion(小穴)+sperma(種子)/ハナイバナ属
zeylanicum : ceylanicus(セイロンの)
J.Jacq. : Joseph Franz von Jacquin (1766-1839)
Druce : George Claridge Druce (1850-1932)
---
tenellum : tenellus(非常に軟い・細い・弱い)
Hornem. : Jens Wilken Hornemann (1770-1841)
Fisch. : Friedrich Ernst Ludwig von Fischer (1782-1854)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&に同じ)
C. A. Mey. : Carl Anton Andreevic von Meyer (1795-1855)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から11.25km 左岸土手 2007.01.18
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]



 ■ワスレナグサ(勿忘草)が、河原に咲いています。実は、オオカワヂシャとカワヂシャの観察の為に何度も同じ場所へ足を運んだのですが、その傍らに咲いていました。安倍川の支流に数カ所、野生しているのを確認していますが、本流では初めてでした。近縁種で、在来種のエゾムラサキ(蝦夷紫)Myosotis sylvatica (Ehrh.) Hoffn.と見間違えているかもしれないと、これも再度確認に出かけました。ワスレナグサの萼には伏毛があり、エゾムラサキの萼には鉤状の毛があります。

Japanese common name : Sin-wasurenagusa
e0038990_8504097.jpg
Myosotis scorpioides L.

e0038990_8505751.jpge0038990_8511097.jpg

左:花冠 <2007.01.22>  右:萼


ワスレナグサ(勿忘草/忘れな草)
和名:シンワスレナグサ(真忘れな草)/別名:ミオソチス(Myosotis)
ムラサキ科ワスレナグサ属
学名:Myosotis scorpioides L.
花期:5月~7月 多年草 草丈:20~45cm 花径:6~9mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Myosotis : myos(二十日鼠)+otis(耳)|葉の状態を例えた/ワスレナグサ属
scorpioides : サソリの尾のような・卷いた形の
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から6.75km 右岸河川敷 2007.01.19
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

3 February 2007
Last modified: 31 May 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2007-02-03 00:00 | | Trackback | Comments(2)
ヒレハリソウ(鰭玻璃草)
 ヒレハリソウ(鰭玻璃草)は、ムラサキ科ヒレハリソウ属の多年草です。コーカサス地方が原産で、ヨーロッパとアジア西部に分布しています。日本へは、明治時代に食用・薬用・牧草として導入されました。北海道から九州にかけて野生化している帰化植物です。名の由来は、花茎に翼がある事からヒレが張っているとの意味。玻璃はガラスの事ですが文字を充てただけのようです。一般的にはコンフリー(Comfrey)の名で知られています。一時期は健康食品としてもてはやされました。2004年6月に厚生労働省医薬食品局が、肝静脈閉塞性疾患等の健康被害例が海外から報告された事により、食品としての販売を禁じました。

 ムラサキ科(Boraginaceae Juss. (1789))は、地中海沿岸などの温帯に約154属2500種類が分布します。日本には14属28種あり、11種の草本が自生します。ヒレハリソウ属(Symphytum L. (1753))は、ヨーロッパやコーカサス地方に約35種類が分布します。

 根茎は分枝して草丈30~90cmになります。全体に白く硬い荒毛が多くあります。根茎を乾燥させたものを、1)生薬のコンソリダ根、あるいはシンフィツム根として使われます。葉は互生します。根生葉は長さ20~40cmの長楕円形で全縁、葉脈がへこみ、長い葉柄があります。上部の葉は葉柄が不明瞭となり、翼状に茎に付きます。この部分がヒレと見立てられて名の由来となっています。

 花期は6月から8月頃。茎の先端を枝分かれさせて、有限花序の1つである巻散花序(けんさんかじょ・drepanium/鎌形花序・鎌状集散花序)を付けます。渦巻き状になった花序を解きながら花を付けていきます。釣鐘型の花を下向きに数個付けます。花冠長は2cm程、径1cm程で、先端は浅く5裂して若干反り返ります。花色は淡紅紫色が多く、紫色や白色もあります。雄しべは5本で、細長い三角形の付属体があります。雌しべは花冠より少し突き出ます。萼は5裂します。果実は分果(mericarp)です。染色体数は、2n=36。

1)植物毒であるアルカロイド(alkaloid)のコソリジン(consolidin)やシンフィト=キノグロッシン(symphyto-cynoglossin)、エキミジン(echimidine)が含まれます。

Japanese common name : Hirehari-sou
e0038990_1092427.jpg
Symphytum officinale L.

e0038990_10105188.jpge0038990_1011296.jpg
葵区千代 2007.05.08
e0038990_1010538.jpg


ヒレハリソウ(鰭玻璃草)
英名:コンフリー(Comfrey)
ムラサキ科ヒレハリソウ属
学名:Symphytum officinale L.
花期:6月~8月 多年草 草丈:30~100cm 花冠長:2cm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Symphytum : symphyton(癒合する)/ヒレハリソウ属
officinale : officinalis(薬用の・薬効のある)
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園 2006.07.06
葵区千代 2007.05.08
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

2 August 2006
Last modified: 9 June 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-08-02 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(0)
ワスレナグサ(忘れな草/勿忘草)
 ワスレナグサ(忘れな草/勿忘草)は、和名がシンワスレナグサ(真忘れな草)で、ムラサキ科ワスレナグサ属の多年草です。ヨーロッパ原産で、日本には、明治時代に渡来したと言われています。観賞用に導入され栽培されていたものが逸出し、1950年代に北海道と長野県で野生化が確認されました。北海道・本州・四国に分布します。「勿忘」を現代日本語にすると、「忘れるな」となります。名の由来は、英語のforget-me-notを直訳したもの。恋人ベルタに、この花を贈ろうとしてドナウ川に落ちて死んだドイツの騎士ルドルフの物語から、最後に残した言葉「僕を忘れないで(Vergiss-mein-nicht)」に因みます。英名は、True Forget-me-not、あるいはWater Forget-me-notと呼ばれ、他のワスレナグサ属と区別しています。

 ムラサキ科(Boraginaceae Juss. (1789))は地中海沿岸などの温帯に約154属2500種類が分布します。日本には14属28種があり、11種の草本が自生します。ワスレナグサ属(Myosotis L. (1753)は、北半球の温帯から亜寒帯(ユーラシア大陸・アフリカ・オセアニア)にかけて約50種が分布します。日本にはエゾムラサキの1種が自生分布します。

 水湿地に生育し群生します。地下茎があり、根は横に這います。伏毛のある茎は束生し、20~45cm程の草丈になります。葉は互生し全縁、柄がある倒披針形で、産毛があります。上部では柄がなく長楕円形になります。花期は5月から7月頃。渦巻き状になる蠍(さそり)形状の花序(巻散花序)となり、径6~9mmで淡青色の合弁花冠を付けます。萼は5裂し、先端は尖ります。花冠は5裂し、平開します。中央にある鱗片状の副花冠(corona)は黄色で、花冠の切れ目に向かって放射状に白色の稜が走ります。雄しべは5本で、子房は4裂します。両性花です。果実は小堅果状の4分果で、種子は艶のある黒色をしています。風や雨、動物などにより伝播されます。染色体数は、2n=66。

 耐寒性多年草で、冷涼地では夏を越すことが可能です。園芸では1年草として扱います。低温を経験する事で花芽ができます。一般的には春の花ですが、北海道では初夏の花になります。小型で豪華さはありませんが群生すると美しさが引き立つ花です。

 近縁種に、在来種のエゾムラサキ(蝦夷紫)Myosotis sylvatica Hoffm.、ヨーロッパ原産のノハラワスレナグサ(野原忘れな草)Myosotis alpestris F.W.Schmidtがあります。萼に鉤状の毛があります。園芸店ではワスレナグサとして売られていることがあります。

Japanese common name : Sin-wasurena-gusa
e0038990_11133750.jpg
Myosotis scorpioides L.
e0038990_11134869.jpg
中央にある鱗片状の副花冠は黄色。花冠の切れ目に向かって放射状に白色の稜が走る


シンワスレナグサ(真忘れな草)
別名:ワスレナグサ(勿忘草/忘れな草)
ムラサキ科ワスレナグサ属
学名:Myosotis scorpioides L.
花期:5月~7月 多年草 草丈:20~45cm 花径:6~9mm

e0038990_12135938.gif

【学名解説】
Myosotis : myos(二十日鼠)+otis(耳)|葉の状態を例えた/ワスレナグサ属
scorpioides : サソリの尾のような・卷いた形の
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
内牧川(安倍川水系)/右岸 2006.04.24
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

Last modified: 2 May 2006
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-05-02 00:00 | | Trackback | Comments(6)
ハナイバナ(葉内花)
 ハナイバナ(葉内花)は、ムラサキ科ハナイバナ属の1~2年草です。朝鮮半島や中国の東アジアと東南アジアに分布し、国内では全国に分布する在来種です。名の由来は、葉が萎えている「葉萎花」説と、茎と葉の間、あるいは葉と葉の間に花が付く「葉内花」説などがあります。一般に「葉内花」と解釈される場合が多いようです。

 ムラサキ科(Boraginaceae Juss. (1789))は、地中海沿岸などの温帯地域を中心に約154属2500種類が分布します。日本には14属28種、草本では11属が分布します。ハナイバナ属(Bothriospermum Bunge, 1833)は、日本では本種のみが分布します。

 茎は細く、基部は地を這い、途中から立ち上がります。茎には上向きに寝た伏毛が生えています。葉は互生します。長さ2~3cm程の長楕円形で、シワがあります。花期は4月から11月頃。葉腋に小さな花を付けます。萼片は5つに深く裂け先が尖ります。花弁は5裂し、淡青紫色。径2~3mm程の小さな花です。花の中央にある鱗片副花冠(corona)は白色で10個あります。果実は楕円形で4つに分かれている分果です。

 キュウリグサ属のキュウリグサに良く似ていますが、キュウリグサの場合は、鱗片が黄色であるので判別できます。また、キュウリグサのように渦巻き状になる蠍(さそり)形花序ではありません。ハナイバナの場合は茎の上部の方まで葉が付いています。

Japanese common name : Hanai-bana
e0038990_17582843.jpg
Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
e0038990_17584225.jpg
花径は2~3mm、萼片は5深裂し、鱗片副花冠は10個。


ハナイバナ(葉内花)
ムラサキ科ハナイバナ属
学名:Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
synonym : Bothriospermum tenellum (Hornem.) Fisch. et C.A.Mey.
花期:4月~11月 1~2年草 草丈:10~30cm 花径:2~3mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Bothriospermum : bothrion(小穴)+sperma(種子)/ハナイバナ属
zeylanicum : ceylanicus(セイロンの)
J.Jacq. : Joseph Franz von Jacquin (1766-1839)
Druce : George Claridge Druce (1850-1932)
---
synonym(シノニム):同意語、異名。
tenellum : tenellus(非常に軟い・細い・弱い)
Hornem. : Jens Wilken Hornemann (1770-1841)
Fisch. : Friedrich Ernst Ludwig von Fischer (1782-1854)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&に同じ)
C.A.Mey. : Carl Anton Andreevic von Meyer (1795-1855)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.0km 左岸土手 2006.04.13
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

17 April 2006
Last modified: 30 May 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-17 00:00 | | Trackback(1) | Comments(4)
ホタルカズラ(蛍葛)
 ホタルカズラ(蛍葛)は、ムラサキ科ムラサキ属の多年草です。北海道、本州、四国および九州に分布し、生息環境の日当たりがよい場所に自生します。海外では朝鮮・中国・台湾に分布します。生息個体数が激減し、県によっては絶滅危惧Ⅱ類(VU)となっています。名の由来は、花色の青紫色と中央の白い星形をホタルの光と見立てたものと言われています。カズラ(葛)は蔓性植物の総称です。

 ムラサキ科(Boraginaceae Juss. (1789))は、世界に約154属2500種類があり、地中海沿岸などの温帯に分布します。日本には14属28種、11種の草本が自生します。ムラサキ属(Lithospermum L. (1753))は、北半球に約45種類が分布します。

 茎は細く、地を這います。茎と葉は有毛です。花の時期は茎を立ち上げ15cm程になります。花後に匍匐枝(ほふくし|stolon)を出し、発根して新しい株を作り増殖します。葉は互生し、2~6cm程の長さの倒被針形です。花期は4月から5月頃。葉腋に鮮やかな青紫色の花を咲かせます。漏斗状の合弁花で5裂し、中央から5本の白い隆起線を伸ばします。花径は、実測値で18~20mmでした。雄しべは5本。小堅果の白い種子を付けます。染色体数は、2n=16。

 品種に、シロバナホタルカズラ(白花蛍葛)Lithospermum zollingeri A.DC. f. albidum (Honda) H.Hara があります。似た名前のミヤマホタルカズラ(深山蛍葛)Glandora diffusa (Lag.) D.C.Thomas は、ヨーロッパ原産でミヤマホタルカズラ属の常緑小低木であり、園芸用途で扱われます。

Japanese common name : Hotaru-kazura
e0038990_1652261.jpg
Lithospermum zollingeri A.DC.


ホタルカズラ(蛍葛)
ムラサキ科ムラサキ属
学名:Lithospermum zollingeri A.DC.
花期:4月~5月 多年草 草丈:10~15cm 花径:15~20mm

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Lithospermum : lithos(石)+sperma(種子)/ムラサキ属
zollingeri : Heinrich Zollinger (1818-1859) オランダの植物学者ツォーリンゲルの
A.DC. : Alphonse Louis Pierre Pyramus de Candolle (1806-1893)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から8.5km 左岸土手 2006.04.07
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

8 April 2006
Last modified: 3 April 2015
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-04-08 00:00 | | Trackback | Comments(0)
キュウリグサ(胡瓜草)
 キュウリグサ(胡瓜草)は、ムラサキ科キュウリグサ属の越年草です。東アジアの各地に分布し、国内では全国に分布する在来種です。麦類と共に入ってきた史前帰化植物1)と考えられています。キュウリグサの名の由来は、葉を揉むとキュウリのような臭いがする事から。

 ムラサキ科(Boraginaceae Juss. 1789)は、地中海沿岸などの温帯地域を中心に約154属2500種類が分布し、日本には14属28種が分布します。キュウリグサ属(Trigonotis Steven (1851))は、世界に50種程が知られています。

 秋に発芽し、ロゼットを形成して越冬します。茎には白色の細毛があります。根元で3~5本に枝分かれします。葉は互生し、単葉の長楕円形で柄があり、全縁です。根生葉は花期に枯れます。花期は3月から5月で、茎の先に渦巻き状の蠍形花序(さそりがたかじょ)を付けます。渦巻きの捩れを解きながら下から順に花を付けながら花序を伸ばします。これはムラサキ科の特徴です。

 萼は5枚。花の径は2mm程で極小さく、5裂しています。5枚の花びらに見えますが、合弁花です。淡青紫色で、花筒に淡黄色で5つの副鱗片があります。その内側に雄しべが5本あります。ワスレナグサ(勿忘草)の超小型版のようです。類似種にハナイバナ属のハナイバナ(葉内花)Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce.があります。

★  ★  ★

 マクロ撮影をしていると人が寄ってくる事が良くあります。息を殺して伏せていたら、誰だって怪しいと思うのは無理からぬ事です。先日は、2名のご婦人に花の説明をしたら、「あんたは、天皇の家来だ」と言われてしまいました。『雑草という名の植物は無い』と言われた昭和天皇を持ち出して頂き光栄の至りでしたが、残念ながら師弟関係にはありませんでした。少々ひねくれ者の私は、もし新種を発見したら、Zasso japonicaという学名を付けるぞと冗談を飛ばしています。そうなれば、雑草という名の植物はある事になってしまいます。学名の正式記載はまだですが(2005年現在)、ハテナ(Hatena arenicola Okamoto & Inouye, 2005)と言う原生生物は、面白いネーミングだと感心しています。

 1)帰化植物は大別すると次のように分けられます。自然帰化植物、逸出帰化植物、仮住帰化植物、予備帰化植物、史前帰化植物です。自然帰化植物は、気が付かない内に侵入してきて帰化したもの。逸出帰化植物は、人為的帰化植物とも言われ、有用植物が栽培状態から脱して野生化したもの。仮住帰化植物は、侵入後発芽に成功するものの、気候風土になじまず短期間の内に消滅するもの。予備帰化植物は、準帰化植物とも言われ、一部地域に帰化したものの広域には拡大していないもの。史前帰化植物は、有史以前に稲作技術に伴って伝播してきたもので、文献などの記録が無い植物群の事です。

Japanese common name : Kyuuri-gusa
e0038990_10135932.jpg
Trigonotis peduncularis (Trevir.) F.B.Forbes et Hemsl.


キュウリグサ(胡瓜草)
ムラサキ科キュウリグサ属
学名:Trigonotis peduncularis (Trevir.) F.B.Forbes et Hemsl.
花期:3月~5月 越年草 草丈:10~30cm 花径:2mm 果期:5~6月

e0038990_2163229.gif

【学名解説】
Trigonotis : trigonos(三角)+ous(耳)|種子の形による/キュウリグサ属
peduncularis : 花柄のある
Trevir. : Ludolf Christian Treviranus (1779-1864)
F.B.Forbes : Francis Blackwell Forbes (1839–1908)
et : et alii(及び・命名者が2名の時など・&に同じ)
Hemsl. : William Botting Hemsley (1843-1924)

撮影地:静岡県静岡市
安倍川/河口から12km 左岸河川敷 2006.02.27
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

28 February 2006
Last modified: 31 May 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-02-28 00:00 | | Trackback | Comments(3)
ルリヂシャ(瑠璃萵苣)
 ルリヂシャ(瑠璃萵苣)は、地中海沿岸を原産地とするムラサキ科ルリヂシャ属(ボラゴ属)の耐寒性一年草ハーブです。ヨーロッパから北アフリカに分布します。日本には明治の中頃に導入されました。名の由来は、瑠璃色の花をしたレタスの意味から。瑠璃はラピスラズリ(lapis-lazuli)の和名で、JIS色彩規格では「こい紫みの青」とされ、紫色を帯びた鮮やかな青色。チシャ(萵苣)は、レタスの和名。英名は、Borage(ボラージ)。

 ムラサキ科(Boraginaceae Juss. (1789))は、地中海沿岸などの温帯地域を中心に約154属2500種類が分布し、日本には14属28種が分布します。ルリヂシャ属(Borago L. (1753))は、ヨーロッパや西アジアに3種類程があります。

 茎は、中空で全体に白い剛毛で覆われています。花は星型で、萼、花弁ともに5枚。下向きに咲きます。咲き始めはピンクで、やがて瑠璃色に変化します。花色は瑠璃色の他、赤紫色、白色等があります。1日花です。葉は卵形でキュウリの様な香りがあります。染色体数は、2n=16。

 性質は強いのですが、梅雨時の高温多湿には、やや弱いようです。日当たりを好み、土を選びません。繁殖は春秋に直播きで行い、後はこぼれ種による実生で済む場合があります。

 用途は、観賞用の他、野菜として萼以外の全草を食用にします。天ぷらやサラダとして、あるいはハーブティー、入浴剤(葉と花)としての使用もあります。薬用としては、種子から抽出したボリジ油を湿疹や皮膚病に利用します。種子にはγ-リノレン酸(γ-linolenic acid)を含有しています。

Japanese common name : Ruri-zisya
e0038990_224246.jpg
Borago officinalis L.


ルリヂシャ(瑠璃萵苣)
別名:ボリジ(Borage)、ルリジサ、ルリチシャ
ムラサキ科ルリヂシャ属
学名:Borago officinalis L.
花期:4月~11月 1年草 草丈:20~80cm 花径:2cm

e0038990_21323673.gif

【学名解説】
Borago : borra(剛毛)|ボリジの古名/ルリヂシャ属
officinalis : 薬用の・薬効のある
L. : Carl von Linne (1707-1778)

撮影地:静岡県静岡市
静岡県立大学薬用植物園 2005.12.02
[Location : Shizuoka City, Shizuoka Prefecture JAPAN]

20 January 2006, 13 April 2014
Last modified: 8 July 2014
e0038990_1703595.gif

[PR]
by pianix | 2006-01-20 00:00 | 静岡県立大学薬用植物園 | Trackback | Comments(2)